Search Results 1-20 of 1221

  • Survival Strategy of the Cutlery Centers : A Case Study of Sheffield and Solingen  [in Japanese]

    上野 恭裕 , 曽根 秀一

    … In other words, they have developed through such entrepreneurship.本稿は平成30年度~令和3年度 科学研究費・基盤研究(C)「技能系老舗同族企業における事業・技能継承に関する研究」(課題番号18K01760) (代表者 : 曽根秀一、分担者 : 上野恭裕)の研究助成の成果の一部である。 …

    関西大学社会学部紀要 52(2), 93-114, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Entrepreneurship and Management of Seiichi Umeura (Part I)  [in Japanese]

    松本 和明

    渋沢栄一の絶大なる信頼を受けてビジネスパートナーの一人として活躍し,「渋沢の股肱」(実業之世界社編輯・発行『財界物故傑物伝』1936 年)と評された,長岡出身の梅浦精一の足跡と活動について考察していきたい.梅浦は長岡藩医の脩介の長男として生まれた.脩介は長岡藩の藩医を務め,東洋,西洋医学ともに長ずる,先進的でかつ優れた漢蘭折衷医であった.梅浦は漢学にも造詣が深かった脩介の影響を強く受けて幼少期から …

    京都マネジメント・レビュー = Kyoto Management Review (38), 85-102, 2021-03-31

    IR 

  • Challenge of the Mondragon Cooperative Corporation and Entrepreneurship Education : Human-Centric Community Strategy Embedded with Virtue Ethics  [in Japanese]

    潜道 文子

    スペイン北部に位置するバスク地方の小さな町に本部を置くモンドラゴン協同組合企業体(MCC)は,世界でもトップクラスの事業高を誇る。MCCは「人間個々人の成長」と「地域社会の発展」を重視するが,この価値観には,1941年にバスク・モンドラゴン教区に赴任したホセ・マリーア・アリスメンディアリエタ神父の哲学が埋め込まれている。着任当時,貧困や飢えに苦しむ人々,教育を受けられない多くの子供たちを目の当たり …

    拓殖大学経営経理研究 = Takushoku University research in management and accounting (119), 13-28, 2021-03-25

    IR 

  • Consideration on the Emerging Wineries / Urban Wineries and Their Sustainable Models : Typology and Analysis of Winery Business in 2010s in Japan  [in Japanese]

    辻 有美子

    近年、ワインを地域経済の活性化に繋げる試みが各地で活発化している。ワイナリー数で1990年代まで多数だった伝統的産地の山梨県以外の各道府県で、2000年代・2010年代に新興ワイナリーが勃興してきた。その9 割以上は小規模なワイナリーで占められ、中には「都市型ワイナリー」ともいえる個性的な所もありスモールビジネス起業の有力分野といえる。そこで本研究では、これらの類型化を行い、継続的に成長している持 …

    都市経営研究 (1), 85-105, 2021-03

    IR 

  • Entrepreneur Education Experiment –Using a Personal Assistant Project –  [in Japanese]

    松村 茂 , 金沢 信雄

    今、第4次ベンチャーブームと言われる。第3次はインターネットが商用に解禁された1995年頃からであった。すなわち、第4次は多くの生活者がスマホを持ち常時インターネットの接続されている時代であり、またAI等が各所で利用される本格的なインターネット時代に入りつつある時である。今、転職を志向しない若者とICTを活用したベンチャーを志す者、若者の間で二極化が起こっている。人口が減少し廃業率が高い地方におい …

    2021-03

    IR 

  • リモート授業の実験的研究 ―起業家育成のためのコワーキングスペース・大学連携  [in Japanese]

    松村 茂

    2020年コロナパンデミックで大学の授業はオンライン授業に切り替わった。オンライン授業の特性を活かし、学外の講師や一般社会人と学生をつなぎ、起業意識を高められる可能性が出てきた。特に起業意欲の高い学生とコワーキングスペースの会員を結びつけることで、学生起業に繋がるチームづくりも可能であると思われる。東北芸術工科大学ベンチャービジネス論入門の受講生を対象に、オンラインによるゲスト講師の授業、事業計画 …

    2021-03

    IR 

  • Mapping the research trends of entrepreneurship as process, entrepreneurial process, and entrepreneuring : a systematic review of influential publications in business and management research  [in Japanese]

    関 智宏 , Tomohiro Seki

    本研究では、企業家活動プロセスをめぐって影響の大きい46本の論文を対象に、そのなかでもとくに他の論文に影響を与えている論文のシステマティック・レビューをつうじて、①誰が企(起)業家で誰が企(起)業家でないのか、②組織としてのアントレプレナーシップ、③起業機会の発見・評価・活用のプロセス、④起業機会を発見する-認知、知識、学習、意図からのアプローチ-、企(起)業家個人と起業機会のネクサス/起業機会を …

    同志社商学 = The Doshisha business review 72(5), 929-969, 2021-03

    IR  DOI 

  • Analytical Perspective of Entrepreneurship Education in Commercial High Schools : Community of Practice and Cross-Border Learning  [in Japanese]

    髙見 啓一

    … 我が国では起業家イメージに対するハードルの高さが問題となっており,地方における「どこでも(誰でも)できる」草の根的なアントレプレナーシップ教育(Entrepreneurship Education 以下「EE」)モデルを構築していくことが求められる。 …

    關西大學商學論集 = The business review of Kansai Universiy 65(4), 99-115, 2021-03

    IR  DOI 

  • Consideration of "resilient" industry-academia collaboration and higher education method based on daily-life expansion  [in Japanese]

    石川 洋平 , 清水 暁生 , 野口 卓朗 , 城門 寿美子 , 太田 順一郎 , 佐藤 三郎 , 深井 澄夫

    電気学会研究会資料. FIE 2021(1-4), 13-17, 2021-02-26

  • Entrepreneurial process of SMEs under crisis : building a analytical framework with an approach of entrepreneurship research  [in Japanese]

    関 智宏 , Tomohiro Seki

    本研究は,危機に直面した中小企業ないし中小企業家が,その危機をいかにして乗り越えていくか,その一連の企業家活動プロセスを検討していくための分析枠組を構築していくことを目的とする。そして,アントレプレナーシップ研究の領域において,危機とそれへの対応にかんする研究のなかでもちいられている,エフェクチュエーション,ブリコラージュ,レジリエンス,インプロビゼーション(improvisation),インダウ …

    社会科学 = The social sciences 50(4), 177-195, 2021-02

    IR  DOI 

  • Working Style of Future Anesthesiologists  [in Japanese]

    YAMAUCHI Masanori , ONISHI Eiko , KOBAYASHI Naoya , YOSHIDA Norifumi , SATO Yuna , SHIGA Takuya

    <p>麻酔科医は,麻酔,ペインクリニック,緩和医療,集中治療,救急医療で活躍しているが,臨床麻酔はマンパワーを超えている.一方,東北地方は超高齢化社会の世界的な先進的モデル地域ともいえる.マンパワー不足と高齢化に対応するために,医学教育は医学や麻酔科学の枠にとらわれず,広い視点でニーズを探索し,社会にインパクトのある解決方法を創出できる人材の育成が求められる.具体的には医工連携,文理融 …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 41(2), 204-208, 2021

    J-STAGE 

  • Research Report on Entrepreneurial Intention Among University Students: Analyzing Japanese Samples from GUESSS 2018  [in Japanese]

    Tamai Yuki , Taji Noriko , Kazumi Tomoyo , Fujimura Makoto , Yamada Hiromi , Igarashi Shingo

    <p>GUESSS 2018は、世界54カ国、3,191大学が参加して行われた、大学生の起業意識調査である。全体で208,636件の有効回答を集めている。日本では49大学・大学院が参加し、4,150件の有効回答を得た。</p><p>本調査レポートの目的は上記データを用いて、日本の大学生の起業意思の特徴を明らかにすることである。参加国全体と日本の集計結果を比較した …

    Journal of Innovation Management 18(0), 207-229, 2021

    J-STAGE 

  • Collaboration between academic institutes and public health centers under a public health emergency: lessons learned during the coronavirus pandemic  [in Japanese]

    SUMINO Kaori , MASUDA Rie , ZHANG Junhua , KIJIMA Yuiko , NAKAMURA Keiko , HASHIMOTO Hideki , SATO Nana , NAKASHIBA Kenta , OHISA Keiko , FUJII Kana , HASHIMOTO Ayumi , KATAOKA Mayumi , SATO Hideko , KOBAYASHI Yumiko

    <p><b>目的</b> 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な感染拡大を前に,保健所は感染者の把握・追跡の中核的役割を担う一方,その機能がひっ迫する事態に陥った。日本公衆衛生学会から保健所機能の支援を訴える声明が発出されたことを受け,教育研究機関に所属する筆者らは,都内保健所での支援に参加した。本報告は,支援の経緯を記述し支援体制への示唆をまとめ …

    Nihon Koshu Eisei Zasshi(JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH) 68(3), 186-194, 2021

    J-STAGE 

  • A Study of the Start-up Business Situation for Foreign Residents:- Focusing on the survey of Chinese Entrepreneurs in Japan -  [in Japanese]

    Takahashi Fumiyuki , Han Jinliu

    <p>日本人の起業に対する意欲が顕著に低いと指摘されているが、本稿は起業意識が高い在日中国人の起業家を対象に、起業に関する意識・活動についてアンケート調査を行う。調査結果の分析から、在日中国人起業の実態を明らかにするとともに、今後の外国人起業人材の誘致について考察する。</p>

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 202011(0), 273-276, 2021

    J-STAGE 

  • Entrepreneurship in International Business  [in Japanese]

    高垣 行男 , タカガキ ユキオ , Takagaki Yukio

    駿河台経済論集 30(2), 1-18, 2021

    IR  DOI 

  • A Study on Changes in Rural Women Triggered by Entrepreneurship  [in Japanese]

    三宅 康成 , 豊穂 樹里 , 北村 胡桃 , Yasunari MIYAKE , Juri TOYOHO , Kurumi KITAMURA

    兵庫県立大学環境人間学部研究報告 (23), 65-75, 2021

    IR 

  • Nonmarket Strategy and Innovation: Regulatory Entrepreneurship and Global Arbitrage

    Romann Eric

    日本経大論集 = The Economic Review of Japan University of Economics 50(1), 89-120, 2020-12-31

    IR 

  • Practice and Learning Outcomes of Social Cooperation Education Courses Aimed at Fostering Entrepreneurship  [in Japanese]

    吉川 幸 , 鈴木 真理子

    2018年12月より「SiEED(シード)」という名称でスタートした岡山大学起業家精神養成プログラムは、2020年3月末をもって寄付講座という形を終了した。全学教育・学生支援機構基幹教育センター実践部門では、その方針を引き継ぐ形でアントレプレナーシップ(起業家精神)養成を試みる科目を開講し、「プロジェクト・セロ(実践編)」と名付けた。本稿では同名称で開校した2科目の授業について、授業実践と履修者の …

    岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要 (5), 179-198, 2020-12-30

    IR  DOI 

  • Public Finance for Professional Sports with a Focus on Tokyo : Local Public Economics with regard to Financial Resources for Human Dignity  [in Japanese]

    中村 宙正

    国家財政が、外交・安全保障に注力する必要がある局面において、財政力をそなえている東京都(基準財政収入額が基準財政需要額を上回る地方公共団体)は、国際金融市場を整備しつつ財源を確保し、他の地方財政と連携して国の内政を補う、という方法がある。これまでのプロスポーツ財政の動向を見ると、流行をきわめている事業がスポンサーとなって、公共のスペースを彩り、人材育成に必要な資本を提供してきている。企業が収益の一 …

    尚美学園大学スポーツマネジメント研究紀要 = Bulletin of sport management, Shobi University (1), 67-76, 2020-12-25

    IR 

  • OEM business that supports the D2C brand with agile methods  [in Japanese]

    山崎 智士

    Fragrance journal : Research & development for cosmetics, toiletries & allied industries = フレグランスジャーナル : 香粧品科学研究開発専門誌 48(12), 28-32, 2020-12

Page Top