検索結果 2152件中 1-20 を表示

  • Merging community assembly into the regime-shift approach for informing ecological restoration

    Kadowaki Kohmei , Nishijima Shota , Kéfi Sonia , Kameda Kayoko O. , Sasaki Takehiro

    … So far, alternative stable states have been addressed from two different angles: community assembly studies, which focus on species and their interactions, and regime shift studies, which focus on changes in ecosystem states following environmental change. …

    Ecological Indicators 85, 991-998, 2018-02

    機関リポジトリ DOI

  • Sightseeing Value Estimation by Analyzing Geosocial Images

    Shen Yizhu , Ge Min , Zhuang Chenyi , Ma Qiang

    … Our approach estimates the sightseeing value from two aspects: 1) nature value; … For the nature value, we extract image features that are related to favourable human perception to verify whether a POI would satisfy tourists in terms of environmental psychology. …

    International Journal of Big Data Intelligence 5(1/2), 31-48, 2018-01

    機関リポジトリ DOI

  • EU 気候変動リーダーシップに関する試論 ―パリ協定後から振り返る―

    和達 容子

    … Then the EU decided to change the negotiation strategy by strengthening the aspects of instrumental and idea -based leadership to complement the shortage of structural leadership, and consequently contributed to adopt the Par is Agreement at COP21. …

    長崎大学総合環境研究 20(1), 39-50, 2017-11-01

    機関リポジトリ

  • 環境法の課題 (創刊第20号特別企画 特集 行政法の課題)

    北村 喜宣

    行政法研究 = Review of administartive law = Revue de droit administratif = Zeitschrift für Verwaltungsrecht (20), 181-190, 2017-10

  • シンポジウム 皮膚科領域でみる血管炎の病理組織像からのアプローチ

    石津 明洋

    Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌 11(4), 296-299, 2017-10

  • An Empirical Study on Environmental Efficiency Assessment in Urban Industrial Concentration Areas

    Maocheng Zhen , Xiaolu Gao , Haihong Yuan

    … In this paper, a tool is proposed to evaluate the environmental efficiency (EE) of the industrial concentration areas in order to coordinate the functioning of economic activities and environmental protection. …

    International Review for Spatial Planning and Sustainable Development 5(2), 17-34, 2017-04-15

    機関リポジトリ DOI

  • 道徳性の芽生えを育むための環境・援助のあり方を探る : 同年齢・異年齢とかかわる4歳児の姿を通して

    中山 芙充子

    … The purpose of this study is to clarify environmental components and assistance in order to develop four-year-old children's "germs of morality" through their interaction with others in the same or different ages. … As research methods, the researcher recorded episodes of situations where four-year-old children interact with children in the same or different ages from two aspects: 1. … to relate interaction with environmental components where interactions with others in different ages naturally occur. …

    広島大学附属三原学校園研究紀要 7, 19-26, 2017-03-28

    機関リポジトリ DOI

  • 光害を多面的に学ぶ小学校環境教育プログラムの実践(その3)エネルギーの観点とプログラムの総括

    越智 信彰

    東洋大学紀要. 自然科学篇 = Journal of Toyo University. 東洋大学自然科学研究室 編 (61), 1-15, 2017-03

    機関リポジトリ

  • Understanding Water Scarcity in the Socio-Cultural Context in Thar Desert of Pakistan

    CHAUDHRY Tehreem

    … Climate changes, environmental changes and human way of living are the few factors disrupting the natural balance and causing shortage of resources, most importantly water. … This paper seeks to develop an understanding of the relationship that people of Thar desert have with their environment and resources, specifically water, and the way in which anomalies like resource scarcity affect the social and cultural aspects of people's lives. …

    国際協力研究誌 = Journal of international development and cooperation 23(1・2), 15-25, 2017-03

    機関リポジトリ DOI

  • 生活保護定時制高校生の修学継続要因に関する研究 : 当事者インタビューの分析より

    内田 充範

    … As a result of the analysis, five factors that help students who are successfully attending school at present were identified : the existence of a person who cares about the student, environmental change, understanding of the content of school lessons, eagerness to find employment, and acquisition of self-management skills. …

    山口県立大学学術情報 10, 1-10, 2017-02-28

    機関リポジトリ

  • クリエイティブクラスの作り出す都市構造の分析

    伊藤 孝紀 , 三宅 航平 , 田淵 隆一

     本研究では, アムステルダムとベルリンを対象として, クリエイティブ産業における都市構造をソフト面とハード面に分類し, 段階的なスケールから明らかにすることを目的とする。<br> クリエイティブ産業の指標を設定し, マクロスケールの特徴を把握するための報告書調査とヒアリング調査, メソスケールの特徴を把握するための報告書調査と現地踏査, ミクロスケールの特徴を把握するための現地踏査を …

    デザイン学研究 64(3), 3_1-3_10, 2017

    J-STAGE

  • リップ付き二次元ノズルからの噴流の諸特性について

    安田 修平 , 小倉 凌 , 音峯 佑哉 , 平田 勝哉

    … <p>Mixing/diffusion enhancement is one of the key technologies in various aspects, and is needed in chemical reactors, heat exchangers, burners/combustors, air conditioners and so on. …

    環境工学総合シンポジウム講演論文集 2017.27(0), 428, 2017

    J-STAGE

  • バイオマスエネルギーの現状と課題

    横山 伸也

    バイオマスはカーボンニュートラルな性質からマテリアル利用はもとよりエネルギー利用としても有望である。また、その多様性から他の再生可能エネルギーとは異なり、発電や熱利用に加えて、輸送用の液体燃料や種々の化学原料としても利用可能である。本講演では、利用可能な国内のバイオマス資源量、FITによる発電の現状と技術的課題、バイオエタノール製造の課題、藻類バイオマスやバイオリファイナリーなどの将来性について述 …

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集 2017f(0), 81, 2017

    J-STAGE

  • ZSM-5 ゼオライトのSolvent/OSDA-free合成

    三宅 浩史 , 小野 開登 , 廣田 雄一朗 , 内田 幸明 , 田中 俊輔 , 宮本 学 , 西山 憲和

    ゼオライトは多機能性のミクロポーラス材料である。ゼオライト合成において、OSDAを使用した水熱合成法が広く用いられてきた。しかしながら、この合成手法は、産業および環境的な観点において大きな問題点が二つ存在する。合成に用いるOSDAは高価であり、除去の際に大気汚染も引き起こす。そして、溶媒を用いることで反応器体積当たりのゼオライトの収率が低下してしまう。そこで、本研究では、これらの問題を同時に解決す …

    石油学会 年会・秋季大会講演要旨集 2017f(0), 204, 2017

    J-STAGE

  • インドネシア・バンカラン県における地域住民参加型バイオエネルギー開発プログラムの持続可能性

    小森 大輔 , SUYANTO Diah Pamulasari , 峠 嘉哉

     地域住民参加型バイオエネルギー開発は,それぞれの地域や文化により課題は異なるものの,生活の豊かさがプログラムへの参加率を高める共通の要因となり得る.そこで,インドネシア東ジャワ州バンカラン県における地域住民参加型バイオエネルギー開発プログラムを対象に,エンゲル係数(ECF)と参加意欲の関係をベースとしたモデルを構築した.1)住民へのインセンティブ付加とプログラム参加による副収入による住民のECF …

    土木学会論文集G(環境) 73(5), I_99-I_106, 2017

    J-STAGE

  • Sustainability Assessment of Groundwater Resources in Hanoi, Vietnam from a Social Perspective

    BUI Nuong Thi , KAWAMURA Akira , AMAGUCHI Hideo , BUI Duong Du , TRUONG Ngoc Tu , NAKAGAWA Kei

    … In the AHP application for sustainability assessment, defining appropriate aspects and their indicators in each aspect is one of the most difficult tasks. … This study proposes for the first time three main aspects including quantity, quality and management and their twelve sustainability indicators from a social point of view, based on the specific consideration of groundwater current problems in Hanoi. …

    土木学会論文集G(環境) 73(5), I_17-I_24, 2017

    J-STAGE

  • クロムめっきの環境対応

    森河 務 , 中出 卓男

    表面技術 68(1), 14-20, 2017

    J-STAGE

  • Landscape Ecology(景観生態学)とLandscape Architecture(造園学)の学会論文の共通性と課題点

    上原 三知 , 山本 隼輔

    <p>歴代の日本景観生態学会長が今後の課題として挙げた「計画,市民参加,災害」というキーワードに対応する景観生態学とランドスケープ研究の論文成果の共通性と課題点を検証した.共通性としては,保全(保護)と利用(開発)の両方の視点から計画対象を捉える点,緑地環境保全への市民参加を肯定しつつも,その意義を評価する姿勢,災害を環境の再生や今後の計画のヒントとして活用する視点が確認できた.課題に …

    景観生態学 21(2), 111-120, 2017

    J-STAGE

  • 平成28年熊本地震における熊本県益城町の建物被害および宅地地盤被害の悉皆調査

    森 友宏 , 松下 克也 , 川﨑 淳志

    平成28年(2016年)熊本地震において,熊本県益城町では建物および宅地地盤に甚大な被害が生じた。本論文では,益城町の785棟の建物に関して建築構造的側面と地盤工学的側面の両面から被害要因の分析を行い,建物被害に影響を及ぼす要因の検討を行った。その結果,建物被害の傾向は建築基準法ならびに公庫木造住宅工事仕様の変遷に連動していることが定量的に示され,建築年や基礎形式の種類による被害率の違いが明らかに …

    地盤工学ジャーナル 12(4), 439-455, 2017

    J-STAGE

ページトップへ