Search Results 1-20 of 247

  • Issue and task on disaster geography  [in Japanese]

    Umitsu Masatomo

    <p>地理学はもともと記述・記載が中心の分野であった.その後,近代科学としての地理学が成立し,自然・人文現象に対する科学的真理の追究という現代の地理学へと進化した.このような学問としての発展の一方,最近まであまり注目されてこなかったことが,地理学の人類に対する使命という点ではないだろうか.地理学の人類の未来に対する貢献という観点である.</p><p></p …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2021s(0), 22, 2021

    J-STAGE 

  • Development and issues of hazard maps from the Great East Japan Earthquake  [in Japanese]

    UNE Hiroshi

    <p>1990年代後半頃から、直接的に災害のリスクと避難方法などを示したハザードマップの作成が広がった。2001年の水防法の改正により、国や都道府県が管理する河川について、河川管理者が浸水想定を行い、市町村はこれをもとに避難に関する事項や洪水予報の伝達方法等を記載した洪水ハザードマップを作成することが義務付けられた。これにより、浸水想定をベースにした狭義のハザードマップの作成、配布が急 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2021s(0), 162, 2021

    J-STAGE 

  • Characteristics and origin of incised meanders of the Shimanto River, Kochi Prefecture:Examination by DEM data and aerial photo interpretation  [in Japanese]

    Oga Hayato

    <p><u>1. </u><u>はじめに</u></p><p> 高知県南西部を流れる四万十川は、穿入蛇行地形を発達させている。河口より50~90kmの中流部において顕著な穿入蛇行が発達しているとされ、大塚(1927)、林・池田(2000)・松四ほか(2017)により四万十川中流部では掘削蛇行が発達し、隆起や砂礫堆、 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2021s(0), 168, 2021

    J-STAGE 

  • An interpretation of Typhoon Hagibis in 2019 based on Landform Classification Map for Flood Control  [in Japanese]

    Toishigawa Hideyuki , Morishita Akira , Ideto Masatoshi , Enomoto Sohei

    <p>1.はじめに</p><p>令和元年東日本台風の影響により,10月12日から東北地方の広い範囲で非常に激しい降雨とそれに伴う水害が発生した.そこで,国土地理院の空中写真(10/13/・10/20撮影),浸水推定図(10/17作成)の輪郭線(以後、浸水推定範囲とする)や斜面崩壊・堆積分布図(10/24作成)に被災状況の把握を行い12月11日から13日にかけて, …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020a(0), 43, 2020

    J-STAGE 

  • Utilization of Landform Classification Maps and Relief Shading Maps as Reinforcement for Hazard Maps  [in Japanese]

    Masatomo UMITSU

    <p>近年,著しい水害が発生しているが,その際に注目されるのがハザードマップである.ハザードマップにはそれぞれの場所の土地条件と関わる場所的特性が十分に示されていないことや,隣接する自治体の地域が示されていないこと,異なる流域ごとにシミュレーションが行われていて同一場所に関する図面が複数にわたる場合があるなどの不十分な点がある.そのような点を補う上で,水害リスクを読み取ることのできる地 …

    E-journal GEO 15(2), 221-227, 2020

    J-STAGE 

  • Relationship between hazard risk information and location of victim caused by heavy rainfall disaster.  [in Japanese]

    USHIYAMA Motoyuki

    本研究の目的は,日本の豪雨災害による犠牲者の発生位置と,災害リスク情報(ハザードマップや地形分類図等)の関係について解析することである。筆者は,1999~2018年の豪雨災害犠 牲者1259人分についてのデータベースを構築している。本研究ではこのうち,洪水や河川に接近などの水関係犠牲者と,土砂災害による犠牲者767人を解析対象とした。土砂災害犠牲者の 87%は,土砂災害危険箇所の付近で発生していた …

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 38(4), 487-502, 2020

    J-STAGE 

  • Characteristics of location of victim caused by typhoon No.1919  [in Japanese]

    Ushiyama Motoyuki

    <p>台風2019年19号および10月25日の発達した低気圧による大雨(以下「台風19号等」)による死者・行方不明者101人を対象に,筆者が整理している最近約20年間の風水害(以下「1999-2018」)による死者・行方不明者(「犠牲者」)1259人の発生状況と比較し,主にその発生場所に関する特徴を速報する.「洪水」(河川からあふれた水に起因する犠牲者),「河川」(増水した河川等に接近 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 44, 2020

    J-STAGE 

  • Releasing information about Natural Disaster Monument  [in Japanese]

    TOISHIGAWA HIDEYUKI , GOTO MASAHIKO , OSUMI KOJI , KURISU YUKI

    <p>1.はじめに</p><p>自然災害伝承碑は,過去に発生した自然災害の教訓を後世に伝えようと先人たちが残した恒久的な石碑やモニュメントで,「過去に発生した自然災害に関する発生年月日,災害の種類や範囲,被害の内容や規模」が記載されたものである.</p><p>国土地理院では,「自然災害伝承碑」の情報を,ウェブ地図「地理院地図」(https …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 132, 2020

    J-STAGE 

  • Watershed Management Geomorphology Challenging Against Recurring Large-scale Flood and Sediment Disasters  [in Japanese]

    SUGAI TOSHIHIKO

    <p><b>1. </b><b>頻発する大規模水・土砂災害が突きつけた課題</b></p><p></p><p>2014年広島豪雨、2015年関東・東北豪雨、2017年九州北部豪雨、2018年西日本豪雨、2019年台風19号による被災地を院生と訪ねた。2014、17年は斜面崩壊と土石流、201 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 105, 2020

    J-STAGE 

  • Landforms and Landuse in the Southeast Phetchaburi District, West Coast of Gulf of Thailand  [in Japanese]

    齋藤 真菜 , 海津 正倫

    本論文は、タイ国ペッチャブリー県南東部のPhetchabri市からCha-amにかけての地域を対象とし、山地・丘陵地や山麓緩斜面、海岸平野といった多様な地形が見られる土地条件のもとで、地形環境と土地利用がどのように対応し、変化してきたかを検討したものである。地形分類図や土地被覆分類図を作成し二者を比較させることによって、氾濫原では自然堤防と熱帯産果樹園の広がりが対応し、後背湿地にあたる部分が水田利 …

    奈良大学大学院研究年報 = Annual reports of the Graduate School of Nara University (25), 15-27, 2020

    IR 

  • Analysis of Geospatial Structure of Probabilistic Flood Hazard, using the ensemble flood simulation and point-based hazard curves.  [in Japanese]

    YAMADA Masafumi , CHIBANA Takeyoshi , WATANABE Satoshi

    <p>気候変動による降雨強度の増大など災害外力の強大化が想定され,一方で将来的な公共事業財源の不足も危惧される中で,河道整備・ダム整備等のハード対策に留まらず,都市計画・土地利用計画や風水害保険等のソフト対策を組み合わせた,流域を主体とした治水対策の設計が重要となる.流域内の各地先において適切な対策を選択するためには,各地先における被害額とその発生確率の関係である点的なリスクカーブや, …

    Proceeding of Annual Conference 32(0), 34, 2019

    J-STAGE 

  • Estimation of surface ground characteristics using catchment area and gradient  [in Japanese]

    Yoshida Kazuki

    <p>はじめに</p><p></p><p> 沖積低地における面的な地盤情報の推定には,定性的な地形分類を用いた概略的な手法が使われることが多い(松岡ほか,2011;小荒井ほか,2018など).しかし,個々の地形種の定義は,地形学の進展や調査者の地形観,調査の目的,地形分類図の図幅などの違いによって異なりうるため,災害脆弱性との対応関係を評 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019a(0), 59, 2019

    J-STAGE 

  • Area classification of micro-landform and hazard maps relating to landslide disaster  [in Japanese]

    Kuroki Takahito

    <p>2014年広島市の土砂災害範囲に関しハザードマップの地域区分と比較し,微地形や流域の地形情報と,地域防災単位を重ね合わせ表示する必要性を確認した.さらに雲仙の火山麓扇状地を対象に,土砂災害の注意を喚起できる地域区分を検討し,土砂災害ハザードマップ作成における第四紀学的な考え方をまとめ,以下の4項目に整理した.1)堆積と侵食の地形プロセスで構成される10<sup>2&l …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(2), 137-148, 2019

    J-STAGE 

  • <b>An interpretation of Hokkaido heavy rain disaster in August 2016 based on Landform Classification Map for Flood Control:Part 4</b>:<b>Damage situation of the Tokoro River system</b>  [in Japanese]

    NISHIMURA Tomohiro , TOISHIGAWA Hideyuki , SEKIGUCHI Tatsuo , NAKASUJI Akito , TAMURA Toshikazu , HIRAI Yukihiro , ISHIMARU Satoshi

    <b>1.</b><b>常呂川水系の被害状況と治水地形分類</b><br> 常呂川水系では,8月17日から23日における台風7号,9号,11号の相次ぐ通過に伴って,記録的な大雨となった.この大雨により,常呂川水系下流域の太茶苗観測所および上川沿観測所では, 計画高水位を超える観測史上第一位の水位を記録した.<br> これにより …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 31, 2019

    J-STAGE 

  • How to teach basics of physical geography:- challenges and prospect -  [in Japanese]

    Sugai Toshihiko

    <b>1. </b><b>はじめにー地理総合における自然地理的基礎の役割</b><br><br>地理総合で学ぶ自然地理的基礎は、1)アジアと日本の自然環境の特質を知り、2)人間環境システムの仕組み・地域性・変容過程を理解し、3)防災や環境問題に関わる自然的、基層的な課題を認識するためのミニマムエッセンスである、と考えたい。地球 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 281, 2019

    J-STAGE 

  • Hypsometry of the Four Main Islands of Japan  [in Japanese]

    Tanaka Yasushi

    1. はじめに<br>日本の主要四島における海抜高度と面積の関係(ヒプソメトリ)について,地形種との関係の視点から再検討を行った。解析には標高データと地形分類データがセットになった1 kmメッシュデータ(若松ほか 2005)を用いた。海に囲まれた,いわゆる閉じた系としての地形のまとまりが自然地理学的な意味を考える上で重要であるため,本研究では主要四島よりも面積の小さい島嶼部は研究対象か …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 151, 2019

    J-STAGE 

  • Site characteristics of medieval city ruins in the Chu River Basin, Central Asia based on geomorphological map analysis  [in Japanese]

    SATO Go , YAMAUCHI Kazuya , MOCHIZUKI Hidekazu , YAGI Hiroshi

    … This study tried to superimpose the location of ruins on the geomorphological map (landform classification map) to discuss site characteristics of ruins from the geoarchaeological perspective. … We classified the locations of ruins into six categories based on the landform characteristics and evaluated all of them against three criteria: stability of area(strength against risk of natural disaster); …

    Map, Journal of the Japan Cartographers Association 56(2), 2_4-2_12, 2018

    J-STAGE 

  • Trends of Geosciences after the Pacific War in Japan, 1945 to 1965 Part 6  [in Japanese]

    Editorial Committee of History of Geosciences in Japan Tokyo Geographical Society

    … A hierarchical landform classification for lowland plains was established and applied to many plains in Japan and developing countries, in order to predict areas subject to flooding and land use planning. … They contributed to the land classification of Japan as a whole and increased interest in Quaternary environmental changes such as climate and sea level changes, as well as crustal movements, which have produced landform diversity. …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 127(6), 835-860, 2018

    J-STAGE 

  • Classification of fluvial polygenetic landform estimated from surface sediments and gradient  [in Japanese]

    Yoshida Kazuki

    1. 河成複式低地における地形分類の課題<br><br>河成低地は,河川の流路形態や微地形,表層堆積物の性質等の違いから,扇状地,谷底平野及び氾濫原(蛇行原)に区分されてきた(以下,これらの階層の地形を複式地形という.).各種の地形分類図では,複式地形よりも階層の低い自然堤防や旧河道などの単式地形について詳細な分布を明らかにしてきた一方で,複式地形と単式地形の階層的な整理は …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2018a(0), 55, 2018

    J-STAGE 

Page Top