Search Results 1-20 of 6358

  • Liquefaction of porcine hoof shell to prepare peptone substitute by instant catapult steam explosion

    Shen Qingshan , Wang Hang , Zhang Chunhui , Qin Xiaojie , Jia Wei , Xu Xiong , Richel Aurore , Zheng Qiankun

    Journal of bioscience and bioengineering 129(4), 467-475, 2020-04

    DOI 

  • H-100 Series Gas Turbine and Application  [in Japanese]

    荒木 秀文 , 麻生 武志 , 畑谷 岳志

    日本ガスタービン学会誌 48(2), 100-106, 2020-03

  • The change of earthquake proof guideline and earthquake countermeasures for sewerage  [in Japanese]

    山路 昂央 , 平出 亮輔

    空気調和・衛生工学 94(3), 201-207, 2020-03

  • Survey on Factors of Geotechnical Disaster due to 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake  [in Japanese]

    木幡 行宏

    特集

    室蘭工業大学紀要 (69), 3-8, 2020-03

    IR 

  • Synthesis and properties of liquid pyrazine dyes

    Lee Jae-Young , Aoyama Tetsuya , Uchiyama Masanobu , Matsumoto Shinya

    … Six 2,5-diamino-3,6-dicyanopyrazine dyes with medium to long length alkyl chains on their amino groups were newly synthesised and their fundamental properties investigated, including their derivatives, focusing on liquefaction at room temperature. … The butyl, pentyl, hexyl, heptyl, octyl, and dodecyl substitutions realised liquefaction of the dye chromophore. …

    Dyes and Pigments (174), 108030, 2020-03

    IR 

  • Room-temperature extraction of direct coal liquefaction residue by liquefied dimethyl ether

    Zheng Qingxin , Zhang Yelin , Wahyudiono , Fouquet Thierry , Zeng Xi , Kanda Hideki , Goto Motonobu

    ファイル公開:2022-02-15

    Fuel (262), 116528, 2020-02-15

    IR 

  • Study on strength evaluation technique by using in-situ tests on chemical grouted ground as a countermeasure for liquefaction  [in Japanese]

    菅野 高弘 , 善 功企 , 末政 直晃 , 春日井 康夫 , 山﨑 浩之 , 林 健太郎 , 澤田 俊一 , 遠藤 敏雄 , 加藤 幸輝 , 中川 大 , 規矩 大義 , 山口 恵美 , 藤井 紀之 , 馬場 香奈江 , 藤井 照久 , 高田 圭太

    港湾空港技術研究所資料 = Technical note of the Port and Airport Research Institute (1366), 1-115, 2020-02

  • Fe-assisted hydrothermal liquefaction of cellulose: Effects of hydrogenation catalyst addition on properties of water-soluble fraction

    Hirano Yoshiaki , Miyata Yoshinori , Taniguchi Makiko , Funakoshi Nami , Yamazaki Yoshiko , Ogino Chiaki , Kita Yuichi

    Journal of Analytical and Applied Pyrolysis (145), 104719, 2020-01

    IR 

  • EVALUATION OF COEFFICIENT OF HORIZONTAL SUBGRADE REACTION OF PILES IN LIQUEFIED VOLCANIC ASH GROUND  [in Japanese]

    EGAWA Takuya , ISOBE Koichi , HATAKEYAMA Osamu

    <p> 火山灰質地盤における杭基礎では,常時の周面抵抗特性や水平抵抗特性が砂質土地盤とは異なることが確認されており,地震時における地盤~杭基礎系の相互作用も砂質土とは異なることが考えられる.</p><p> 本検討では,火山灰質地盤の液状化に伴う杭の水平地盤反力係数の低減について,地盤の液状化強度比を指標とした火山灰質地盤と砂地盤における杭の遠心力模型実験結果から …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. C (Geosphere Engineering) 76(2), 191-203, 2020

    J-STAGE 

  • DATA DRIVEN DYNAMIC RELIABILITY ANALYSIS BASED ON SPATIOTEMPORAL FEATURE EXTRACTION WITH MODE DECOMPOSITION: APPLICATION FOR EFFECTIVE STRESS DYNAMIC ANALYSIS  [in Japanese]

    OTAKE Yu , SHIGENO Kyohei , WATANABE Shinya , HIGO Yosuke , MURAMATSU Shogo

    <p> 著者らは,偶発荷重時における土構造物のロバスト性やレジリエンス性を評価し,意思決定に導くための枠組みづくりを進めている.その一環として,本論文では,計算コストが大きい高度な数値解析の代替モデルの構築方法とそれを用いた信頼性解析法を提案している.ここでは,数値解析結果(応答値)時系列のモード分解により時空間の特徴を縮約することで,土構造物の時空間の特徴を有した代替モデルを提案して …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. C (Geosphere Engineering) 76(2), 142-157, 2020

    J-STAGE 

  • High-temperature Embrittlement in Si-added Austenitic Stainless Steel

    Iwasaki Yuji , Fukumoto Shigeo

    … observations showed that liquefaction occurred from the <i>δ</i> … The high-temperature embrittlement was attributed to compositional liquefaction, in which the G phase was precipitated inside the <i>δ</i> …

    ISIJ International 60(4), 756-763, 2020

    J-STAGE 

  • Depth distribution of liquefaction strength characteristics at a site damaged by the Great East Japan Earthquake and predictions of liquefaction  [in Japanese]

    ISHIKAWA Keisuke , YASUDA Susumu , WADA Masao

    <p>東日本大震災では東京湾岸の埋立地で液状化による被害が生じた。筆者らは,震災後に深刻な被害を受けた浦安市入船4丁目にて,液状化による戸建て住宅の被害メカニズムを解明する目的で詳細な地盤調査を実施した。調査内容は,標準貫入試験,PS検層,地下水位測定,連続的に採取した乱れの少ない試料に対する室内土質試験(物理特性,液状化試験)である。本報では,連続的に採取した乱れの少ない試料から得ら …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 67-79, 2020

    J-STAGE 

  • Attenuation of Seismic Wave Energy with Strong Motion Records (KiK-net) of the 2016 Kumamoto Earthquake  [in Japanese]

    ISHIZAWA Tomohiro , KOKUSHO Takaji , HAZARIKA Hemanta

    <p>エネルギー法による液状化判定は,液状化対象地盤に供給される波動エネルギーを推定することが必要である。そこで,本稿では2016年熊本地震におけるKiK-netの地震観測記録を用いて地盤内の波動エネルギーを算出した。その結果,波動エネルギーは地表に近づくほど減少し,等価震源距離が短くなるほど増加する傾向を明らかにした。また,断層の破壊伝播に着目し観測点を分類した結果,破壊伝播方向の観 …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 81-89, 2020

    J-STAGE 

  • Empirical correlation between liquefaction energy capacity and cyclic resistance ratio for in-situ intact samples  [in Japanese]

    TANIMOTO Shunsuke , KOKUSHO Takaji

    <p>近年,エネルギーに基づく新しい液状化判定法の開発・実用化に向けた研究が活発に進められている。この手法について検討する上では,液状化進行過程における土の各種状態量と累積損失エネルギーの間の一意性を見い出せるか否かがポイントとなるが,再構成試料に比べて多様性を有する原位置採取試料を対象とした系統的な研究事例が少ない。本報では,多種多様な原位置採取試料の繰返し三軸液状化試験データを対象 …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 25-38, 2020

    J-STAGE 

  • Differences of the amount of settlement due to liquefaction of ground obtained from the method based on stress method and based on energy method:- Effect of earthquake motion type for virtual ground model -  [in Japanese]

    SAKO Noriaki , SHIMOMURA Shuichi , ADACHI Toshio

    <p>本論文では,仮想地盤を対象に同一の条件下で従来の応力法と筆者らの構築したエネルギー平衡式を基にした方法によるケーススタディを実施し沈下量を求め,それぞれの特性について考察し比較・検討した。応力法では補正係数の適切な評価が必要であり,沈下量の評価は<i>F<sub>L</sub></i>値の精度に大きく依存する。エネルギー法は補正係数 …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 53-66, 2020

    J-STAGE 

  • Fundamental study on seismic response of a railway bridge pier in consideration of soil liquefaction using energy based assessment method  [in Japanese]

    IZAWA Jun , YAMAMOTO Masanori , KANZAWA Taku , KOJIMA Kenichi

    <p>本稿では,エネルギーに基づく液状化判定結果を用いた鉄道橋脚の液状化を考慮した設計の試計算について報告する。今回試行した手法では,液状化層に入力される累積損失エネルギーと剛性低下の関係を基に地盤の支持性能の低下を考慮した橋脚の応答値算定モデルを作成し,液状化の影響を考慮した3ケースの異なる慣性力を与えることで構造物の応答値を算出した。その結果,慣性力の設定を適切に行えば,過去の液状 …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 39-51, 2020

    J-STAGE 

  • Application of Three-dimensional Static Analysis to Evaluation of Residual Settlement and Inclination of Spread Foundation Induced by Liquefaction  [in Japanese]

    KOBAYASHI Makiko , UNO Hiroki , TADANO Yusuke , TATEISHI Akira

    <p>2011年東北地方太平洋沖地震で発生した液状化による建物被害は,住宅等の直接基礎構造物の被災予測と対策工評価の重要性が再認識される契機になった。これらの検討では,本来,地盤条件に加えて基礎形状や配置,偏荷重等,3次元的な条件を考慮することが不可欠な場合が多いが,実務に容易に適用可能な解析法が確立されるには至っていない。こうした中,著者らは2次元静的解析プログラムALIDをベースに …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 145-158, 2020

    J-STAGE 

  • Dissipated energy verification on silica sand and volcanic sandy ash soil Shirasu with chemical grouting and compaction under triaxial cyclic behavior  [in Japanese]

    KIYOHARA Yukoh

    <p>繰返し三軸試験により,砂や火山灰質土であるしらす土,不飽和化を施した砂やしらす土,突固めやセメント改良,薬液改良などのしらす改良土の繰返しせん断挙動の把握を行ってきた。そのサイクリックモビリティーをもとに計算した基準化累積損失エネルギーの普通砂としらす土との比較,応力履歴,繰返し後の排水条件,飽和度の違いによる比較,対策工間の繰返しエネルギーに対しての耐液状化性能比較を定量的に行 …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 15-24, 2020

    J-STAGE 

  • Energy-Based Liquefaction Potential Evaluation Recommended in Practical Design  [in Japanese]

    KOKUSHO Takaji

    <p>現行の液状化予測には応力法が広く使われているが,いっぽう液状化挙動は地震応力波形の違いに依らず土中で損失するエネルギーと直結していることが実験的に示されており,エネルギー法の適用性が高いことが知られている。このような背景の下,地盤工学会では2015〜2018年度にわたり世界的にも前例の少ない「エネルギーに基づく液状化予測法に関する研究委員会」が活動した。本文は地盤工学ジャーナル/ …

    Japanese Geotechnical Journal 15(1), 1-13, 2020

    J-STAGE 

  • Relationship between slope of valley plain and liquefaction risk in Ibaraki Prefecture  [in Japanese]

    KOARAI Mamoru , SEKINE Tomoya , NAKANO Takayuki

    <p>液状化危険度評価では、扇状地や谷底平野の危険度を勾配1/100を境に2分している。扇状地は勾配の異なる場所で構成物質が異なるため緩勾配(1/100未満) ではそれ以外と比べて液状化発生可能性が高いとされているが、谷底低地についての言及はなく、勾配1/100で細分化する明確な根拠が少ないのが現状である。適切な閾値を設定することは防災的に重要であると考え、演者らは茨城県内の台地を刻む …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 259, 2020

    J-STAGE 

Page Top