Search Results 1-20 of 6868

  • A Study on the Plan of the Korean as Second Language Education (KSL) Curriculum Support for the Multicultural Family Children  [in Japanese]

    金 泰勲

    本稿は韓国における「多文化家庭」の児童・生徒の学習成果の向上と韓国社会に生きるために必要な 韓国語の運用能力を身に着けさせるために設けられた「韓国語教育課程」を中心に取り上げ,韓国政府 による韓国語教育課程やそれらに関する施策を考察したものである。「多文化家庭」の児童・生徒のた めの韓国語支援施策は韓国政府の努力もあり,かなり改善されてはいるが,次のようなことが課題とし て指摘されている。 (a) …

    国際基督教大学学報. I-A 教育研究 = Educational Studies (63), 87-96, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Research on Generativity of Young Adulthood: Focusing on the Context of Workers Engaged in Education and Childcare  [in Japanese]

    永田 彰子 , Akiko Nagata

    … Erikson, among youth and young adulthoods who are engaged in education and childcare and highlights the need of further empirical research which focuses on Generativity in the context of these workers. … However, when it comes to the working environment of those youth who are engaged in education and childcare, they are frequently faced the cultural demands during their work. …

    安田女子大学大学院紀要 = The journal of the Graduate School, Yasuda Women's University (26), 31-39, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • The Association between Social Frailty and Depressive Symptoms in Community-dwelling Older Adults  [in Japanese]

    和田 あゆみ , 牧迫 飛雄馬 , 中井 雄貴 , 富岡 一俊 , 谷口 善昭 , 佐藤 菜々 , 木山 良二 , 田平 隆行 , 窪薗 琢郎 , 竹中 俊宏 , 大石 充

    … Social frailty was defined using responses to five questions (going out less frequently, rarely visiting friends, feeling unhelpful to friends or family, living alone and not talking with someone every day). … Four items (going out less frequently, rarely visiting friends, feeling unhelpful to friends or family and not talking with someone every day) were associated with a high percentage of depressive symptoms (p < …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 11-18, 2021-03-31

    IR 

  • The Effect of Parental Collaboration with Schools on the Academic Achievement of Children from Varying Social Backgrounds  [in Japanese]

    西 徳宏 , NISHI Norihiro , ニシ ノリヒロ

    本研究の目的は,家庭の学校連携が学力の階層差に与える教育効果を検証し,先行研究に対して学問的示唆を提示することである。本稿では,家庭の学校連携が子どもにもたらす教育効果について「パートナーシップ型連携」と「保護者参加型連携」という二つの連携構造と,子どもの文化階層グループに着目して分析を行った。知見は,以下の三点に要約できる。第一に,特に,保護者参加型連携において階層差が存在していた。第二に,学校 …

    大阪大学教育学年報 (26), 27-38, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Effects of the novel coronavirus infection (COVID-19) on the daily life of orphaned students and their families (1) ―Family economics and impact on children's education and future plans―  [in Japanese]

    富井 久義

    本論文は,2020年に起きた新型コロナウイルス感染症の感染拡大(コロナ禍)が遺児世帯,すなわち死別のひとり親世帯の家計にどのような影響をもたらしたのかを,遺児世帯の保護者・大学生・ 高校生を対象に,一般財団法人「あしなが育英会」が2020年10月から11月にかけて実施した調査結果をもとに明らかにするものである。分析の結果明らかになったことは,第一に,遺児世帯は,他のひとり親世帯や一般世帯と同様,コ …

    社会情報研究 = Journal of Information and Communication 2(2), 1-10, 2021-03-26

    IR  DOI 

  • Preliminary survey on the quality of care for the elderly with dementia  [in Japanese]

    白石 真澄

    本稿はグループホーム1) に入所する認知症高齢者の家族に対し、介護の質に関する意識調査を行ったものである。回答に協力を得た家族の9割弱が介護の質を重視している。職員の態度、言葉遣い、身だしなみ、施設環境、行事・イベント、家族とのコミュニケーションについての満足度は高い。一方、排泄誘導やおむつ交換、買物の付き添い・外出支援などは満足度が低い。家族は施設側の繁忙や人手不足がつづくなか、教育研修や職員の …

    政策創造研究 (15), 153-176, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • Future issues regarding self-growth in long-term care: a literature review of self-growth in the professions of interpersonal assistance  [in Japanese]

    趙 敏廷

    本研究は対人援助における自己成長感の概念について概観し、介護領域の自己成長感に関する今後の課題を明らかにすることを目的として文献検討を行った。CiNii を用いて教育領域、看護領域、保育領域、介護領域の自己成長感に関する文献検索を行い、基準を満たした論文54 編を分析対象とした。結果、対人援助における自己成長感の概念や関連要因が概ね確認できた。介護領域の自己成長感については、次の知見が得られた。第 …

    岡山県立大学保健福祉学部紀要 = BULLETIN OF FACULTY OF HEALTH AND WELFARE SCIENCE, OKAYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY (27), 9-18, 2021-03-12

    IR  DOI 

  • On Normative Assumptions in the Study of the Academic Achievement Gap  [in Japanese]

    数実 浩佑 , Kazumi Kosuke

    … The term "academic achievement gap" refers to group differences in academic achievement at the compulsory education level (e.g., differences in academic achievement by group, such as family socioeconomic background, gender, and ethnicity). … To solve this problem, I focus on the ideas of education philosopher Shigeo Kodama, such as the "plurality scenario" and "citizenized academic ability" as a clue for how to overcome the problem of the meritocracy principle. …

    大阪大学大学院人間科学研究科紀要 (47), 143-163, 2021-03-08

    IR  DOI 

  • Trends in Family Education Policies in Taiwan -Focusing on the Family Education Act  [in Japanese]

    新保 敦子

    早稲田大学大学院教育学研究科紀要 (31), 27-41, 2021-03-05

    IR 

  • Attempts to improve University Students' posture to work in difficult situations  [in Japanese]

    樽木 靖夫

    [要約] 本研究は教師が指摘する同僚との協力による困難な場面での対処に注目して,困難な場面で頑張る姿勢に関する尺度を構成し,大学の授業で実施可能な2週に渡る授業を開発し,その効果を検討した。その結果,(1)困難な場面で頑張る姿勢に関する尺度は「仲間関係への方略のなさ」「仲間とともに取り組む」「課題への積極的な対処」「人を参考に困難にも頑張る姿勢」「困難にも頑張る姿勢」の5因子であった。(2)授業実 …

    千葉大学教育学部研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University (69), 11-16, 2021-03-01

    IR 

  • Study about inheritance of telling war experience (8) - Hiroshima "a-bomb survivors legend" and Nagasaki "exchange evidence" as a case study-  [in Japanese]

    外池 智 , TONOIKE Satoshi

    … This study is in published studies on the development of peace education of the next generation using hierarchical archiving working from2015, continuing research studies on the inheritance of war has promoted research on warrelated sites are promoted from the2009 fiscal year,2012 year telling. … Narrative in such a situation, a direct war experience, not by using the hierarchical archive should be called "peace education of the next generation" so to speak, practice is everchanging and expanded. …

    秋田大学教育文化学部研究紀要 教育科学 (76), 39-68, 2021-03-01

    IR  DOI 

  • Hirota Ryutaro's View of Music as Seen in Women's Magazines  [in Japanese]

    大地 宏子

    現代教育学部紀要 = Journal of College of Contemporary Education (13), 49-61, 2021-03

  • Suggestions from a University Student Survey on Child-Naming : Clues for Practicing One of the Family Member in Home Economics  [in Japanese]

    金 娟鏡 , 大園 舞香

    本研究では、将来親になりうる大学生を対象に、子どもの名づけにおいて重視する側面を名づける側の性別および自分の名前に対する受容評価との関連から検討した。その結果、子どもの名づけにおいて何を重視するかは、名づける側の性別および自分の名前に対する受容評価の両方とも関連していることが明らかになった。他方で、子どもの個性的な名前に対する考えは、名づける側の性別ではなく、自分の名前に対する受容評価のうち【ホモ …

    鹿児島大学教育学部研究紀要. 教育科学編 = Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Studies in education (72), 103-117, 2021-03

    IR 

  • 2021-02-17

    Takakura Minoru , Miyagi Masaya , Kyan Akira

    Environmental Health and Preventive Medicine 26(1), 2021-02-17

    DOI 

  • Time trends of socioeconomic inequalities in adolescent smoking in Okinawa, Japan, 2008–2016: a repeated cross-sectional study

    Takakura Minoru , Miyagi Masaya , Kyan Akira

    … SES indicators included familial SES (parental education and family structure) and student's own SES (school type). … The PDs and SII for parental education in boys and family structure in girls decreased over time while those for school type persisted among boys and girls. …

    Environmental Health and Preventive Medicine (26), 2021-02-17

    IR 

  • The Educational Thought of Louisa May Alcott; Prelude to the Progressive Education in America  [in Japanese]

    山本 孝司

    ルイザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott,1832-1888)は、19世紀アメリカの子ども向け少女小説作家として知られ、代表作『若草物語』(Little Women)は、当時の少女たちの心を掴み大ベストセラーとなり、その後も世界各国で翻訳され、家庭小説の古典として世代を越えて読み続けられている。彼女の小説の中には、19世紀当時のアメリカ社会に浸透していた人間観、子ども観、教育観 …

    岡山県立大学教育研究紀要 = Bulletin of Higher Education and Liberal Arts and Sciences Research,Okayama Prefectural University 5(1), 1-10, 2021-02-15

    IR  DOI 

  • Fathers' Attitudes toward Cooking and Family Life Education in Japan

    Kuramoto Ayako

    西南学院大学人間科学論集 16(1), 167-174, 2021-02-10

    IR 

  • Points for Consideration in Teaching Home Economics in Elementary School in Collaboration with "Morals as a Special Subject" : Analysis of Teaching Materials for "Family Love and Enriching Family Life" Unit  [in Japanese]

    佐藤 裕紀子

    日本家庭科教育学会誌 = Journal of the Japan Association of Home Economics Education 63(4), 191-202, 2021-02

  • A Study on the Formation of Japanese Identity by "Shitsuke" : Focusing on Interactive Development of Child and Adult by Talking, Reading, and Hearing  [in Japanese]

    丸本 章博 , 山田 正行

    アイデンティティは自己、家庭、故郷、地域、国、民族、世界、宇宙などで重層決定的に発達する。本研究はこの重層決定的な発達の初期の段階にアプローチし、「しつけ」という生成的な形成と意識的な教育が複合した実践の意義を明らかにする。人間形成に重要な基礎となる子供時代の「しつけ」の過程や方法を、民俗学の成果を教育学に取り入れて分析する。それにより、定型的(フォーマル)な教育だけでなく、不定型的(ノンフォーマ …

    大阪教育大学紀要. 人文社会科学・自然科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University. Humanities and social science, natural science 69, 185-205, 2021-02

    IR  DOI 

Page Top