Search Results 1-20 of 17704

  • La guerre froide dans la vie quotidienne : l' exemple des ouvriers du port de Marseille (1947-1948)

    Polet Jean-Noël

    【学術論文】

    言語文化研究 (47), 215-239, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Analysing the Development of Western Entertainment in Shanghai in the Late Qing Dynasty from Dianshizhai Pictorial And Picture Daily  [in Japanese]

    鄧 怡然

    内田慶市教授古稀記念号

    東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies (14), 107-128, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • A study and prototyping of game devices in the era of with corona and after corona  [in Japanese]

    室橋 直人

    … A new way of life has also been created, in which these measures are firmlyestablished in daily life and are sustained. …

    東京工芸大学芸術学部紀要 = Bulletin of Faculty of Arts, Tokyo Polytechnic University (27), 37-44, 2021-03-31

    IR 

  • Development of a bicycle that can be used at the time of disaster  [in Japanese]

    服部 守悦 , ハットリ モリヨシ

    東日本大震災を機に各地で大規模災害発生を想定した防災対策が進んでいる。一方で、災害発生直後の生活について考える機会は少ない。それを踏まえて、前年度、浜松市の助成金を活用し、災害発生後の物資等運搬用の自転車を試作した。今回、その試作車を被災地へ持ち込み、検証結果を盛り込んで改良型の製作を行った。

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 183-186, 2021-03-31

    IR 

  • Cultural Arts Events and Intercultural Community Building: A Report on "Dekasegui Brasil" Photo Exhibition, Symposium and Cross-cultural Exchange Concert  [in Japanese]

    池上 重弘 , 立入 正之 , 峯 郁郎 , イケガミ シゲヒロ , タチイリ マサユキ , ミネ イクロウ

    本稿は、2019年度に静岡文化芸術大学で開催されたイベント『「デカセギ」の30年、過去から未来へ~写真展、シンポジウム、交流コンサート~』についての報告を通じて、文化芸術イベントが多文化共生推進に資する可能性を考察することを目的とした。企画の背景、各イベントの実施に向けた経緯を述べた上で、イベントの実施内容について詳述し、さらにその成果と意義をまとめた。 日系ブラジル人労働者やその家族について、自 …

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 113-120, 2021-03-31

    IR 

  • "Sewing" as a Technique in Contemporary Art: A Study of Gender Perspective  [in Japanese]

    高橋 律子 , TAKAHASHI Ritsuko

    … In addition, as the concept represented by sewing, this study highlighted four important themes as art that confronts contemporary society: gender, community/communication, time and memory, and life and death. … It is a primitive technique that is close to our daily life, and the technique itself contains various messages. …

    人間社会環境研究 = Human and socio-environmental studies (41), 33-47, 2021-03-31

    IR 

  • Lead-Glazed Pottery in the Capitals of Tang Luoyang

    CHEN Siya , 陳 斯雅

    … Finally, from the viewpoint of their shape, decoration, and unearthed context, I discuss the usage idea in this new stage and conclude that lead-glazed pottery became divorced from its original design concept and was increasingly merged into the daily life of the aristocracy in the Later Tang. …

    人間社会環境研究 = Human and socio-environmental studies (41), 1-17, 2021-03-31

    IR 

  • Survey of practice of Crisis Plans in the community life support for the people with psychiatric disabilities.  [in Japanese]

    狩野 俊介 , 野村 照幸

    本研究は,精神障害者の地域生活支援におけるクライシス・プラン実践の実態を明らかにすることを目的に,精神科病院,相談支援事業所,保健所のソーシャルワーカーを対象に実態調査を実施した.その結果,クライシス・プランは専門職個人の判断から支援に用いられており,未だに一般精神保健医療福祉の現場に普及していない現状が明らかとなった.そうした中で,クライシス・プランはリスクマネジメントに偏って作成されている状況 …

    八戸学院大学紀要 (62), 153-171, 2021-03-26

    IR 

  • Effects of the novel coronavirus infection (COVID-19) on the daily life of orphaned students and their families (1) ―Family economics and impact on children's education and future plans―  [in Japanese]

    富井 久義

    本論文は,2020年に起きた新型コロナウイルス感染症の感染拡大(コロナ禍)が遺児世帯,すなわち死別のひとり親世帯の家計にどのような影響をもたらしたのかを,遺児世帯の保護者・大学生・ 高校生を対象に,一般財団法人「あしなが育英会」が2020年10月から11月にかけて実施した調査結果をもとに明らかにするものである。分析の結果明らかになったことは,第一に,遺児世帯は,他のひとり親世帯や一般世帯と同様,コ …

    社会情報研究 = Journal of Information and Communication 2(2), 1-10, 2021-03-26

    IR  DOI 

  • Changes in health status, workload, and lifestyle after starting the COVID-19 pandemic: a web-based survey of Japanese men and women

    Suka Machi , Yamauchi Takashi , Yanagisawa Hiroyuki

    Environmental Health and Preventive Medicine 26(1), 2021-03-22

    DOI 

  • The Actual Conditions and Problems of Employment of Older Adults Receiving Training for Home-visiting Service A Workers in I City  [in Japanese]

    曽我 智子 , 川井 太加子 , 井口 知也

    Purpose : This study aimed to examine older adults' employment by clarifying the actual conditions of people receiving training for Home-visiting Service A workers in I City(hereinafter,"kaji-enja"ˆ ) …

    桃山学院大学総合研究所紀要 = ST. ANDREW'S UNIVERSITY BULLETIN OF THE RESEARCH INSTITUTE 46(3), 57-72, 2021-03-22

    IR 

  • Information Presentation System for Manipulating User's Subjective Time Using Wearable Devices  [in Japanese]

    清水 友順 , 双見 京介 , 寺田 努 , 塚本 昌彦

    人が主観的に判断する時間経過である主観時間の制御を実現できれば,楽しい時間を長く感じることや退屈な時間を短く感じることができる.そのため,先行研究ではPC上での知覚刺激量の操作によって主観時間を制御するシステムの提案が行われてきた.しかしながら,主観時間の制御はPC上での作業だけではなく,日常生活の様々なタスクにおいても必要となる.そこで本研究では,知覚刺激提示に基づく主観時間制御の利用シーンを拡 …

    情報処理学会論文誌 62(3), 968-980, 2021-03-15

    IPSJ 

  • The effectiveness of co-ordination training -The effect on the physical strength, health and living behavior of children-  [in Japanese]

    小野 覚久 , 縄田 翔吾 , 髙橋 美紗江

    … The decline in the athletic ability of young children is also associated with the decline in the ability of daily activities such as communication ability, and the main factor is the decrease in exercise play, their companions, and places where they can exercise. …

    足利短期大学研究紀要 = MEMOIRS OF ASHIKAGA JUNIOR COLLEGE 41(1), 23-30, 2021-03-15

    IR 

  • 出席不良経験を有する初年次学生の特徴;Behavioral and psychological characteristics of university freshmen with poor attendance experience  [in Japanese]

    佐藤 進;SATO Susumu , 鈴木 貴士;SUZUKI Takashi , 村田 俊也;MURATA Toshiya , 畝本 紗斗子;UNEMOTO Satoko , 佐々木 瑛;SASAKI Hikaru

    Daily living habits, maladaptation symptoms to university and psychological characteristics were examined by a biannual survey, and the relationships with the experience of poor attendance were examined. … Significant relationships with the poor attendance of the university were found in daily habit of breakfast, internet addiction, the anxiety about academic learning, and mental health throughout the first year. …

    工学教育研究;KIT progress (29), 31-40, 2021-03-10

    IR 

  • Data collection and analysis for worker mental health monitoring  [in Japanese]

    前川 哲志 , 水本 旭洋 , 諏訪 博彦 , 島津 明人 , 安本 慶一

    行動変容と社会システム vol.07 (2021), 2021-03-06

    IPSJ 

  • Psychological Support for Improving the Quality of Life of a Person with Difficulty in Psychosocial Adaptation due to After Effect of Disease: Through Involvement in Psychological Rehabilitation Camp  [in Japanese]

    古長 治基 , 船橋 篤彦

    本研究では、病後の脳後遺症を抱える人のQOLを高める心理学的支援として、心理リハビリテイションキャンプ(以下、PRC)を取り上げ、PRCにおける支援者の関わり方の工夫や、PRCの構造が持つ意義について、ICFの観点から検討を行った。対象者(以下、A)は、後遺症にともなう知的能力や身体機能の制限があり、日常生活においても、これまでの動作法場面においても、気持ちを切り替えて行動することが出来ないという …

    広島大学大学院人間社会科学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要 (19), 71-79, 2021-03-01

    IR  DOI 

  • Subjective / objective as a material for "managing"  [in Japanese]

    生田 聡史

    非定型の解や解のない解を探求していく「やりくり」をしていくにあたり,それまでに身につけている知識や能力が「やりくり」を進める要素の一つとなってくる。これは国語科の学習でも同様である。今年度 早い段階の国語学習で,「主観」と「客観」の視点を入れて「読む」ことを行うと,生徒から良い反応が返ってきたということを経験した。そこで,「やりくり」を進めていくための,事前に身につけておくべき知識・能力の一つとし …

    鳥取大学附属中学校研究紀要 (52), 19-22, 2021-03-01

    IR 

  • Development of "Yarikuri Lesson" to improve ability to learn. - Aiming for generalization of lesson method of no limited subject boundaries.  [in Japanese]

    中尾 尊洋

    本研究では,生徒が自ら試行錯誤して問題解決する場面を提供する「やりくり」授業の工夫における重要なポイントを検討した。数学科,美術科,技術科,英語科において,2度の「やりくり」授業の実践場面から成果を検討し,どのように教師が「やりくり」授業を工夫しているのかについて面接調査を実施した。その結果,成果の検討では,生徒が「やりくり」する力について,各教科における評価が向上していることが確認された。面接調 …

    鳥取大学附属中学校研究紀要 (52), 1-12, 2021-03-01

    IR 

  • "YARIKURI lessons" to develop thinking ability that can be used in daily life through understanding steam cooking.  [in Japanese]

    岸本 佳代子 , 森原 千晶 , 中尾 尊洋

    今まで「蒸す」調理の学習では「蒸しケーキ」を作る等の調理実習を行ってきたが単発的な活動で終わってしまい学習したことを生活に生かすことができてないと感じた。そこで本研究では「蒸す」調理を理解し生活に生かせる思考を育むために「蒸す」という調理はどのような調理かどのような食材に適した調理かを実験を通して体験的に理解させその特徴を生かした「蒸し料理」を考えさせる授業実践を行った。

    鳥取大学附属中学校研究紀要 (52), 127-132, 2021-03-01

    IR 

  • A Survey of Child-Centered Daily Routines and Life in Infant Care and Education, Focusing on Organizing Previous research on the "Childcare Charge System"  [in Japanese]

    南條 恵

    0-2歳児の保育所入所率が高まり,保育時間も長時間化しているなか,乳児保育のあり方が問い直されてきている。保育所は,集団生活の場であるとともに,個人としての生活をも尊重しなければならず,そのためには一人ひとりの子どもの発達や生活リズム,そしてその子の思いに寄り添う必要がある。つまり,一人ひとりの子どもを主体とした日課や生活を作っていかなければならない。しかし,戦後のわが国の保育所においては,一斉的 …

    佛教大学大学院紀要. 社会福祉学研究科篇 (49), 163-178, 2021-03-01

    IR 

Page Top