Search Results 1-18 of 18

  • Numerical Analysis of Wide-band and High-Gain Microstrip Antenna Employing Multi-Layer Parasitic Elements  [in Japanese]

    Suzuki Yuto , Honma Naoki , Morisawa Shigeki

    ミリ波帯では伝搬損失が大きいためアンテナの高利得化が不可欠である.また,ミリ波帯の広い周波数帯域を利用するためには広帯域なアンテナが必要となる.本報告では,高利得かつ広帯域なアンテナの実現を目的として,多層無給電素子を用いたマイクロストリップアンテナを提案するとともに,アンテナ特性の数値解析を行った結果を示す.無給電素子を装荷する層数及び基板の厚さに対するアンテナ特性について検討し,提案構成が高利 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 112(349), 7-10, 2012-12-13

  • Numerical Analysis of Monopole Multi-Sector Antenna with Dielectric Cylinder  [in Japanese]

    SUZUKI Yuto , HONMA Naoki

    ミリ波帯では広い周波数帯域の利用やアンテナの小形化が期待できるが,伝搬損失が大きいという問題がある.筆者らは,受信特性の改善を目的として,誘電体のレンズ効果を用いた高利得な小形マルチセクタアンテナを提案している.本報告では,モノポールを用いた誘電体桂装荷モノポールマルチセクタアンテナを提案するとともに,アンテナ特性の数値解析を行なった結果を示す.誘電体の比誘電率に対する放射特性について検討を行い, …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 111(288), 131-136, 2011-11-16

  • An Effect of Downlink Optical Sideband Suppression on Uplink Transmission in Full-Duplex DWDM Millimeter-Wave-Band Ratio-over-Fiber

    TAKAHASHI Yoshitomo , MATSUBA Kiyokazu , SONO Takahiro , SADOSHIMA Susumu , TODA Hiroyuki , KURI Toshiaki , KITAYAMA Ken-ich

    我々は,スーパーコンティニウム(SC)光源とアレイ導波路格子(AWG)を用いた高密度波長分割多重(DWDM)ミリ波帯光ファイバ無線(RoF)の全二重伝送について検討を行っている.本稿では,アップリンク伝送における,不要ダウンリンク信号側波帯の光フィルタによる抑圧の効果をシミュレーションによって検証した.検証の結果,抑圧比を20dBとすることで,符号誤り率が2桁改善することを確認した.

    IEICE technical report 107(172), 121-126, 2007-07-26

    References (9)

  • An Effect of Downlink Optical Sideband Suppression on Uplink Transmission in Full-Duplex DWDM Millimeter-Wave-Band Ratio-over-Fiber

    TAKAHASHI Yoshitomo , MATSUBA Kiyokazu , SONO Takahiro , SADOSHIMA Susumu , TODA Hiroyuki , KURI Toshiaki , KITAYAMA Ken-ich

    我々は,スーパーコンティニウム(SC)光源とアレイ導波路格子(AWG)を用いた高密度波長分割多重(DWDM)ミリ波帯光ファイバ無線(RoF)の全二重伝送について検討を行っている.本稿では,アップリンク伝送における,不要ダウンリンク信号側波帯の光フィルタによる抑圧の効果をシミュレーションによって検証した.検証の結果,抑圧比を20dBとすることで,符号誤り率が2桁改善することを確認した.

    IEICE technical report 107(173), 121-126, 2007-07-26

    References (9)

  • WDM Millimeter-Wave-Band Radio-on-Fiber Systems Using a Supercontinuum Light Source : Demultiplexing Experiment of WDM Channels Using a Free Spectral Range of AWG

    NAKASYOTANI Teppei , TODA Hiroyuki , KURI Toshiaki , KITAYAMA Ken-ichi

    将来の大容量化に向けた波長分割多重(WDM)ミリ波帯光ファイバ無線(RoF)システムにおいて, 我々はこれまでにスーパーコンティニウム(SC)光源を多波長光源として用いることを提案してきた.本稿では, 各基地局に向けて合分波を行うノードに, アレイ導波路回折格子(AWG)の自由スペクトル間隔(FSR)を積極的に活用することで, SC光源出力の多数の光周波数を効率良く利用できるダウンリンクRoFシス …

    Technical report of IEICE. OPE 105(182), 13-16, 2005-07-07

    References (7)

  • WDM Millimeter-Wave-Band Radio-on-Fiber Systems Using a Supercontinuum Light Source : Demultiplexing Experiment of WDM Channels Using a Free Spectral Range of AWG

    NAKASYOTANI Teppei , TODA Hiroyuki , KURI Toshiaki , KITAYAMA Ken-ichi

    将来の大容量化に向けた波長分割多重(WDM)ミリ波帯光ファイバ無線(RoF)システムにおいて, 我々はこれまでにスーパーコンティニウム(SC)光源を多波長光源として用いることを提案してきた.本稿では, 各基地局に向けて合分波を行うノードに, アレイ導波路回折格子(AWG)の自由スペクトル間隔(FSR)を積極的に活用することで, SC光源出力の多数の光周波数を効率良く利用できるダウンリンクRoFシス …

    IEICE technical report. Microwaves 105(180), 13-16, 2005-07-07

    References (7)

  • Feasibility of a supercontinuum light source for DWDM mm-wave-band radio-on-fiber systems

    NAKASYOTANI Teppei , TODA Hiroyuki , KURI Toshiaki , KITAYAMA Ken-ichi

    WDMミリ波帯光ファイバ無線システムにおいてスーパーコンティニウム光源(SC)を用いることを提案する。モード間隔25GHzのSC光源を用い、フォトニックアップコンバージョンにより60GHz帯ROF信号を生成した。さらに、1チャネルおよび2チャネル波長分割多重の60GHz帯ROF信号を長さ25kmの単一モードファイバ(SMF)に伝送させた結果、符号誤り率10^<-10>以下を得た。

    Technical report of IEICE. OCS 104(456), 67-72, 2004-11-25

    References (12)

  • Feasibility of a supercontinuum light source for DWDM mm-wave-band radio-on-fiber systems

    NAKASYOTANI Teppei , TODA Hiroyuki , KURI Toshiaki , KITAYAMA Ken-ichi

    WDMミリ波帯光ファイバ無線システムにおいてスーパーコンティニウム光源(SC)を用いることを提案する。モード間隔25GHzのSC光源を用い、フォトニックアップコンバージョンにより60GHz帯ROF信号を生成した。さらに、1チャネルおよび2チャネル波長分割多重の60GHz帯ROF信号を長さ25kmの単一モードファイバ(SMF)に伝送させた結果、符号誤り率10^<-10>以下を得た。

    Technical report of IEICE. OFT 104(458), 67-72, 2004-11-25

    References (12)

  • Optical-Frequency-Interleaved DWDM Transmission of Millimeter-Wave-Band SCM Radio-on-Fiber Signals

    KURI Toshiaki , TODA Hiroyuki , KITAYAMA Ken-ichi

    本稿では,ミリ波帯副搬送波多重(SCM)光ファイバ無線(ROF)信号を光周波数重畳配置した高密度波長多重(DWDM)伝送の実験的検証について報告する.本検証実験では,まず2チャネルDWDM/2チャネルSCM ROF信号を25kmの標準単一モード光ファイバ上を伝送させたあと多重分離する.個々のROF信号は独立した60GHz帯155.52Mb/s差動位相変調(DPSK)信号による変調光である.著者らが …

    Technical report of IEICE. OPE 103(240), 29-32, 2003-07-31

    References (7)

  • Optical-Frequency-Interleaved DWDM Transmission of Millimeter-Wave-Band SCM Radio-on-Fiber Signals

    KURI Toshiaki , TODA Hiroyuki , KITAYAMA Ken-ichi

    本稿では,ミリ波帯副搬送波多重(SCM)光ファイバ無線(ROF)信号を光周波数重畳配置した高密度波長多重(DWDM)伝送の実験的検証について報告する.本検証実験では,まず2チャネルDWDM/2チャネルSCM ROF信号を25kmの標準単一モード光ファイバ上を伝送させたあと多重分離する.個々のROF信号は独立した60GHz帯155.52Mb/s差動位相変調(DPSK)信号による変調光である.著者らが …

    IEICE technical report. Microwaves 103(237), 29-32, 2003-07-31

    References (7)

  • Optical-Frequency-Interleaved DWDM Transmission of Millimeter-Wave-Band SCM Radio-on-Fiber Signals

    KURI Toshiaki , TODA Hiroyuki , KITAYAMA Ken-ichi

    本稿では,ミリ波帯副搬送波多重(SCM)光ファイバ無線(ROF)信号を光周波数重畳配置した高密度波長多重(DWDM)伝送の実験的検証について報告する.本検証実験では,まず2チャネルDWDM/2チャネルSCM ROF信号を25kmの標準単一モード光ファイバ上を伝送させたあと多重分離する.個々のROF信号は独立した60GHz帯155.52Mb/s差動位相変調(DPSK)信号による変調光である.著者らが …

    Technical report of IEICE. SAT 103(234), 29-32, 2003-07-31

    References (7)

  • Optical-Frequency-Interleaved DWDM Transmission of Millimeter-Wave-Band SCM Radio-on-Fiber Signals

    KURI Toshiaki , TODA Hiroyuki , KITAYAMA Ken-ichi

    本稿では,ミリ波帯副搬送波多重(SCM)光ファイバ無線(ROF)信号を光周波数重畳配置した高密度波長多重(DWDM)伝送の実験的検証について報告する.本検証実験では,まず2チャネルDWDM/2チャネルSCM ROF信号を25kmの標準単一モード光ファイバ上を伝送させたあと多重分離する.個々のROF信号は独立した60GHz帯155.52Mb/s差動位相変調(DPSK)信号による変調光である.著者らが …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 103(231), 29-32, 2003-07-24

    References (7)

  • 156Mbps Ultra-High-Speed Wireless LAN Prototype in Millimeter-Wave Band

    WU Gang , INOUE Masugi , HASE Yoshihiro

    本稿では、38GHzにおける156Mbps超高速ミリ波無線LANシステムの研究開発について述べる。郵政省通信総合研究所では、ミリ波広帯域無線アクセスネットワークの構築に向けて、構内無線LANの研究開発を推進しており、本装置を3代目の試作プロトタイプとして開発した。本装置は、以前のプロトタイプに比べ、より一層高速化(156Mbps)、小型化(無線送受信機体積が1000cc以下)、マルチセル化(2つの …

    Technical report of IEICE. SSE 100(192), 127-133, 2000-07-18

    References (13)

  • 156Mbps Ultra-High-Speed Wireless LAN Prototype in Millimeter-Wave Band

    WU Gang , INOUE Masugi , HASE Yoshihiro

    本稿では, 38GHzにおける156Mbps超高速ミリ波無線LANシステムの研究開発について述べる。郵政省通信総合研究所では、ミリ波広帯域無線アクセスネットワークの構築に向けて, 構内無線LANの研究開発を推進しており、本装置を3代目の試作プロトタイプとして開発した。本装置は、以前のプロトタイプに比べ、より一層高速化(156Mbps)、小型化(無線送受信機体積が1000cc以下)、マルチセル化(2 …

    Technical report of IEICE. RCS 100(194), 127-133, 2000-07-11

    References (13)

  • Measurement methods of Electromagnetic Wave Shielding in mm-Waves  [in Japanese]

    HATAKEYAMA Kennichi , YAMAUCHI Kenji , HASHIMOTO Taro

    マイクロ波からミリ波帯(10GHz〜100GHz)における板状遮蔽材、および電子機器隙間用のガスケット遮蔽材の測定法を解説する。板状遮蔽材の測定では、電波吸収体を張り付けた小型暗箱にパラボラアンテナを対向させてTEM波入射での遮蔽効果測定装置を紹介する。隙間用遮蔽材の測定では、2枚の平行金属板間に挿入した誘電体ロッドにTEモードを伝搬させ、試料に照射させて透過を測定する装置を紹介する。

    IEICE technical report. Microwaves 98(419), 53-60, 1998-11-19

    References (7)

  • Broadband Radio Access Integrated Network (BRAIN) in MM-Wave Band : Indoor LAN Prototype  [in Japanese]

    WU Gang , HASE Yoshihiro , INOUE Masugi

    ミリ波帯における通信システムの実用化に向けて、ミリ波広帯域無線アクセスネットワーク(BRAIN)というシステムコンセプトが最近検討されてきた.BRAINシステムは, 38GHz帯や60GHz帯などの豊かなミリ波帯を利用し、屋内では超高速無線LAN, 屋外では加入者無線やFTTCのラストホップの形態で広帯域無線アクセスサービスの提供を目標としている.通信総合研究所では, まずBRAINの構内系システ …

    Technical report of IEICE. RCS 97(549), 23-30, 1998-02-20

    References (11)

  • Broadband Radio Access Integrated Network (BRAIN) in MM-Wave Band : Indoor LAN Prototype  [in Japanese]

    WU Gang , HASE Yoshihiro , INOUE Masugi

    ミリ波帯における通信システムの実用化に向けて, ミリ波広帯域無線アクセスネットワーク( BRAIN )というシステムコンセプトが最近検討されてきた.BRAINシステムは, 38GHz帯や60GHz帯などの豊かなミリ波帯を利用し, 屋内では超高速無線LAN, 屋外では加入者無線やFTTCのラストホップの形態で広帯域無線アクセスサービスの提供を目標としている.通信総合研究所では, まずBRAINの構内 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 97(546), 23-30, 1998-02-20

    References (11)

  • Broadband Radio Access Integrated Network (BRAIN) in MM-Wave Band : Indoor LAN Prototype  [in Japanese]

    WU Gang , HASE Yoshihiro , INOUE Masugi

    ミリ波帯における通信システムの実用化に向けて, ミリ波広帯域無線アクセスネットワーク(BRAIN)というシステムコンセプトが最近検討されてきた.BRAINシステムは, 38GHz帯や60GHz帯などの豊かなミリ波帯を利用し, 屋内では超高速無線LAN, 屋外では加入者無線やFTTCのラストホップの形態で広帯域無線アクセスサービスの提供を目標としている.通信総合研究所では, まずBRAINの構内系シ …

    IEICE technical report. Microwaves 97(552), 23-30, 1998-02-20

    References (11)

Page Top