Search Results 1-3 of 3

  • Gradient Based Edge Preserving Interpolation and Its Application to Super-Resolution  [in Japanese]

    IWAMOTO Yutaro , HAN Xian-Hua , TATEYAMA Tomoko , OHASHI Motonori , SASATANI So , CHEN Yen-Wei

    … The most practical one for image super-resolution is reconstruction-based method, which minimizes the difference between observed low-resolution images and the estimation for high resolution image. … Usually, the conventional bilinear or bicubic methods are used in the reconstruction-based super-resolution. …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 131(11), 1901-1906, 2011-11-01

    J-STAGE  References (7)

  • Image Smoothing Based on Fuzzy Reasoning. II. Application.  [in Japanese]

    SUZUKI Shigehito , UESUGI Masahito

    画像の平滑化において相反する要素である統計的雑音除去とエッジ保存の双方を満足させるため, ファジィ推論を利用した平滑化の方法を提案し, これを数値ファントムならびに実際の核医学画像に応用した。<BR>この方法を繰り返し適用してもエッジが保持され, 同時に雑音も除去される平滑化画像が得られた。これは, 本平滑化アルゴリズムの有用性を示すものである。また, その計算時間は実用的応用上の妥当 …

    RADIOISOTOPES 41(10), 491-498, 1992

    J-STAGE 

  • Image Smoothing Based on Fuzzy Reasoning. I. Theory.  [in Japanese]

    SUZUKI Shigehito , UESUGI Masahito

    画像平滑化において相反する要素である統計的雑音除去とエッジ保存の双方を同時に満足させるため, ファジィ推論を平滑化に利用した。画素のエッジ情報から, その最適な平滑化の方法を言語的規則を用いて推論し, その画素の平滑値を決定した。<BR>この平滑化の方法は, 言語的規則を用いる点で, 数理解析的規則を使用する従来の平滑化の方法と根本的に異なる。

    RADIOISOTOPES 41(10), 483-490, 1992

    J-STAGE 

Page Top