Search Results 1-20 of 136

  • Construction of self-study model for business administration courses at university ― How can" Non-teaching class method" be possible? ―  [in Japanese]

    堀上 明

    本研究の目的は,経営学の専門科目における,学生の自立型学習を支援するための授業モデル,いわゆる「教えない授業」の構築を検討することである。大学の経営学の授業では,これまで講義による知識伝達型授業が広くおこなわれてきた。しかし,大学の大衆化による学生の多様化と社会が求める学生像の変化に伴い,従来の講義主体の授業は,学生が主体的に学ぶ授業,すなわち自立型学習を支援する授業に変えていくことが求められる。 …

    環太平洋大学研究紀要 = BULLETIN OF INTERNATIONAL PACIFIC UNIVERSITY (15), 123-134, 2020-02-15

    IR  DOI 

  • ESTIMATION FOR AREA SPREAD EFFECT OF CO-GENERATION SYSTEM IN COMMERCIAL AND BUSINESS AREAS ACCORDING TO GEOGRAPHIC CONDITIONS  [in Japanese]

    UENO Takahiro , CHOI Youngjin , TAKAHASHI Kentaro , SUMIYOSHI Daisuke

    … <p> This paper describes development of co-generation system (CGS) model in individual building and District co-generation (DCG), and the effect analysis by the diffusion of CGS in Japanese business area. … Developed model in this paper calculated CGS operation at 5-minute interval. …

    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ) 85(767), 55-65, 2020

    J-STAGE 

  • Mass killing by female soldier larvae is adaptive for the killed male larvae in a polyembryonic wasp

    Otsuki Takahiro , Uka Daisuke , Ito Hiromu , Ichinose Genki , Nii Momoka , Morita Satoru , Sakamoto Takuma , Nishiko Maaya , Tabunoki Hiroko , Kobayashi Kazuya , Matsuura Kenji , Yoshimura Jin , Iwabuchi Kikuo

    … However, we show here that mass killing is adaptive to all the killed males as well as the female soldiers that have conducted the killing because the killing increases their indirect fitness by promoting the reproduction of their clone sibs. …

    Scientific Reports (9), 2019-05-14

    IR 

  • Smart Control Module for Wet–End Process  [in Japanese]

    Shimizu Ryozo

    <p>これまでの紙の強度の計測方法は,枠替え後に巻取の表層からサンプリングしたシートを,試験室においてオフラインで破壊検査を実施する。したがって,計測結果を操業に反映させてその結果を得るまでに1時間近くのタイムラグが発生する。出荷製品の品質目標値を確実に保証するには,操業での設定値を高めに設定することで対応しているが,薬品や原料配合で過剰な浪費つまり無駄が発生する。品質目標値の許容範囲 …

    JAPAN TAPPI JOURNAL 73(10), 939-943, 2019

    J-STAGE 

  • PREDICTION METHOD FOR SOLAR POWER BUSINESS BASED ON FORECASTED GENERAL WEATHER CONDITIONS AND PERIODIC TRENDS BY WEATHER  [in Japanese]

    Matsumoto Takuji , Yamada Yuji

    <p>太陽光発電の導入が加速し,電力系統に与える影響が拡大している昨今,太陽光発電出力や関連する日射量予測のニーズが一層高まってきている.本研究では,日射量観測値を時間帯別・天気別に分けた場合に存在する滑らかな周期性トレンドに着目し,トレンドの推定値と気象庁の発表する天気概況予報を用いた日射量および太陽光発電出力の予測手法を提案する.まず,周期ダミー変数と天気概況実績値を説明変数とする …

    Transactions of the Operations Research Society of Japan 62(0), 1-22, 2019

    J-STAGE 

  • Reviewing the Usefulness of Absorptive Capacity Model:Technical Notes on Zahra and George (2002)  [in Japanese]

    Abe Masami , Saito Haruki

    <p>本稿は、知識吸収研究の代表的論文であるZahra and George (2002) を取り上げ、同論文の論点とその有効性について議論する。同論文は、知識吸収能力を構成する四つの要素を提案し、さらにそれらを潜在的吸収能力、実現化吸収能力に分けて関係性を論じた。その論点の一部は後続研究で取り上げられており知識吸収研究の発展に寄与している一方で、主張の有効性に疑問が生じる部分もあるた …

    Akamon Management Review 18(6), 237-250, 2019

    J-STAGE 

  • Proposal of Business Ecosystem Strategy Construction Method Using P2M  [in Japanese]

    KUBO Hiroshi , KAKIMOTO Takashi

    自社単独での価値創出が困難な現在、「ビジネス・エコシステム(BE)」戦略の構築が益々重要となっている。しかし、これまでの研究は事例研究が中心であり、BE戦略構築のための方法論に関する研究は少ない。そこで本研究では、有効なBE戦略を構築するための5つのフレームワーク(FW)を提案する。FW1では、P2M理論に基づき、内部・外部環境の入力情報から、出力情報のBE戦略を導き出すまでの一連の構築手順を示す …

    Journal of International Association of P2M 14(1), 119-140, 2019

    J-STAGE 

  • Logistics Management Systems for an Omni-Channel Strategy:A case study of UNIQLO  [in Japanese]

    Jiang Jinwei

    <p>低迷する店舗の売上を引き上げるため、近年オムニチャネル化に取り組む小売企業が増えている。しかし、オムニチャネルはこれから発展するビジネスモデルであり、定義の曖昧さや、それゆえビジネスプロセスとして不明瞭な点、実現に向けた課題も多い。本研究の目的は、これまで主に言語的になされてきた「オムニチャネル戦略」の定義をビジネスプロセスとして定義し、実装のための情報システム要件を明らかにする …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 201906(0), 85-88, 2019

    J-STAGE 

  • Proposal of business ecosystem strategy construction method using P2M  [in Japanese]

    KUBO Hiroshi , KAKIMOTO Takashi

    自社単独での価値創出が困難な現在、「ビジネス・エコシステム(BE)」戦略の構築が益々重要となっている。しかし、これまでの研究は事例研究が中心であり、BE戦略構築のための方法論に関する研究は少ない。そこで本研究では、有効なBE戦略を構築するための5つのフレームワーク(FW)を提案する。FW1では、P2M理論に基づき、内部・外部環境の入力情報から、出力情報のBE戦略を導き出すまでの一連の構築手順を示す …

    Proceedings of International Association of P2M 2019.Spring(0), 162-180, 2019

    J-STAGE 

  • Modeling Individual Strategies of Taxis Using Probe-Data and Its Application to Traffic Simulations  [in Japanese]

    金月 寛彰 , 服部 宏充

    マルチエージェント交通シミュレーションは,複雑な交通現象のモデル化・分析のための有力なアプローチである.これまでに,車両を模したエージェントに対して一様なモデルを割り当て,それらの相互作用が創発する現象を観察・分析するアプローチがある.一方で,実際の都市交通流は,タクシー,トラック,一般乗用車など,目的や行動の特性を異にする車両や運転者が混在している.本論文では,これら異種の車両を陽に表現して組み …

    情報処理学会論文誌 59(5), 1373-1385, 2018-05-15

    IPSJ 

  • Questionnaire Investigation on Tourists' Behavior and its Sensibility Analysis Utilizing Bayesian Network

    Okubo Akane , Aburai Tsuyosi , Takeyasu Kazuhiro

    … In the cherry blossom season, many tourists visit this town. … The Kawazu Cherry Blossom Festival was carried out in February 2015. … In this paper, a questionnaire investigation is executed in order to clarify tourists' behavior, and to seek the possibility of developing regional collaboration among local government, tourism related industry and visitors. …

    Business and Management Research 7(1), 11-26, 2018-01-16

    IR 

  • Strategic Positioning of Mobile Sales and Home Delivery Services of Convenience Stores  [in Japanese]

    Zhang Yinjie

    … <p>Based on social changes and potential problems faced by convenience stores, this study analyzed the business models of convenience stores offering Mobile Sales (MS) and Homedelivery Services (HDS), and then discussed the strategic significance in relation to improving relative businesses. … By analyzing case studies of typical enterprises and conducting comparative analyses with other retailing formats, we reached the following conclusions. …

    Annals of the Society for Industrial Studies, Japan 2018(33), 187-206, 2018

    J-STAGE 

  • An AI-based Approach to Analyze and Construct Business Models  [in Japanese]

    Hatakama Hiroshi

    ビジネスモデルの分析・設計を行う手法として、ビジネスモデルキャンバス等が知られている。しかし、ビジネスモデルを形式化して表現し、シミュレーションまで行う手法はほとんど提案されていない。ある国で成功したビジネスモデルが他の国では失敗したというような例も多いが、適切に説明するための表現が望まれる。<br>ビジネスモデルの各要素の間には複雑な関係があり、外部環境や競合企業等との相互作用も考え …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2018t10(0), 45-48, 2018

    J-STAGE 

  • Construction of "Pre-scheme model" for Social Innovation  [in Japanese]

    KATO Tetsuo

    社会ニーズに応え、様々な個人の問題を解決するSocial Innovationが、異業種によって引き起こされ、気が付くと自社の経営や事業自体を喪失してしまう事例は枚挙に暇がない。なぜなら、昨今の社会環境の変化は早く大きく、企業の経営トップ自らがSocial Innovationに対する「曖昧な全体使命」を想定できない内に、ICT(情報通信技術)、IoT(Internet of Things)等によ …

    Journal of International Association of P2M 13(1), 142-159, 2018

    J-STAGE 

  • Analysis of in-store consumer purchase behavior using eye-tracking data  [in Japanese]

    Kaneko Yuta , Ishibashi Ken , Yada Katsutoshi

    本研究では、スーパーマーケットで取得された視線追跡データを用いて、消費者の売場注視時間と商品選択の関係性を分析した。我々はアイトラッカーを装着した被験者に売場で商品を選択してもらう実店舗実験を実施し、個人ごとに売場への注視時間と購買結果の関係性を表すモデルを構築して解析を行った。本報告では注視時間が購買結果に及ぼす影響について、商品カテゴリーを考慮して分析した結果を報告する。

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2018t06(0), 103-106, 2018

    J-STAGE 

  • Optimization of Food supply chain by AI technology  [in Japanese]

    MATSUOKA Tatsuhiro , MOTOMURA Yoichi

    <p>産総研人工知能技術コンソーシアムから人工知能技術の応用が期待されている社会課題解決のユースケースの一つとして、生鮮食品におけるサプライチェーンの最適化の取り組みを報告する。 気象データ等を活用した消費予測に、ビジネス条件を加味した需要予測AIと生産予測AIとの協調によって、現在の市場外取引に代わるサイバーマーケットの構築を目指す。</p>

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2018(0), 1O2OS15a05-1O2OS15a05, 2018

    J-STAGE 

  • System Dynamics Modeling of influence and effect of the management measures of the apparel company  [in Japanese]

    Nisizono Hayato , Okada Koji

    近年,国内アパレル産業は市場規模が縮小する中,「ファーストリティリング」や「しまむら」のように業績を伸ばしている企業もある.本稿では,アパレル業界の変化と企業の施策による業績への影響を表現する動的モデルの構築をする.システムダイナミクスを用いて,(1) 早期からの海外生産の移行,(2)物流・在庫システムへの投資,(3)機能的価値の向上の3つの施策を踏まえ,(a)供給ラインモデル,(b)商品価格決定 …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2018s(0), 194-197, 2018

    J-STAGE 

  • Construction of "Pre-scheme model" for Social Innovation  [in Japanese]

    KATO Tetsuo

    「社会環境」の変化が早く大きいために、トップが「曖昧な全体使命」を想定できないまま、社会環境が企業を追い越していく事例は枚挙に暇がない。将来の社会ニーズに応え、様々な個人の問題を解決するSocialInnovationは異業種によって引き起こされ、気が付くと自社の経営や事業自体を喪失してしまう。成功経験豊富なトップでも自ら「曖昧な全体使命」を想定しにくいSocialInnovationを具現化する …

    Proceedings of International Association of P2M 2018.Spring(0), 132-145, 2018

    J-STAGE 

  • Continuous Customer Demand Deployment Process to Technology Development for New Business Continuous Expansion  [in Japanese]

    KIYOTA Mamoru , KUBO Hiroshi

    製造業では新製品を利益のある産業に育てる事が困難であるとされ、ダーウインの海として知られている。その克服には、顧客要求を適切に把握して技術開発と商品仕様に反映し、継続的に市場製品投入をし続ける生き残りライフサイクルの構築が必要である。本研究ではその困難克服の手段として、顧客要求反映と社内コミュニケーション向上をめざしCS経営と日本経営品質賞(JQA)の考え方を導入した。さらに顧客要求をベースに複雑 …

    Journal of International Association of P2M 12(2), 159-177, 2018

    J-STAGE 

  • 〈Articles〉Features and Challenges of Online Game Companies in the Component of Business Model: Case Study of NEXON  [in Japanese]

    韓 尚眞

    … [Abstract]This study aims to present a business model framework of online game companies. … To do this, we review existing business models and construct and construct components in three dimensions: Value creation, Value network and Value harvest, in which open innovation concepts are introduced and classified to suggest and explain characteristic of on-line game. … And we have presented the analytical framework. …

    近畿大学商学論究 = KINKI-DAIGAKU SHOGAKU-RONKYU : The Journal of Business Administration 16(1), 35-52, 2017-07-31

    IR 

Page Top