検索結果 2350件中 1-20 を表示

  • Spectral reflectance and associated photograph of boreal forest understory formation in interior Alaska

    … It is important to understand the dynamics of boreal forest on the continental scale under the climate and environmental changes. … While the role of understory vegetation in boreal forest ecosystems on carbon and nutrient cycling cannot be ignored, they are still one of least understood components in boreal ecosystems. …

    Polar Data Journal 2, 14-29, 2018-11

    機関リポジトリ DOI

  • Interannual variability of leaf area index of an evergreen conifer stand was affected by carry-over effects from recent climate conditions

    Sumida Akihiro , Watanabe Tsutomu , Miyaura Tomiyasu

    … Despite the relevance of leaf area index (LAI) to forest productivity, few studies have focused on the interannual variability of LAI of an evergreen stand and its relationship with stand growth and meteorological factors. … The annual stem biomass growth rate was significantly positively correlated with summer precipitation, but not with LAI. … These results will be useful for refining models in studies on forest growth and global climate change. …

    Scientific Reports 8, 13590, 2018-09-11

    機関リポジトリ DOI

  • A Study on Fire Characteristic of Cork Oaks for Forest Fire Identification in Korea

    PARK Young–Ju , LEE Si–Young , OHGA Shoji

    … This study conducted an analysis of fire load of forest fuels to predict forest fire intensity and forest fire behavior. … After measuring amounts of biomass, total weight found 428.9 kg, branch parts was 57.93 wt.%, and weight percentage was 42.07 wt.%. …

    九州大学大学院農学研究院紀要 63(2), 259-264, 2018-09-01

    機関リポジトリ

  • Biomass dynamics in a logged forest : the role of wood density

    Nam Vu Thanh , Anten Niels P. R. , van Kuijk Marijke

    Journal of plant research 131(4), 611-621, 2018-07

  • Mathematical consideration of the age-related decline in leaf biomass in forest stands under the self-thinning law

    Ogawa Kazuharu

    … (1958) observed a complicated age-related change in stand leaf biomass in Abies forests. … To explain this change in stand leaf biomass theoretically, the age-related change in leaf biomass was modeled based on the following three assumptions after canopy closure: (i) the self-thinning law; …

    Ecological Modelling 372, 64-69, 2018-03-24

    機関リポジトリ

  • 福岡県篠栗町の放棄モウソウチク林およびマダケ林におけるタケノコ採取の有無が地上部バイオマスに与える影響

    片山 歩美 , 下野 晧平 , 井上 幸子 , 扇 大輔 , 大崎 繁 , 大東 且人 , 壁村 勇二 , 榎木 勉 , 内海 泰弘

    … This report presents results of four-year monitoring of aboveground biomass in a control plot (i.e., abandoned forest) and a treatment plot (i.e., bamboo shoot harvested forest) for a Moso bamoboo forest (Phyllostachys eduli)) and a Madake bamboo forest (Phyllostachys bambusoides) in Kasuya research forest. …

    九州大学農学部演習林報告 (99), 13-17, 2018-03

    機関リポジトリ

  • 実態調査に基づく広島県における森林資源の需給分析 : アンケート調査に基づく動態分析と森林資源量の将来推計

    小林 謙介 , 坂神 槙一 , 若林 國久

    日本建築学会環境系論文集 83(744), 215-224, 2018-02

  • The seasonal variations of atmospheric 134,137Cs activity and possible host particles for their resuspension in the contaminated areas of Tsushima and Yamakiya, Fukushima, Japan

    Kinase Takeshi , Kita Kazuyuki , Igarashi Yasuhito , Adachi Kouji , Ninomiya Kazuhiko , Shinohara Atsushi , Okochi Hiroshi , Ogata Hiroko , Ishizuka Masahide , Toyoda Sakae , Yamada Keita , Yoshida Naohiro , Zaizen Yuji , Mikami Masao , Demizu Hiroyuki , Onda Yuichi

    … Although the resuspension has been proposed to occur with wind blow, biomass burning, ecosystem activities, etc., the dominant process in contaminated areas of Fukushima is not fully understood. …

    Progress in earth and planetary science 5, 12, 2018-02

    機関リポジトリ DOI

  • Improving Accuracy Estimation of Forest Aboveground Biomass Based on Incorporation of ALOS-2 PALSAR-2 and Sentinel-2A Imagery and Machine Learning: A Case Study of the Hyrcanian Forest Area (Iran)

    Vafaei Sasan , Soosani Javad , Adeli Kamran , Fadaei Hadi , Naghavi Hamed , Pham Tien , Tien Bui Dieu

    … The main objective of this research is to investigate the potential combination of Sentinel-2A and ALOS-2 PALSAR-2 (Advanced Land Observing Satellite -2 Phased Array type L-band Synthetic Aperture Radar-2) imagery for improving the accuracy of the Aboveground Biomass (AGB) measurement. … The Hyrcanian forest area (Iran) is selected as the case study. … Overall, the Sentinel-2A imagery provides a reasonable result while the ALOS-2 PALSAR-2 imagery provides a poor result of the forest AGB estimation. …

    Remote Sensing 10(2), 2018-01-25

    機関リポジトリ DOI

  • 木質燃焼灰の雪上散布における融雪水の安全性の検討

    折橋 健 , 安久津 久 , 丹羽 忍 , 大塚 英幸

    木質燃焼灰は、既存の融雪資材である木炭やもみ殻炭と同等の融雪効果があることから、積雪地帯における融雪資材として利用が期待される。本研究では、木質燃焼灰の雪上散布によって生成する融雪水の安全性について、融雪水のpHおよび融雪水に溶出する有害元素の観点から検討した。対象とした木質燃焼灰は、無垢材(塗料や防腐剤等の化学物質による処理を受けていない材)を専焼ボイラーで燃焼した時に得られる灰で、有害元素の溶 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 29(0), 221, 2018

    J-STAGE

  • 森林資源調査による小規模バイオマス発電プロジェクトの可能性

    髙田 秀之 , 望月 亜希子 , 中西 修一 , 土肥 哲哉

    首都近郊里山林をモデルに,間伐材による小規模バイオマス発電事業の可能性を検証した。 まず,小規模バイオマス発電のモデル収支を計算し,事業が可能となる燃料チップの数量と単価の目標を設定した。次に研究対象地において,航空写真判定による森林資源量の把握および生産可能な木質チップのボリュームを試算した。さらに,木質チップの調達コストの計算を行い,発電事業の可能性や課題,今後の展開を検討した。森林資源調査の …

    環境情報科学論文集 ceis32(0), 67-72, 2018

    J-STAGE

  • Evaluating the Condition of Selectively Logged Production Forests in Myanmar: An Analysis Using Large-scale Forest Inventory Data for Yedashe Township

    Win Zar Chi , Mizoue Nobuya , Ota Tetsuji , Kajisa Tsuyoshi , Yoshida Shigejiro , Oo Thaung Naing , Ma Hwan-ok

    … In this study, data from 327 plots were used in a large-scale forest inventory with systematic sampling covering 139,360 ha to reveal the condition of selectively logged mixed-deciduous forest managed traditionally under the Myanmar selection system (MSS). … 10 cm DBH were 140 ± 4.95 trees/ha for tree density, 6.18 ± 0.26 m<sup>2</sup>/ha for basal area and 66.2 ± 3.17 Mg/ha for aboveground biomass. …

    Journal of Forest Planning 23(1), 1-8, 2018

    J-STAGE

  • 帰還困難区域で発生した森林火災が樹木樹皮と表層土壌の放射性セシウムの蓄積に及ぼす影響

    金子 真司 , 後藤 義明 , 田淵 隆一 , 赤間 亮夫 , 池田 重人 , 篠宮 佳樹 , 今村 直広

    福島県十万山(浪江町・双葉町)の森林火災(2017年4月29日~ 5月10日)の延焼地において、火災直後に山頂部のアカマツ林と谷部のスギ林で樹木と土壌の試料を採取して放射性セシウム(RCs: <sup>134</sup>Cs+<sup>137</sup>Cs)濃度を測定して火災の影響を調べた。樹木については、同一木の幹の燃焼側と非燃焼側から樹皮を採取 …

    森林総合研究所研究報告 17(3), 259-264, 2018

    J-STAGE

  • 台風攪乱から43年が経過した縞枯れ林における地上部及び地下部現存量の変化

    岩本 宏二郎 , 鵜川 信 , 荒木 眞岳 , 壁谷 大介 , 石塚 森吉 , 梶本 卓也

    大規模攪乱後の森林の再生過程を理解することは、気候変動による将来の攪乱規模の増大に対する森林の状態変化の予測に貢献する。本研究では、台風による大規模攪乱を受けた亜高山帯縞枯れ林におけるバイオマスの動態を推定することを目的として調査を行った。1959年に伊勢湾台風によって大きな被害を受けた北八ヶ岳縞枯山において、森林の発達段階が異なる3林分(若齢林、中間、成熟林、それぞれ19、36、59 年)に調査 …

    森林総合研究所研究報告 17(2), 117-131, 2018

    J-STAGE

  • 放置モウソウチク林の落葉量の年変動と伐採後の葉量の回復過程:―高知県の帯状皆伐区での10年間の観測事例―

    伊藤 武治 , 奥田 史郎 , 酒井 敦

    <p>放置竹林の循環利用または駆除を進めるため,落葉量の長期的な変動や伐採に対する応答など基礎的な生態を明らかにした。竹林に6m幅の帯状皆伐区と対照区を設け,その後10年間における竹稈の本数と落葉量の変化を調査した。あわせて,伐採後の経過年数別に葉面積指数(LAI)を測定した。長期観測によって,落葉量は5~6月をピークとする季節変動を示し,落葉量の年変動および季節変動は隔年周期のパター …

    日本森林学会誌 100(4), 124-128, 2018

    J-STAGE

  • スギ、ヒノキコンテナ苗育苗培地への木質バイオマス燃焼灰混合が苗木の成長と養分状態におよぼす影響

    長倉 淳子 , 小笠 真由美 , 山田 毅 , 平井 敬三

    木質バイオマス発電所から産出される燃焼灰(以下、燃焼灰と略す)は、そのほとんどが産業廃棄物として処理されているが、燃焼灰はCa やK 等の肥料元素を含有しているため土壌資材として有効利用できる可能性がある。本研究では、燃焼灰のコンテナ苗育苗培地としての利用可能性を探るため、燃焼灰の混合率(体積比)を変えた培地(0%(対照)区、5%区、10%区、25%区)でスギとヒノキを8 - 9 カ月間育成し、苗 …

    森林総合研究所研究報告 17(1), 75-84, 2018

    J-STAGE

  • 低樹齢ヤナギ属樹木の樹皮タンニンの化学特性及び効率的抽出法

    牧野 礼 , 橋田 光

    早生樹であるヤナギは、挿し木栽培が可能であり、萌芽再生能が高いことから、バイオマス資源としての利用が着目されている。ヤナギ樹皮には、ポリフェノール等の有用成分が多く含まれるため、エネルギー利用だけではなく、より高付加価値な利活用の可能性が考えられる。本研究では、低樹齢のエゾノキヌヤナギ及びオノエヤナギについて、樹皮タンニンの化学特性及び効率的抽出法を検討した。樹皮を70% アセトン水で抽出し、タン …

    森林総合研究所研究報告 17(1), 35-42, 2018

    J-STAGE

  • Effects of large aboveground biomass loss events on the deadwood and litter mass dynamics of seasonal tropical forests in Cambodia

    Kiyono Yoshiyuki , Ito Eriko , Monda Yukako , Toriyama Jumpei , Sum Thy

    … <p>Dead organic matter (DOM), which includes deadwood (DW) and litter (LT), plays an important role in forest ecosystem functions. … We monitored DW and LT masses in Cambodian seasonal forests during a period of 10 years at intervals of 1−2 years in 22 permanent sample plots (PSPs) in evergreen forest (EF, <i>n</i>=10) and deciduous forest (DF, <i>n</i>=12) deployed across Cambodia. …

    Tropics 27(2), 33-48, 2018

    J-STAGE

  • Utilization of Lignocellulosic Biomass via Novel Sustainable Process

    Shikinaka Kazuhiro , Otsuka Yuichiro , Nakamura Masaya , Masai Eiji , Katayama Yoshihiro

    … <p>In this review, we show novel methods for utilizing lignocellulosic biomass, polysaccharides, and lignin. … Firstly, the simultaneous enzymatic saccharification and comminution (SESC) of plant materials is described as an extraction method for lignocellulosic biomass that does not require toxic reagents or organic solvents. …

    日本油化学会誌 67(9), 1059-1070, 2018

    J-STAGE

  • Production Test of Torrefied Woody Biomass Solid Fuel in an Original Small-scale Plant

    YOSHIDA Takahiro , IGARASHI Hironori , KUBOJIMA Yoshitaka , KAMIKAWA Daisuke , KIGUCHI Makoto , TANAKA Kojiro , MIYAGO Manami , MASUI Megumi , OHYABU Yoshifumi , KOBAYASHI Akio

    <p>トレファクション燃料製造プラントを新規に設計,製作して実証運転試験を行った。装置仕様は既存装置をベースにロータリーキルン式炭化炉およびリングダイ式ペレタイザーなどから構成する内容とした。炭化炉をのべ240時間以上運転した結果,生のスギ木材チップからトレファクション化した木材チップを2.3 t製造でき,トレファクションチップのエネルギー収率は従来の木炭チップのほぼ2倍に相当した。一 …

    日本エネルギー学会誌 97(8), 231-235, 2018

    J-STAGE

ページトップへ