Search Results 1-20 of 943

  • Developing simple methods for teaching Japanese pronunciation : mora rhythm and pitch accent  [in Japanese]

    金村 久美

    人文科学論集 = The Journal of Science of Culture and Humanities (98), 1-19, 2019-03-20

    IR  DOI 

  • Repetition and Difference : On Terezia Mora's Borderland Stories in Seltsame Materie  [in Japanese]

    新本 史斉

    津田塾大学紀要 = Journal of Tsuda University (51), 77-99, 2019-03

    IR 

  • Formation of "TA-forms" in Kansaiben Japanese  [in Japanese]

    山下 好孝

    日本語教育ではいわゆる辞書形(終止形)から様々な動詞活用形が作られる。日本語教員によっては辞書形からではなく「マス形(連用形)」から変化形を作るように指導している人もいるが、これは誤りである。なぜかというと「アクセント(強勢)」まで含めて正しく指導するにはマス形から他の動詞形を導くことは不可能だからである。日本語の標準語における辞書形から他の動詞形へのアクセント規則は概ね次の表のようにまとめること …

    日本語・国際教育研究紀要 (22), 77-86, 2019-03

    IR 

  • Vowel Lengthening for Tonal Distinction in the Segami Dialect of Japanese

    KUROKI Kunihiko

    本論文では、上甑島瀨上方言における次末尾輕音節の長母音化が、2 種類の語聲調を辨別する爲に行なはれることを明らかにする。瀨上方言は、鹿兒島縣本土の西方約40km に位置する、上甑島の北西に形成された小集落で話されてゐる危機方言である。同方言においては、他の現代日本語諸變種に同じく、長母音が短母音と音韻的に對立する。たゞし、兩者の對立は、輕音節[CV[+high]]で終はる語の次末尾音節においてのみ …

    トークス = Theoretical and applied linguistics at Kobe Shoin : 神戸松蔭女子学院大学研究紀要言語科学研究所篇 (22), 33-40, 2019-03

    IR  DOI 

  • A report of a music outreach activity created with classroom teacher : working with the special education school  [in Japanese]

    瀧川 淳 , 倉田 沙耶香 , 井上 育美 , 大森 紗綾 , 前田 鳳子 , 森下 邦皇 , Andres Mora Corrale , タキカワ ジュン , クラタ サヤカ , イノウエ イクミ , オオモリ サヤ , マエダ フウコ , モリシタ クニオ , Takikawa Jun , Kurata Sayaka , Inoue Ikumi , Omori Saya , Maeda Fuko , Morishita Kunio

    熊本大学教育実践研究 (36), 197-202, 2019-02-15

    IR 

  • Effects of food supplements on periodontal status and local and systemic inflammation after nonoperative periodontal treatment

    Rasperini Giulio , Pellegrini Gaia , Sugai Jim , Mauro Cesare , Fiocchi Simone , Corvi Mora Paolo , Dellavia Claudia

    <p>The present study aimed to assess the effects of a multimicronutrient food supplement on periodontal clinical parameters and systemic/local inflammatory markers. Thirty patients with severe c …

    Journal of Oral Science 61(2), 213-220, 2019

    J-STAGE 

  • Association between Ability to Discriminate Speech Sounds and Process of Articulation Acquisition in Children with Articulation Disorders  [in Japanese]

    Ikegami Toshiyuki , Yamada Hiroyuki , Hara Shuichi

    <p>7例の構音障害児について,外的語音弁別能力(他者が発した語音を弁別する能力)を聴覚的絵ポインティング課題にて検討した.対象とした構音障害児は,すべて構音訓練を受けたことがなかった.健常3歳児および4歳児(各10例)を対照群とした.<br>/k//s/を語頭音とした2モーラ語「かめ」「さめ」に,後続音を統一した「あめ」「まめ」を加えた四分の一選択課題を行い,正答数および …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 60(2), 140-147, 2019

    J-STAGE 

  • Katakana Training for a Hearing-Impaired Child with Katakana Writing Difficulties  [in Japanese]

    Fujiyoshi Akie , Uno Akira , Fukushima Kunihiro

    <p>カタカナ書字の困難さを訴える軽度聴覚障害児1名に,良好な音声言語の長期記憶力を活用したカタカナ書字指導法を適用した.健聴児における読み書きの困難さの原因と考えられる認知障害構造には,視覚認知障害,音韻認識障害が挙げられる.本症例も音韻認識能力が低かったが,音声言語の長期記憶は良好であった.また,本人の練習したいという意思を確認し,先行研究の発達性読み書き障害健聴例を対象としたバイ …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 60(2), 148-154, 2019

    J-STAGE 

  • Ausbruch aus der Routine, Erzahlperspektive, Arbeitsrhythmus, Japan-Motiv, Feminismus, Spurensuche u.a. : Interview mit Terezia Mora und Sabine Scholl

    Tsuchiya Masahiko

    … Das Interview mit Terezia Mora und mit Sabine Scholl wurde je im September 2018 in Berlin gemacht. … Bei Mora handelt es sich darum, wie man den Gesichtspunkt der Protagonisten im Erzahlungsband "Die Liebe unter Aliens" wechselt, wie das innere Leben sich mit dem außeren Leben unterscheidet, wie die Autorin eigentlich literarisch arbeitet u.a. …

    名古屋学院大学論集. 言語・文化篇 = Journal of Nagoya Gakuin University 30(2), 105-124, 2019

    IR  DOI 

  • The compound loanwords with long vowels in the second mora and the abbreviated forms  [in Japanese]

    文 昶允 , Changyun MOON

    複合外来語に由来する短縮語形には、語順から順に2モーラずつを切り取る規則的な語形に加え、第2モーラにある特殊モーラの代わりにその直後の自立モーラを組み込む変則的な語形が存在する。本研究では、変則的な語形の生起に影響する要因を明らかにするため、複合外来語の前部要素に長音を含む語に注目する。加えて、短縮現象に働くと考えられる2つの原則のうち、どちらの原則がより優先的に働くかによって短縮語形が決められる …

    筑波日本語研究 = Tsukuba Japanese linguistics (23), 183-197, 2019

    IR 

  • Dialect Maintenance of a "J-turn" Migrant : A Case Where the Subject Maintained the Accent Patterns of His Native Village  [in Japanese]

    村中 淑子

    … The items weanalyzed were his accent patterns when pronouncing two-mora nouns and hisusage of auxiliary verbs and particles.The results showed that he maintained the characteristics of the south Kagadialect well. … In particular, concerning the accent patterns of two-mora nouns,he maintained the characteristics of his native village dialect, which is onevariety of the south Kaga dialect. …

    人間文化研究 = Journal of humanities research, St. Andrew's University (9), 23-50, 2018-11

    IR 

  • Thermal Comfort : Designing for People  [in Japanese]

    Mora Rodrigo , Bean Robert , 山田 敏弘 [訳] , 橋本 幸博 [訳] , 磯 佑輔 [訳]

    空気調和・衛生工学 92(10), 963-968, 2018-10

  • Accent Data from the Asama Dialect in Tokunoshima, Amami(Part 7)  [in Japanese]

    上野 善道 , Zendo UWANO

    奄美群島徳之島浅間方言の包括的なアクセント記述の一環として,今回は,上野(1987)の4モーラ語語彙リストのうち,本誌14号に続く後半のタ行からワ行までの1,376項目の資料を掲げる。

    国立国語研究所論集 (16), 129-156, 2018-10

    IR  DOI 

  • An Accent Research Based on Keiretsu-betsu-goi on the Kunigami Dialect, Okinoerabu Island  [in Japanese]

    高山 林太郎

    本稿は系列別語彙と呼ばれる語彙リストを研究に用いて沖永良部島国頭方言の名詞,動詞,形容詞の共時的なアクセント体系を報告する。また,琉球方言の系列別アクセントの通時的研究にデータを提供する。系列別語彙や他のリストに基づく国頭方言のアクセント付き単語リストが本稿の末尾に示される。本稿は主として次の点を指摘する。第一に,いくつかの形容詞が形容詞アクセントの第3タイプに属するが,そのようなタイプは嘗て日本 …

    東京大学言語学論集 電子版(eTULIP) = Tokyo University linguistic papers (eTULIP) 40(eTULIP), e61-e88, 2018-09-30

    IR 

  • The Accents of Loanwords in the Owase Dialect (Mie Prefecture)  [in Japanese]

    平田 秀

    本論では、三重県尾鷲方言の外来語アクセントについて述べる。尾鷲方言のアクセント体系は、3種の式(文節全体が担う声調的要素)の対立と下げ核の有無・位置の対立で記述される。外来語は、通方言的にみて無標のアクセントの出やすい語種である。調査項目とした外来語全677語中672語が筆者が「α式」とラベル付けした式をもち、尾鷲方言のアクセント体系における3種の式のうち、α式が無標の式であることが強く示唆される …

    東京大学言語学論集 = Tokyo University linguistic papers (TULIP) 40(TULIP), 85-101, 2018-09-30

    IR 

  • Japanese Phonetic Notation Using the English Alphabet  [in Japanese]

    野田 尚史 , 中北 美千子 , Hisashi NODA , Michiko NAKAKITA

    英語アルファベットによる日本語音声表記というのは,英語の表記方法における文字と音声の関係に従って日本語の音声をアルファベットで表記するものである。たとえば[セート](生徒)は「seh-eh-toh」と表記する。日本語をアルファベットで表記するときは,一般的にはヘボン式ローマ字が使われる。ヘボン式ローマ字は子音は英語の表記に従っているが,母音は英語の表記には従っていない。そのため,ヘボン式ローマ字の …

    国立国語研究所論集 (15), 135-162, 2018-07

    IR  DOI 

  • A Study on How to Scaffold in Japanese Academic Writing : Through the Practice of Academic Writing Class which Incorporates Self and Peer Assessments  [in Japanese]

    NAKATA Hitomi

    … From an experiment, we also obtained the results that Japanese listeners tend to isolate Japanese words from English songs where the same vowels are shared in both languages and where the structure of a syllable and a mora are matched. …

    成蹊大学一般研究報告 50, 1-16, 2018-06

    IR  IR 

  • Japanese children's speaking rate reflect acquisition of mora-timed rhythm  [in Japanese]

    岩本 教慈 , 近藤 綾子 , 菊池 英明 , 馬塚 れい子

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(519), 81-84, 2018-03-19

  • On the elements and the structures of special moraic phonemes in Japanese  [in Japanese]

    松井 理直

    … This result supports that the syllable takes precedence over the mora in Japanese. …

    トークス = Theoretical and applied linguistics at Kobe Shoin : 神戸松蔭女子学院大学研究紀要言語科学研究所篇 (21), 105-150, 2018-03

    IR  DOI 

  • Dialect accent in which Keihan-type and Tokyo-type are mixed : -3 mora words in Suzuka Mie  [in Japanese]

    竹内 はるか

    国語研究 (81), 18-32, 2018-02

Page Top