Search Results 1-20 of 32

  • 1 / 2
  • Work Related Burn Injuries Treated at Tokyo MedicalUniversity Hospital in the Past 5 Years

    Aoki Yuki , Komiya Takako , Matsumura Hajime

     【序論】労働災害による熱傷 (以下, 労災熱傷) について当院での5年間の治療歴を集計し近年の動向を報告する.近年の症例を振り返ることで医療者が意識すべき点へ言及する. <br>  【方法】2014年1月1日~2018年12月31日当科で治療を完結した労災熱傷35人, 36症例を対象にカルテで後ろ向き研究を行った. 1) 受傷年, 2) 職業, 3) 受傷機転, …

    Japanese Journal of Burn Injuries 47(1), 11-16, 2021

    J-STAGE 

  • Analysis of court cases of vehicle collisions caused by elderly drivers: A study on the criminal responsibility of drivers and accompanying preventive measures  [in Japanese]

    BABA Mineko , HITOSUGI Masahito

    近年、高齢の免許保有者は増加しており、交通事故発生件数における高齢者率も年々増加している。2017年の道路交通法(以下、道交法)改正で、認知機能検査で第1分類(認知症のおそれあり)と判定された高齢者は、免許の更新時に医師の診断書提出が義務づけられたが、高齢者の事故の原因は、認知症に起因したものばかりではない。そこで、増加する高齢者事故の特徴、および事故を起こした高齢運転者の法的責任を検討し、事故予 …

    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 19(2), 26-34, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Establishment of measures to prevent errors in the pathology laboratory with the relocation to a new hospital  [in Japanese]

    FUJITA Tomohiro , OHKUMA Junko , YAMADA Mamiko , FUKAGAWA Takayasu , OSUGI Shie , SASAKI Azusa , YOSHIMOTO Shihomi , KUWABARA Kyoko

    <p>病理標本が作製される工程は,多くのステップを有しており,そのほとんどが手作業で行われているため,インシデント・アクシデント対策は容易ではない。病理検体の取り違えは,患者取り違えや誤った医療行為に直接結びつき,患者側にも医療者側にも多大な影響を及ぼす。今回,2019年5月の新病院移転時を好機と捉え,手術検体処理,検体受付,切り出し,包埋,薄切,染色・確認の各工程においてミスが極力起 …

    Japanese Journal of Medical Technology 69(3), 432-437, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Characteristics of Sports-Related Emergency Transport: A Population-Based Descriptive Study in Osaka City

    Kiyohara Kosuke , Sado Junya , Matsuyama Tasuku , Katayama Yusuke , Hayashida Sumito , Nakata Ken , Kitamura Tetsuhisa

    … Little is known about the characteristics of emergency patients transported to hospital while participating in sports activity. … Hence, we identified characteristics of emergency patients transported to hospital by emergency medical service (EMS) while participating in sports activity in Osaka City.</p><p><b>Methods:</b> …

    Journal of Epidemiology 30(6), 268-275, 2020

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

  • Carbon monoxide poisoning in vehicles:Review of autopsy reports and literature  [in Japanese]

    KAWAI Hokuto , NAKAGAWA Risako , TAKASO Marin , NAKANISHI Tomoyuki , KOH Soonho , HITOSUGI Masahito

    自動車の衝突事故以外の死亡例として、一酸化炭素(CO)中毒、熱中症、溺水などが報告されている。しかし、これらに対しては具体的な分析に乏しく、効果的な予防策が構築されていない。今回、自動車内で不慮のCO中毒により死亡した剖検2事例、およびわが国における同様事例を調査し、予防策について検討した。剖検例は、1例が雪による排気管の閉塞、もう1例は自動車衝突後の排気管破損放置が原因でCO中毒死を遂げていた。 …

    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 19(1), 27-32, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Identifying Clinical Instructors' Measures to Prevent Medical Accidents involving Nursing Students during the Nursing Clinical Practicum  [in Japanese]

    Isene Naomi , Funashima Naomi

    <p> 本研究の目的は、看護学実習における学生の医療事故防止に向け、実習指導者が講じている医療事故防止対策の全容を解明し、その特徴を考察することである。本研究は、筆者らの先行研究により収集したデータを用いた二次分析である。先行研究は、全国の病院に就業する実習指導者1,309名を対象とし、調査を実施した。本研究は、この調査に用いた質問紙に含まれる項目のうち、実習指導者の医療事故防止に向け …

    Journal of Research for Nursing Education 28(1), 57-70, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Measures to Prevent Accidents Involving Metal Brought into the MRI Room  [in Japanese]

    ITO Yoshitake , MORI Akihiro , YOKOYAMA Eisaku , TERAZAWA Minoru

    MRI室における金属類の吸着・持ち込み事故は,全国で多発している。日本医療機能評価機構からMRI検査室への磁性体持ち込みについて,医療安全情報が出されており,いかに重要な案件かが窺える。当院でも,2012年4月から2016年3月の間にMRI室における金属類の吸着・持ち込み事故が4件あった。その中でも看護師によるハサミのMRI吸着事故を重大なインシデントと捉えて,新たな防止対策として,イメージカラー …

    JOURNAL OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE 67(5), 620, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A CASE OF HYPOXEMIA BY NEGATIVE PRESSURE IN A VENTILATION DUCT  [in Japanese]

    TSUDA Masanobu , TAKEYAMA Naoshi , TOMINO Atsutoshi , OISHI Dai , ASO Hirotaka , MARUCHI Yuuki , GOCHOU Takayoshi , MORI Hisatake , TERASHIMA Tsuguaki , KANOU Hideki

    <p> 今回我々は排気ダクトに吸い込まれて低酸素血症, 遷延性意識障害に陥った症例を経験したので報告を行う. 症例は32歳の男性で排気ダクトに上半身が入り込むような形で発見され, 陰圧を解除した後に救出された. 救急隊接触時のGlasgow Coma ScaleはE1V1M1. 気管挿管の後, 脳虚血に対して体温管理と鎮静加療を行った. 第3病日に従命動作が可能となり抜管され, 第12 …

    Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma 33(1), 5-9, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Factor Analysis for Fostering Medical Safety Culture:Analyzing the Secular Change and the Supplement by Quantitative and Qualitative Investigation  [in Japanese]

    Fujiwara Shigeki , Takano Kenichi

    <p>病院などの医療機関では,事故の未然防止のために様々な医療安全の取り組みを行っている.その中でも安全文化の醸成に力を入れているがその効果については検討されていない. 本研究は4 年間隔で実施したアンケート調査から病院職員の安全意識の変化を調査した.その結果を因子分析及び共分散構造分析を行い,医療安全文化の醸成に必要な要因を抽出した.さらにインタビュー調査により,病院職員がアンケート …

    Journal of Japan Society for Safety Enginennring 57(2), 155-166, 2018

    J-STAGE 

  • Research on 'Home Nursing' in Home Economics of Senior High School  [in Japanese]

    伊藤 葉子 , 倉持 清美 , 吉川 はる奈 , 鎌野 育代

    [要約] 中・高校の家庭科保育学習において,家庭看護がどのように取り組まれてきたのかを調べた。教育職員免許法の変遷を調べた結果,1998年以降,高校のみで扱われていることがわかった。そこで,高校の家庭基礎6冊・家庭総合10冊の記述について調べた。内容は,健康管理は,予防対策,事故防止,母子保健に集約された。健康管理は,「健康維持対策(健診含む)」と「体調の変化」で構成されていた。予防対策は,「予防 …

    千葉大学教育学部研究紀要 65, 79-87, 2017-03

    IR  DOI 

  • Investigation of incidents and accidents related to guidance provided to residents:―making use of an open data-search system published by Japan Council for Quality Health Care  [in Japanese]

    Ishikawa Masahiko , Saito Naomi

    <p>1) 日本医療機能評価機構の公開データから検索した研修医の指導に関連したインシデント・アクシデント事例73例を検討した.</p><p>2) 事例発生の内容は, 指導医が直接指導中に発生, 指導医が近くにいたが離れていて研修医1人で実施して発生, 指導医が不在中に研修医1人で実施して発生の3つのカテゴリーに分類可能であった.</p><p&g …

    Igaku Kyoiku / Medical Education (Japan) 48(2), 87-90, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Study on an Assistance by Mobile Robots Using Deep Reinforcement Learning in Preventing the Elderly from Falling  [in Japanese]

    NAMBA Takaaki , YAMADA Yoji

    … <p>According to the statistics data of Tokyo Fire Department, the fall accidents are increasing among the elderly. … The main factor, 80.9% of those accidents, is fall. … Particularly, slip-induced fall gives fatal harm to the elderly. … In order to reduce fall risks for the elderly, we build a human-robot co-existing system that robots assist the elderly to prevent from falling. …

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan 2017(0), J1630202, 2017

    J-STAGE 

  • Strategies to Prevent Recurrence of Incidents and Accidents Related to Medical Device Alarm Systems  [in Japanese]

    Ishikawa Masahiko , Saito Naomi

    … <p>In medical institutions, medical device alarm systems are effectively utilized in case of emergency; … however, incidents and accidents related to medical device alarm systems have occurred. …

    Iryou kikigaku (The Japanese journal of medical instrumentation) 87(3), 285-291, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Usability of a Work Process Sheet on Agricultural Machinery Based on Failure Mode and Effect Analysis for Accident Prevention  [in Japanese]

    NAGAE Keiko , OHNO Yoshiko , KUSANO Ken

    これまで農作業中の様々な事故防止対策はなされてきたが死亡件数は横ばいであり,作業工程毎に評価した調査研究はみあたらない。そこで,医療等の分野で利用され,事故の未然防止に有効な故障モード影響度解析(Failure Mode and Effect Analysis)を応用した農業機械の作業工程表を作成し,その有用性を試験的に評価することを本研究の目的とする。A県B市の農業従事者38人のうち同意を得た1 …

    JOURNAL OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE 65(4), 823-835, 2016

    J-STAGE  JASI 

  • Analysis of Incident and Accident Reports in Anesthesia Practice  [in Japanese]

    YASUMOTO Yukimasa , TANAKA Hiroshi , KYOGOKU Shinsuke , HABASHITA Sadami , KARASHIMA Takaaki , KAMIYAMA Yoichiro

      麻酔は医療事故のリスクが高い診療行為である.2009年度と2010年度の麻酔関連インシデント・アクシデント報告41件を分析し,その対応について述べる.影響レベルが3a以上の報告は9件であった.機器関連は,高度障害のリスクがあり,麻酔機器の更新,始業点検・メンテナンスの見直し,バックアップ体制の構築などが必要である.与薬関連は,誤薬,注入経路間違いが多く,指示内容確認の重要性 …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 32(7), 980-984, 2012

    J-STAGE 

  • How to control and prevent the infections in a hospital  [in Japanese]

    下間 正隆

    現在はMRSAで代表される薬剤耐性菌などによる院内感染をいかに制御し予防するかが重要な時代となった.感染を防ぐには感染経路の遮断,即ち手指衛生が最も効果的である.しかし,手指衛生は啓蒙しなければ世界的にも実践されにくいのが現状である. 感染制御部門は微生物による感染動向を日々監視し,アウトブレイクが疑われた場合には病院長に速やかに報告する.病院長が中心となって病院全体で,危機管理の一環として,アウ …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (32), 2-14, 2011-12

    IR  Ichushi Web 

  • Analysis of vehicle collision cases in court where the driver suffers from unconsciousness due to diabetic hypoglycemic coma:A study on the precedent about drivers' duty of care, and accompanying preventive measures  [in Japanese]

    BABA Mineko , HITOSUGI Masahito , MATSUMURA Mihoko , AISO Sadakazu

    糖尿病患者は、治療中の低血糖により意識障害を引き起こすことがあり、運転中に発作が起こった場合には、死傷事故につながる。今回われわれは、糖尿病治療中の低血糖による意識障害に起因した自動車事故の裁判例を調査し、糖尿病患者が自動車を運転する際に求められる注意義務、および事故予防のため医師や社会が注意すべき点について検討した。対象は8例で、事故は1996年から2009年に発生していた。運転者の職種は、職業 …

    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 11(1), 13-20, 2011

    J-STAGE 

  • Accident Reductions by Repeating Prevention Exercises during Morning Conference  [in Japanese]

    OYANAGI Rumiko , ITAGAKI Madoka , DOBASHI Yuko , WATANABE Shiki , HAMADA Miyuki

    近年多くの施設でインシデント報告システムが確立され,インシデントに基づいた様々な対策がとられている。当病棟では平成20年4月から6月の3か月間で36件のインシデントが報告されている。その中で確認不足によるインシデントが15件と全体の41.6%を占めた。従来,当病棟ではインシデント発生後に対策を立て事故防止に努めてきた。しかしインシデント発生後の時間経過と共に意識が薄れ同じミスを繰り返してしまうこと …

    JOURNAL OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE 59(4), 513-517, 2010-11-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (4)

  • Construction of incident report system in Center of Acupuncture Science, Meiji University of Integrative Medicine  [in Japanese]

    TSURU Hiroyuki , EGAWA Masato , IMAI Kenji , KITAKOUJI Hiroshi

    鍼灸臨床におけるインシデントの掌握と医療事故防止のための取り組みの一環として、 明治国際医療大学附属鍼灸センターにおいてインシデントレポートシステム (IRS-M) を構築した。 インシデントレポートは同スタッフを報告者として、 インシデントに遭遇した日 (または発見した日) にレポートを提出することとした。 事例は月1回各項目別に集計し、 事例内容のフィードバックは同センター朝礼で定期的に口頭に …

    Zen Nihon Shinkyu Gakkai zasshi (Journal of the Japan Society of Acupuncture and Moxibustion) 60(1), 64-73, 2010-02-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11)

  • Blood Sample Assurance System to prevent Patient Identification Errors  [in Japanese]

    Suzumura Tomohiro

    当院では、2003年よりオーダリングシステムを導入し、採血スピッツは採血管準備システムにより管理されてきた。時間内の検査オーダに関してはシステム的に管理されていたが、時間外については対策が不十分であった。オーダ変更時の伝達不足による検査漏れや余剰検査の実施などのインシデント・アクシデントが月に 2 件程度発生しており、年に 1 件程度、重大なアクシデントにつながりかねない患者の取り違い事例も発生し …

    The Journal of Japan Society for Health Care Management 10(4), 589-592, 2010

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (2)

  • 1 / 2
Page Top