検索結果 298件中 1-20 を表示

  • 自動走行システムの高度化・普及展開の姿およびその社会的・産業的インパクトに関する検討

    坂井 康一 , 大口 敬 , 須田 義大

    <p>近年,自動走行システムについては,国内外で積極的に研究開発が進められいる.筆者らは,自動走行システムの社会的・産業的インパクトなどに関する検討のために,大学の専門家を中心とした検討体制を構築するとともに,自動走行システムの進化の姿や,社会面・産業面のインパクト,及び,自動走行システムの高度化・普及展開における留意事項である,技術的課題,社会受容性,都市のデザインとの関係,ビジネス …

    生産研究 70(2), 69-74, 2018

    J-STAGE

  • 時計遺伝子研究から認知症の解決を目指して

    石田 直理雄

    著者が設立した研究グループが哺乳類時計遺伝子Period2(per2)を発見したのは1998年である。本稿では、その後の生物時計分子機構の進展についてまとめる。マウスやヒトの生物時計による睡眠覚醒を始めとするさまざまな24時間振動現象にClock/Bmal、Period/CryによるE-box制御だけでなく、bZIP型転写因子E4BP4によるper2振動発現やグリコーゲン合成酵素キナーゼによるpe …

    Synthesiology English edition 10(2), 88-100, 2017

    J-STAGE

  • ナノ粒子の発達神経毒性に対する抗酸化剤の効果

    小野田 淳人 , 武田 健 , 梅澤 雅和

    <b>背景</b>:疫学研究により、大気中の超微小粒子(ナノ粒子)の胎児期曝露は、産児の中枢神経疾患の発症率を増加させることが報告されている。動物実験においても、carbon black nanoparticle (CB-NP) の胎児期曝露は産児脳のアストロサイトに持続的な病理学的変性を用量依存的に誘導することが明らかになっている。そのため、ナノ粒子の胎児期曝露が産児の脳 …

    日本毒性学会学術年会 44.1(0), P-54, 2017

    J-STAGE

  • パラメータネットワークモデルを用いたモニタリング可能な人工物設計手法に関する考察

    近藤 伸亮 , 高本 仁志 , 古川 慈之 , 増井 慶次郎

    … Rapid advancement in information technology as well as sensor network technology are reshaping a landscape of our society. …

    設計工学・システム部門講演会講演論文集 2017.27(0), 2205, 2017

    J-STAGE

  • Radial stiffness characteristics of the overlap regions of sarcomeres in isolated skeletal myofibrils in pre-force generating state

    Miyashiro Daisuke , Ohtsuki Misato , Shimamoto Yuta , Wakayama Jun'ichi , Kunioka Yuki , Kobayashi Takakazu , Ishiwata Shin'ichi , Yamada Takenori

    <p>We have studied the stiffness of myofilament lattice in sarcomeres in the pre-force generating state, which was realized by a relaxing reagent, BDM (butane dione monoxime). First, the radial …

    Biophysics and Physicobiology 14(0), 207-220, 2017

    J-STAGE

  • 時計遺伝子研究から認知症の解決を目指して

    石田 直理雄

    著者が設立した研究グループが哺乳類時計遺伝子Period2(per2)を発見したのは1998年である。本稿では、その後の生物時計分子機構の進展についてまとめる。マウスやヒトの生物時計による睡眠覚醒を始めとするさまざまな24時間振動現象にClock/Bmal、Period/CryによるE-box制御だけでなく、bZIP型転写因子E4BP4によるper2振動発現やグリコーゲン合成酵素キナーゼによるpe …

    Synthesiology = 構成学 10(2), 87-99, 2017

    J-STAGE

  • Effect of methyl p-hydroxybenzoate on the culture of mammalian cell

    Tani Hidenori , Takeshita Jun-ichi , Aoki Hiroshi , Nakamura Kaoru , Abe Ryosuke , Toyoda Akinobu , Endo Yasunori , Miyamoto Sadaaki , Gamo Masashi , Torimura Masaki , Sato Hiroaki

    <p>Several chemicals, such as methyl p-hydroxybenzoate (MHB), have been widely used as preservatives in the water baths of CO<sub>2</sub> incubators used for mammalian cell culture, …

    Drug Discoveries & Therapeutics 11(5), 276-280, 2017

    J-STAGE

  • 応力逆解析手法の発展と応用

    佐藤 活志 , 大坪 誠 , 山路 敦

    <p>応力逆解析法は,現在または地質学的過去の,テクトニクスの原動力を解明する方法である.この方法は理学的研究だけでなく,防災や原発の安全評価にも使われるようになった.データは,小断層,地震の発震機構解,岩脈や鉱物脈などの引張割れ目,方解石双晶から得られる.応力の時空間変化の把握には,異なる応力に由来するデータが混在していても,応力を分離検出する必要がある.ここ四半世紀で,まず小断層解 …

    地質学雑誌 123(6), 391-402, 2017

    J-STAGE

  • Short-lived non-coding transcripts (SLiTs): Clues to regulatory long non-coding RNA

    Tani Hidenori

    <p>Whole transcriptome analyses have revealed a large number of novel long non-coding RNAs (lncRNAs). Although the importance of lncRNAs has been documented in previous reports, the biological a …

    Drug Discoveries & Therapeutics 11(1), 20-24, 2017

    J-STAGE

  • Present Advancement in Production of Carbon Nanotubes and Their Derivatives from Industrial Waste with Promising Applications

    Kerdnawee Konrat , Termvidchakorn Chompoopitch , Yaisanga Pacharaporn , Pakchamsai Jirapat , Chookiat Cheewapon , Eiad-ua Apiluck , Wongwiriyapan Winadda , Chaiwat Weerawut , Ratchahat Sakhon , Faungnawakij Kajornsak , Suttiponparnit Komkrit , Charinpanitkul Tawatchai

    … <p>An increase in global consumption has led to an exponential increase in industrial production activities which inevitably results in overwhelming remain of industrial waste. … Consequently it has driven increasing attentions of research and development teams in various countries to propose and investigate novel methodologies to utilize such industrial waste. …

    KONA Powder and Particle Journal 34(0), 24-43, 2017

    J-STAGE

  • Short-lived non-coding transcripts (SLiTs): Clues to regulatory long non-coding RNA

    Tani Hidenori

    <p>Whole transcriptome analyses have revealed a large number of novel long non-coding RNAs (lncRNAs). Although the importance of lncRNAs has been documented in previous reports, the biological a …

    Drug Discoveries & Therapeutics, 2017

    J-STAGE

  • ナノ粒子の妊娠期曝露が次世代中枢神経系に及ぼす影響

    梅澤 雅和 , 小野田 淳人 , 武田 健

     The toxicity of nanoparticles (nanotoxicology) is being investigated to understand both the health impacts of atmospheric ultrafine particles—the size of which is a fraction (<0.1 μm …

    薬学雑誌 137(1), 73-78, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • Present Advancement in Production of Carbon Nanotubes and Their Derivatives from Industrial Waste with Promising Applications

    Kerdnawee Konrat , Termvidchakorn Chompoopitch , Yaisanga Pacharaporn , Pakchamsai Jirapat , Chookiat Cheewapon , Eiad-ua Apiluck , Wongwiriyapan Winadda , Chaiwat Weerawut , Ratchahat Sakhon , Faungnawakij Kajornsak , Suttiponparnit Komkrit , Charinpanitkul Tawatchai

    … An increase in global consumption has led to an exponential increase in industrial production activities which inevitably results in overwhelming remain of industrial waste. … Consequently it has driven increasing attentions of research and development teams in various countries to propose and investigate novel methodologies to utilize such industrial waste. …

    KONA Powder and Particle Journal advpub(0), 24-43, 2017

    J-STAGE

  • A Comparative Assessment of Industrial Policies under East Asian Economic Integration : Policy Implications for Myanmar

    SAI Seng Sai

    … A comparative study of industrial policies selected from the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) is conducted to draw implications for designing initiatives of industrial promotion with Myanmar's economy in mind. … and iv) productivity improvement in key industries will produce a large advancement in its industrial transformation, leading to sizable welfare gains. …

    国際開発研究フォーラム 47(11), 1-26, 2016-12

    機関リポジトリ DOI

  • わが国の産炭地における美術活動の展開と意義 : 目黒区美術館「'文化'資源としての〈炭鉱〉展」を契機として

    國盛 麻衣佳 , 藤原 惠洋

    … After the end of the Edo Era,at the beginning of the Meiji Era,Japan's coal industry underwent a remarkable development and became the energy source that supported the advancement of the Industrial Revolution. …

    芸術工学研究 25, 23-40, 2016-11-15

    機関リポジトリ DOI

  • 情報化社会における産業・職業構造の変容と情報教育

    辻 智佐子 , 渡辺 昇一

    … The present study investigated the changes in the industrial structure, the occupational structure, and the types of jobs available in Japan after World War II. … The results obtained in this study can be summarized as follows : (1)Regarding the industrial structure of Japan, tertiary industries became dominant in the gross domestic product, in terms of the added value amount and the composition ratio of employees by industry. …

    城西大学経営紀要 (12), 1-33, 2016-03

    機関リポジトリ DOI

  • 県内産業の高度化を図るロボティクス技術の研究開発

    森 英季 , 櫻田 陽 , 伊藤 亮 , 荒川 亮

    業務年報 = Annual report of Akita Industrial Technology Center, 112-115, 2016

  • モノのインターネット, 製造プロセスを改善するチャンス

    クロスリー イアン

    <p>第4次産業革命は, 今まさに幕開けを迎えている。これまでの産業革命と同様に, 業界は競争力を維持していくためには, 納期と製品品質の観点で顧客の期待に応えられる新しい技術に適応していかなければならない。第4次産業革命は, インターネットの進歩と産業的な応用がクラウドで支援されるしっかりとしたプラットフォームの開発, ならびに接続されたシステムを使った社会的活動の増加によって実現さ …

    粉砕 60(0), 33-45, 2016

    J-STAGE

  • ウルトラファインバブルと低濃度オゾン水を使用したABS樹脂の高密着めっき法

    梅田 泰 , 野村 太郎 , 中川 陽代 , 中林 祐稀 , 田代 雄彦 , 本間 英夫 , 高井 治

    ABS樹脂のための高密着めっき法を有害な6価クロムの代替に低濃度オゾンを使用して研究した。ABS樹脂は低濃度オゾン水(<2 ppm)とウルトラファインバブルにより改質され,約1 kN/mの高い密着強度が30分処理で得られた。6価クロム含有の従来のエッチング処理と対照的に,面倒な廃液処理は必要ない。したがって,本処理は近い将来,新しいサステイナブルな技術として適合するだろう。

    エレクトロニクス実装学会誌 19(7), 492-500, 2016

    J-STAGE

ページトップへ