Search Results 1-20 of 69

  • 1 / 4
  • From Stagnant Lid Tectonics to Plate Tectonics  [in Japanese]

    <p> 表紙は,地球誕生後からはじめの約6億年間における層状構造の進化のようすを示した模式図である.4.55 Gaにドライな地球が誕生したあと,4.53 Gaまでにマントルは固化し層状構造を形成した.この時はスタグナントリッドテクトニクスが機能していた.4.37-4.20 GaにABEL爆撃が起き,ドライな地球に大気・海洋成分が二次的に付加された.巨大隕石の衝突によって,スタグナントリ …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 127(5), Cover05_01-Cover05_02, 2018

    J-STAGE

  • Study notes on water and magmas in the depths of the Earth  [in Japanese]

    KAWAMOTO Tatsuhiko

    … I proposed a choke point of subducting hydrous minerals, hydrous mantle transition and generation of komatiite and kimberlite magmas. …

    Japanese Magazine of Mineralogical and Petrological Sciences 47(1), 13-26, 2018

    J-STAGE

  • Expectation from Geochemistry to High-Pressure and High-Temperature Experiments to Elucidate Earth's Geochemical Evolution  [in Japanese]

    SUZUKI Katsuhiko , TAKAMASA Asako , TOKESHI Satoshi

    … Especially, late veneer following core segregation hypothesis is supported by evidence that gradual increase with time in platinum group elements abundance of komatiite originated from deep mantle and the chondritic Os isotopic evolution of the earth's mantle. … <sup>182</sup>W (decay product of extinct <sup>182</sup>Hf) anomaly relative to present-day mantle value of komatiite and modern ocean island basalt has indicated core-mantle interaction. …

    The Review of High Pressure Science and Technology 27(4), 246-255, 2017

    J-STAGE

  • Major element composition of the crust formed at the Hadean subduction zone: constraints from high-pressure hydrous melting experiments of komatiite  [in Japanese]

    Kondo Nozomi , Kogiso Tetsu

    <p>冥王代(>4.0 Ga)にマントルと地殻がどのように分化していたか、そして地殻がどのような組成であったかを知ることは、地殻の抽出とリサイクルによるマントル化学組成進化の初めの様相を理解する上で必要不可欠である。我々は、先行研究の高マントルポテンシャル温度におけるマントル対流モデル(Foley et al. 2014)を参考に冥王代の火成活動様式を推定し、冥王代に形成される地 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 64(0), 243, 2017

    J-STAGE

  • Chemical nature of fluids in komatiite-hosted hydrothermal system on the early Earth.  [in Japanese]

    Ueda Hisahiro , Shibuya Takazo , Sawaki Yusuke , Saitoh Masafumi , Takai Ken , Maruyama Shigenori

    <p>超塩基性岩の蛇紋岩作用を伴う熱水系は、前生物的な化学進化や初期代謝にとって欠かせない水素に富んだ流体を発生させることから初期生態系において重要な環境の一つであると考えられている。 先行研究にから初期地球と現在の熱水環境ではCO2やpH等が多く異ななることを示唆しており、当時のCO2に富んだ流体とコマチアイトの反応から発生する水素の定量は重要な課題である。 本研究では、コマチアイト …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 64(0), 309, 2017

    J-STAGE

  • Influence of paleo-atmospheric CO2 content on hydrothermal silicification of ultramafic rocks: Implications for a cause of secular variations of bioessential element contents  [in Japanese]

    Komiya Tsuyoshi

    <p>生命と地球の共進化を読み解くために、海洋中のNiやCoなどの遷移元素濃度の経年変化を見積もった。その結果、海洋のNi, Co量は太古代中期に急激に減少したことがわかった。また、炭酸塩岩化や珪化作用を受けたコマチアイト中のそれらの元素濃度を分析した。その結果、それらの作用を伴わない通常の変成作用では、それらの元素は変動しないが、炭酸塩岩化や珪化を受けたコマチアイトはそれらに著しく乏 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 64(0), 165, 2017

    J-STAGE

  • Major element composition of an Early Enriched Reservoir: Constraints from 142Nd/144Nd isotope systematics in the early Earth and high pressure melting experiments of a primitive peridotite

    Kondo Nozomi , Yoshino Takashi , Matsukage Kyoko N. , Kogiso Tetsu

    … The result of our experiments indicates that the near-solidus melt is iron-rich komatiite. …

    Progress in Earth and Planetary Science (3), 2016-08-22

    IR

  • Composition of the Hadean mafic crust and its hydrous melting experiments: A test for the Hadean silicic crust  [in Japanese]

    Kondo Nozomi , Kogiso Tetsu

    <p>地球が誕生した46億年前から40億年前の冥王代の地殻組成は、マントル化学進化の初期過程を制約する上で重要である。本研究では、冥王代に存在したと考えられる苦鉄質地殻の組成を推定するとともに、冥王代の珪長質地殻の存在を検証する。まず、プレートテクトニクス以前には、断熱上昇するマントルが厚いリソスフェアの下で極微小に融解したメルトが地殻となり、プレートテクトニクス以降は、マントルが海嶺 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 63(0), 159, 2016

    J-STAGE

  • Composition of the Hadean oceanic crust and its hydrous melting experiment: For the investigation of the Hadean oceanic and continental crust composition  [in Japanese]

    Kondo Nozomi , Yoshino Takashi , Kogiso Tetsu

    冥王代の地殻は、その生成・リサイクルを通して、マントルの化学進化を理解する鍵となりうる。さらに、冥王代大陸地殻の存在や化学組成は、冥王代の大気・海洋組成に影響し、生命の誕生・進化にも関わる重要な問題である。本研究では、高温高圧融解実験を用いて冥王代地殻の化学組成を解明することを試みる。カンラン岩の高温高圧融解実験データから冥王代海洋地殻組成を推定すると、マントルポテンシャル温度の高い冥王代において …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 62(0), 124, 2015

    J-STAGE

  • H2 genetration by experimental hydrothermal alteration of komatiite under CO2-rich condition at 250 and 350 degree celsius, 500 bars.

    Ueda Hisahiro , Sawaki Yusuke , Saitoh Masafumi , Shibuya Takazo , Maruyama Shigenori

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2015(0), 327, 2015

    J-STAGE

  • Microbial sulfate reduction below seafloor in the Archean constrained by quadruple sulfur isotopes of 3.5 Ga basalt and komatiite in the North Pole area, Pilbara craton, Western Australia  [in Japanese]

    Aoyama Shinnosuke , Ueno Yuichiro

    微生物硫酸還元は地球史を通じて普遍的に行われてきた微生物代謝方法の1つである。一般に太古代で観測されるsulfate-sulfide間の硫黄同位体分別は最大でも20‰程度であり、現世で観測される分別と比較して小さい。しかし太古代の玄武岩・コマチアイトは大きな分別を示す可能性がある。また微生物活動の深度とアクティビティを制約することは、太古代当時の地下生物圏の下限深度を決めることに他ならない。本研究 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 61(0), 128, 2014

    J-STAGE

  • Lu-Hf isotope analysis of Archean Barberton basalts to understand Mantle Early Evolution  [in Japanese]

    Yamaguchi Takao , Iizuka Tsuyoshi , Hokanishi Natsumi , Nakai Shunichi , J. de Wit Maarten

    太古代岩石のHf同位体組成は,マントルの初期進化に制約を与えうる。我々は、約35億年前の低変成度のバーバートン玄武岩のHf同位体比測定を行っている。バーバートン地域ではコマチアイトの分析が既に行われているに対し, 本研究では、現世の玄武岩と類似した試料を分析している。その結果から、現在と太古代で似た性質を持つマントルの同位体組成の比較が可能となり、更に、コマチアイトの成因について新たな制約が与えら …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 60(0), 116, 2013

    J-STAGE

  • Experimental H<SUB>2</SUB> production through hydrothermal alteration of komatiite  [in Japanese]

    Yoshizaki Motoko , Shibuya Takazo , Suzuki Katsuhiko , Shimizu Kenji , Nakamura Kentaro , Omori Soichi , Takai Ken , Maruyama Shigenori

    300℃、50MPaの条件下でコマチアイトと海水との反応実験を行うことで、初期地球のコマチアイト熱水系における水素発生量とその反応過程を検証した。実験装置は閉鎖系のバッチ型実験システムを用いた。付属のサンプリングチューブから定期的に溶液試料の採取を行い、溶存ガス・元素の測定を行った。実験終了後に固体試料を取り出し、XRD分析と磁気ヒステリシス測定を行った。発生した水素濃度は、実験開始300時間程度 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 59(0), 228, 2012

    J-STAGE

  • The preliminary isotopic data from Mesozoic to Cenozoic meimechite rocks from Far East Asia  [in Japanese]

    Sato Keiko , Hirahara Yuka , Senda Ryoko , Kumagai Hidenori , Tamura Hajimu , Suzuki Katsuhiko , Prihodko Vladmir

    極東南部地域に位置するシホテアリン地域には、ジュラ紀~白亜紀前期、白亜紀前期~白亜紀後期の付加体が南北に帯状に分布している。付加体を形成するオフィオライトには、形成後にそれらを貫くように噴出したとされるコマチアイトに似た組成を持つメイメチャイトという火山岩が分布し、日本海拡大以前に日本とシホテアリンは隣接していたと考えられる。メイメチャイトと呼ばれる火山岩は、一般的な高MgOピクライト玄武岩よりさ …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 59(0), 154, 2012

    J-STAGE

  • Experimental H2 production through hydrothermal alteration of komatiite

    Yoshizaki Motoko , Shibuya Takazo , Suzuki Katsuhiko , Shimizu Kenji , Nakamura Kentaro , Omori Soichi , Takai Ken , Maruyama Shigenori

    様々な分野の研究から、初期地球の熱水系にはメタン生成菌のような水素をエネルギー源とする化学合成独立栄養細菌を一次生産者に持つ生態系が繁栄しており、水素は生命誕生・進化の重要な鍵であったと考えられる。本研究では、初期地球熱水系では当時の表層にあったとされるAl枯渇型コマチアイトが水素発生を担っていたと考え、熱水実験を通して初期地球のコマチアイト熱水系における水素発生量とその反応過程を検証した。その結 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 58(0), 58-58, 2011

    J-STAGE

  • Plate tectonics on Super Earths  [in Japanese]

    Komiya Tsuyoshi

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2011(0), 60-60, 2011

    J-STAGE

  • 300℃、500気圧におけるコマチアイトの熱水変質実験  [in Japanese]

    Yoshizaki Motoko , Suzuki Katsuhiko , Shibuya Takazo , Shimizu Kenji , Nakamura Kentaro , Oomori Soichi , Takai Ken , Maruyama Shigenori

    深海熱水系は地球上における生命の誕生・進化の場として注目されてきた。初期地球における最も原始的な微生物生態系はメタン生成菌を一次生産者にもつ生態系だと考えられており、それらは水素の酸化から代謝エネルギーを得る。ゆえに、水素は初期地球における熱水系において重要な鍵である。本研究では、この水素発生源をコマチアイトの熱水反応だと考え、実験により反応にともなう水素の発生を評価した。出発物質にはバーバートン …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 56(0), 121-121, 2009

    J-STAGE

  • H2 generation by experimental hydrothermal alteration of komatiitic glass at 300°C and 500 bars: A preliminary result from on-going experiment

    YOSHIZAKI MOTOKO , SHIBUYA TAKAZO , SUZUKI KATSUHIKO , SHIMIZU KENJI , NAKAMURA KENTARO , TAKAI KEN , OMORI SOICHI , MARUYAMA SHIGENORI

    … Hydration of komatiite can be a source of significant amount of hydrogen in the Hadean and early Archean ocean floor. … Komatiitic glass was synthesized by dehydration and remelting of serpentinized Al-depleted komatiite collected from the early Archean Komati Formation, the Barberton Greenstone Belt, South Africa. …

    GEOCHEMICAL JOURNAL 43(5), e17-e22, 2009

    J-STAGE

  • O-50 Eruption of CO_2-rich komatiite in Upper Cretaceous : Can it be a trigger for an environmental perturbation?  [in Japanese]

    Shimizu Kenji

    日本地質学会学術大会講演要旨 115, 56, 2008-09-15

  • Protoliths of the Napier Complex in Enderby Land, East Antarctica ; an overview and implication for crustal formation of Archaean continents

    ISHIZUKA Hideo

    … This assemblage of protoliths, especially the komatiite-TTG association with minor anorthosite, is reminiscent of the Archaean greenstone-granite belts. …

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences 103(4), 218-225, 2008-08-01

    J-STAGE References (48)

  • 1 / 4
Page Top