Search Results 1-8 of 8

  • Amyloid β related angitis without marked leukoencephalopathy  [in Japanese]

    Taniguchi Yoko , Kitamura Taro , Inoue Hiroyasu , Miura Toshiyasu , Yamada Kentaro

    <p>症例は86歳女性.数日前からの頭痛と急性の意識障害を主訴に受診した.頭部MRI上は両側後頭葉優位に微小出血(cerebral microbleeds; CMBs)が多発し,白質病変はみられなかったが周囲髄軟膜や一部の微小出血部にガドリウニウム造影効果を伴っていた.経過からアミロイドβ関連血管炎と臨床診断し,ステロイド療法で良好な転帰を得た.治療中に症状が再増悪した際にもCMBsの …

    Rinsho Shinkeigaku 59(12), 814-817, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • DETARIORATION AND PREVENTIVE EFFECTS OF FINISHING MATERIALS AGAINST CARBONATION AND CORROSION OF REINFORCING BARS IN CONCRETE BASED ON TWENTY YEAR OUTDOOR EXPOSURE TEST USING MODEL BUILDING  [in Japanese]

    HASEGAWA Takuya , SENBU Osamu , FUKUYAMA Tomoko , INOUE Terusato

     To clarify the deterioration in coating materials exposed to outdoor conditions and the preventive effect of coating materials against carbonation and corrosion of reinforcing bars in reinforced …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 82(733), 337-346, 2017

    J-STAGE 

  • Behaviors of ceramic sidings as eternal finishing under actual climate conditions:Part 2. Study of full-scale house under actual climate conditions at Asahikawa and Tsukuba, and joint movement  [in Japanese]

    Horii Reina , Imamoto Keiichi , Kanematsu Manabu , Hagihara Shinji , Nakajima Shiro , Yoshino Toshiyuki , Noguchi Takafumi

    本研究は,窯業系サイディング住宅外装材の維持管理手法を確立することを目的としたものである。外装材は気温変化,風雨や紫外線など直接的に受ける部材であるが,この外装材の維持管理手法として確立されたものはない。実環境下における挙動を把握し,将来的な劣化予測とモニタリング手法からなる維持管理手法を確立する上で,特に外装材の弱点となる目地の挙動に着目し,温度ムーブメントの低減率等について検討した。

    Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Japan Society for Finishings Technology 2013(0), 39, 2013

    J-STAGE 

  • Behavior analysis of cementious wall:Full-scale house under real environmental conditions at Asahikawa and Tsukuba  [in Japanese]

    Horii Reina , Imamoto Keiichi , Kanematsu Manabu , Hagihara Shinji , Nakajima Shiro , Yoshino Toshiyuki , Noguchi Takafumi

    本研究は,窯業系サイディング住宅外装材の維持管理手法を確立することを目的としたものである。外装材は気温変化,風雨や紫外線など直接的に受ける部材であるが,この外装材の維持管理手法として確立されたものはない。実環境下における挙動を把握し,将来的な劣化予測とモニタリング手法からなる維持管理手法を確立する上で,特に外装材の弱点となる目地の挙動に着目した。

    Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Japan Society for Finishings Technology 2012(0), 27, 2012

    J-STAGE 

  • Signal Processing Techniques for High Capacity Optical Memory  [in Japanese]

    KASHIHARA Yutaka

    Japanese journal of optics 37(5), 287-291, 2008-05-10

    References (13)

  • LIFE CYCLE DESIGN FOR BUILDING STRUCTURES CONSIDERING UNCERTAINTIES IN DETERIORATION  [in Japanese]

    KOBAYASHI Haruyuki , NAITO Masako , HACHISUKA Masakatsu , OHMORI Hiroshi

    Recently, the environmental impact has been required to be explicitly taken into account in a life cycle design of building structures besides the initial economical efficiency, which has been ordinar …

    Journal of structural engineering. B (54B), 235-240, 2008-03-25

    AIJ 

  • Effects of sound detarioration on sound impression space  [in Japanese]

    Nishimura Ryouichi , Suenaga Tsukasa , Suzuki Yoiti , Tanaka Akihiro

    近年,一定の音質劣化を許容した符号化法が多く開発されている。これらの技術にはマスキングなど比較的末梢系に由来する聴覚特性が用いられている。しかし,人間は音の知覚の際にこれらの技術に用いられている聴覚特性以外にも多くのものを利用していると考えられる。そのような高次機能も含めた聴覚処理機構によって音質劣化がどのように知覚されるのかを,音質劣化を直接評価する評定実験とSD法による印象評定実験によって解明 …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 64(2), 63-72, 2008

    J-STAGE  References (19) Cited by (1)

  • STUDY ON THE MECHANISM OF FREEZE-THAW DETARIORATION OF LIGHT-WEIGHT CONCRETE  [in Japanese]

    FUJIKI Eiichi , KOKUBU Katsuro , ENDOH Yuuetsu , HOSAKA Tetsuya

    本研究は, 軽量コンクリートの凍結融解作用の繰返しにともなう劣化の支配要因を明らかにすることを目的にして行ったものである. 実験に用いた軽量コンクリートは, 目標空気量を5%としたAEコンクリートであり, 粗骨材には人工軽量粗骨材および細骨材には普通細骨材を用いたものである. この研究においては, 人工軽量粗骨材の空隙構造, 使用時の粗骨材の含水率, および硬化コンクリート中の軽量粗骨材の含水率と …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 627, 239-250, 1999-08-20

    J-STAGE  References (12) Cited by (3)

Page Top