Search Results 1-20 of 4777

  • Visualization of Deep Feature Representation Toward Transfer Learning of Activity Recognition Models  [in Japanese]

    吉村 直也 , 前川 卓也 , 原 隆浩

    行動認識分野においてもニューラルネットワークを用いた転移学習が注目を集めている.ニューラルネットワークの学習には大量のデータが必要であるが,転移学習を利用することで,既存の大規模データセットを有効活用し,学習データの収集コストを削減することができる.しかし,行動認識データセットは対象とする行動セットが異なるなどの問題のために,想定する利用環境と同じ想定で収集されたデータセットを見つけることは難しく …

    情報処理学会論文誌 62(5), 1307-1316, 2021-05-15

    IPSJ 

  • Extracurricular Activity Participation during Elementary School Days and Initial Careers : A Study Focused on the Mediating Effect of Teamwork  [in Japanese]

    Hirao Tomotaka , Umezaki Osamu

    Journal of higher education and lifelong learning (28), 25-34, 2021-04

    IR  DOI 

  • Zone of Proximal Development as a Negotiating Space : Microanalysis of the Activity of Disciplining in Childcare

    石黒 広昭 , イシグロ ヒロアキ , Hiroaki Ishiguro

    立教大学教育学科研究年報 (64), 359-367, 2021-03-31

    IR 

  • Development of Model Teaching Material to Learn a Pulse by Learning Longitudinal Wave : Attempt to Understand Life Activity by Energy Transfer  [in Japanese]

    小池 守 , 松本 真利奈 , 加美山 陸 , 髙橋 浩人 , 倉山 智春 , 大日向 浩 , 橋本 眞明

    本研究は,エネルギーの伝播に伴う生命活動を生徒が理解するために,パイプ内を脈動しながら流れる水を用いた縦波の学習を通して,脈拍の原理を探るモデル教材の開発を行ったものである.高等学校「物理基礎」の授業において,脈波伝播速度と水流速度の測定実験など行い,理解状況を調査した結果,生徒は脈拍は心臓の拍動エネルギーが伝播した縦波であることを理解していた.また,モデルによる確認活動を通して学習内容が理解でき …

    帝京科学大学教育・教職研究 = Journal of educational research and teacher development, Teikyo University of Science 6(2), 13-23, 2021-03-31

    IR 

  • Research on Peer Evaluation Activities for Proactive, Interactive and Deep Learning: In Which Learners Create Their Own Rubric Sharing with Teacher's Ideas  [in Japanese]

    原田 啓

    日々の授業実践において,学習者同士で相互評価を行う機会がある。これは,主体的・対話的で深い学びの一端であると考えるが,この相互評価活動が効果的に行われているとは言い難い。それは,学習者同士が同じ基準の中で対話ができていないことに原因があると考える。その解決策として,評価基準を揃えることが考えられるが,授業者から与えられた評価基準ではなく,学習者自身が作成することによって,同じ基準を理解しながら,効 …

    初等教育カリキュラム研究 (9), 45-53, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • A review of the literature on the activity learning out of the practice in maternal nursing practice  [in Japanese]

    森川 真美 , 炭原 加代 , 新増 有加

    大阪青山大学看護学ジャーナル = Nursing Journal of Osaka Aoyama University (4), 41-50, 2021-03-31

    IR 

  • Learning Activity to Write with Letter Challengers : Educational Practice in a Evening Junior High School  [in Japanese]

    榮 淳子

    奈良県では、橿原自主夜間中学が1987年に立ち上げられ、それを前身として1991年に橿原市立畝傍中学校二部(畝傍中学校夜間学級)が開設された。開校して2021年度で30周年となる。私は橿原自主夜間中学の立ち上げに参加し、その後は夜間中学から離れていたが、昨年度より畝傍夜間中学校に赴任し、担当するすべての学習者と生活を綴る学習活動を進めてきた。本稿では、自主夜中から今後も引き継いでいくべきものは何か …

    教育実践研究 (14), 71-80, 2021-03-31

    IR 

  • After-school day service as a new learning opportunity for children with handicap Surveys and practices focusing on the problems of collaboration and specialty  [in Japanese]

    香野 毅

    障害のある子どもの新たな学び場、居場所として放課後等デイサービスが急速に拡大している。多様なサービスや役割が期待されているが、一方で課題もいくつか指摘されている。ひとつは学校との連携であり、他には専門性の確保と発揮である。第一研究では、保護者、学校、放課後等デイサービス事業者を対象に主に連携について質問紙調査を行った。その結果、一方向の情報伝達実態や保護者を介した情報交換が明らかになった。第二研究 …

    教科開発学論集 (9), 1-9, 2021-03-31

    IR 

  • Learning of Japanese Language and Expressive Activity  [in Japanese]

    岡崎 洋三 , Okazaki Yozo , オカザキ ヨウゾウ

    研究ノート表現活動は社会における人の諸活動の中の一つのものであり、学習は活動を支える準備的な役割を果たす。日本語教育における学習と表現活動の合力は表現活動の発展をもたらし、獲得対象となる日本語力の質を変容させる可能性がある。表現活動は母語での言語生活において始まると捉えられるものであり、現代において求められるリベラルアーツ教育との親和性を持ち、学校教育において活性化された表現活動は、学校と社会を繋 …

    多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集 (25), 21-30, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • A Study on Teaching Geometric Construction based on the Expectation of the Student Using a Computer  [in Japanese]

    井上 芳文

    本稿では,作図に関する授業実践の分析を通して,高等学校数学の図形領域における学習指導の在り方について検討を行う。高等学校1年生の数学A(図形分野)の領域において,2本の線分の積が最小となる場合を考える作図の問題を扱い,コンピュータの利用による生徒の予想を足がかりとして展開する授業を実践した。この授業において,生徒は問題解決の過程を振り返ることによって証明の不備を補完し,条件を変えて課題をさらに発展 …

    中等教育研究紀要 (67), 49-55, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • New Learning Style of" Foreign Language" Education at Elementary Schools in Coronavirus Chaos:Design of the Communication Activity in Consideration for the Infection Prevention  [in Japanese]

    藤本 典子

    「小学校外国語科・外国語活動のコミュニケーション活動はコロナ禍の現状においてどのようにすれば感染予防に配慮しながら円滑に進められるのか」「時間数減の中、小学校外国語科・外国語活動の単元はいかにして進めるのがよいのか」という視点から、再度新学習指導要領や文部科学省の衛生管理マニュアルを読み直し、その重点について再考した。著者が参観したり関わったりした和歌山市の小学校外国語教育の授業実践の事例から、コ …

    和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究 (5), 23-32, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • The Learning Effect of practice activity " Restaurant Petit La Santé " in local community  [in Japanese]

    松田 佐智子 , 古賀 敬章 , 尾道 香奈恵 , 武富 和美 , 西岡 征子 , 平田 孝治

    … In this activity, students are involved in the entire process of menu planning, ordering ingredients, cooking, serving customers, and publicity. … A questionnaire survey was conducted before and after the implementation of "Petit La Santé" in order to understand the impact of this activity on students' awareness of attitudes as a nutritionist. …

    永原学園西九州大学短期大学部紀要 = Journal of Nishikyusyu university junior colledge (51), 43-52, 2021-03-25

    IR 

  • Learning Human Activities through Wi-Fi Channel State Information with Multiple Access Points

    LI He , OTA Kaoru , DONG Mianxiong , GUO Minyi

    特集

    室蘭工業大学紀要 = Memoirs of the Muroran Institute of Technology (70), 65-72, 2021-03-22

    IR 

  • A learning program to promote understanding of the spatial arrangement of strata: A preliminary study of the use of learning materials at different spatial scales  [in Japanese]

    山崎 博史 , 江川 宣 , 久森 洸希 , 吉冨 健一

    本研究の一部はJSPS科研費19K03144,19K02708および17H01980の助成を受けて行われた。

    学校教育実践学研究 (27), 17-24, 2021-03-19

    IR  DOI 

  • Serotonergic modulation of cognitive computations

    Kenji Doya , Kayoko W Miyazaki , Katsuhiko Miyazaki

    … Recent molecular tools for cell-type-specific activity recording and manipulation with fine temporal and spatial resolutions are providing unprecedentedly detailed data about serotonergic neuromodulation. … To find the common denominator for this diversity, we conjecture that the evolution of serotonergic neuromodulation originates from signaling the time and resource available for action, learning, and development. …

    Current Opinion in Behavioral Sciences (38), 116-123, 2021-03-11

    IR 

  • 出席不良経験を有する初年次学生の特徴;Behavioral and psychological characteristics of university freshmen with poor attendance experience  [in Japanese]

    佐藤 進;SATO Susumu , 鈴木 貴士;SUZUKI Takashi , 村田 俊也;MURATA Toshiya , 畝本 紗斗子;UNEMOTO Satoko , 佐々木 瑛;SASAKI Hikaru

    … Significant relationships with the poor attendance of the university were found in daily habit of breakfast, internet addiction, the anxiety about academic learning, and mental health throughout the first year. … Furthermore, regularity of daily life habits and resilience characteristics after admission, and implementation of a positive activity at the end of the first year were significantly associated with poor attendance of the university freshmen. …

    工学教育研究;KIT progress (29), 31-40, 2021-03-10

    IR 

  • CDIOによる環境土木分野の総合学習の取組み;Approach of Integrated Learning in Civil and Environmental Engineering Field by CDIO  [in Japanese]

    花岡 大伸;HANAOKA Daishin , 田中 泰司;TANAKA Yasushi , 有田 守;ARITA Mamoru

    … ;A PBL type class based on real scale waterway bridge was conducted as one of the integrated learning in the civil and environmental engineering field. … As a result, many students were able to study activity by connecting respective specialized subjects, and to think about what good design is based on the overall process and various viewpoints. …

    工学教育研究;KIT progress (29), 95-104, 2021-03-10

    IR 

  • Lifestyle Unit-based Learning to Encourage Independent Behaviors in Children with Intellectual Disabilities: Examination of Event Units (Creating a Drama)  [in Japanese]

    髙橋 望 , 竹林地 毅

    生活単元学習を実践する上での今日的課題を整理し、単元を児童の主体性をもとに進めることとキャリア教育の視点を重視することの必要性を再確認した。この考え方に基づき、見通しの立ちやすさから形式的な展開になりやすい行事単元のうち劇づくりの単元学習について検討・考察した。検討の結果、児童の主体性をもとにして、児童自らが行動する単元学習の展開には「児童の考えが反映され可変性のある展開」「単元の目的や活動の対象 …

    広島大学大学院人間社会科学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要 (19), 61-69, 2021-03-01

    IR  DOI 

  • Inquiry-based learning (the first grade) centering on generating questions. : Devices of lessons for generating new questions.  [in Japanese]

    岡 孝治

    本研究では生徒が自ら問いを持ち新たな問題を探究していく力を育成するための授業実践を行った。単元を通して探究すべき問いを設定し授業の問いが連続的になるような単元構成を考える。中学校第1学年の「正の数・負の数」の単元において「負の数を含めても正の数のときと同じように四則計算を考えることができるのか?」という問いをもとに単元を構成し具体的な問題場面でどのような力が身に付いたのかを考察し報告する。

    鳥取大学附属中学校研究紀要 (52), 39-46, 2021-03-01

    IR 

  • TEA based Activity Changes for Japanese Learners From Being Supported by Others to Autonomous Learning : Through a Case Study of Chinese Married Immigrant Women  [in Japanese]

    張 暁蘭

    東アジア日本学研究 = Japanese studies in East Asia (5), 13-19, 2021-03

Page Top