Search Results 1-20 of 80

  • 1 / 4
  • O-01 Cross-border analysis of woody biomass resource considering the harvesting systems  [in Japanese]

    CHIDA Haruto , NEMOTO Kazuyoshi , NAKATA Toshihiko

    … In addition, in order to guarantee the sustainability of fuelwood production, the harvesting schedules of woody biomass resources are optimized using a linear programming (LP) model. …

    Proceedings of the Conference on Biomass Science 16(0), 5-6, 2021

    J-STAGE 

  • Fuel wood business and broad-leafed forest management in Tokyo: A case of Tanaka Forestry Co.Ltd.  [in Japanese]

    Sato Takayoshi , Yoshizawa Keisuke , Tanaka Souichi , Yoshino Satoshi

    <p> 広葉樹林施業は、建築用材や家具用材などの質的利用とパルプチップや燃料などの量的利用、きのこ類の原木利用などその他に大きく分けることができる。量的利用の推進により保育管理が可能となり、質的利用へと展開するのではないかと考えた。田中林業では、2012年より東京都におけるピザ用薪の生産に取り組んでいる。本報告では、薪の需要という量的利用のインパクトをどのように質的利用へと展開すること …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 649, 2020

    J-STAGE 

  • Influence of differences in past landuses on present vegetation structure in a Satoyama silvo-agricultural landscape  [in Japanese]

    Murakami Momiji , Osumi Katuhiro

    <p>里山は、農業利用に付随する草刈り地や耕地、薪炭林等、過去の土地利用が異なる部分の集合であり、それらの違いは、利用されなくなった現在の里山の植生景観にも影響を与えていることが考えられる。鳥取市近郊の里山では、1950年頃には谷底から山裾には耕地が、隣接する山麓には採草地(陰伐地)が、さらにその上には広葉樹の優占する森林が配置されていた。現在の植生景観を調べた結果、広葉樹優占林はほぼ …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 472, 2020

    J-STAGE 

  • Stand structure of coppice with retention trunk system in south-eastern Shikoku  [in Japanese]

    Muraoka Takane , Osumi Katsuhiro

    <p> 徳島県南部の海部地方では樵木林業と呼ばれる広葉樹薪炭林経営が行われてきた。これは常緑樹を主とした萌芽林施業で、「択伐」と呼び直径約3㎝以下の樹木を保残することが特徴である。保残木管理が林分構造に与える影響を検証するため、「択伐」萌芽林管理が行われてきた地域と、隣接する皆伐萌芽林管理が行われてきた地域で調査を行った。伐採から30年以上経過したと思われる成林同士を比較すると、個体サ …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 424, 2020

    J-STAGE 

  • The history of man-monkey relationship in Japan from the ancient to present with regards to recent drastic expansion of monkey distribution and increasing crop raiding  [in Japanese]

    … Humans have continued to alter their forestenvironment, changing the habitat most suitable for arboreal monkeys to sparsely foliated bushesand grasslands through burning, cultivation and daily exploitation for fuelwood, etc. …

    Humans and Nature 30(0), 49-68, 2019

    J-STAGE 

  • Current Status and Future Availability of Fuelwood Use in Shiwa Town, Iwate Prefecture  [in Japanese]

    IZUMI Keiko , ODANAKA Fumiya , OTSUKA Ikumi

    特色ある地域活性化施策で知られる岩手県紫波町は2001年から循環型まちづくり政策の一環として,木質バイオマスの地産地消を進めてきた。しかし,その実態と町民の潜在需要は十分に把握されていない。そこで,本研究は同町を対象として,町民に身近な薪の利用に注目し,薪利用の実態や今後の利用の継続,および新規利用者の可能性をアンケート調査により明らかにした。調査対象世帯は選挙人名簿から無作為抽出した400世帯と …

    Journal of Forest Economics 64(3), 26-35, 2018

    J-STAGE 

  • Production and distribution structure of fuelwood for traditional ceramics  [in Japanese]

    Sekimukai Hitoshi , Yamamoto Miho Iwano , Hayashi Uichi

    <p>燃材のうち薪は木炭と比較して運賃負担力が低く、基本的に地産地消の商品で遠隔地間の流通はまれであった。薪ストーブではヤニが多いマツ類の 薪は扱いにくく倦厭されるが、逆に、伝統工芸品の益子焼では、製陶が始まった幕末期から高火力のアカマツを燃材として用いてきた。本報告は、 薪の長距離流通を可能にしている窯業に注目し、その燃材であるアカマツの薪の生産・流通構造を解明した。現在では熱源とし …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 214, 2018

    J-STAGE 

  • Management of wood resources: A dilemma between conservation and livelihoods in a rural district in the Aral region

    Matsui Kayo , Akhapov Yerlan , Kussainova Maira , Funakawa Shinya

    … Black saxaul is the main local fuelwood species. … Tamarisk is another fuelwood species that supports local livelihoods. … Political decision making should also consider the uneven preferences of residents of this region for fuelwood species. …

    Energy for Sustainable Development (41), 121-127, 2017-12

    IR 

  • Changes and Local Adjustment in the Faidherbia Albida Use as Fodder and Fuelwood among the Sereer, Senegal

    HIRAI Masaaki

    … The study described how the Sereer reshaped their techniques of foliage and branch collection for fodder and fuelwood in response to socio-economic changes. … Men at first did not make a public outcry, because they appreciated the women's endeavors in fuelwood collection and small retail to provide foodstuffs. …

    African Study Monographs 38(1), 27-49, 2017-03

    IR  DOI 

  • Why was Hinoharu "a paradise of butterflies"?  [in Japanese]

    宇野 彰

    Butterflies = バタフライズ (75), 52-58, 2017

  • Possibility of using three invasive non-forest tree species as an alternative source for energy production

    Aref Ibrahim M. , Salem Mohamed Z. , Shetta Nader D. , Alshahrani Thobayet S. , Nasser Ramadan A.

    Journal of wood science : official journal of the Japan Wood Research Society 63(1), 104-114, 2017

  • The Importance of Non-timber Forest Products in Rural Livelihoods and Ecosystem Services at Phnom Prich Wildlife Sanctuary, Cambodia

    CHOU PHANITH

    … Among many types of NTFPs, eight of them are considered as the most importance for rural livelihoods including liquid resin, solid resin, bamboo shoot, bamboo poles, wild honey, orchid flower, fuelwood, and Prich leaf (<i>Melientha suavis</i> …

    International Journal of Environmental and Rural Development 8(1), 7-13, 2017

    J-STAGE 

  • Reality and future availability of fuelwood use in fruit tree production area for an example of Nanawa District, Goshogawara City, Aomori Prefecture  [in Japanese]

    Ogasawara Midori , Yamamoto Shinji

    福島第一原子力発電所事故以降,再生可能エネルギーの重要性が論じられてきた。本研究では木質バイオマスの中でも最も簡単に製造が可能であり,東北地方では今もなお伝統的に使用されている薪に着目した。果樹生産地域であり,果樹剪定枝を利用するため薪利用率が高いと思われる青森県五所川原市七和地区を調査地としてアンケート調査を行い,薪利用の実態や今後の薪利用の継続・増加の可能性を考察した。七和地区では薪使用戸数率 …

    Tohoku Journal of Forest Science 22(2), 49-53, 2017

    J-STAGE 

  • A film study on fuelwood production in Yakushima Island  [in Japanese]

    shibasaki shigemitsu

    <p> 1993年に山岳地域が世界自然遺産に登録された屋久島には、縄文杉などを一目見ようと、多くの観光客がやってくる。ただし半世紀前には九州国有林内における一大林業生産基地であった。そして一部の林業遺産(荒川口、小杉谷集落跡など)は、屋久杉生産の場として観光資源としても活用されてきた。 しかし屋久島の林業は、用材生産のみがあったではなく、エネルギー革命以前は薪炭生産なども盛んに行われて …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 7, 2017

    J-STAGE 

  • Selective cutting and natural regeneration for beech timber forestry induced from old fuelwood forests  [in Japanese]

    Kamitani Tomohiko

    <p> 豪雪地の旧薪炭ブナ林は、燃料革命以降放置されていたが、現在では用材として利用可能な大きさにまで成長してきている。演者は、新潟県内の生産森林組合、関連の企業・工房とともに、過去3回の試験伐採で得られたブナ材から住宅内装・家具・玩具まで多様な製品作りに取り組んでいる。本研究は、過去に本数調整が行われた旧薪炭ブナ林を対象に、100年程度の回帰年で毎年択伐する用材林を天然更新による異齢 …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 720, 2017

    J-STAGE 

  • Historical Changes in Industrial and Household Fuel Sources Supply on Tarama Island, Okinawa, Japan  [in Japanese]

    Chinen Yoshiyuki , Nishino Yoshihiko , Shiba Masami

    <p>産業用および家庭用燃料資材の調達という観点から,沖縄県宮古地域の西端に位置する多良間島におけるバイオマス資源の利用形態および需給状況の変化を分析し,地域社会や行政の取組の特徴を明らかにすることを試みた。1898年に製糖が始まると砂糖樽や製糖用燃料の需要が高まった。砂糖樽用材料は移入し,製糖用燃料はバガスや落葉等で代用され,当初は家庭用燃料資材と競合しなかった。しかし,人口増加や製 …

    Journal of the Japanese Forest Society 99(3), 129-135, 2017

    J-STAGE  JASI 

  • Current status and problems of fuelwood use in Kuchinai-area,Kitakami City,Iwate Prefecture  [in Japanese]

    Satou Eri , Yamamoto Shinji

    東日本大震災を機に,従来の大規模集中型エネルギーシステムを見直す動きが広がっている。本研究ではこれからのエネルギーとして木質バイオマスの一つである薪に着目した。岩手県北上市にある口内町を事例として,薪の利用実態を全域踏査・薪利用世帯への聞き取り調査から把握し,課題を抽出する。調査結果より口内町全527世帯の6.1%にあたる32世帯を薪利用世帯と判断した。利用世帯の住宅は平均築年数が高く,暖房・調理 …

    Tohoku Journal of Forest Science 21(2), 56-59, 2016

    J-STAGE 

  • Characteristics of fuelwood use and silvicultural and management regimes based upon community activities in Tarama  [in Japanese]

    CHINEN YOSHIYUKI , Shiba Masami

    宮古島と石垣島のほぼ中央に位置する多良間島は,面積19.75km2の隆起サンゴ礁の島で,ほぼ平坦な地形を呈している。現在の森林は,北部2集落の周辺部と島の海岸線に沿って林帯として成立している。戦災の影響が比較的少なかったこともあり,多良間島を対象とした研究は,主に古文書や伝統行事等の社会科学的視点から多くが試みられ,自然科学,特に森林科学の分野においては,陳・仲間(2009)による「多良間島におけ …

    The Japanese Forest Society Congress 127(0), 14, 2016

    J-STAGE 

  • Stakeholders' Perception on Marginal Small Tea Farming and Fuelwood Planting: A Case study in Sri Lanka  [in Japanese]

    Palihakkara Indika , Yimon Hlaing , Inoue Makoto

    … This research evaluates marginal tea farmers' perception of tea farming and fuelwood plantation in Sri Lanka. … Twenty-six questions categorized under biophysical factors, dis/advantage of tea farming, dis/advantage of fuelwood plantation, property right and external intervention were employed to 50 interviewees from two districts in 2014. …

    The Japanese Forest Society Congress 127(0), 822, 2016

    J-STAGE 

  • Impacts of Participatory Plantation Programs for Rural People  [in Japanese]

    Hlaing Khin , Palihakkara Indika Rohan , Inoue Makoto

    We examined the strength, weakness, opportunity and threat of three community based afforestation programs in Myanmar using SWOT-AHP analysis. The programs are Departmental Village Supply Plantation ( …

    The Japanese Forest Society Congress 127(0), 820, 2016

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top