Search Results 1-20 of 44

  • 1 / 3
  • Regional Typology of Beekeeping and Consumption of Honeybee Products in Ukraine

    Kotenko P. , 宮浦 理恵 , Pavlo Kotenko , Rie Miyaura

    ウクライナは1000年以上にもわたる養蜂の歴史があるが,その発展過程でさまざまな課題があった。独立後のウクライナの経済危機下で,各家庭の養蜂生産は重要な収入源として拡大し,2015年には全蜂蜜生産のうち98.9%が家族養蜂場で収穫された。全家庭の4.1%が養蜂を行っていることになる。養蜂とミツバチ製品の加工は伝統的であり,地域の食農文化に基づいて多様に分化している。国内25地域から11変数を用いて …

    東京農業大学農学集報 = Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture 64(1), 11-19, 2019-06

    IR  JASI 

  • Banana Flowers (Musa sp.: Musaceae): an Essential Source of Nectar for Honeybee During the Dearth Period in Egypt

    SHAWER B. Mohamed , RAKHA M. Osama , ELNABAWY M. Elsaid , ELASHMAWY A. Amr , UENO Takatoshi

    … The present study was carried out at two different locations in Egypt to evaluate the importance of banana flowers as a nectar source during the dearth period (August –October) for honeybees. … Thus, expected honey yields were 5.67 and 6.51 kg honey/feddan in 2016 and 2017, respectively. …

    九州大学大学院農学研究院紀要 64(1), 79-85, 2019-02-28

    IR 

  • Optimization of Hyperparameters and Feature Selection for Random Forests and Support Vector Machines by Artificial Bee Colony Algorithm  [in Japanese]

    Kondo Hisashi , Asanuma Yuma

    … ABC algorithm is one of the swarm intelligence algorithms used to solve optimization problems which is inspired by the foraging behaviour of the honey bees. … Our method also shows better performance than classification accuracies of random forests and SVM that are learned using default parameters values provided by scikit-learn, an open source machine learning library for Python.</p> …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 34(2), G-I36_1-11, 2019

    J-STAGE 

  • Maintaining Variety of Solutions by an Adjustment System for Foraging Criteria in BCO  [in Japanese]

    FURUKAWA Maki , MORI Toshihiko , SUZUKI Yasuhiro

    蜜蜂の採蜜行動から発想を得た最適化アルゴリズムBee Colony Optimization(BCO)に蜜源の評価基準の調整機能を組込むことにより,解の多様性の維持を試みた.従来のBCOと比較して,少数の劣解を保持しつつ優良解を改善することで,解の探索性能の向上が見られた.

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 28(4), 711-715, 2016

    J-STAGE 

  • Flavor Improvement of Buckwheat Honey by Treatment with Adsorptive Material and Ultrafiltration Membrane  [in Japanese]

    Kashima Yuri , Minatani Tomiaki , Kawashima Takuji , Nakamura Tadashi

    <p>蜜源植物の異なる多くの蜂蜜の中でそば蜂蜜は高い抗酸化活性を有しアンチエイジング効果が期待できる食品として消費されている.しかし,そば蜂蜜にはmalty flavorと呼ばれる特有臭が有り,市場において敬遠されている.そこで,malty flavorの主因とみられる成分が3-methylbutanalであるとした報告を参考に,我々はそば蜂蜜から吸着材(シリカゲル,活性炭)あるいはU …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 63(10), 455-463, 2016

    J-STAGE 

  • Nectar Sucking Behavior and Characteristics of <i>Echium candicans</i> Honey by the Colony of <i>Apis mellifera</i> around the Covered Greenhouse  [in Japanese]

    TSUCHIHASHI Yutaka , HARA Chiaki , ITO Hiroaki

    <p><b>要  旨 </b></p><p>被覆ハウス周辺に設置したセイヨウミツバチ群の被覆ハウス内に栽培したエキウム・カンディカンスへの吸蜜行動と、エキウム・カンディカンスハチミツの特性について調査した。被覆ハウス内において、セイヨウミツバチのエキウム・カンディカンスへの吸蜜行動が観察できた。エキウム・カンディカンス蜂蜜の糖度は83.3 …

    Journal of Koshien Junior College 34(0), 17-22, 2016

    J-STAGE 

  • The Structural Problems in Financial System of China and Ominous Sign of its Property Bubble Bursting  [in Japanese]

    鳥谷 一生 , TORITANI Kazuo

    本稿の目的は、今日中国で崩壊が懸念される不動産バブルとその資金源ともいえるいわゆる「影の銀行」について検討することである。もっとも対象は、都市と農村の対立、外需依存・設備投資主導型経済成長による生産と消費の矛盾といった社会経済構造の上に、指令経済下の大型商業銀行と国営企業との'蜜月関係'、中央政府と地方政府との行財政関係、そして規制金利下のインフレーションといった金融財政上の矛盾が幾重にも折り重な …

    現代社会研究 17, 37-57, 2014-09

    IR 

  • Seasonal Abundance and Oviposition Preference of the Alfalfa Weevil Hypera postica on Vicia sativa subsp. nigra

    Nakahira Kengo , Iwase Shun–ichiro , Takagi Masami

    … nigra (L.), an important host as a source of H. …

    九州大学大学院農学研究院紀要 59(2), 279-282, 2014-08-29

    IR 

  • Valuation Basis of the Nectar Source Adjusting System on the Honeybee Foraging Model  [in Japanese]

    Furukawa Maki , Mori Toshihiko , Suzuki Yasuhiro

    最適化アルゴリズムにおいて、解の収束を防ぐことは重要な課題である。特にMulti Agent Systemを用いたモデルでは各エージェントの解を選別するための閾値の調整が必要となる。我々は、蜜蜂の採蜜行動に着想を得て、閾値の調整機能を備えた新しい最適化アルゴリズムの開発に着手した。これは、各エージェントが独立した解の評価基準を持ち、解の絞り込みを行うエージェントと解の保存を行うエージェントが分業を …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 30(0), 432-437, 2014

    J-STAGE 

  • Quality Evaluation of Honey from <i>Echium candicans</i> Focused on Pollens  [in Japanese]

    ITO Hiroaki , OKADA Norito , TSUCHIHASHI Yutaka , AZUMA Jun-ichi , UYAMA Hiroshi , MOCHIZUKI Eiko , KUWABATA Susumu

    <p><b>要  旨 </b>エキウム・カンディカンスを密源とした2013年度産ハチミツ(エキウム・カンディカンスハチミツ)の品質を評価するために、イオン液体を用いたSEM観察法を利用して、ハチミツ中の混入花粉の同定および定量を行った。エキウム・カンディカンスハチミツには、少なくとも21種以上の花粉が観察された。エキウム・カンディカンス花粉の占める割合は50%以 …

    Journal of Koshien Junior College 32(0), 51-55, 2014

    J-STAGE 

  • Evaluation of Productivity of Honey from <i>Echium candicans</i> Harvested 2013 and Comparison with Honey from <i>Echium vulgar</i><i>e </i>  [in Japanese]

    TSUCHIHASHI Yutaka , OKADA Norito , ITO Hiroaki

    <p><b>要  旨 </b>エキウム・カンディカンスを蜜源とした2013年産ハチミツ(エキウム・カンディカンスハチミツ)の、2010年産および2012年産と比較した生産力の再現性を確認した。さらに、ニュージーランド産のエキウム・ブルガレを蜜源とするハチミツ(エキウム・ブルガレハチミツ)との品質比較(色、糖度)を行った。エキウム・カンディカンスハチミツの生産性は …

    Journal of Koshien Junior College 32(0), 9-13, 2014

    J-STAGE 

  • Bottom–up Effects of Crop Seeding Methods on Densities of the Alfalfa Weevil Hypera postica and Its Introduced Parasitoid Bathyplectes anurus

    Nakahira Kengo , Iwase Shun-ichiro , Takagi Masami , 高木 正見 , 中平 賢吾 , 岩瀬 俊一郎 , 髙木 正見

    The alfalfa weevil Hypera postica (Gyllenhal) is the most destructive pest of leguminous crops such as alfalfa, Chinese milk vetch, and hairy vetch throughout the world, including Japan. To control H. …

    九州大学大学院農学研究院紀要 58(2), 277-280, 2013-09

    IR 

  • Use of honey source trees in apiculture: diversity and regionality in Hokkaido, northern Japan.  [in Japanese]

    Masaka Kauhiko , Sato Takahiro , Tanahashi Ikuko

    養蜂業による北海道での蜜源植物の利用実態について,北海道養蜂協会が毎年集計している「みつ源等調査報告書」をもとに分析した。主要な蜜源植物は,蜂蜜生産量が多い順に,ニセアカシア,シナノキ,クローバー,キハダ,アザミ,ソバ,そしてトチノキの7種である。これら7種の蜂蜜生産量に占める樹木蜜源の割合は約70%で,これに森林植生であるアザミを加えると80%弱にのぼり,森林が蜜源域として大きく貢献していた。地 …

    The Japanese Forest Society Congress 124(0), 706, 2013

    J-STAGE 

  • Use of Honey Source Trees in Apiculture::Diversity and Regionality in Hokkaido, Northern Japan  [in Japanese]

    Masaka Kazuhiko , Sato Takahiro , Tanahashi Ikuko

    養蜂業による北海道での蜜源植物の利用実態について, 北海道養蜂協会が毎年集計している「みつ源等調査報告書」をもとに分析した。主要な蜜源植物は, 蜂蜜生産量が多い順に, ニセアカシア, シナノキ, クローバー, キハダ, アザミ, ソバ, そしてトチノキの7種である。これら7種の蜂蜜生産量に占める樹木蜜源の割合は約70%で, これに森林植生であるアザミを加えると80%弱にのぼり, 森林が蜜源域として …

    Journal of the Japanese Forest Society 95(1), 15-22, 2013

    J-STAGE  JASI 

  • A Comparison of Pollen Analysis and Trace Element Analysis of Honey  [in Japanese]

    YOSHIGAKI Shigeru , KOMAGATA Yukari , NAKAMURA Jun , UCHIDA Osamu , NAGASHIMA Toshio , ANDO Tatsuhiko

    近年,健康志向の高まりとともに自然食品が注目されるようになり,ハチミツはミネラルやアミノ酸など豊富な栄養素が注目され,健康食品として需要も高まっている。一方,ハチミツは医療への利用という点でも注目されており,欧米各国をはじめ日本でも幾つかの医療機関で創傷治療に利用されている。日本国内で流通しているハチミツの90%以上が外国産である。食に対する不安や消費者の本物志向,商品への信頼などから日本産製品の …

    JOURNAL OF JAPAN HEALTH MEDICINE ASSOCIATION 21(4), 277-282, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14) Cited by (1)

  • Honey Bee Total Optimization Algorithm on the Base of Cross Inhibition by Personal Judgment  [in Japanese]

    Maki Furukawa , Yasuhiro Suzuki , Toshihiko Mori

    蜜蜂は社会性昆虫の一種として注目されており、近年では採蜜行動における8の字ダンスを用いた最適化アルゴリズムが多く提案されている。ところで、蜜蜂は蜜源の評価基準を調整する相互抑制(Cross inhibition)を用いることが知られている。相互抑制とは、採蜜蜂が巣内での他の蜂との接触率の増減から巣全体の収益状況を類推し、ダンスを行うかどうかの判断基準を自律的に調整する機能である。これによって巣全 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 28(0), 1052-1057, 2012

    J-STAGE 

  • Growth and Flowering, Morphological Characteristics and Nectar - Sucking Behavior of Wild Apis cerana japonica in Eight Echium Plants  [in Japanese]

    TSUCHIHASHI Yutaka , MIKANO-TANAKA Sachiko

    … hybrid which has ornamental value may be promising in beekeeping as a honey source plant for Apis cerana japonica..</p> …

    Journal of Koshien Junior College 30(0), 21-29, 2012

    J-STAGE 

  • Possibility of Using Echium Plants as Honey Source Plant for Honey Beekeeping  [in Japanese]

    TSUCHIHASHI Yutaka , MIKANO-TANAKA Sachiko

    エキウム属植物が,養蜂における蜜源植物の可能性を評価した.商業的養蜂に用いられるセイヨウミツバチの吸蜜行動とエキウム属植物の吸蜜可能期間と株および単位面積当たりの花数を調査した.エキウム・カンディカンスはエキウム交雑種に対してセイヨウミツバチの吸蜜行動か有意(P<0.05)に多く,吸蜜可能期間,1株当たりの総花数および株および単位面積当たりの花数が多いことから,セイヨウミツバチによる養蜂にお …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 18(4), 167-172, 2012

    J-STAGE  References (21)

  • Proposition of the Honey Bee Optimization Algorithm with the Autonomous Control of the Nectar Source Selecting Threshold  [in Japanese]

    古川 まき , 鈴木 泰博

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 27, 464-467, 2011-09-12

  • Sweetness and palatableness of honey varying in the honey source  [in Japanese]

    Ayabe Sonoko , Honma Chihiro , Matsuoka Hiroki

    <B>【目的】</B>はちみつは蜜源植物の種類によりそれぞれの独特の風味を呈し、転化糖であるため、甘味度はショ糖より高い。はちみつの主要糖はフルクトースとグルコースであるが、その含有割合は蜜源によって異なる。そこで、種類の異なるはちみつを用いて、成分および物性の測定と官能評価を行い、甘味性や嗜好性との関係について検討した。<BR><B>【方法】< …

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 23(0), 179-179, 2011

    J-STAGE 

  • 1 / 3
Page Top