Search Results 1-20 of 84

  • 1 / 5
  • The Effects of Group Psychotherapy for Patients with Psychosomatic Skin Diseases : A Qualitative Study Using a Modified Grounded Theory Approach  [in Japanese]

    Watanabe Ikuko , Higaki Yuko , Yokota Jinko , Ujiie Yuri , Kamo Toshiko

    <p>ストレス対処力向上を目指すグループ療法が, 皮膚心身症患者の問題の認識やその対処, 皮膚症状の経過や治療姿勢にどのように影響を与えるのかを質的に検討した. グループ療法に2回以上参加経験のある女性皮膚心身症患者7名を対象として, インタビューを実施し, 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチの手法を用いて分析した. その結果, 5つのカテゴリーが生成され, それらはグループ療 …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 59(2), 164-172, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Hyperbaric Oxygen Combined with 5-Aminolevulinic Acid Photodynamic Therapy Inhibited Human Squamous Cell Proliferation

    Mei Li-Hong , Yang Gao , Fang Fang

    … Thus, HBO combination with PDT may constitute a promising approach to treat human squamous cell carcinoma in the future.</p> …

    Biological and Pharmaceutical Bulletin 42(3), 394-400, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Cutaneous Myiasis Due to <i>Dermatobia </i><i>hominis </i>  [in Japanese]

    Kojima Ayako , Tatsumi Kazuna , Natsuaki Masaru , Dainichi Teruki , Kabashima Kenji

    <p><b>10</b>歳代後半,男性。約 <b>1 </b>ヶ月間,中南米ベリーズ国のプレイセンシアへ渡航し,森林や海で蚊などによく刺された。帰国 <b>4 </b>日前より左側胸部に痒みを伴う皮疹を認め,その後も腫脹が持続した。 <b>2 </b>週間後の数日間,皮疹部に激痛があり,皮疹 …

    Hifu no kagaku 17(6), 313-316, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • How Violence Against Persons with Albinism Became a Worldwide Social Problem : Review of Tanzanian Publications 1979-2016  [in Japanese]

    仲尾 友貴恵

    … Based on the social constructionist approach towards social problems, first, this paper sketches the dynamics of the claims-making activities. … By the early 1980s at the latest, Tanzanian society has provided PWAs with the social positions as a distinctive target group of dermatological medical service and an outstanding advocative actor representative of the people with disabilities. …

    京都社会学年報 = Kyoto journal of sociology (24), 109-140, 2016-12

    IR 

  • Pruritus in Chronic Liver Disease : A Questionnaire Survey in 71 Patients  [in Japanese]

    KIDO-NAKAHARA Makiko , HACHISUKA Junichi , NAKAHARA Takeshi , FURUSYO Norihiro , SHIMODA Shinji , KOTO Kazuhiro , FURUE Masutaka

    <p>かゆみは慢性肝疾患でしばしば認められる症状である。しかしその頻度やかゆみの程度についての報告は少ない。そこで,今回我々は原発性胆汁性肝硬変(PBC)や慢性 B 型・C 型肝炎患者を含む慢性肝疾患患者 71 名に対し,かゆみに関するアンケート調査を行い,かゆみの現状を明らかにすることとした。慢性肝疾患の患者のうち,約 5 割(36/71 名)でかゆみがあった。かゆみが生じる傾向は, …

    Nishi Nihon Hifuka 78(6), 655-659, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effect of Endothelial Cell-derived Endothelin-1 on Wound Healing  [in Japanese]

    MAKINO Katsunari , JINNIN Masatoshi , IHN Hironobu

    エンドセリン-1は,血管内皮細胞からおもに産生され,強力な血管収縮作用を有するペプチドであるが,血管収縮以外にも線維化,炎症,癌の進展など様々な機構への関与が報告されている。今回,エンドセリン-1の創傷治癒への関与を検討するため,内皮細胞特異的エンドセリン-1ノックアウトマウスの背部に皮膚全層欠損創を作成し,ワイルドタイプマウスと比較した。結果エンドセリン-1ノックアウトマウスでは,創傷治癒が促進 …

    Hifu no kagaku 13(Suppl.22), 34-38, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 09-3 New approach to water treatments: hydrology, balneotherapy and thalassotherapy the new health tourism

    CERRADA Alberto

    … Climatological conditions are special and the thermal waters rich in sulfur, bicarbonate, calcium, magnesium and radon.<BR>  Traditional programs as rheumatological treatments, rehabilitation, respiratory, dermatological and digestive by hydropinic cure, but there is a new concept: The medical offer can be extended and divided in several units:<BR>- Fertility and women unity. …

    The Journal of The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine 77(5), 490-491, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Verification of Exacerbating Factors of Atopic Dermatitis  [in Japanese]

    MUROTA Hiroyuki

    アトピー性皮膚炎において「汗」と「温熱」は代表的な悪化因子として知られる。薬物・理学的治療に加え,これら悪化因子対策に関する指導も症状の管理に重要である。発汗は大切な生理機能であり,温熱は環境から切り離せない因子であることから,発汗や温熱感受の作用およびメカニズムを理解した上で具体的かつ実践可能な指導を行う必要がある。本稿ではアトピー性皮膚炎の悪化に発汗と温熱がどのように関与するかを最近の知見を交 …

    Nishi Nihon Hifuka 76(3), 189-193, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Patient with Apocrine Gland Carcinoma Who Received Extended Resection after Radiation Therapy  [in Japanese]

    MUKUBO Keiko , HOSOMOTO Takashi , YOSHIOKA Nozomi , ISOGAI Rieko , YAMADA Hidekazu , UEDA Yoshio , OKAJIMA Kaoru

    85歳,女性。30年前から左耳介下部に腫瘤があり,増大したため近医を受診した。皮膚生検でアポクリン腺癌と診断され,手術を勧められたが拒否した。約3ヶ月後に腫瘤が増大,疼痛と出血を伴うようになった。患者が切除以外の治療を希望して当院を受診した。初診時腫瘤は径 6cm 大であり,患者の年齢・腫瘍径と場所・患者の希望から,合計 69Gy の放射線治療を施行した。約3ヶ月後に縮小したので拡大切除術および植 …

    Hifu no kagaku 12(5), 331-335, 2013

    J-STAGE 

  • Dermatological approach to critical limb ischemia (CLI)  [in Japanese]

    末木 博彦 , 前田 敦雄 , 葛西 嘉亮

    臨床皮膚科 66(5), 135-139, 2012-04

  • The Scream by Munch vs. Sunflowers by van Gogh:∼a narrative approach for atopic dermatitis∼  [in Japanese]

    Shimizu Ryosuke

    アトピー性皮膚炎の40 歳,女性症例にナラティブセラピーを用いてその心理社会的な側面に主に電話とFAX で介入し良好な結果を得たので報告する。アトピー性皮膚炎にまつわる様々な不安を「ムンクの叫び」として外在化し,影響相対化質問を用いて明らかになったアトピー性皮膚炎にまつわるドミナント・ストーリーとそれに対抗する患者のリソースを「ゴッホのひまわり」として再著述してもらった。心理的には著効したがさらに …

    Hifu no kagaku 11(Suppl.18), 48-52, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A psychological approach in hospital-based educational program to patients with atopic dermatitis: “Experiential stress management”  [in Japanese]

    Nakajima Sonomi , Nishino Hiroshi , Kishida Hiroko , Maeda Nanase , Yoshioka Eriko , Kataoka Yoko

    重症成人アトピー性皮膚炎(以下,AD) 患者を対象にした教育入院プログラムにおける心理的アプローチとして, ストレスマネジメントを実施している。ストレスに対しての気づきや心身相関への理解が希薄であるAD 患者も少なくなく, そのような場合, 有効なストレス対処がなされず症状増悪への影響は大きい。患者自身によるストレスや心身相関の気づきには,「教育的理解」よりも「体験的理解」が有効であることから, …

    Hifu no kagaku 11(Suppl.18), 39-42, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • An Approach for Objective Assessment of Nocturnal Scratching Using Scratching Sound  [in Japanese]

    TAKESHITA Yoshihiro , WATANABE Chieko , AIHARA Michiko , IKEZAWA Zenro

    掻破音を特異的に認識するソフトを使用して睡眠中の掻破の評価を試みた。アトピー性皮膚炎に伴う痒みから激しい夜間掻破行動が認められる患者の腕に集音マイクを装着し,IC レコーダーで夜間睡眠中の音を64分間録音した。この録音データを,短時間(2分)のデジタル音声データ (AVI 形式)32個に変換し,横浜国立大学環境情報研究院長尾研究室の協力で作成された掻破音声認識用ソフトウェアを用いて掻破音サンプルと …

    Hifu no kagaku 11(6), 528-531, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Efficacy of Loratadine in Patients with Atopic Dermatitis in Whom Treatment with Other Antihistamines is Ineffective  [in Japanese]

    TAKENAKA Motoi , UTANI Atsushi , SATO Shinichi

    アトピー性皮膚炎などのそう痒に対し, 効果不十分の場合に抗アレルギー薬を変更することは経験的に行うが, 治療効果を検討した報告は少ない。そこで, ロラタジンによる他剤効果不十分例における効果をSCORAD index, Visual Analogue Scale(VAS), Dermatology Life Quality Index(DLQI)を用いて検討した。そう痒性皮膚疾患患者20名(アトピ …

    Nishi Nihon Hifuka 72(6), 623-630, 2010

    J-STAGE 

  • Dermatological approach for controlled drug delivery  [in Japanese]

    秋本 眞喜雄 , 宮崎 道雄 , 水谷 公彦 [他] , 玉田 康彦 , 西村 朋史 , 田村 睦

    The combination of light and chemicals to treat skin diseases is widely practiced in dermatology. With this broad use of light and drugs,in recent years the concept of photodynamic therapy(PDT)has eme …

    Bulletin of Institute of Science and Technology, Kanto Gakuin University (37), 11-16, 2009-03

    IR 

  • Points of the Psychosomatic Approach to Patients with Atopic Dermatitis : Introduction.  [in Japanese]

    Hashiro Makoto

    アトピー性皮膚炎患者でストレスの関与が疑われた場合は,まず話を聴くのがよい。診断が難しければ心理検査を用いることをお勧めする。治療については症状が軽ければ話を聴いて,つらさを理解することによって改善することもある。またストレスで発疹が増悪することを気づかせることで改善することもある。さらに皮膚科的治療の負担を軽減させる工夫も必要である。これらによっても改善が思わしくなければ,自律訓練法や行動療法な …

    Hifu no kagaku 8(Suppl.12), B625-B628, 2009

  • Psychosomatic Approach to Atopic Dermatitis : Effectiveness of Cognitive Behavioral Stress Management  [in Japanese]

    Sakano Yuji

    アトピー性皮膚炎の症状の維持・悪化には,心理的ストレスや不安といった心理社会的要因が関連していることが指摘されている。また,AD患者は,症状の結果として日常生活が障害されQOLが低下していることも報告されている。本論では,1)AD症状に心理社会的要因が大きく関与し,治療を効果的に進めるために心理社会的要因の改善指導が必要なことを先行研究の展望に基づいて指摘し,2)掻爬行動を理解しその修正の指導を考 …

    Hifu no kagaku 8(Suppl.12), B617-B623, 2009

    Ichushi Web 

  • Psychosomatic Approach to Atopic Dermatitis  [in Japanese]

    Kataoka Yoko

    心身症とは,身体疾患の中で,心身相関の病態が認められる場合の総称である。この病態の解決のためには,心理的・社会的な因子についても考慮しながら診療する心身医学的治療が有効である。アトピー性皮膚炎における心身相関を示す象徴的な例として,不登校あるいはうつ病を合併するアトピー性皮膚炎をとりあげ解説した。それぞれとアトピー性皮膚炎との関連は,単純な因果関係ではなく,円環関係あるいは相互関係をなしており,悪 …

    Hifu no kagaku 8(Suppl.12), B581-B585, 2009

  • A Case of Advanced Malignant Melanoma Undergoing Sentinel Lymph Node Biopsy with Color Fluorescence  [in Japanese]

    Matsui Saki , Tanemura Atsushi , Takahashi Aya , Yamanaka Takashi , Tani Mamori , Kira Masahiro , Katayama Ichiro , Tadokoro Taketsugu , Isonokami Masaaki

    悪性腫瘍の手術治療は現在縮小傾向にあり,合理的なリンパ節郭清の根拠としてセンチネルリンパ節生検(sentinel lymph node biopsy;以下SLNB)の有用性が提唱されている。近年,外科領域において蛍光色素法を用いたSLNBが行われるようになっており,今回我々は背部中央原発の悪性黒色腫において色素法と蛍光色素法(インドシアニングリーン;以下ICG)を併用しSLNBを試みた。症例は51 …

    Hifu no kagaku 8(3), 345-350, 2009

  • Points of the Psychosomatic Approach to Patients with Atopic Dermatitis : Introduction.  [in Japanese]

    Hashiro Makoto

    アトピー性皮膚炎患者でストレスの関与が疑われた場合は,まず話を聴くのがよい。診断が難しければ心理検査を用いることをお勧めする。治療については症状が軽ければ話を聴いて,つらさを理解することによって改善することもある。またストレスで発疹が増悪することを気づかせることで改善することもある。さらに皮膚科的治療の負担を軽減させる工夫も必要である。これらによっても改善が思わしくなければ,自律訓練法や行動療法な …

    Hifu no kagaku 8(Suppl.12), B625-B628, 2009

    J-STAGE 

  • 1 / 5
Page Top