Search Results 1-20 of 152

  • Examining Anthropogenic Impacts on Vulnerable Fringing Coral Reefs and Shallow Lagoon Areas : A Case Study of the Shiraho Coral Reef, Ishigaki Island  [in Japanese]

    鈴木 倫太郎 , スズキ リンタロウ , Suzuki Rintaro

    … Many coral reefs around the Ryukyu Islands are "fringing" reefs which grow adjacent to the land. … In recent years, the regional coral reefs have been decreasing because of bleaching caused by elevated water temperatures. … In addition, red soil runoff from nearby rivers and groundwater nutrients continue to degrade the coral reef environment. …

    地域学研究 (33), 75-94, 2020-03

    IR 

  • Turbine Characteristics of Wave Energy Conversion Device for Extraction Power Using Breaking Waves

    Paresh Halder , Hideki Takebe , Krisna Pawitan , Jun Fujita , Shuji Misumi , Tsumoru Shintake

    … This concept has been demonstrated at a coral beach on the Maldives since 2018. …

    Energies 13(4), 966, 2020-02-21

    IR 

  • FORMATION OF STABLE LONGITUDINAL PROFILE IN MARGINAL AREAS OF TIDAL FLAT AND CORAL REEFS  [in Japanese]

    WATANABE Mikihisa , UDA Takaaki , KOBAYASHI Akio , NOSHI Yasuhito

    <p> 中津干潟に面した三百間砂州と,沖縄本島南西端の糸満市名城海岸のリーフを調査対象として,干潟とリーフ縁辺部に形成されている砂州の縦断形と底質粒度組成の岸沖分布を測定した.その上で粒径を考慮したBGモデルによる縦断形変化計算を行った.この結果,リーフ海岸では単一粒径に応じた平衡勾配を有する縦断形が形成されること,一方,干潟縁辺部の海浜では粒度組成に応じて定まる縦断勾配に依存した安定 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_523-I_528, 2020

    J-STAGE 

  • A METHOD TO PREDICT SHORELINE RECESSION DUE TO SEA LEVEL RISE ON CORAL REEF BEACHES AND ITS IMPACT IN SMALL ISLAND COUNTRY  [in Japanese]

    ONAKA Susumu , SERIZAWA Masumi , UDA Takaaki , ICHIKAWA Shingo , MORI Tomohiro , AWAZU Yuta

    <p> サンゴ礁起源の砂礫が堆積して形成された低平かつ狭小な小島嶼国では,気候変動に伴う海面上昇による国土の減少や,海岸災害リスクの増加が懸念されている.小島嶼国における個々の島は,それぞれ異なる地形や外力条件を有するため,これらの影響を簡便に評価できる手法が望まれる.そこで高度な数値計算を行うのではなく,現地で得られる基本的な諸元のみを用いて海面上昇による汀線後退量を簡易的に推定する …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1159-I_1164, 2020

    J-STAGE 

  • CLASSIFICATION AND CHARACTERISTIC OF CORAL BEACHES BASED ON SEDIMENT PROPERITIES  [in Japanese]

    TSUJIMOTO Gozo , MASUTANI Takeru

    <p> 沖縄の34箇所の海岸において,底質採取と前浜勾配の計測を行った.底質の組成成分はサンゴ,有孔虫,貝殻片,鉱物,ウニ棘に分類し,底質特性として粒径,円形度,色彩の明度,彩度,色相を画像より求めた.明度,彩度の分布幅には広がりが見られ,粒径の減少に伴い円形度が増大する鉱物由来の砂浜と同じ傾向であった.底質組成の割合にエントロピー法を適用して海浜を6グループに分類し,組成や地理的位置 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_264-I_269, 2020

    J-STAGE 

  • PREDICTING CHANGE IN SAND MOVEMENT ON CORAL REEF DUE TO SEA LEVEL RISE ASSOCIATED GREENHOUSE EFFECT  [in Japanese]

    宇多 高明 , 五十嵐 竜行

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_559-564, 2019

  • PREDICTING CHANGE IN SAND MOVEMENT ON CORAL REEF DUE TO SEA LEVEL RISE ASSOCIATED GREENHOUSE EFFECT  [in Japanese]

    UDA Takaaki , IGARASHI Tatsuyuki

    <p> 沖縄本島中西部に位置し,東シナ海に面した残波岬周辺を対象として,粒径を考慮したBGモデルを用いてリーフエッジ付近から供給された砂の移動状況を予測した.その場合,個々の粒径を与えた計算と,混合粒径とした場合の計算を行った.一方,地球温暖化に伴う海面上昇の影響に関しては,IPCC第5次評価報告書のシナリオRCP8.5を参照し,波浪条件やリーフからの砂礫の供給量などが一定に保たれた条 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_559-I_564, 2019

    J-STAGE 

  • FORMATION OF A SANDY BEACH DUE TO SAND SUPPLY FROM VICINITY OF REEF EDGE  [in Japanese]

    UDA Takaaki , IGARASHI Tatsuyuki , OOKI Yasuhiro

    <p> 沖縄本島中西部に位置し,東シナ海に面した残波岬周辺において,2018年11月26日現地踏査を行い,汀線に沿った区域におけるサンゴ礁起源の砂礫の堆積状況を調べた.前浜底質の粒度やバーム高の実測値を与えた上で,リーフエッジ付近に仮想的に盛った砂の,波による移動状況を粒径の変化を考慮可能なBGモデルを用いて計算した.残波岬ではNNW方向からの高波浪とSW方向からの波が入射するが,これ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 75(2), I_623-I_628, 2019

    J-STAGE 

  • BEACH CHANGES AT NORTH END OF YABUCHI ISLAND ASSOCIATED WITH CONSTRUCTION OF CAUSEWAY IN SOUTH PART OF KIN BAY  [in Japanese]

    UDA Takaaki , OOKI Yasuhiro

    <p> 2方向から波が入射する場において,構造物の建設により片側からの波の侵入が阻止されると,従来両方向からの波の作用でバランスしていた砂州が大きく変形することがある.この種の地形変化は,沖縄のようなサンゴ礁発達域でも起こり得る.その実例としては,宮古島と伊良部島間の浅いリーフを横断して伸ばされた伊良部大橋の例がある.これと同種の地形変化が沖縄本島中部の金武湾に造られた海中道路でも起き …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 75(2), I_629-I_634, 2019

    J-STAGE 

  • INCREASE IN SEAWARD SAND TRANSPORT BY ROCKS BURIED UNDER FORESHORE OWING TO CHANGE IN SEEPAGE FLOW DURING WAVE RUN-UP  [in Japanese]

    NISHIMURA Ako , KOBAYASHI Akio , UDA Takaaki , NOSHI Yasuhito

    … 岩盤またはbeach rockなどの上に砂礫浜がある場合,不透過性の物体があるがゆえに波の遡上時の戻り流れおよび浸透流が変化し,前浜の堆積侵食状況に変化が現れる可能性がある.本研究では,まず沖縄本島南端に位置する米須海岸とMaldivesのHithadhoo島にある礫浜を具体例として取り上げた.米須海岸では,リーフの岩盤上に礫浜が安定的に存在していたが,Hithadhoo島では侵食によりbeach rockの露出が …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 75(2), I_331-I_336, 2019

    J-STAGE 

  • <sup>14</sup>C Ages of Large Coral Boulders Washed Ashore on the Southeast Coast of Miyako Island, Okinawa Prefecture  [in Japanese]

    OMOTO Kunio

    <p>宮古島南東,東平安名岬西部のマイバーバマおよび北部の吉野海岸に打ち上げられた津波石と推定したサンゴ岩塊(<i>Porites</i> sp.)についてAMS <sup>14</sup>C年代測定を行った。<br> その結果,マイバーバマ東部のサンゴ岩塊から675±22 BP (1,633~1,699 cal AD:平均1 …

    Quarterly Journal of Geography 71(2), 82-88, 2019

    J-STAGE 

  • Zonal distribution of hermatypic coral rubble in the beaches facing the Pacific bay influenced by the Kuroshio Current between Cape Shiono-misaki and Cape Muroto-misaki,Japan.  [in Japanese]

    Nakai Kazuki

    黒潮が洗う紀伊半島と室戸半島の南部のビーチには,造礁サンゴ礫が分布している筈と考え,両半島南端から高緯度方面のビーチでの造礁サンゴ礫の分布を調べた。その結果,いずれの半島のビーチでも南端で,最も高い含有率と種多様性を確認し,含有するビーチの北限を求めることができた。分布範囲は,まさに,黒潮が洗う潮岬から室戸岬の間の太平洋岸に限定され,紀伊水道には認められなかった。

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 309, 2019

    J-STAGE 

  • Nature : Culture Linkages in The Cu Lao Cham : Hoi An World Biosphere Reserve

    Thao Le Ngoc

    … Heavy typhoons and floods are impacting the ancient town of Hoi An and have given rise to collapsing river banks and beach erosion. … Sedimentation and pollution are attacking coral-reefs and sea-grass beds. …

    世界遺産学研究 = JOURNAL OF WORLD HERITAGE STUDIES (SPECIAL ISSUE 2019), 66-72, 2019

    IR  DOI 

  • BEACH CHANGES TRIGGERED BY ARTIFICIAL ALTERATION ON CORAL CAY - EXAMPLE OF MINNAJIMA ISLAND OFFSHORE OF MOTOBU PENINSULA IN OKINAWA  [in Japanese]

    UDA Takaaki , DATE Ayami , ISHIKAWA Toshinori , OOKI Yasuhiro

    洲島において人工改変が行われると,漂砂バランスが崩れて大きな地形変化が起こることがある.宇多らは,モデル的に円形のサンゴ洲島を考え,洲島に離岸堤が設置された場合の海浜変形予測を行い,サンゴ洲島は閉じた漂砂の系を有するがゆえに,洲島の一か所で人工改変が行われるとその影響がサンゴ洲島全体に及ぶことを明らかにした.しかし,この種の問題に関する実証データは不足していた.本研究では,沖縄本島の本部半島沖の水 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 74(2), I_659-I_664, 2018

    J-STAGE 

  • IMPLEMENTAION OF ADAPTIVE MANAGEMENT ON GRAVEL BEACH NOURISHMENT IN TUVALU  [in Japanese]

    ONAKA Susumu , ICHIKAWA Shingo , IZUMI Masatoshi , UDA Takaaki

    南大洋州の小島嶼国であるツバル国で顕在化しつつある海岸侵食や高波浸水被害に対し,礫と砂を用いた礫養浜を実証事業として実施した.工事完了から2年間にわたる海岸モニタリング結果を踏まえ,海岸の利用形態に応じた地域主導型の順応的管理を提案・実践した.その結果,ツバルの人々により今後創生された海岸を維持していくことが可能であることが示された.

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 74(2), I_797-I_801, 2018

    J-STAGE 

  • UAV POTENTIAL FOR AQUATIC AND SUB-AQUATIC ENVIRONMENTAL MONITORING  [in Japanese]

    NISHI Ryuichiro , KAWAMORI Akira , TSURUNARI Yoshihisa

    現在,比較的に低価格のUAV(無人航空機・ドロ-ン)および空撮システムが利用可能となり,陸域の一般的な調査機材となりつつあるが,河川や海域等の水圏環境では,耐水性機能の問題,水面での反射等による画質の問題,水表面と水中地物表面の二値問題,透明度に伴う可視化の問題等のために利活用が進みにくい現状がある.一方,UAVの水圏環境への応用技術は,これまでUAVの操縦経験のない研究者,技術者,そして一般市民 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 74(2), I_1006-I_1011, 2018

    J-STAGE 

  • Production age, transport and depositional processes of beach sediments around Sesoko Island (Okinawa, Japan), based on abrasion grades and radiocarbon ages of empty tests of <i>Baculogypsina sphaerulata </i>(Foraminifera)  [in Japanese]

    ITO Mayuko , MORI Ai , HONGO Chuki , ASAMI Ryuji , MIYAIRI Yosuke , YOKOYAMA Yusuke , FUJITA Kazuhiko

    <p>琉球列島の海浜堆積物は主に石灰化生物の骨格片や殻で構成される。しかし,海浜堆積物の生産年代,生産場から海浜への運搬時間や堆積年代についてはよく分かっていない。本研究では,沖縄県瀬底島の海浜・サンゴ礁で採取した表層堆積物試料を用いて,有孔虫<i>Baculogypsina sphaerulata</i>(ホシスナ)の遺骸殻(以下,星砂と表記する)の磨耗度と放 …

    Journal of the Japanese Coral Reef Society 20(1), 1-20, 2018

    J-STAGE 

  • Observations of coral-dwelling gall crabs (Cryptochiridae) in the intertidal zone of Odo Beach (Okinawa, Japan)

    Van der Meij Sancia E.T. , Reijnen Bastian T. , Reimer James D. , ファン デル メイ サンシア E.T. , レイネン バスティアン T. , ライマー ジェイムス D.

    沖縄島大渡海岸にて実施した潮間帯調査中に, 高潮帯よりサンゴヤドリガニ類3種が観察されたので記録する. それら3種が寄居した宿種は特異的であり, Opecarcinus cf. sierra Kropp, 1989 はPavona venosa (Ehrenberg, 1834) シコロキクメイシから, Pseudohapalocarcinus ransoni Fize & Serène, 195 …

    Fauna Ryukyuana (37), 7-9, 2017-08-31

    IR 

  • Seasonal Variation of Sandy Beach on a Coral Cay : Example of Embudu Village Island in Maldives  [in Japanese]

    宇多 高明 , 芹沢 真澄 , 宮原 志帆

    地形 38(2), 165-181, 2017-04

  • Beach Formation by Sand Supplied from Reef Edge on Oujima Island in Okinawa  [in Japanese]

    宇多 高明 , 芹沢 真澄 , 宮原 志帆

    地形 38(2), 147-163, 2017-04

Page Top