Search Results 1-10 of 10

  • Efficient Implementation of Greedy Cover Learning by Hyper-Rectangles and Its Classification Performance Evaluation Using Real Data  [in Japanese]

    OUCHI Koji , NAKAMURA Atsuyoshi , KUDO Mineichi

    固定された自然数dに対し,軸に平行な有限個のd次元超矩形の和集合で表現される概念クラスが多項式時間PAC学習可能であることはBlumerらにより示されている.証明に用いられたアルゴリズムは,概念に含まれる事例(正例)全体を被覆する超矩形の集合を,貪欲手続きで求めるというものである.本稿では,Blumerらのアルゴリズムの効率的な実装について検討する.また,このアルゴリズムを実際のnクラス識別問題( …

    IEICE technical report 110(265), 99-104, 2010-10-28

    References (13)

  • Complexity and Enumeration of Subclasses  [in Japanese]

    NAKAMURA Atsuyoshi , KUDO Mineichi

    複雑な領域を、複数の単純な領域の和集合で表現する方法は、わかりやすく扱いやすいため様々な分野で用いられる。工藤らは、多次元実数空間において、与えられた正例の部分集合で、それをすべて含み与えられた負例を1つも含まない超矩形が存在するような極大集合(部分クラス)をすべて求める、部分クラス問題を考えた[2],[4]。しかし、この問題を解く既存アルゴリズムの時間計算量が大き過ぎるため、ランダマイズド法によ …

    IEICE technical report 107(219), 35-42, 2007-09-13

    References (6)

  • On Fuzzy c-Means for Data with Tolerance Defined as Hyper-rectangle  [in Japanese]

    長谷川 康 , 遠藤 靖典 , 濱砂 幸裕 [他]

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 23, 236-241, 2007-08-29

  • On Fuzzy c-Means for Data with Tolerance Defined as Hyper-rectangle  [in Japanese]

    Hasegawa Yasushi , Endo Yasunori , Hamasuna Yukihiro , Miyamoto Sadaaki

    本論文では、ファジィc-平均法をもとにした、超直方体で定義された許容範囲を扱うことができる新たなアルゴリズムを提案する。許容範囲とは、誤差・データの幅、欠損値等を一般化した概念であり、先行研究においては超球で定義されていた。しかし、超直方体での定式化の方が実用には適している。そこで最初に、許容範囲を超直方体で定式化し、クラスタリングにおける最適化問題へ導入する。次に、その最適化問題を解き、その結果 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 23(0), 236-236, 2007

    J-STAGE 

  • An Agglomerative Hierarchical Clustering by Estimating Approximation of Cluster Regions

    Takagi Noboru

    … This paper proposes a new clustering method based on connecting adjacent hyper-rectangles. … Our method searches a set of hyper-rectangles that satisfies the properties that (1) each hyper-rectangle covers some of the samples, and (2) each sample is covered by at least one of the hyper-rectangles. … Then, a correction of connected hyper-rectangles is assumed to be a cluster. …

    SCIS & ISIS 2006(0), 2226-2231, 2006

    J-STAGE 

  • The Network Architecture for Giants-Photonic Networks over several 10s Tbps  [in Japanese]

    KAWAHARA Masato

    西暦2015年には日本の情報通信のトラヒック総量として数十Tbit/sが、西暦2020年には数百Tbit/sが必要となる可能性がある。これに対応する(A)アクセス系収容能力の向上、(B)ノードとリンクの大容量化、(C)ネットワーク構成の最適化・効率化が必要である。本稿は上記(C)に関して、ネットワークの構造と効率・性能の関係を明らかにするとともに、現行の情報通信ネットワークの100倍、1000倍、 …

    IEICE technical report 105(470), 21-24, 2005-12-15

    References (4) Cited by (1)

  • The Network Architecture for Giants-Photonic Networks over several 10s Tbps  [in Japanese]

    KAWAHARA Masato

    西暦2015年には日本の情報通信のトラヒック総量として数十Tbit/sが、西暦2020年には数百Tbit/sが必要となる可能性がある。これに対応する(A)アクセス系収容能力の向上、(B)ノードとリンクの大容量化、(C)ネットワーク構成の最適化・効率化が必要である。本稿は上記(C)に関して、ネットワークの構造と効率・性能の関係を明らかにするとともに、現行の情報通信ネットワークの100倍、1000倍、 …

    IEICE technical report 105(471), 29-32, 2005-12-08

    References (4)

  • On n-Dim rectangle devided equally and its generalization  [in Japanese]

    EBISUI Hirotaka

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form 18(2), 147-150, 2003-10-01

    References (1)

  • A study on N dimensional Hilbert scanning for a hyper-rectangle region  [in Japanese]

    Bando Yukihiro , Kamata Sei-ichiro

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1999年.情報・システムソサイエティ大会(講演論文集), 91, 1999-08-16

  • 2-9 A scanning method for an N dimensional hyper-rectangle region based on Hilbert scanning  [in Japanese]

    Bandoh Yukihiro , Kamata Sei-ichiro

    PROCEEDINGS OF THE ITE WINTER ANNUAL CONVENTION 1999(0), 52, 1999

    J-STAGE 

Page Top