Search Results 1-20 of 536

  • Landforms and Landuse in the Southeast Phetchaburi District, West Coast of Gulf of Thailand  [in Japanese]

    齋藤 真菜 , 海津 正倫

    本論文は、タイ国ペッチャブリー県南東部のPhetchabri市からCha-amにかけての地域を対象とし、山地・丘陵地や山麓緩斜面、海岸平野といった多様な地形が見られる土地条件のもとで、地形環境と土地利用がどのように対応し、変化してきたかを検討したものである。地形分類図や土地被覆分類図を作成し二者を比較させることによって、氾濫原では自然堤防と熱帯産果樹園の広がりが対応し、後背湿地にあたる部分が水田利 …

    奈良大学大学院研究年報 = Annual reports of the Graduate School of Nara University (25), 15-27, 2020

    IR 

  • FLOOD RISK ANALYSIS BY HISTORICAL LAND USE CHANGE IN THE KUROKAWA RIVER BASIN, ASO  [in Japanese]

    山下 大佑 , 皆川 朋子 , 浅田 寛喜

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 64, I_61-66, 2019

  • STUDY ON INFLUENCE OF ROADS ON DEBRIS FLOWS OCCURRED DUE TO 2018 JULY HEAVY RAIN  [in Japanese]

    NAKATANI Kana , HASEGAWA Yuji , KASAHARA Takuzo , KAIBORI Masahiro , SATOFUKA Yoshifumi

    <p> 平成30年7月豪雨では西日本各地で土砂災害が多発し,山裾まで開発が進んだ扇状地の住宅地で発生した土石流により人的・物的被害が生じた.山間部では,谷出口から延びる渓流や流路が扇状地の直上で暗渠化されることが多い.平成30年7月豪雨により兵庫県神戸市や広島県広島市の住宅地で発生した土石流では,暗渠が土砂等で閉塞したことで,暗渠が接続した道路上を土砂・水が移動して,住宅地に広く被害を …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 75(1), 403-413, 2019

    J-STAGE 

  • A Century of Land-use Changes and Economic Damage in Kesennuma City Caused by the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami

    ICHINOSE Tomohiro , ITAGAWA Satoru , YAMADA Yumi

    … Here we analyzed historical landuse changes in the tsunami-affected area of Kesennuma city center, Miyagi Prefecture, using topographic maps from 1913 and 1952 and vegetation maps from 1979 and 2011. …

    Journal of Environmental Information Science 2019(1), 53-59, 2019

    J-STAGE 

  • APPLICATION OF THE HYPE MODEL FOR KINOKAWA RIVER BASIN AIMING AT WATER AND NUTRIENT RUNOFF ANALYSIS  [in Japanese]

    TANOUCHI Hiroto , NAKAMURA Makoto , NAKAMURA Yuki , EGUSA Nobuyuki

    本研究では,世界各地の水・栄養塩の統合流出解析で利用実績のあるHYPEを紀の川流域に適用した.まず,スウェーデンのHYPE適用事例を参照してGISによりHYPEの基礎モデルを構築し,次いで河川の予測流量に対してキャリブレーションを実施した.その結果,特に低水時の河川流量を高精度で予測可能なHYPEが構築された.そして,同モデルを活用し,窒素・リンの流出解析を実施するとともに,計算された窒素・リンの …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 74(5), I_223-I_232, 2018

    J-STAGE 

  • Fieldwork News  [in Japanese]

    <p>快走するグラフィティ―ナイロビの個性化するマタトゥ事情―</p><p>池本 春美</p><br/><p>アジア人学生と若手研究者のための「京滋フィールドスクール2017」の概要と意義</p><p>倉島 孝行</p><br/><p>「山下財宝」にとり憑かれる人々& …

    Asian and African Area Studies 18(1), 76-106, 2018

    J-STAGE 

  • Study on the characteristic of residential development and impact on Policy for Compact City by Ordinance 3411 for limited Development Permit for own private dwelling in Utsunomiya City where permit conspicuous urbanization in Urbanization Control Area  [in Japanese]

    Matsukawa Toshiya , Maruoka Akira , Nakade Bumpei , Higuchi Shu

    本研究はで、自己用限定型3411条例に着目し、許容する予定建築物用途を自己用住宅に限定しながらも、市街化調整区域で多くの開発許可がされた宇都宮市の自己用限定型3411条例を対象として以下のことを論じた。1) 宇都宮市は大幅に規制緩和されることを避けるため、自己用限定型3411条例を制定したが、事実上の分譲住宅地開発が多数許可されたことにより、市街化調整区域でスプロールが起きた。2) 自己用限定型3 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 53(3), 1130-1137, 2018

    J-STAGE 

  • Study and Introduction of landform classification maps:-Example at Tokushima area  [in Japanese]

    FURUTA NOBORU

    徳島は、洪水氾濫頻発地域の一つで、四国三郎の別名をもつ吉野川下流域平野に位置する。その災害頻度の多さも相まって、当地域は、古くから地形研究が盛んで、多くの地形分類図が作成されてきた。吉野川水害地形分類図、(沿岸海域)土地条件図、、都市圏活断層図、治水地形分類図、土地履歴調査に伴う微地形分類図などの、公的主題図をはじめ、地形研究の成果図も複数作成されている。公的主題図の多くは、「地理院地図」で閲覧で …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2018s(0), 000109, 2018

    J-STAGE 

  • Land transformation in the Jordan Valley from the viewpoint of land use  [in Japanese]

    HASEGAWA Hitoshi

    ヨルダン川東岸のヨルダン渓谷と周辺地域では,1960年代のキング・アブドラ運河の建設で灌漑農業が本格的に始まり,1970年代以降の地下水の利用で土地利用形態,規模などが変化していった.ティベリアス湖から死海北岸までのヨルダン渓谷は,農業区分から北部,中部,南部.に三区分されることが多いが,これらは1960年代以降の水利用の変化に呼応して生じた結果といえる.それ以前のヨルダン川とサイド・ワディの水を …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2018s(0), 000164, 2018

    J-STAGE 

  • Fieldwork Methodology on Commercial Area and Database Building of Commercial Landuse in a Local City in South Korea  [in Japanese]

    HASHIMOTO Akiko , JEON Ji-young , KOMAKI Nobuhiko , YAMAMOTO Takatsugu , YAMASHITA Akio , KANEKO Jun , LEE Ho-Sang

    本稿は,韓国の地方都市における商業地域を把握することを念頭に置き,建物利用や業種構成に着目したフィールドワークに基づく土地利用データベースの作成手順を紹介するとともに,その有効性を検討した。データベースの作成に関しては,韓国における地図データの整備・利用可能状況,研究対象都市およびその調査範囲の設定方法,現地調査における手順・留意事項,GISデータ作成方法を整理して示すとともに,結果例を提示した。 …

    Geospace space 10(3), 236-246, 2018

    IR  J-STAGE 

  • THE ACTUAL CONDITIONS OF ENVIRONMENTAL IMPACT OF SALT INDUSTRY AND CURRENT CONDITION OF THE REGENERATED INDUSTRIAL SITE:– Northwich Woodlands in the UK –  [in Japanese]

    YAMADE Miya , ABE Hirokazu , MIYAGAWA Tomoko

    … 2) The landuse changes were shown ground subsidence before 1875s to 1930s, it’s area was about 174ha. …

    AIJ Journal of Technology and Design 24(56), 351-356, 2018

    J-STAGE 

  • Fieldwork News : Agricultural Landuse and Swamp Conservation in Nyamuriro Swamp, Uganda  [in Japanese]

    堀 光順

    アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African area studies (18-1), 95-99, 2018

    IR 

  • A note on the decolonization process of Rangoon, Burma, with a focus on population and the Chinatown's landuse  [in Japanese]

    長田 紀之

    東京経大学会誌. 経済学 = The journal of Tokyo Keizai University (297), 83-106, 2018

    IR 

  • A trial of triple function landuse : child care support, measure for vacant house problem and open space conservation  [in Japanese]

    竹内 智子

    都市公園 = Public parks (217), 46-47,図巻頭1p, 2017-07

  • Modeling Future Urban Sprawl and Landscape Change in the Laguna de Bay Area, Philippines

    Iizuka Kotaro , Johnson Brian A. , Onishi Akio , Magcale-Macandog Damasa B. , Endo Isao , Bragais Milben

    This study uses a spatially-explicit land-use/land-cover (LULC) modeling approach to model and map the future (2016–2030) LULC of the area surrounding the Laguna de Bay of Philippines under three diff …

    Land 6(2), 2017-04-14

    IR 

  • The study on the transformation process of coal mine residential area with a view of declining population society  [in Japanese]

    竹村 潤 , 安武 敦子

    … This present paper shows the formation of landuse and the factor in districts of houses for coalminers after coal mine bankruptcy from the view of topographical condition, traffic condition, changes in the number of houses and etc.. …

    長崎大学大学院工学研究科研究報告 47(88), 72-77, 2017-01

    IR 

  • 土地利用の三次元重心情報を活用した津波防災指標の提案  [in Japanese]

    山本 義幸 , 倉橋 奨 , 中村 栄治

    土木情報学シンポジウム講演集 = Proceedings of the symposium on civil engineering informatics 42, 275-278, 2017

  • The Relationship between Land use and Landforms in and around Small Alluvial Fans:A Comparison between Peripheral Areas of the Osaka Plain and Typical Areas  [in Japanese]

    YAMADA Shuji

    This study investigates the relationship between land use and landforms in and around small alluvialfans in peripheral areas of the Osaka plain and typical areas of the foot of the Hira and Yoro Mount …

    THE NEW GEOGRAPHY 65(2), 19-32, 2017

    J-STAGE 

  • Factors determining colonization of <i>Quercus glauca</i> into the understory of coniferous planted forest -Case in Aya BR-  [in Japanese]

    Okamoto Minami , Mitsuda Yasushi

    <p>2012年にユネスコエコパークに登録された宮崎県東諸県郡綾町では、照葉樹林再生を目的として人工林を広葉樹林へと再転換する試みが進行している。ユネスコエコパークは生態系保全と地域社会の持続可能な発展の両立を目指すものである。広葉樹林への再転換において薪炭林再生を目的とすることによって、この目標の達成に貢献できる可能性がある。宮崎県ではアラカシを用いた白炭生産が盛んであるため、アラカ …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 267, 2017

    J-STAGE 

  • MODELING STREAM PERIPHYTON DYNAMICS THROUGHOUT A TEMPERATE CATCHMENT USING A DISTRIBUTED NUTRIENT-RUNOFF MODEL  [in Japanese]

    WATANABE Kengo , KAZAMA So , AITA Syunsuke , NUKAZAWA Kei

    流域スケールで河床付着藻類量の時空間変動を推定するために,宮城県名取川流域において既存の分布型流出・水温モデルを基礎として栄養塩流出モデルを構築した.モデルのパラメータ推定のために,名取川流域の計8地点にておよそ月1回の頻度で栄養塩濃度と付着藻類を測定した.一次元移流拡散方程式を用いて制限要因であるリンの流出過程を表現した.入力値となるリン負荷量分布は土地利用データと原単位を使用して推定した.また …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 73(4), I_1153-I_1158, 2017

    J-STAGE 

Page Top