Search Results 1-20 of 12694

  • Relationship between the cognitive dysfunction and the cash payment skills of female elderly people requiring geriatric health services  [in Japanese]

    小枝 周平 , 手塚 千尋 , 對馬 景子 , 工藤 洋子 , 佐藤 ちひろ , 山田 順子

    作業療法ジャーナル 55(6), 603-610, 2021-06

  • Influence of Elderly People Working on Production Levels  [in Japanese]

    難波 安彦

    わが国では急速な高齢化が進行しており, これに関係して高齢者雇用が促進されている。本稿の目的は, 高齢者雇用が総生産水準に及ぼす影響を世代重複モデルで分析することである。本稿の分析が先行研究と異なる点は, 高齢者の労働時間が外生的に決まる場合と内生的に決まる場合の両方を分析していることと, 産出の資本弾力性との関係において高齢者雇用が総生産水準に与える影響を完全な形で分析したこと, の二つである。 …

    経済学雑誌 121(2), 163-175, 2021-06

    IR 

  • Semi-Automatic Retractable Handrail Utilizing Opening/Closing of Sliding Door Supporting Elderly People to Walk Independently

    Saitou Kinjirou , Noda Nao-Aki , Sano Yoshikazu , Takase Yasushi , Li Shuqiong , Tanaka Hiroyuki , Kubo Yoshitaka

    … The purpose of this research is to install a handrail on the sliding doors used in hospitals and nursing facilities to support seniors and people with disabilities to walk by themselves. … The semi-automatic lifting equipment is utilized for the retractable handrail to make sure people in bad health are able to open the door using a weak force. … The sliding door developed in this study is useful for elderly people walking by themselves safely. …

    Journal of Accessibility and Design for All 11(1), 1-20, 2021-05-31

    IR 

  • Proprioceptive function and low back pain in elderly patients  [in Japanese]

    酒井 義人 , 渡邉 剛 , 若尾 典充 , 松井 寛樹 , 富田 桂介 , 小澤 悠人 , 森田 良文 , 伊藤 陽平 , 伊藤 忠 , 山崎 一徳

    日本整形外科学会雑誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 95(4), 217-223, 2021-04

  • Factors that affect the awareness of elderly people and their continued participation in voluntary long-term care prevention group activities  [in Japanese]

    田中 富子 , 渡辺 栄子 , 瀬良 有紗 , 藤谷 千尋 , 吉田 巳紗

    インターナショナルnursing care research 20(1), 73-81, 2021-04

  • Study of the future recall and the attitudes toward death : From the age group comparison of adolescents, middle-aged, and elderly people  [in Japanese]

    佐々木 直美

    本研究は以下の2つの問題を明らかにすることを目的とした。1つは未来を想起したときに死という考えが自発的 に起こる年代を知ることであり、もう1つは死の不安と死に対する態度を、横断的手法を用いて比較することより、 年代の特徴を知ることである。研究対象者は、青年117名、中年142名、老年202名であった。データは、質問紙調 査で集められ、対象者は死別体験、抑うつ、死の不安、死に対する態度に関して回答し …

    山口県立大学学術情報 (14), 131-143, 2021-03-31

    IR 

  • Role of social participation in preventing frailty : Focusing on the dominoes of frailty  [in Japanese]

    時乗 敦子 , 河野 有亮 , 中藤 由佳美 , 和氣 さち , 牛 佳惠 , 高杉 あすか , 松本 義如 , 村田 佳子 , 園田 純子 , 弘津 公子 , 長谷川 真司 , 吉村 耕一

    フレイルは、加齢に伴って生理的予備能が低下し、脆弱性が亢進した状態であり、生活機能障害、要介護状態や 死亡などに陥りやすい状態とされる。超高齢化社会の本邦において、フレイルを予防することは、健康長寿を目指 し、高齢者の健康を維持・向上するための重要な課題である。 ドミノ倒しのような負の連鎖によってフレイルが増悪することが提唱されている。すなわち、社会とのつながり が低下して社会的な側面が脆弱化する …

    山口県立大学学術情報 (14), 151-156, 2021-03-31

    IR 

  • Community Elderly Health Course Program Focusing on Living Activities  [in Japanese]

    小林 幸治

    《目的》自立した地域高齢者を対象とした,生活行為に着目したセルフマネジメントの健康講座プログラムを作成し,対象者を評価する指標の検討を行った.実際に講座を開催し,参加者の反応や効果について検討した.また講座の開催方法の検討を行った.《方法》予防に関する健康ミニ講義,生活行為ミニ講義,生活行為に関連した運動プログラムからなる講座プログラムを作成した.地域包括支援センターと協力し,対象となる高齢者を募 …

    目白大学健康科学研究 = Mejiro Journal of Health Care Sciences (14), 1-10, 2021-03-31

    IR 

  • A literature study on the effect of reminiscence therapy on elderly people with dementia  [in Japanese]

    大西 由佳子 , 鈴木 千絵子

    姫路大学看護学部紀要 (12), 17-26, 2021-03-31

    IR 

  • Information and communication technology equipment and services for remote monitoring and health management: Survey of services and their classification for use in home care nursing  [in Japanese]

    坂本 年生 , 平田 晶奈 , 森田 瑞樹

    … This study aims to improve the quality of home nursing care for the elderly. … The search terms "elderly people," "watch over," and "service," plus "sensor" were used to narrow the search. … After repeating the search using a chained search for materials and links extracted from those search results, services for home care stations particularly addressing the remote monitoring of elderly people were selected and extracted. …

    統合科学 (1), 47-63, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Effects of SHU-KATSU (The Activity of Preparation for Aging and Death) for Successful Aging among the Japanese Elderly People  [in Japanese]

    木村 由香

    技術マネジメント研究 (20), 84-88, 2021-03-31

    IR 

  • A survey research and analysis of the intention to move in elderly people A study of a construction of housing for elderly people  [in Japanese]

    三宮 基裕

    住宅政策としての高齢者住宅整備のあり方を示す知見を得るために,高齢期の転居の意向に影響を与えている要因を探るアンケート調査を実施した. 転居に対する抵抗感と転居願望により「消極群」「継続群」「葛藤群」「不安群」「積極群」に分け,クロス集計分析によって各群の特徴を捉えた.また,自由記述回答をカテゴリーに分けて整理し,転居に対する意識の構造化を試みた. 男性は女性に比べて消極群・継続群の比率が高く,市 …

    最新社会福祉学研究 (16), 25-32, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Image of elderly people held by nursing college students after studying the introduction to gerontological nursing  [in Japanese]

    石津 仁奈子 , 石川 りみ子 , 江口 恭子

    要 旨 近年の超高齢社会の現状から、看護基礎教育における老年看護学への役割期待も大きくなっている。そのため、老年看護学概論受講後の学生の持つ高齢者のイメージを明らかにし、得られた知見を老年看護学の授業や老年看護学実習の基礎資料とする目的で質問紙調査を実施した結果、以下が明らかになった。1.高齢者との関わり頻度と性格のポジティブな記載、高齢者への関心と性格のポジティブな記載、対人関係のネガティブな記 …

    秀明大学看護学部紀要 = Journal of faculty of nursing 3(1), 51-59, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Fact-finding Analysis on the Prevention of Frailty in Elderly People based on the Survey in Hamamatsu City : Part 2  [in Japanese]

    迫 秀樹 , 高山 靖子 , サコ ヒデキ , タカヤマ ヤスコ

    フレイル予防に繋がる方策を検討するために,健康づくり教室へ通う高齢者に対してアンケート調査を実施した。アンケート用紙を配布したのは,浜松市の健康づくり教室に参加している高齢者と,その比較対象として文系サークルで活動をしている高齢者の2グループである。その結果,健康づくり教室に参加している高齢者は,体力維持や健康を保つという意識を持ち,普段から散歩やラジオ体操も行っていた。文系サークルの参加者は運動 …

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 93-96, 2021-03-31

    IR 

  • Fact-finding Analysis on the Prevention of Frailty in Elderly People based on the Survey in Hamamatsu City : Part 1  [in Japanese]

    高山 靖子 , 迫 秀樹 , タカヤマ ヤスコ , サコ ヒデキ

    世界最長寿国である日本では,増加する社会保障給付の負担が深刻な問題となっており,高齢者の自律的な生活を維持するためのフレイル予防が注目されている。フレイル予防には,「栄養」「身体活動」「社会参加」の3つの柱を「うまくリンク」させることが重要であると言われている。しかし,その具体的な手法については各自治体が手探りで取り組んでいる状況である。そこで本研究では,「うまくリンクさせる」手法の解明を目指し, …

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 87-92, 2021-03-31

    IR 

  • The Meaning of Ambiguity for a Diverse Orchestra Group  [in Japanese]

    正井 佐知 , Masai Sachi , マサイ サチ

    社会学 : 論文本稿では、地域住民、青少年、障害者、高齢者、外国人など多様なバックグラウンドを持つ人たちが参加し、30年間活動をしているオーケストラαの運営について、αの特徴である曖昧性に着目して研究を行った。曖昧性は従来の組織研究では排除すべきものとされてきたが、αでは非常に多くの場面で曖昧性が見られた。そこで、αでは曖昧性がどのように用いられ、αにとってどのような意味があるのかを明らかにするた …

    年報人間科学 (42), 47-63, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Relationship between incidence of heat disorders and climate in the elderly in Tokyo − A case study of the summer of 2010 −  [in Japanese]

    松本 太 , 横山 仁

    … In this study, climatic factors and regional characteristics of the incidence of heat disorders in elderly people(65 over ages)in July – September for Tokyo were investigated, 2010. … 65 over ages are more vulnerable to heat than younger people and tend to have more severe heat disorders. …

    日本福祉大学健康科学論集 = The Journal of Health Sciences, Nihon Fukushi University (24), 11-19, 2021-03-30

    IR 

  • Perceptions of Nurses Involved in the Care of Elderly People with Dementia Undergoing Drug Therapy Due to Risky Behavior in Acute-care Hospitals  [in Japanese]

    藤井 裕子 , 長畑 多代

    大阪府立大学看護学雑誌 27(1), 31-39, 2021-03-30

    IR  DOI 

  • Impact of Participation in" Kenko Daigaku" as a Health Business Conducted at Commercial Facilities on the Health of the Elderly  [in Japanese]

    荒木 さおり , 松本 祐香 , 林 健司 , 板持 智之 , 平松 喜美子 , 梶谷 みゆき , Saori Araki , Yuka Matsumoto , Kenji Hayashi , Tomoyuki Itamochi , Kimiko Hiramatsu , Miyuki Kajitani

    本研究は,商業施設で行う健康事業としての「健幸大学」への参加が高齢者の健康にどのような影響を与えたのか明らかにした。「健幸大学」は商業施設を活動の場とし,身体機能測定・講話・レクリエーションを中心としたプログラムで構成し,2019年度の活動は月1~2 回のペースで合計8回実施した。今回,「健幸大学」に複数回参加した高齢者にアンケートを実施し,参加するようになってから①健康への取り組みにどのような変 …

    島根県立大学出雲キャンパス紀要 (17), 1-8, 2021-03-26

    IR 

  • A Diachronic Analysis of Two Quantitative Research Studies on Aging of Japanese and Japanese Americans Living in Greater New York  [in Japanese]

    金本(遠山) 伊津子

    … the social transitoriness and the cultural immutability of the Japanese elderly communityin Greater New York.The following is a summary of the findings :(1)a growing Japanese American communitywith US citizenship, higher academic qualification, and better communication competency hasbeen observed.(2)Not only the concerns and anxieties for later lives but also the plans andpreparations for aging are much the same.(3)The elderly are provided with culturally specificcare(with regard to language, food, and …

    桃山学院大学総合研究所紀要 = ST. ANDREW'S UNIVERSITY BULLETIN OF THE RESEARCH INSTITUTE 46(3), 43-55, 2021-03-22

    IR 

Page Top