検索結果 3777件中 1-20 を表示

  • 自己修復ネットワークの異常ノード撲滅条件の一般化

    田村 真優 , 石田 好輝

    <p>自己修復ネットワークモデルの研究において,これまでリング状のネットワークが研究されてきたが,現実世界のネットワーク構造はより複雑で多様なものである.そこで本研究では,3次の正則グラフのネットワーク構造について,異常ノードの撲滅条件を導出し,3次以上のネットワーク構造についても自己修復のシミュレーションを行った.その結果,同時に行われる修復が全て成功しなければならないAND修復の場 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 3Pin154-3Pin154, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 多様な質感認識の情報処理に用いられる画像特徴を統一的に説明するためのニューラルネットワークモデルの検討

    上村 卓也 , 澤山 正貴 , 西田 眞也

    <p>自然な視覚刺激には光沢・半透明性・物体の素材などの豊富な質感が含まれる。一般に物を視る際には数多くの視覚特徴が処理されるため、多様な質感属性を統一的に説明することは難しい。本研究では、質感知覚に用いられる視覚特徴を説明するために、質感弁別課題の実験データを分析した。実験参加者の回答が刺激の画像特徴に基づいていると仮定し、画像特徴は画像分類に最適化された深層ニューラルネットワーク( …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 4O1OS3a02-4O1OS3a02, 2018-07-30

    J-STAGE

  • (OS招待講演)創発インタラクションの可能性

    津田 一郎

    <p>学習するニューラルネットとプログラム駆動型の人工知能の融合は1980年代から始まり今日の爆発的な進展へと至っている。その本質的な融合において創発インタラクションの果たす役割は大きいと考えられる。我々は特に脳の進化的及び機能的結合を介した機能分化に着目し、複雑な環境に対して機能分化を通じて即時適応する機構の解明とそれを実現するエージェントの提案を目指している。講演ではその一端をお示 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2L2OS6a01-2L2OS6a01, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 様々な学習戦略と学習環境におけるHybrid Reward Architectureの性能の評価

    藤村 悠太朗 , 金子 知適

    … 強化学習の手法であるDeep Q-Network (DQN) という手法によって,Atari 2600のゲームの一部で人間より高いスコアを記録したが,Ms. Pacmanなどのゲームでは人間のプレイヤのスコアに達することができなかった. …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2D402-2D402, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 服の領域を考慮した写真上の人物の自動着せ替えに関する研究

    久保 静真 , 岩澤 有祐 , 松尾 豊

    <p>本稿では、Generative adversarial networks(GANs)に基づく写真上の自動着せ替えの新しい手法であるSwapGANを提案する。Conditional Analogy GAN(CAGAN)は、GANに基づく自動着せ替えの手法として既に提案されているが、複雑なパターンの服の生成は難しい。衣類の領域を考慮することで、SwapGANはCAGANよりも服のパタ …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 4M103-4M103, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 高次元データの認識から生まれる生命性についての深層学習アプローチ

    野口 渉 , 飯塚 博幸 , 山本 雅人

    <p>生物は高次元で複雑な生のデータを認識する.近年発展した深層学習はそのような複雑なデータの認識を可能とする.本論文では,深層学習を用いて,従来のミニマルモデルでは扱われ難かった高次元のデータの認識が生み出す生命性を考える.我々は視覚と運動の統合学習を通して空間認識能力を発達する階層型リカレントニューラルネットワーク(階層型RNN)モデルについて研究を行ってきた.階層型RNNはシミュ …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2D2OS21a03-2D2OS21a03, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 3D仮想環境Minecraft における深層強化学習への視線方向の影響

    松井 太樹 , 小山 聡 , 栗原 正仁

    <p>近年、深層強化学習が人工知能研究者の関心を集めている。深層強化学習とは深層学習と強化学習を組み合わせた手法であり、強化学習で用いる関数を深層学習で近似することで、3Dビデオゲームのピクセルのような複雑な環境を用いて学習を行うことが可能となった。しかし、このような学習はときより、少しの入力されたピクセルの差によりエージェントの行動が全く異なるものとなる、といったような問題に直面する …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 4Pin106-4Pin106, 2018-07-30

    J-STAGE

  • ディープRBF型GMDH-typeニューラルネットワークを用いた肝臓がんの医用画像診断

    近藤 正 , 高尾 正一郎 , 近藤 明佳 , 上野 淳二

    <p>ディープGMDH-typeニューラルネットワークスは、進化論的計算法の一種である発見的自己組織化法を用いて、多くの中間層を持つ複雑な構造をしたディープニューラルネットワーク構造を自動的に自己組織化する。ニューラルネットワーク構造は、予測誤差評価基準を最小にするように、中間層の数、各層のニューロン数、有益な入力変数などを自己選択して最適化しており、対象の非線形システムの複雑さに適し …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 3E203-3E203, 2018-07-30

    J-STAGE

  • ステップ分解型媒介中心性による道路網の混雑度分布の分析

    鈴木 優伽 , 斉藤 和巳

    … 評価実験では,本指標の基本的性質や,本指標で求めた道路網上の混雑度の分布を分析し,混雑度の分布は各地域ごとに異なる傾向を持つことが分かった.また本指標が,ネットワーク構造等のデータ変動に比較的頑健であり,さらに,従来のネットワーク分析で用いられる他の統計指標とは異なる性質を持つことが確認できた.In recent years, researches on road networks using analytical methods of complex networks have been actively …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 11(2), 87-98, 2018-07-26

    情報処理学会

  • 料理レシピ共有サイトにおける食材のアクティブ共起パターンの抽出

    菊地 悠樹 , 熊野 雅仁 , 木村 昌弘

    … 案法が抽出した食材の主要アクティブ共起パターンの妥当性を示す.さらに提案法を用いて,日本の料理レシピで使われる食材の組合せに関する季節変化の特徴を明らかにする.Due to the increasing popularity of cooking-recipe sharing sites and the success of complex network science, attention has recently been devoted to developing an effective network-based method of analyzing the characteristics of ingredient combinations used in …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 11(2), 30-40, 2018-07-26

    情報処理学会

  • 社会福祉士によるソーシャル・アクションの体系的把握

    高良 麻子

    変容している生活問題への対応が十分とは言えないなか,社会的に排除されている人々に対して地域を基盤とした総合的かつ包括的支援が展開されている.なかでも,制度の未整備などには法律・制度・サービスの改廃・創設を含む構造的変化を促す組織的活動であるソーシャル・アクションが必要だと言えるが,研究と実践ともに蓄積が乏しい状況である.そこで,本研究ではソーシャル・アクションの実践を体系的に把握することを目的とし …

    社会福祉学 56(2), 126-140, 2018-07-20

    J-STAGE

  • 青少年の自殺 : 東京都23区を中心として

    越永 重四郎 , 島村 忠義 , 梅沢 隆

    … This indicates that adolescent suicides are the result of a complex network of various social conditions. …

    社会福祉学 21(2), 132-105, 2018-07-20

    J-STAGE

  • Current Status of Postseismic Deformation Following the 2011 Tohoku-Oki Earthquake

    Suito Hisashi

    … <p>Postseismic deformation following the 2011 Tohoku-Oki earthquake has been observed by the Global Navigation Satellite System (GNSS) Earth Observation Network System (GEONET) and the Seafloor Geodetic Observation (SGO) over the past six and half years. …

    Journal of Disaster Research 13(3), 503-510, 2018-07-18

    J-STAGE

  • ドメスティックバイオレンス被害を有する 移住外国人女性の複合的課題の研究

    南野 奈津子

    <p>目的:DV被害経験を有する移住外国人女性における生活背景の分析により、複合的課題を把握するとともに、移住外国人女性への支援のあり方を検討する。</p><p>方法:外国人支援機関における外国人女性の相談データ 119ケースに対し、クロス集計及びロジスティック回帰分析により、DV被害経験を有する移住外国人女性の生活背景や属性の分析を行った。また、移住外国人女性 …

    保健福祉学会誌 23(1), 15-23, 2018-07-17

    J-STAGE

  • 視覚認知のNetwork

    澤村 裕正

    … 認知のNetworkの解明には解剖学的および機能的な神経構造基盤の知見の双方を積み上げていく必要がある.<br>本稿では,①解剖学的神経構造基盤の例として,マカクザルを実験動物として,狂犬病ウイルスをトレーサーとして用い,視覚情報処理のボトムアップ式およびトップダウン式の多シナプス性ニューロンNetworkについて ②fMRIを用いた機能的視覚認知のNetworkについ …

    神経眼科 35(2), 159-166, 2018-07-11

    J-STAGE

  • Cellomics approach for high-throughput functional annotation of Caenorhabditis elegans neural network

    Aoki Wataru , Matsukura Hidenori , Yamauchi Yuji , Yokoyama Haruki , Hasegawa Koichi , Shinya Ryoji , Ueda Mitsuyoshi

    … In this study, we proposed a novel cellomics approach enabling high-throughput and comprehensive exploration of the functions of a single neuron or a subset of neurons in a complex neural network on a particular behavior. … elegans neural network, which is necessary for constructing neuroanatomically grounded models of behavior. …

    Scientific Reports 8(1), 2018-07-10

    機関リポジトリ DOI

  • Character Feature Learning for Named Entity Recognition

    ZENG Ping , TAN Qingping , ZHANG Haoyu , MENG Xiankai , ZHANG Zhuo , XU Jianjun , LEI Yan

    … <p>The deep neural named entity recognition model automatically learns and extracts the features of entities and solves the problem of the traditional model relying heavily on complex feature engineering and obscure professional knowledge. … To further explore the performance of deep neural models, we propose two character feature learning models based on convolution neural network and long short-term memory network. …

    IEICE Trans. Inf. & Syst. E101.D(7), 1811-1815, 2018-07-01

    J-STAGE

  • Inelastic Neutron Scattering Study of the Spin Dynamics in the Breathing Pyrochlore System LiGa<sub>0.95</sub>In<sub>0.05</sub>Cr<sub>4</sub>O<sub>8</sub>

    Tanaka Yu , Wawrzyńczak Rafal , Le Manh Duc , Guidi Tatiana , Okamoto Yoshihiko , Yajima Takeshi , Hiroi Zenji , Takigawa Masashi , Nilsen Gøran J.

    Journal of the Physical Society of Japan 87(7), 2018-06-29

    日本物理学会

  • 許可型ブロックチェーンのプロファイル情報に基づいたボトルネックの特定

    稲垣 達氏 , 上田 陽平 , 小原 盛幹

    … Identifying software and hardware bottlenecks, which limit scalability and performance, is challenging due to its complex architecture, which is distributed, replicated, event-driven, cryptography-intensive, and modular. … Our approach identifies software and hardware bottlenecks by extracting queue lengths of a conceptual layered queueing network (LQN) from profiles of threads sampled from the target application. …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 11(2), 21-21, 2018-06-26

    情報処理学会

  • Interaction of Arachidic Acid Langmuir Monolayers with Trivalent Ions La³⁺ and Fe³⁺ Studied by Vibrational Sum-Frequency Spectroscopy (Special Issue on Nanostructured Functional Materials and Their Applications(2))

    Hue Nguyen Thi , Binh Nguyen The , Tuan Nguyen Anh

    … solution bind to the carboxylic headgroups of AA molecules enhances the ordering structure of AA monolayers as well as that of the OH network at the interfacial layers.</p> …

    Mater. Trans. 59(7), 1087-1090, 2018-06-25

    J-STAGE

ページトップへ