Search Results 1-20 of 84

  • 1 / 5
  • Advance Requests of In-patients and Their Families regarding Medical Intervention Practices at the End of Life  [in Japanese]

    八木 恵子 , 湯浅 哲也 , 乾 亜美 , 佐藤 浩充 , 曽我 哲朗 , 手束 典子 , 手束 昭胤

    … [Intended Persons and Method]A total of 539 newly admitted patients and their families were asked to sign and submit the "advance-request form," indicating their preferences on the following three kinds of end-of-life interventional practices:( 1)cardiac massage,(2)endotracheal intubation and mechanical ventilation, and(3)use of vasopressors. …

    四国医学雑誌 = Shikoku acta medica 76(3・4), 153-158, 2020-08-25

    IR 

  • Exploring the Issues of Advance Directives in Patients with Mild Dementia in Taiwan

    Chou Hsi-Hsien

    … We explored how patients with mild dementia in Taiwan may still make self-determined decisions concerning advance directives for their healthcare and end-of-life care choices as the disease progresses. … We examined 260 respondents with mild dementia at a Taiwan medical center: 199 patients who agreed (and 61 patients who disagreed) with the concept of advance directives completed a structured questionnaire. …

    Acta Medica Okayama 74(3), 215-220, 2020-06

    IR  DOI 

  • Experiences of advance care planning in patients with Duchenne muscular dystrophy  [in Japanese]

    Nozaki Fumihito , Shibata Minoru , Sasaki Saeko , Mori Mioko , Mori Atsushi , Inoue Kenji , Ishihara Mariko , Kusunoki Takashi , Fujii Tatsuya

    <p> 【目的】Duchenne型筋ジストロフィー患者の人生の最終段階に対して本邦での明確な指針はない. Duchenne型筋ジストロフィー患者に対するアドバンス・ケア・プラニング (advance care planning ; ACP) の経験を報告する. 【方法】厚生労働省から示されているACPのステップを参考に, 多職種で 「臨床倫理の4分割法」 を基に本人・家族と対話を行った …

    NO TO HATTATSU 52(6), 397-402, 2020

    J-STAGE 

  • Our Medical Control Council's prehospital CPR protocol and engagement for End-of-Life stage patients having made DNAR decisions  [in Japanese]

    TOHMA Yoshiki , KIRITA Manabu , OKAMATSU Shinichi , KONO Makoto , KIMURA Yoshihiko

    <p>「人生の最終段階の延長線上で生じた心肺停止に際して心肺蘇生を希望しない意思を救急現場で示した傷病者に対して心肺蘇生を行わないこと(病院前DNAR)」に関する地域MC協議会の取り組みを報告する。過去5年間の発生件数は270件,発生場所:自宅/ 高齢者介護・福祉施設=156/105。MC協議会管内の在宅看取り施行医療機関のうち,夜間休日も診療可能であるのは51%,看取りの際に他の医療 …

    Journal of Japanese Society for Emergency Medicine 23(4), 579-588, 2020

    J-STAGE 

  • Development and the usefulness of an End-of-Life Care Pathway to Support Advanced Care Planning in Assisted Living Facilities for the Elderly - Assessment of implementation rate and necessity -  [in Japanese]

    Toya Sayaka , Nashiki Emiko , Yoshida Kyoko , Uchida Yoko

    【目的】研究者らが開発した高齢者向け住まいに居住する高齢者のアドバンスケアプランニングを支援する「本人の意思を尊重する人生の最終段階に向けたエンドオブライフケアパス(以下、EOLCパス)」の有用性を明らかにする。【方法】EOLCパスの開発は入居者本人の意思が反映され、一般市民でも理解しやすい内容になるよう留意し行った。群馬県中核市にあるサービス付き高齢者向け住宅132施設にEOLCパス項目の実施と …

    Ann Gunma Health Sci 40(0), 8-17, 2020

    J-STAGE 

  • Questionnaire Survey of Medical Staff and Community Dwellers on End-of-life Care  [in Japanese]

    MATSUDA Junichi , HANASHIMA Mari , UEDA Sachiko , MASHINO Ryutaro , OOTA Fumiyo , Yuka Yuka , SHIGETA Masatoshi , MITANI Nobuyuki , KUGA Takayuki

    人生の最終段階における医療方針の決定において,患者の意思を尊重した望ましい医療を検討する基礎データの作成を目的として,人口約35,000人,高齢化率40.7%(2017年)の地域住民243名と医療従事者282名を対象とした意識調査を行なった。その結果,人生の最終段階における医療の選択に関して,リビングウィルの作成には賛成だが,実際には作成はしていないことが明らかになった。また,人生の最終段階におい …

    JOURNAL OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE 68(5), 627, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • APPROACH OF NURSING ADMINISTRATORS TO IMPROVE SUPPORT FOR FAMILIES WITH TERMINAL PATIENTS IN EMERGENCY AND INTENSIVE CARE : FOCUSING ON SITUATIONS WHERE NURSES FACE DIFFICULTY  [in Japanese]

    西開地 由美 , 吉本 照子

    [要旨] 本研究の目的は,救急・集中治療領域の終末期患者の家族支援に困難感を有する看護師を支援し,家族支援を充実させるための看護管理者の働きかけを明らかにすることである。急性・重症患者看護専門看護師資格を有し,救急・集中治療領域の終末期患者の家族支援の充実に向けた看護管理実践を語れる看護管理経験者8名に半構造化個人面接調査を行い,質的帰納的に分析し,看護師が家族支援に困難感を有する状況に対する看護 …

    千葉看護学会会誌 25(1), 107-116, 2019-08

    IR  DOI 

  • Beliefs held by breast surgeons that impact the treatment decision process for advanced breast cancer patients : a qualitative study

    Ozeki-Hayashi Reina , Fujita Misao , Tsuchiya Atsushi , Hatta Taichi , Nakazawa Eisuke , Takimoto Yoshiyuki , Akabayashi Akira

    … the beliefs and communication of doctors who administer chemotherapy to patients with recurrent or metastatic (hereafter, "recurrent/metastatic") breast cancer, and determine how these beliefs are related to the process of treating patients.Materials and methods: Semi-structured interviews were conducted with 21 breast surgeons, and interview contents were analyzed using the grounded theory approach in order to conceptualize the treatment process.Results: The process of chemotherapy for patients with …

    Breast Cancer : Targets and Therapy (11), 221-229, 2019-07-17

    IR 

  • How Has the Self-Determination Approach Been Supplemented in End-of-Life Decisions?  [in Japanese]

    秋葉 峻介

    医学哲学医学倫理 = Annals of the Japanese Association for Philosophical and Ethical Researches of Medicine (37), 45-52, 2019

    Ichushi Web 

  • Aging acceptance of elderly and Decision-making concerning medical care and a future life of needed long-term care period and the end-of-life. - Preliminary investigation report 1-  [in Japanese]

    Kawakita Emi

    <p>高齢者の老いの受けとめと要介護期・終末期の医療に対する意思形成の状況を明らかにするために,高齢者同士の語り合いを実施した。参加者はシニアボランティア組織に所属する70代の女性5名である。語りを質的に分析した結果,老いの認識については《老いの自覚》,《認知機能低下の自覚》,《年齢へのこだわり》,《死や寿命を意識する》,《夫と老いを生きる》,生活の将来像については《永遠の健康》と《老 …

    Bulletin of Tenri Health Care University 7(1), 3-15, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The True Intention of Rescue Squads in Terms of the CPA Transportation of Cancer Patients in the Terminal Phase of the Disease Who Make a DNAR Order  [in Japanese]

    Miyabayashi Masayo , Nakamura Chikako

    <p>【背景】Do not attempt resuscitation(DNAR)の意思表示のあるがん終末期のCardiopulmonary arrest(CPA)患者の搬送は,現行消防法では全例蘇生を行いながら搬送される.現場で救急活動を行う消防職員(以下,消防職員)の気持ちを調査検討した.【方法】当地域の消防職員103名に,DNAR提示をしているがん終末期CPA患者を搬送したことが …

    Palliative Care Research 14(2), 67-72, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • How to make end-of-life decisions in complex cases  [in Japanese]

    Ethics Committee Japanese Society of Intensive Care Medicine

    <p>日本集中治療医学会倫理委員会では,第45回日本集中治療医学会学術集会の委員会企画で,「方針決定が困難な症例にどの様に対応していくか?」と題して,模擬症例を提示してDo Not Attempt Resuscitation(DNAR)指示が心肺蘇生以外の治療に与える影響を考えつつ,心肺蘇生以外の終末期医療の意思決定プロセスについてアンケートを交えながら議論した。DNAR指示が出ている …

    Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 26(3), 205-216, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Older adults' needs related to care/end-of-life care in doctorless districts of designated heavy snowfall areas  [in Japanese]

    小山 歌子 , 稲垣 千文 , 宇田 優子

    【目的】本研究の目的は、豪雪地帯・無医地区において住民参加による高齢者を在宅で看取るケアシステムの構築に向けた示唆を得るために、地域住民の生活面における互助の実態、高齢者の介護・看取りのニーズを明らかにすることである。【方法】豪雪地帯の無医地区に居住し、日常生活が自立している65歳以上の者9人に地域内の互助、終末期の介護や療養場所の希望等の半構造化面接を実施し、質的帰納的分析方法を参考に分析した。 …

    新潟医療福祉学会誌 19(2), 40-48, 2019

    IR  Ichushi Web 

  • Psychological Process in Family Members Who Make Proxy Decisions on Gastrostomy for the Elderly with Dementia:From Selection of Gastrostomy to after End-of-life Care  [in Japanese]

    Minohara Fumiko

    <p> 本研究の目的は,認知症高齢者の胃ろう造設を代理意思決定した家族が,造設から看取り後まで,胃ろうに対してどのような心理的変化をたどるのかを明らかにすることである.胃ろう造設を決定し,看取りまでを経験した家族7人を対象に,半構成面接法を実施し修正版グラウンデッド・セオリーを用いて分析した.家族は,造設時,胃ろうは<ひとつの食形態>であり<胃ろうにするのは自然なこと>と【延命ではなく …

    Journal of Japan Academy of Gerontological Nursing 22(2), 70-78, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Decision-making by Proxy through Community-based Multidisciplinary Collaboration for a Cancer Patient with Intellectual Disabilities  [in Japanese]

    Aiki Sayo , Sakai Sayuri , Tamaki Tomoko , Arakawa Teruo , Kuryu Masayoshi , Matsui Haruki , Anayama Ryo

    <p>近年は,がんに対する治療方法も多様化してきており,患者自身や家族により複雑な意思決定が求められる場面が増加している.その中で,意思決定能力がないと判断されたがん患者の治療方針を,どのような手順で,誰が決定するのかについて,本邦で定められた指針はない.殊に,知的能力障害を有するがん患者の終末期医療についての意思決定に関する報告は少ない.今回われわれは,がんに罹患した知的能力障害者の …

    Palliative Care Research 13(1), 1-5, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Caregiving Experiences of Spouses Who Provided Satisfactory Home-based End-of-life Care to a Terminal Cancer Patient  [in Japanese]

    Ogata Yukiko , Okada Mari , Ichiki Naomi , Noguchi Shinobu , Yamashita Kiyoka , Matsuo Kazue , Masaki Naoko , Mitoku Kazuko

    <p><b>目的:</b>終末期がん療養者の満足な在宅看取りを行えた配偶者の体験を明らかにするとした.</p><p><b>方法:</b>修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチにて分析を行った.研究協力者は,療養者の希望に沿い在宅で看取ったことに満足している配偶者8人とした.</p><p> …

    Journal of Japan Academy of Community Health Nursing 20(2), 64-72, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Survey on Users with Cancer at Nursing Care Insurance Facilities:-- On the actual conditions of decision-making at the time of and after shifting to palliative care --  [in Japanese]

    Sugimoto Tomoko , Mori Kazue

    がんを有する介護保険施設利用者(以下,がんを有する利用者)が緩和ケアに切り替える時,および切り替えた後の意思決定の実態について明らかにすることを研究目的とした.<br> 2012年12月~2013年11月に,関東地方にある3か所の介護保険施設(介護老人保健施設,もしくは介護老人福祉施設)のいずれかに勤務し,がんを有する利用者へのケアの経験をもつ介護職員10名への半構成的面接調査を実施し …

    The Bulletin of Chiba Prefectural University of Health Sciences 7(1), 1_11-1_19, 2016

    J-STAGE 

  • <i>Advance care planning processes and specific assistance:</i>:<i>Through analysis of the timing of the confirmation of the intentions of care recipients by visiting nurses </i>  [in Japanese]

    TSURUWAKA Mari , OMOMO Miho , SUMITA Masumi

    <p>    本稿の目的は、在宅看取りを支援する訪問看護師による高齢者の意向確認のタイミングと援助の分析を通して、アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning、以下 ACP とする)のプロセスと具体的支援を考えるものである。65歳以上で同居の家族がいる非がんの事例に絞り、3 年以上の訪問看護経験者にガイドを用いた半構 …

    Bioethics 26(1), 90-99, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • <i>Analysis of legal exegeses regarding the Kawasaki Kyodo Hospital case </i>  [in Japanese]

    TANAKA Miho , KODAMA Satoshi

    <p>    日本において「尊厳死」法案が提案された背景には、医師による生命維持治療の中止行為が社会的・法的に問題となり、医師の行為の適法性の要件が医療的・社会的に喫緊の検討課題とされたという状況がある。最高裁まで争われた川崎協同病院事件は、当判決・決定の法的な含意が十分に理解されずに解釈されている可能性がある。そこで、当判決・決定に関する法律家 …

    Bioethics 26(1), 107-114, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Nursing role in end-of-life care in the intensive care: practicing nurses' perception and challenges  [in Japanese]

    Ishikawa Koji , Kase Kasumi , Kawabata Kazumi , Yoshida Ako , Takaoka Yuko , Hayakawa Mineji

    【目的】集中治療領域における終末期ケアに関する看護師の役割認識と実践上の課題を明らかにする。【方法】終末期医療に関する施設独自の指針を有するA病院ICU・救急部に勤務する看護師を対象に終末期ケアに関する質問紙調査を実施し,結果を分析した。【結果・考察】看護師の役割として認識していたことは,現状理解の促進,家族の意思を医師に伝える調整役,思いの傾聴などであった。日本集中治療医学会が策定した「集中治療 …

    Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 23(5), 601-604, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 1 / 5
Page Top