Search Results 1-20 of 29428

  • Proposal of stable method of block generation time considering the amount of mining power in bitcoin

    生駒 大志郎 , 佐藤 健哉 , Daishiro Ikoma , Kenya Sato

    近年,ビットコインは世界中で流通している.ビットコインには10分に1回ブロックを生成する仕組みがあるが,実際にはマイニングパワーの変化によりブロック生成時間が変化し,取引件数や取引完了時間の不安定さが懸念されている.本研究では,マイニングパワーの変化によりマイニングの難易度を調整し,ブロック生成時間の安定手法を提案する.その結果,マイニングパワーが大きく変化する場合に効果があると考える.

    同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University 62(1), 64-69, 2021-04-30

    IR  DOI 

  • A proposal of recommendation function for element fill-in-Blank problems in java programming learning assistant system

    Wint Su Sandy , Funabiki Nobuo , Syaifudin Yan Watequlis , Aung Shune Lae , Kao Wen-Chun

    … paper aims to propose a recommendation function to guide a student solving the proper EFP instances among them.<br><br>Design/methodology/approach<br>This function considers the difficulty level of the EFP instance and the grammar topics that have been correctly answered by the student, and is implemented at the offline answering function of JPLAS using JavaScript so that students can use it even without the Internet connections.<br><br>Findings<br>To evaluate the effectiveness of the proposal, 85 EFP instances are …

    International Journal of Web Information Systems 17(2), 140-152, 2021-04-05

    IR 

  • Literature review of public health nurses' support for improvement of health literacy  [in Japanese]

    津留 響子 , 柴田 恵子

    ヘルスリテラシーは,健康行動につながる重要な概念として位置づけられており,健康を考えていくうえでかかせないキーワードとなっている.本研究では,保健師による育児期の母親のヘルスリテラシー向上への支援に関する基礎資料を得るために文献検討を行うことを目的とした.4件の文献を分析した結果,アプリケーション・ソフトウェア(以下アプリという)の利用への母親のニーズは発育,発達に関連する内容であった.また,妊娠 …

    純真学園大学雑誌 = Journal of Junshin Gakuen University,Faculty of Health Sciences (11), 123-128, 2021-04-01

    IR 

  • 脳卒中後の社会復帰における困りごと : 患者会アンケート調査より (特集 脳卒中患者の社会復帰を支える)  [in Japanese]

    秋山 美紀 , 藤岡 知大

    Monthly book medical rehabilitation (260), 23-28, 2021-04

  • Factors related to "difficulty in daily life caused by halitosis"  [in Japanese]

    佐保 輝 , 横井 彩 , 丸山 貴之 , 竹内 倫子 , 江國 大輔 , 森田 学

    日本口臭学会会誌 = Journal of the Japanese Academy of Malodor Syndrome 12(1), 11-17, 2021-04

  • A Case of Chronic Idiopathic Constipation in Which Emergency Surgery Was Required Owing to Defecation Difficulty  [in Japanese]

    山師 幸大 , 古川 泰三 , 竹内 雄毅 , 坂井 宏平 , 東 真弓 , 文野 誠久 , 青井 重善 , 田尻 達郎

    日本小児外科学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 57(3), 656-662, 2021-04

  • The characteristics of sense of coherence (SOC) related to mothers' one-month postpartum depressive tendencies  [in Japanese]

    筒井 菫子 , 龜山 千里 , 岡山 久代

    母性衛生 62(1), 44-51, 2021-04

  • A case of skene's gland abscess with difficulty in diagnosis and treatment  [in Japanese]

    吉川 千晶 , 大内 望 , 大野 礼 , 小川 隆一 , 山本 晃人 , 川瀬 里衣子 , 竹下 俊行

    東京産科婦人科学会会誌 70(2), 366-370, 2021-04

  • The Impact of Rash Guard on the Likability of a Swimming Class among Junior High School Students : From the Perspective of the Psychological Difficulty of Wearing a Swimsuit  [in Japanese]

    上野 耕平

    スポーツ産業学研究 = Journal of Japan Society of Sports Industry 31(2), 141-150, 2021-04

  • Death from hypopituitarism thought to be caused by immune-related adverse events in a patient with corpus cancer treated effectively with pembrolizumab  [in Japanese]

    松本 彩 , 日野 麻世 , 濱口 史香 , 春日 摩耶 , 山西 恵 , 山西 優紀夫 , 横山 玲子 , 山村 省吾 , 坂田 晴美 , 豊福 彩 , 吉田 隆昭

    子宮体癌、高頻度マイクロサテライト不安定性に対してPembrolizumabを使用し偽増悪後に著効したが、免疫関連副作用のため死亡したと思われる1例を経験したため報告する。症例は56歳、歩行障害を主訴に受診し、重症貧血およびCTにて骨盤内腫瘤と十二指腸穿孔をみとめた。MRIで筋層浸潤のある子宮内腫瘍をみとめ、腟内の白色腫瘍を生検したところAdenocarcinomaであり子宮体癌の診断にて手術を施 …

    日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌 = Medical Journal of Japanese Red Cross Wakayama Medical Center (38), 83-87, 2021-03-31

    IR 

  • The rights of self-determination in emergency medicine and application for emergency adult patients.  [in Japanese]

    浜崎 俊明 , 稲田 麻衣子 , 山田 万里央 , 東 秀律 , 久保 真佑 , 室谷 知孝 , 益田 充 , 宇山 志朗

    自分の治療方針を自分で決定するという医療の自己決定権は当然のこととなっている。この自己決定権は、憲法13条の幸福追求権から導かれている。自己決定権を行使するためには、病状の説明、複数の治療方針の提示、それぞれの利点と欠点、予後について十分な説明を受け、納得した上で決定することが必要である。しかし、救急医療の現場では、病状が時間経過とともに変化し、診断が不確定な状況や、患者—医師の人間関係が不十分な …

    日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌 = Medical Journal of Japanese Red Cross Wakayama Medical Center (38), 37-43, 2021-03-31

    IR 

  • Methodological research of the cultural assets maintenance online simulation that assumed a large-scale natural disaster  [in Japanese]

    佐藤 宏之

    … For that purpose, it is indispensable to know the issues before the disaster and how to work on them.Conducting simulations online allows those who have difficulty participating due to time and geographical constraints, as well as experts practicing cultural property conservation in other regions, to participate without worrying about travel distances, and also allows them to share practical knowledge. …

    九州保健福祉大学博物館学年報 (10), 13-22, 2021-03-31

    IR 

  • The effects of nursing students' interactions with children with severe mental or physical disabilities on their communication  [in Japanese]

    中野 岬

    本研究の目的は、重症心身障害児との関わりによる、看護学生のコミュニケーションの変化を明らかにすることである。研究方法は、インタビューをもとに質的記述的研究を用いて分析した。結果は、学生のコミュニケーションの変化として、8カテゴリー【重心児なりの意思表示方法があり、それを捉える難しさ】、【言語だけでなく、非言語的コミュニケーションを大切にした関わり】、【重心児を受け入れ、相手に合わせたコミュニケーシ …

    日本赤十字九州国際看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing = 日本赤十字九州国際看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing (19), 27-36, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Specific verification of Setagaya-ku flood evacuation plan under the spread of COVID-19 infection : Using data from the Typhoon in eastern Japan in the first year of Reiwa  [in Japanese]

    田代 權一 , 橋本 隆雄

    … As a result, when evacuating floods accompanied by storms such as typhoons, early issuance of evacuation information should be considered in consideration of not only flood information but also the difficulty of evacuation due to storms. …

    国士舘大学理工学部紀要 = TRANSACTIONS OF THE KOKUSHIKAN UNIVERSITY SCHOOL OF SCIENCE AND ENGINEERING (14), 139-154, 2021-03-31

    IR 

  • Collaboration between Community Design by High School Students and SDGs --Exploring its Possibility and Difficulty--  [in Japanese]

    陣内 雄次 , Yuji JINNOUCHI

    宇都宮大学共同教育学部研究紀要.第1部 = The Research Bulletin of the Cooperative Faculty of Education Utsunomiya University. Section 1 (71), 237-250, 2021-03-31

    IR 

  • Nursery school and parents' awareness towards "hazard" and "handover of children" at the time of earthquake - a case of Kanazawa city and surrounding area -  [in Japanese]

    青木 賢人 , 林 紀代美 , AOKI Tatsuto , HAYASHI Kiyomi

    … Among them, the authors investigated the recognition (occurrence probability, seismic intensity, etc.) for active fault earthquakes and how we assumed the disaster situation and investigated the perception of the difficulty of hand over their children. …

    金沢大学人間科学系研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Human Sciences Kanazawa University (13), 1-26, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • A pilot study on the discriminant index evaluation of question degree of difficulty of national radiological technologist examination  [in Japanese]

    新井 正一 , 小林 龍徳

    識別指数は,様々な試験において問題難易度を評価するための指標として利用されている.識別指数は,問題が成績上位者と成績下位者を識別する能力の客観的評価値である.従来、診療放射線技師国家試験の難易度は,正答率と科目責任者の経験に依存する主観的評価であった.本研究の目的は,識別指数に基づいた診療放射線技師国家試験の難易度評価の検討である.識別指数と正答率は,本学科61名の第72回診療放射線技師国家試験の …

    純真学園大学雑誌 = Journal of Junshin Gakuen University,Faculty of Health Sciences (11), 91-98, 2021-03-31

    IR 

  • Difficulty of Nurses in Hemodialysis Work  [in Japanese]

    梁原 裕恵

    要 旨目的:血液透析室の業務特性からみた看護職が抱く困難感を明らかにし、その予防法や対策を検討した。方法:血液透析室で働く看護職 120 名に自由記述式質問紙を配布し、回答の得られた 86 名のデータを質的に分析した。結果:困難感を抱く場面や状況は、【特徴的な患者】【医療事故への予期不安】【穿刺の重圧】【余裕ない人員】【役割の葛藤】【不本意な対応】の6つのカテゴリーを抽出した。考察:質問紙の回収率 …

    秀明大学看護学部紀要 = Journal of faculty of nursing 3(1), 41-50, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Perceptions and Dilemma Regarding DNAR Instructions Held by Nurses in the General Ward of Hospital A  [in Japanese]

    岩原 美里 , 鮫島 大貴 , 早田 知穂 , 粟ケ窪 愛奈 , 狩宿 瑞希 , 窪田 彩乃 , 久木野 綺音 , 柳田 壮馬 , 塗木 まみ , 川崎 恵 , 根路銘 安仁

    (目的)一般病棟に勤務する看護師のdo not attempt resuscitation(以下DNAR)指示の捉え方と抱いているジレンマを明らかにし、対応策を検討する。(方法)A 病院の一般病棟勤務の看護師339名を対象に患者・家族、医師、看護師に関する計22項目を4段階で回答する調査票を用いて無記名式自己式質問調査を実施した。(結果)有効回収数211名(有効回答率62.2%)、経験年数1年以上 …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 19-25, 2021-03-31

    IR 

Page Top