検索結果 13858件中 1-20 を表示

  • Users' Interaction with a Pet-Robot and a Humanoid

    Austermann Anja , 山田 誠二 , 船越 孝太郎 , 中野 幹生

    … <p>Our study compares users' interaction with the humanoid robot ASIMO and the dog-shaped robot AIBO.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 3E23-3E23, 2018-07-30

    J-STAGE

  • スワブによる小型犬の唾液採取技術の検証

    村尾 信義 , 谷田 創

    <p>近年、スワブを用いて採取した唾液でイヌのストレスを評価する技術が開発されたことから、今後は動物病院などで本技術を利用した診断も行われると思われる。しかし、わが国で飼育率が高い小型犬の唾液採取技術はいまだ確立していない。そこで本研究は、小型犬に対して過大なストレスを与えずに分析に必要な唾液量を採取できるのかについて検証した。小型犬5頭と中型犬2頭(対照犬)を供試犬とし、各個体から計 …

    日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌 54(2), 59-67, 2018-07-26

    J-STAGE

  • First Molecular Detection and Phylogenetic Analysis of <i>Anaplasma</i> <i>phagocytophilum</i> from a Clinical Case of Canine Granulocytic Anaplasmosis in Japan

    Fukui Yuichi , Ohkawa Seigo , Inokuma Hisashi

    … DNA was detected from a dog with canine granulocytic anaplasmosis (CGA) in Japan. …

    Jpn J Infect Dis 71(4), 302-305, 2018-07-24

    J-STAGE

  • 密度推定に基づいたタヌキに対する外来哺乳類(アライグマ・ハクビシン)の影響

    栗山 武夫 , 小井土 美香 , 長田 穣 , 浅田 正彦 , 横溝 裕行 , 宮下 直

    外来種による生態系への影響として、類似した生態的地位を占める在来種との競争が挙げられる。従来、哺乳類における競争関係の評価は、同所的に生息する外来種と在来種の間で、食性や行動圏内の土地利用を比較することで行われることが多かった。しかし、種間関係は本来、広域スケールでの個体群密度の関係性を、共通する資源量を共変量として評価する必要がある。本研究では、千葉県南東部において在来種タヌキ<i> …

    保全誌 23(1), 9-17, 2018-07-23

    J-STAGE

  • 仙台の海岸に生息するタヌキの食性 -東北地方太平洋沖地震・津波後に復帰し復興事業で生息地が 改変された事例-

    高槻 成紀 , 岩田 翠 , 平泉 秀樹 , 平吹 喜彦

    これまで知られていなかった東北地方海岸のタヌキの食性を宮城県仙台市宮城区岡田南蒲生と岩沼市蒲崎寺島のタヌキを例に初めて明らかにした。このタヌキは2011 年3 月の東北地方太平洋沖地震・津波後に回復した個体群である。南蒲生では防潮堤建造、盛土などの復興工事がおこなわれ、生息環境が二重に改変されたが、寺島では工事は小規模であった。両集団とも海岸にすむタヌキであるが、魚類、貝類、カニ、海藻などの海の生 …

    保全誌 23(1), 155-165, 2018-07-23

    J-STAGE

  • 髄膜腫を疑った犬に対してオンコサーミアを実施した1例

    黒田 晃平 , 東 和生 , 村端 悠介 , 大﨑 智弘 , 柄 武志 , 伊藤 典彦 , 今川 智敬 , 岡本 芳晴

    <p>11歳のミニチュアダックスフントが全般発作を主訴に来院し,MRI検査で髄膜腫と診断された.抗がん剤等の治療を希望されなかったため,病変に対し温熱療法の1つであるラジオ波誘導温熱療法(オンコサーミア)を実施した.本症例は治療開始より1,065日で亡くなった.その間,てんかん様発作は認められたものの,一般状態は良好に維持されていた.今回の症例では,オンコサーミアによって長期間の生存が …

    日獣会誌 71(6), 303-306, 2018-07-20

    J-STAGE

  • Estimating the life expectancy of companion dogs in Japan using pet cemetery data

    INOUE Mai , KWAN Nigel C. L. , SUGIURA Katsuaki

    <p>The life expectancy provides valuable information about population health. The life expectancies were evaluated in 12,039 dogs which were buried or cremated during January 2012 to March 2015. …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(7), 1153-1158, 2018-07-18

    J-STAGE

  • Surgery for partial atrioventricular septal defect with pulmonary hypertension in an adult dog

    GOYA Seijirow , KANNO Nobuyuki , TESHIMA Kenji , ANNDO Takanori , FUJIOKA Takahiro

    … The dog is still alive 5 years postoperatively without clinical signs.</p> …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(7), 1183-1189, 2018-07-18

    J-STAGE

  • The effect of remifentanil on the minimum alveolar concentration (MAC) and MAC derivatives of sevoflurane in dogs

    MURAHATA Yusuke , HIKASA Yoshiaki , HAYASHI Sho , SHIGEMATSU Koki , AKASHI Natsuki , OSAKI Tomohiro , TSUKA Takeshi , OKAMOTO Yoshiharu , IMAGAWA Tomohiro

    <p>Remifentanil is an ultra-short-acting <i>µ</i>-opioid receptor agonist. The purpose of this study was to determine the relationship of the minimum alveolar concentration (MAC) of …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(7), 1086-1093, 2018-07-12

    J-STAGE

  • Sarcomatoid mesothelioma of tunica vaginalis testis in the right scrotum of a dog

    SON Nguyen V. , UCHIDA Kazuyuki , NAKAYAMA Hiroyuki , CHAMBERS James K. , SHIGA Takanori , KISHIMOTO Takuya E. , KIKUHARA Shotaro , SAEKI Kohei , FUJIWARA Reina , TSUBOI Masaya , NISHIMURA Ryohei

    … The dog presented with respiratory distress 122 days after surgery and clinical examination found multiple metastatic lesions in the lung, abdominal lymph nodes and peritoneum. … The dog died 144 days after surgery due to disease progression.</p> …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(7), 1125-1128, 2018-07-12

    J-STAGE

  • The influence of the duration of the preoperative time spent in the veterinary clinic without the owner on the psychogenic and oxidative stress in dogs

    JUODŽENTĖ Dalia , KARVELIENĖ Birutė , RIŠKEVIČIENĖ Vita

    … <p>The objective of this study was to evaluate the influence of the dog's long-term separation from its owner in the novel environment on the occurrence of psychogenic and oxidative stress. …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(7), 1129-1133, 2018-07-12

    J-STAGE

  • Detection of Sirtuin-1 protein expression in peripheral blood leukocytes in dogs

    YOSHIMURA Kuniko , MATSUU Aya , SASAKI Kai , MOMOI Yasuyuki

    <p>Sirtuin-1 (SIRT1) is a nicotinamide adenine dinucleotide (NAD<sup>+</sup>)-dependent histone deacetylase with a large number of protein substrates. It has attracted a lot of atten …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(7), 1068-1076, 2018-07-12

    J-STAGE

  • 映画犬 (すばる海外作家シリーズ(39)キョウコ・ヨシダ)

    ヨシダ キョウコ , 管 啓次郎 [訳]

    すばる 40(7), 176-178, 2018-07

  • Molecular surveillance of canine distemper virus in diarrhoetic puppies in northeast China from May 2014 to April 2015

    LI Chunqiu , GUO Donghua , WU Rui , KONG Fanzhi , ZHAI Junjun , YUAN Dongwei , SUN Dongbo

    <p>To trace the prevalence of canine distemper virus (CDV) in diarrhoetic dogs, a total of 201 stool samples were collected in the Heilongjiang province of northeastern China from …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(6), 1029-1033, 2018-06-29

    J-STAGE

  • Pulmonary hypertension due to unclassified interstitial lung disease in a Pembroke Welsh corgi

    MORITA Tomoya , NAKAMURA Kensuke , OSUGA Tatsuyuki , KOBAYASHI Atsushi , ICHII Osamu , YABUKI Akira , TAKIGUCHI Mitsuyoshi

    … After 5 days of hospitalization, the dog died despite oxygen supplementation and anticoagulant therapy. … This dog was diagnosed as unclassified interstitial lung disease based on histopathological findings.</p> …

    The Journal of Veterinary Medical Science 80(6), 939-944, 2018-06-29

    J-STAGE

  • アフォキソラネルの犬ニキビダニ症6例に対する治療効果

    飯島 裕子 , 伊藤 直之 , 木村 祐哉

    <p>犬ニキビダニ症の6例(汎発性5例,局所性1例)に,アフォキソラネル2.7–5.6 mg/kgを初診時に経口投与し,その後は3–6週間隔で投与して効果を評価した。ニキビダニの陰転に必要な投与回数は,2例が1回,3例が2回,1例が3回だった。皮膚病変は,初診から4–12週間で全症例が回復した。飼育者への聞き取りと再診時の身体検査で,有害事象はなかった。全症例が最終診察から6ヶ月以上経 …

    獣医臨床皮膚科 24(2), 83-87, 2018-06-28

    J-STAGE

  • 化学療法が奏功したリヒター症候群を疑う犬の1例

    羽迫 広人 , 安川 邦美 , 小路 祐樹 , 諏訪 晃久 , 西森 大洋 , 森本 寛之 , 藤井 祐至 , 下田 哲也

    <p>11歳の雑種犬の健康診断で末梢血リンパ球の著しい増加と体表リンパ節の腫大を認めた。末梢血液塗抹では小型リンパ球の著しい増加を認め,骨髄検査では有核細胞の大部分を小型リンパ球が占めていた。末梢血を用いたリンパ球クローン性解析ではB細胞のクローン性の増殖が認められB細胞性慢性リンパ性白血病(BCLL)と診断した。膝窩リンパ節の針吸引生検では中型リンパ球が一様に観察され,病理組織検査に …

    動物臨床医学 26(2), 86-90, 2018-06-25

    J-STAGE

  • Suberoylanilide hydroxamic acid during <i>in vitro</i> culture improves development of dog-pig interspecies cloned embryos but not dog cloned embryos

    KIM Min Jung , OH Hyun Ju , CHOI Yoo Bin , LEE Sanghoon , SETYAWAN Erif Maha Nugraha , LEE Seok Hee , LEE Seung Hoon , HUR Tai Young , LEE Byeong Chun

    … This study was conducted to investigate whether the treatment of dog to pig interspecies somatic cell nuclear transfer (iSCNT) embryos with a histone deacetylase inhibitor, to improve nuclear reprogramming, can be applied to dog SCNT embryos. … The dog to pig iSCNT embryos were cultured in fresh porcine zygote medium-5 (PZM-5) with 0, 1, or 10 µM suberoylanilide hydroxamic acid (SAHA) for 6 h, then transferred to PZM-5 without SAHA. …

    家畜繁殖学雑誌 64(3), 277-282, 2018-06-22

    J-STAGE

  • BESO法による盲導犬用ハンドルの形態最適化

    井上 泰孝 , 白髪 誠一 , 赤井 愛 , 田上 貴久美

    本研究は、盲導犬とユーザーの安全で快適な歩行を実現するために、歩行時の盲導犬とユーザーの負荷の定量化を行い、その負荷を低減するハーネス、盲導犬からの情報をより的確にユーザーに伝達するハーネスの開発を目的としている。本報では、前報の歩行実験においてバランスの良い負荷となるy字型ハンドルの形状に基づいて設計領域を設定しBESO法による形態最適化を行った結果を報告している。<br> 設計領域 …

    日本デザイン学会研究発表大会概要集 65(0), 76-77, 2018-06-21

    J-STAGE

ページトップへ