Search Results 1-20 of 1127

  • Universities' involvement with local communities from studies on concerned populations : A case in Nomura-Cho in Seiyo City  [in Japanese]

    川端 亮 , 佐藤 功 , 宮前 良平 , Kawabata Akira , Sato Isao , Miyamae Ryohei

    … A year and a half later, this initiative has evolved into a partnership among the Graduate School of Human Sciences, the local Nomura District Autonomous Promotion Council, and the Faculty of Collaborative Regional Innovation at Ehime University, a collaboration which continues in September 2020 despite the COVID-19 pandemic. … There are various reasons for this successful collaboration on community design, but this paper considers it from the perspective of Concerned Population Theory. …

    大阪大学大学院人間科学研究科紀要 (47), 75-94, 2021-03-08

    IR  DOI 

  • Theory and techniques of social innovation studies  [in Japanese]

    新川 達郎 , Tatsuro Niikawa

    本論文はソーシャル・イノベーション研究の理論的基礎と実証的研究の方法を究明し,ソーシャル・イノベーションを企画し実践しようとするときの具体的な研究の指針を明らかにしようとするものである.研究上必要とされる理論的な背景について,様々な学問領域から有意な関連のある理論を応用し研究を行う方法を論じる.また,実験や実証のための企画立案,実験実施,その評価の手法について検討する.本論文は当該I研究の発展のた …

    社会科学 = The social sciences 50(4), 3-30, 2021-02

    IR  DOI 

  • The Theoretical Development of KJ-ho with Deleuzian Perspective:A Case Study of Service Development in Experience-based Accommodation  [in Japanese]

    YASUMATSU Ken

    KJ法を正しく実践するためには、要素還元主義や主客二元論を乗り超える理論的な理解が必要である。そこで本研究では、KJ法の理論的展開をドゥルーズのアジャンスマン概念を用いて行い、その例証として、体験型宿泊施設のサービス開発のために作成されたKJ法図解をアジャンスマン視座にて分析し、その創出コンセプトがサービス・デザインに貢献したことを確認する。その結果、KJ法をアジャンスマン概念にて発展的に理解する …

    Journal of Japan Creativity Society 24(0), 79-96, 2021

    J-STAGE 

  • Research Report on Entrepreneurial Intention Among University Students: Analyzing Japanese Samples from GUESSS 2018  [in Japanese]

    Tamai Yuki , Taji Noriko , Kazumi Tomoyo , Fujimura Makoto , Yamada Hiromi , Igarashi Shingo

    <p>GUESSS 2018は、世界54カ国、3,191大学が参加して行われた、大学生の起業意識調査である。全体で208,636件の有効回答を集めている。日本では49大学・大学院が参加し、4,150件の有効回答を得た。</p><p>本調査レポートの目的は上記データを用いて、日本の大学生の起業意思の特徴を明らかにすることである。参加国全体と日本の集計結果を比較した …

    Journal of Innovation Management 18(0), 207-229, 2021

    J-STAGE 

  • Other Comprehensive Income and Equity  [in Japanese]

    Kikuya Masato

    <p>会計における利益観が収益費用利益観から資産負債利益観にシフトした結果として、財務業績の指標値として当期純利益とともに包括利益が重要な地位を占めてきた。包括利益とは、取引およびその他の経済的事象(資本取引を除く)から生じる一定期間における事業体の純資産の変動額である。一定期間の包括利益には、当期損益にプラスされて当該期間に認識された「その他の包括利益」(OCI)も含まれる。わが国で …

    Journal of Innovation Management 18(0), 1-24, 2021

    J-STAGE 

  • Addressing Technology Generational Change Using Architectural Theory  [in Japanese]

    Maeda Atsushi , Tatsumoto Hirofumi

    <p>アーキテクチャ理論では、複雑な開発プロセスを時系列で見た場合、アーキテクチャルな知識とコンポーネントの知識という二分化現象が現れるとして、経営学領域では理論化されているが、実際、この様な現象の実証例は少ない。本稿は、二分化現象の実証を目的として、無線通信技術の技術世代が変化する際の製品アーキテクチャの動静について、プロセッサ、積層セラミックコンデンサの特許出願数と、携帯電話の特許 …

    Journal of Innovation Management 18(0), 187-206, 2021

    J-STAGE 

  • Fan Community Identification: An Examination of Its Factor Structure, Antecedents, and Consequences in Professional Sports  [in Japanese]

    Yoshida Masayuki , Inoue Takahiro , Itoh Maki

    <p>映画、音楽、スポーツなどの娯楽産業には多くのファンコミュニティが存在する。本研究は人々の間でアイデンティティの共有が生じやすいプロスポーツチームのファンコミュニティに着目し、ファンコミュニティ・アイデンティフィケーションの因子構造を多次元的に明らかにするとともに、その先行要因と結果要因を理論的に説明することを目的とした。調査はプロ野球(研究1)とプロサッカー(研究2)のホームゲー …

    Journal of Innovation Management 18(0), 161-186, 2021

    J-STAGE 

  • Theoretical Perspectives in Deglobalization Research: International Business and the Pandemic as an Exogenous Crisis  [in Japanese]

    Horaguchi Haruo H.

    <p>ディグローバリゼーションについての先行研究をサーベイすると、国際関係論における二分法であるリベラリズム(liberalism)と現実主義(realism)を対置させて多国籍企業行動への影響を議論している研究があることがわかる。2020年になると、こうした政治経済学的な要因に新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大が加わり、外生的な経済危機をもたらした。ディグローバリゼーショ …

    Journal of Innovation Management 18(0), 231-246, 2021

    J-STAGE 

  • Occurrence of Negative Effects and Their Impact on Relationships on Facebook Pages  [in Japanese]

    Takeuchi Toshie

    <p>本研究は、2,269人のFacebookユーザーを対象としたアンケート調査を通じて、Facebookページへの参加による便益(快楽的便益、情報探索的便益、社会的便益、経済的便益)がネガティブ効果を抑制するのか、あるいは、促進するのか、また、ネガティブ効果はリレーションシップ(信頼)やロイヤルティ(推奨)に対してどのように影響するのかを検討する。ネガティブ効果は、Facebookペ …

    Journal of Innovation Management 18(0), 55-88, 2021

    J-STAGE 

  • Influence of Bilingual Subtitles on Attention Allocation and Information Acquisition during Film Viewing  [in Japanese]

    魚 亜拿 , Li Yaohan , Li Ming , Zhang Xuemin

    … We further discussed the results from the perspective of cognitive load theory.</p> …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2020(0), 16-16, 2021

    J-STAGE 

  • Direct Formation of Metal Layer on Anion Exchange Membrane Using Electroless Deposition Process

    FUJIMURA Tatsuki , KUNIMOTO Masahiro , FUKUNAKA Yasuhiro , ITO Hiroshi , HOMMA Takayuki

    … Our several experiments and density functional theory analyses suggest that for Pd particle modification, anion in the bath turned out to play a key role. …

    Electrochemistry 89(2), 192-196, 2021

    J-STAGE 

  • A Note on Cultivation Management with Sensors using Markov Decision Processes  [in Japanese]

    Maeda Yasunari

    <p>In this research we apply Markov decision processes to cultivation management with sensors. We propose a new cultivation management method which maximizes profit with reference to a Bayes cri …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 141(3), 400-401, 2021

    J-STAGE 

  • Possibility of Semiconducting Electronic Structure on Al–Pd–Co 1/1 Cubic Quasicrystalline Approximant

    Iwasaki Yutaka , Kashimura Tomoyuki , Kitahara Koichi , Kimura Kaoru

    … According to the previous theoretical work, a model of Al–Pd–Co 1/1 cubic quasicrystalline approximant was predicted to be semiconductor from a calculation based on the density functional theory. … To investigate this discrepancy between the theoretical prediction and experimental results, we calculated the electronic structure for the three structural models using density functional theory. …

    MATERIALS TRANSACTIONS 62(3), 317-320, 2021

    J-STAGE 

  • Toward Personal Authentication Using Gesture Classification with EMG Data

    SHIBATA Ryusei , MIKAMI Tsuyoshi , AKIDUKI Takuma , OMAE Yuto , TAKAHASHI Hirotaka

    <p>我々は,ジェスチャ動作時の表面筋電位を用いた個人認証の可能性について検討を進めている.被験者5名に対し,6つのジェスチャを行った際の表面筋電位をそれぞれ10回ずつ測定した.我々の以前の研究では,取得した筋電位信号データの最大値,最小値,最大値の時刻,最小値の時刻の4つの特徴量を用いてSupport Vector Machine(SVM)によるジェスチャ識別を行った結果,ジェスチャ …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 33(1), 549-554, 2021

    J-STAGE 

  • Calculation and experiment of spiral bevel gear by duplex helical method predesigned contact path

    GENG Longlong , DENG Xiaozhong , DENG Jing , JIANG Chuang , HAN Zhengyang

    … secondly, curvature parameters of technology and cut in reference points of pinion are calculated based on meshing theory; …

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing 15(1), JAMDSM0006-JAMDSM0006, 2021

    J-STAGE 

  • An Empirical Study of Multi-layered Networks of Organizations:- The Impact of Raw Materials Trading and Technology Insertion on Patents -  [in Japanese]

    Murata Tomoya , Oe Akitsu

    <p>本研究は、日本の石油化学産業の原材料取引と技術導入ネットワークに着目し、知識のオーバーラップがあるものの、その関係性は全く異なる企業間で形成された両ネットワークが、企業の研究開発能力に与える影響を実証する。2009年と2013年のそれぞれ2年分のネットワーク分析により算出した指標を用いて、負の二項回帰モデルによる分析を行った。その結果、両ネットワークの各々の中心性指標は研究開発能 …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 202011(0), 25-28, 2021

    J-STAGE 

  • The Empirical Study on Innovation Adoption in Shipbuilding Industry  [in Japanese]

    Matsumoto Ryohei , Shiba Naoki , Oe Akitsu

    <p>本研究は、企業が、同一エンジンを採用した企業で形成されるネットワークにおけるポジションであるストラクチュアルフォールドが、企業のイノベーションの採用に与える影響を実証する。データは、世界の造船企業110社の2009年のデータと同一エンジン採用企業を紐帯で結んだネットワークからの算出指標を用いた。負の二項回帰モデルによる多変量解析の結果、ストラクチュアルフォールドにある企業のエンジ …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 202011(0), 13-16, 2021

    J-STAGE 

  • Numerical verification methods for a system of elliptic PDEs, and their software library

    Sekine Kouta , Nakao Mitsuhiro T. , Oishi Shin'ichi

    <p>Since the numerical verification method for solving boundary value problems for elliptic partial differential equations (PDEs) was first developed in 1988, many methods have been devised. In …

    Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE 12(1), 41-74, 2021

    J-STAGE 

  • Effect of Water Saturation on the Brazilian Tension Test of Rocks

    Bao Tianshu , Hashiba Kimihiro , Fukui Katsunori

    … The applicability of the Hertz contact theory to the Brazilian tension tests with these rocks in various water saturation conditions was validated by comparing the estimated and measured Young's modulus and by relating the Young's modulus and the strength. …

    MATERIALS TRANSACTIONS 62(1), 48-56, 2021

    J-STAGE 

  • Designing Playful On-Line Workshop under COVID-19  [in Japanese]

    井村 直恵

    情報教育シンポジウム論文集 (2020), 249-255, 2020-12-12

    IPSJ 

Page Top