Search Results 1-20 of 1062

  • History of Great Earthquakes Deduced from Geomorphic and Geologic Evidence  [in Japanese]

    穴倉 正展

    法政地理 (52), 1-22, 2020-03

  • A hypothetical classification of asesmic crustal movement in the Japan Arc.  [in Japanese]

    Komatsubara Taku

    <p><b>はじめに</b></p><p> 日本弧の大地形形成には非地震性の地殻変動が深く関係している。演者は、非地震性地殻変動の形成機構による分類について仮説を提案する。</p><p><b>地震性地殻変動と非地震性地殻変動の区分</b></p><p> 地震性地殻変動 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 38, 2020

    J-STAGE 

  • Estimation of crustal movement style along the Sanriku coast, northeast Japan, on the basis of interregional comparison of distribution of sedimentary facies of alluvial plains  [in Japanese]

    Niwa Yuichi , Sugai Toshihiko

    <p>1.はじめに</p><p> 東北地方太平洋岸に位置する三陸海岸では,測地観測記録から,2011年に発生した東北地方太平洋沖地震時の沈降(Ozawa et al., 2011),および,2011年以前の数十〜百年間における沈降傾向(Kato, 1983)が認められる。一方,当該海岸では,海岸沿いの平坦面を更新世海成段丘と解釈することで,10<sup&g …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 102, 2020

    J-STAGE 

  • Seafloor Monitoring of Earthquakes, Tsunamis, and Crustal Movement : Seafloor Cable Network  [in Japanese]

    篠原 雅尚

    海洋調査技術 = Journal of Japan Society for Marine Surveys and Technology 31(1), 11-16, 2019-03

  • Late Pliocene to Holocene movement of west coast area in Shika Town, central Noto Peninsula based on terrace, marine erosional feature, and fossils  [in Japanese]

    Research Group of active fault in the western coast Noto Peninsula

    <p>能登半島中部の志賀町西海岸地域における後期更新世から完新世の地殻変動を富来川南岸断層の関連で検討した. この海岸地域には中位段丘が分布することが知られてきた. この段丘を構成する堆積物の層相を観察・記載するとともに,その分布高度を検討した.その結果,志賀町の福浦港北のさらに北にも海成堆積物が連続的に分布することが明らかになった.また,その分布高度は南の志賀町赤住から北の富来川に向 …

    Earth Science (Chikyu Kagaku) 73(4), 205-221, 2019

    J-STAGE 

  • IMPACT TO BEACH TOPOGRAPHY BY CONTINUOUS DISCHARGE OF COOLING WATER ACROSS SHORELINE ON COAST WITH LONGSHORE SAND TRANSPORT  [in Japanese]

    UDA Takaaki , ISHIKAWA Toshinori , KAINUMA Masashi

    <p> 天竜川河口の東32kmに位置する浜岡原子力発電所から御前崎に至る地域では,地殻変動起源の地盤沈降や飛砂による土砂損失により近年侵食が進んできた.とくに,御前崎海岸では,侵食域が浜岡原発から東向きに拡大しつつあり,また,浜岡原発の西側隣接部でも侵食が進んでいることから,この付近では地盤沈降や飛砂以外の要因も侵食に関与する可能性が考えられる.そこで,浜岡原発周辺において1973~2 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_643-I_648, 2019

    J-STAGE 

  • TSUNAMI ARRIVAL TIME CALCULATION IN CONSTRUCTION OF TSUNAMI SCENARIO BANK AND INFLUENCED BY TSUNAMI INUNDATION CALCULATION WITH DIFFERENCES OF PROTECTIVE FACILITY  [in Japanese]

    CHIKASADA Naotaka , NEMOTO Makoto , TAKAYAMA Jumpei , SUZUKI Wataru , MIYOSHI Takayuki , AOI Shin

    <p> 我々は,稠密な沖合津波観測網から得られる水圧観測記録を用いて津波の遡上を即時予測する手法の開発を行った.広域の津波遡上を即時予測するために予め計算した結果を津波シナリオバンクと呼ぶデータベースに登録している.津波発生時には水圧観測記録とシナリオを比較し選別することで津波の遡上を即時予測することを可能にしている.一方で,予め計算しなければいけないため,その計算条件を綿密に検討する …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_379-I_384, 2019

    J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL STUDY ON TSUNAMI GENERATION DUE TO HORIZONTAL CRUSTAL DEFORMATION  [in Japanese]

    MICHIGUCHI Yoko , MITOBE Yuta , SUGINO Hideharu , TANAKA Hitoshi

    <p> 海溝軸付近における地殻変動の水平変位が津波の初期水位分布に及ぼす影響を把握するため,実際の現象を模擬した水理実験及び解析を実施し,その比較検証結果から解析手法の適用性を確認した.水理実験及び解析の結果,水深が浅く,速度を大きくするほど最大水位が高くなった.最大水位の発生位置は,いずれも可動式斜面の中央部付近で発生した.水理実験のデータを基に,最大水位が高くなる条件検討のため無次 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_343-I_348, 2019

    J-STAGE 

  • Geomorphological Development in the Lower Course of Minato River, Middle West Boso Peninsula  [in Japanese]

    SATO Toshifumi

    <p><b>1.はじめに</b></p><p> 房総半島の脊梁部に源を有し,東京湾に注ぐ主な河川のうち,湊川はその下流域において,最も西を流れ他の河川とは地質や隆起量など異なる特徴をもつ.この湊川下流域における,おもに最終氷期最大海面低下期以降の地形発達について,その発達要因を考察することを目的とした.</p><p> …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019a(0), 43, 2019

    J-STAGE 

  • Spatial distribution of Holocene crustal movements along the Sanriku coast, northeast Japan  [in Japanese]

    Niwa Yuichi

    はじめに<br> 東北地方太平洋岸に位置する三陸海岸では,2011年に発生した東北地方太平洋沖地震時の沈降(Ozawa et al., 2011),および,地震後の隆起(国土地理院,2017)が記録されている.また,検潮記録に基づくと,当該海岸では2011年以前の数十~百年間にも沈降傾向が認められる(Kato, 1983).一方,三陸海岸では更新世海成段丘と解釈された平坦面の存在から, …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 64, 2019

    J-STAGE 

  • Relationship between development of beach ridges and seismic crustal movements in Kikugawa Lowland in the Shizuoka Prefecture, Central Japan  [in Japanese]

    Hayata Keisuke , Matsuta Nobuhisa , Hirouchi Daisuke

    <b>1</b><b>.はじめに</b>大きく2列の浜堤列が発達する菊川低地は.南海トラフに近接するため,プレート境界型地震に伴う地殻変動を繰り返し受けてきた(Ando,1975).浜堤および堤間湿地の標高は,内陸に向かって高くなっており,完新世以降の隆起が指摘されている(藤原ほか,2016).一方,検潮記録の地震間の定常は沈降しており,地震時かその …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 306, 2019

    J-STAGE 

  • Factors of Relative Sea Level Rise in Miura Peninsula:Presenting Correct Information on Natural Geography Survey to Resolve Resident's Anxiety and Misunderstanding  [in Japanese]

    Kim Haengyoong

    <b>1. </b><b>はじめに</b><br><br>地域には,自然環境に対する何かしらの不安や課題が内在している.三浦半島南部の海岸調査では,海面水位の変動に対する住人の不安が確認された.住人は「海水面の高さがこの数十年間で徐々に上昇し,地形が海に沈んだ」と言う.原因を聞取ると,「地球温暖化による海面上昇」と認識する人が …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 319, 2019

    J-STAGE 

  • Current situation and issues of geomorphological and geological researches along the Sanriku coast, Japan, for clarification of the earthquake cycle  [in Japanese]

    Niwa Yuichi

    <p>海溝型巨大地震サイクルの解明に向けた,三陸海岸における地形・地質研究の現状と課題を整理した.当該海岸地域では10<sup>3</sup>~10<sup>4</sup>年スケールの地殻変動の推定研究として沖積層研究が行われ,南部では沈降傾向,北部では相対的に隆起傾向にあることが明らかになりつつある.一方,10<sup>5& …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(1), 3-11, 2019

    J-STAGE 

  • Results of science classes utilizing oceanic sediments for the lower junior school students  [in Japanese]

    川村 教一 , KAWAMURA Norihito

    中学生1年生を対象に北西太平洋を例として,海底地形・地質と地殻の変動についてどのような認識を持っているのかアンケート調査を実施したところ,生徒は陸域や沿岸域における地学事物・現象を海底地形や海洋地質に適用しており,また断層とプレート境界面とを区別できていないことが明らかになった.「沿岸的」な海洋地形・地質観を遠洋域のそれに変換させるために,海底地形を示し遠洋性堆積物中に含まれる微化石の観察をさせた …

    秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要 Bulletin of the Center for Educational Research and Practice, Faculty of Education and Human Studies, Akita University (41), 27-37, 2019

    IR  DOI 

  • Deformation of Marine Terraces and the Seafloor on and around Ishigaki Island Based on the Analysis of a Digital Elevation Mode  [in Japanese]

    後藤 秀昭

    本研究は科学研究費補助金(課題番号:16K01221)を使用しました。

    広島大学大学院文学研究科論集 78, 107-122, 2018-12

    IR  DOI 

  • Vertical crustal movement around the Shionomisaki region, Kii Peninsula, southwest Japan, estimated from GNSS measurements  [in Japanese]

    濱田 真衣子

    地球表面はプレート運動によって常時変動しており, 和歌山県では南海トラフに近い南部では沈降し, 北上するほど隆起している. その隆起と沈降の境のことをヒンジラインという. GNSS(全地球航法衛星システム)観測による全国の観測点の日々の高精度な位置データを用い, 次の南海トラフ地震の被害が想定されている, 紀伊半島(潮岬周辺)と, 他の南海トラフのヒンジライン周辺部(室戸岬周辺, 御前崎周辺)の地 …

    ELCAS Journal (3), 45-48, 2018-03

    IR 

  • Outline of "Assessment Guideline for the Local Failure of Structures Subjected to Impact Actions" and "Safety Assessment of Concrete Structures Subjected to Explosion" by JSDFE  [in Japanese]

    Beppu M. , Morita T. , Nagata M.

    <p>近年,異常気象や地殻変動の影響を受けて,竜巻飛来物や火山噴石による衝突災害が頻発している。また,爆破テロや不測の爆発事故が増加傾向にある。このような災害の発生確率は小さいが,ひとたび発災すると,衝突や爆発作用によって構造物が甚大な被害を受けるため,社会に極めて深刻な影響を及ぼす。しかし,衝突や爆発作用を対象とした研究や設計法は非常に少ないのが現状である。本稿は,防衛施設学会から発 …

    Concrete Journal 56(10), 839-844, 2018

    J-STAGE 

  • Nuclear waste disposal method of grinding injection into deep underground  [in Japanese]

    NISHINO Yoshinori , TAMURA Shinichi , SHIMIZU Hirokazu

    … In addition, one million years corpse of a previously deposited on the seabed organisms dived underground at the crustal movement. … First, the treatment plant is in the field that requires a study of the re-engineering geophysical, and a natural phenomenon resulting from the features of the formation of crustal movement should be used as treatment plant of the nuclear waste. …

    GPI Journal 1(2), 249-254, 2018

    J-STAGE 

  • Study of the nuclear waste disposal method of grinding injection into deep underground

    NISHINO Yoshinori , TAMURA Shinichi , SHIMIZU Hirokazu

    … In addition, one million years corpse of a previously deposited on the seabed organisms dived underground at the crustal movement. … First, the treatment plant is in the field that requires a study of the re-engineering geophysical, and a natural phenomenon resulting from the features of the formation of crustal movement should be used as treatment plant of the nuclear waste. …

    GPI Journal 1(2), 255-261, 2018

    J-STAGE 

  • Re-examination of the Ages of the Last Interglacial Marine Terraces and Crustal Movements Since the Last Interglacial Period along the Northern Sanriku Coast Based on Tephrochronology  [in Japanese]

    MIYAZAKI Mayumi , ISHIMURA Daisuke

    <p> Marine terraces on the northern Sanriku Coast are mapped, verifying their emergent times with a tephra analysis to provide accurate information on long-term coastal uplift along the Sanriku …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 127(6), 735-757, 2018

    J-STAGE 

Page Top