Search Results 1-20 of 408

  • Seismic response of a cylindrical tunnel with construction joints subjected to longitudinal ground displacement

    Yasuda Naotoshi , Asakura Toshihiro

    … A seismic response analysis for a mountain tunnel is often two-dimensional, using the tunnel cross-section. … However, responses in the longitudinal direction should not be neglected, especially when considering the tunnel lining damage that has been caused by recent earthquakes. …

    Tunnelling and Underground Space Technology (102), 2020-08

    IR 

  • MOUNTAIN TUNNEL DESIGN UTILIZED CIM MODEL  [in Japanese]

    宮城 大助 , 田村 賢人 , 森 博昭 , 相原 昇 , 松田 道雄

    中央復建C.技報 = Chuo Fukken Consultants technical report (50), 70-73, 2020-01

  • Tunnel and Groundwater:- My knowledge from the field -  [in Japanese]

    OHSHIMA Hiroshi

    <p>筆者は,当時の国鉄に就職し,鉄道技術研究所地質研究室に配属されて以来,これまで55年以上に渡って山岳トンネル,とくに地下水が関わる様々な問題の解決に携わってきた。日本地下水学会誌の特集号に論文を投稿する機会を得たことから,筆者の知見の集大成として,トンネルと地下水に関してこれまでに学んだことを事例とともに紹介する。トンネル内に湧出する地下水を「トンネル湧水」と呼ぶ。論文では,まず …

    Journal of Groundwater Hydrology 62(2), 257-281, 2020

    J-STAGE 

  • Application of deep learning and ensemble learning on the rock mass evaluation of mountain tunnenl  [in Japanese]

    HASEGAWA Hirokazu , HEMMI Ryo , TORII Satoshi , TANIMURA Kosuke , AWAJI Dohta

    <p>山岳トンネル建設では地山性状を正確に評価することにより適切な支保工や補助工の選定を行い、落石・崩落の防止を行っている。地山性状の評価ではトンネル掘削面(切羽)の風化度合や亀裂の状態、岩盤強度を専門技術者の目視観察により行うが、観察者の経験差により結果が異なる場合がある。このため誰でも習熟した専門技術者と同等な評価ができるシステム開発が求められている。我々は切羽から取得した写真画像 …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2020(0), 2O5GS1302-2O5GS1302, 2020

    J-STAGE 

  • VISCO-ELASTO-PLASTIC MODEL FOR SWELLING AND SQUEEZING GROUND FOR DEFORMED TUNNEL  [in Japanese]

    OKUI Yuzo , NISHIMURA Kazuo , ISAGO Nobuharu

    <p> 筆者らは,これまでに岩石の吸水膨張(膨潤)と強度低下を組み合わせた弾完全塑性モデルを提案し,実際に供用後のトンネルで顕在化した側壁の押出しを伴う盤ぶくれをよく再現できることを確認した.本論文では,さらに,時間項を導入し,緩慢に進行するトンネル変状をその時間的な進展も含めて再現することを試みた.そして,実際の変状トンネルに適用し,時間に依存した変状の進展において,その途中段階や対 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 76(1), 1-20, 2020

    J-STAGE 

  • ESTIMATION OF FLOOR HEAVE MECHANISM OF ROCK TUNNELS FOCUSED ON THE CHANGE IN WATER CONTENT  [in Japanese]

    SHIMAMOTO Keisuke , KAWAGOE Takeshi , YASHIRO Kazuhide , KOBAYASHI Hiroaki , ISOGAI Atsumi

    <p> 山岳トンネルにおいて,トンネル完成後に盤ぶくれが発生し対策が必要となることがある.このような盤ぶくれのメカニズムを解明することを目的に事例分析,文献調査を実施した.これらより,建設時の情報から完成後の盤ぶくれを予見するのは難しいものの,盤ぶくれと水の関係は密接であることがわかった.さらに,岩石試験,模型実験を実施し,建設時に湧水が少なくても,完成後には何らかの形で水が供給された …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 76(1), 34-48, 2020

    J-STAGE 

  • ICT application to improve the management efficiency in Mountain Tunnel Construction  [in Japanese]

    石田 仁 , 前田 智之 , 藤田 真司 , 森屋 陽一

    建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会講演集 土木学会建設マネジメント委員会 編 = The proceeding of Annual Forum on Construction Management Issues 37, 43-46, 2019-12

  • Evaluation of Seismic Amplification in Mountain Tunnel based on Seismic Observation Records  [in Japanese]

    田中 浩平 , 坂井 公俊 , 村越 雄太 , 井手 剛

    鉄道総研報告 = RTRI report : 鉄道総合技術論文誌 33(12), 17-22, 2019-12

  • Applicability of Neural Network in Rock Classification of Mountain Tunnel

    Hasegawa Nobusuke , Hasegawa Shingo , Kitaoka Takafumi , Ohtsu Hiroyasu

    Materials transactions 60(5), 758-764, 2019-05

  • Evaluation of the Earthquake Countermeasure Method Applied to Mountain Canal Tunnel  [in Japanese]

    細山田 真 , 篠原 亮二 , 小林 淳 , 立石 晶洋

    水土の知 : 農業農村工学会誌 87(3), 203-206, 2019-03

  • STUDY ON DAMAGE TO ROADBED OF RAILWAY MOUNTAIN TUNNEL CAUSED BY EARTHQUAKE IN 2011 AND SEISMIC RETROFIT OF TUNNEL  [in Japanese]

    宮崎 真弥 , 水野 光一朗 , 木村 博憲 , 鈴木 尊

    地下空間シンポジウム論文・報告集 Proceedings of the Symposium on Underground Space 24, 163-168, 2019-01

  • Use of CIM at Mountain Tunnel Work  [in Japanese]

    德永 高志 , 三上 浩 , 藤倉 孝明 , 村山 秀幸

    トンネルと地下 = Tunnels and underground : 日本トンネル技術協会誌 50(1), 45-53, 2019-01

  • Filling work of rear face cavity of mountain tunnel with continuing eight-days suspension of traffic : worked by three groups system in Nishi-Meihan Expressway  [in Japanese]

    村松 一彦

    淺沼組技術研究報告 淺沼組技術研究所 編 (31), 7-1-6, 2019

  • The effectiveness of automated angle control system to reduce the overbreak for excavation by blasting

    FUKUDA Tsuyoshi , ARAI Takumi , TAKASHINO Ryota , OTSUBO Hiroyuki , KAKIMI Kousuke , OKUBO Masahiro , YAMAGUCHI Yohei , OKAWA Ryo , YAMABE Keita

    … Comprehensive collection and utilization of information were carried out and with target to eliminate the over reliance of experience worker in mountain tunneling, "Auto-mated Angle Control System" technology was developed to reduce the overbreak of tunnel during excavation. … This system was tested in Shin-Tomei Expressway Takatoriyama west tunnel construction project and results confirmed that the system successfully minimized the over-break of tunnel during excavation. …

    International Journal of the JSRM 15(1), 21-23, 2019

    J-STAGE 

  • INFLUENCE OF CHARACTERISTICS OF TRAINING DATA SET ON THE ACCURACY OF ROCK CLASSIFICATION ESTIMATION FOR MOUNTAIN TUNNELS BY ARTIFICIAL NEURAL NETWORK  [in Japanese]

    TSUCHIYA Yotaro , KITAOKA Takafumi , HASEGAWA Nobusuke , PIPATPONGSA Thirapong , OHTSU Hiroyasu

    <p> 山岳トンネルの建設プロジェクトでは,事前調査における地山等級と実際の地山等級が乖離することにより,しばしば施工時に建設コストが大幅に増加する事態が生じている.このため,事前調査における地山等級の予測精度の向上が求められている.筆者らは,地山等級の予測精度の向上を目的に,ニューラルネットワークによる地山等級の予測に関する研究を行っている.これまでの研究では数少ないトンネルデータに …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 75(1), 130-142, 2019

    J-STAGE 

  • INHIBITION EFFECT OF A NEW SHAPE INVERT THAT PREVENTS FLOOR HEAVING AFTER COMPLETION  [in Japanese]

    KOBAYASHI Hiroaki , UENO Hikaru , ISOGAI Atsumi , SHIMAMOTO Keisuke , KISHIDA Kiyoshi

    <p> 近年,山岳トンネルにおいて完成後に盤ぶくれが発生し,対策を実施した事例が報告されているが,鉄道などの走行安全性を確保するためには,盤ぶくれを未然に防ぐことは非常に重要である.しかし,掘削時の地山状況から盤ぶくれがわずかでも懸念される地山に対して,曲率が大きいインバートや鉄筋コンクリート構造のインバートを採用することは,現実的ではない.本研究では,これらの課題の解決をすべく新たに …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 75(1), 116-129, 2019

    IR  J-STAGE 

  • STUDY ON MOUNTAIN TUNNELS WATER-REDUCING MEASURES AND TUNNEL BEHAVIORS BY POST GROUTING  [in Japanese]

    NAKADE Tsuyoshi , SUZUKI Masabumi , TEZUKA Hitoshi , KOTAJIMA Nobuyoshi , KATAYAMA Masahiro , KISANUKI George , NISHIGAKI Makoto

    <p> 山岳トンネルの施工による地下水環境対策として,トンネル周囲へのグラウチングにより湧水の抑制を図る場合があるが,グラウチングをトンネル掘削後に実施するポストグラウトの例は少ない.本研究では,ダムのコンソリデーショングラウト手法を用いたポストグラウトによる減水対策工法の設計・施工法を提示し,その効果について施工データをもとに考察する.さらに,対策後の150mを超える地下水位回復時に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 75(1), 75-87, 2019

    J-STAGE 

  • Spatial Estimation and Face-forward Prediction of Elution Amount of Arsenic in Mountain Tunneling Using Geostatistics  [in Japanese]

    KUBO Taiki , OKUZAWA Koichi , KOIKE Katsuaki

    <p>トンネル切羽前方の重金属濃度を予測する手法の開発を目的として,四万十層群中で掘削された山岳トンネルをケーススタディに選び,ヒ素溶出量に着目した.ヒ素溶出量データには明瞭な空間的相関性が存在し,そのセミバリオグラムは球モデルによく適合し,普通クリギング(OK)でも対象区間全体のヒ素溶出量分布の特徴を明らかにできた.切羽前方予測を模擬した解析でも,前方3 m以内であればOKの予測精度 …

    Geoinformatics 30(2), 51-58, 2019

    J-STAGE 

  • Prediction of Falling Rocks from a Tunnel Face by Multimodal Deep Learning  [in Japanese]

    NISHIZAWA Yusuke , HONMA Shinichi , TOBE Hayato , MIYAJIMA Yasuyuki , FUKUSHIMA Daisuke

    <p>山岳トンネル工事では切羽状況の見落としによる肌落ち災害が問題になっている。そこで当社では一部の岩盤性状の情報を用いて切羽の剥落予測する技術を開発したが、剥落に関連する他の要因が考慮されていないため十分な精度が得られていないと考えられる。本稿では、予測精度向上の可能性を検証することを目的に、岩盤性状の情報と切羽画像を組み合わせたマルチモーダルモデル深層学習によって切羽剥落予測を行っ …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 4Q2J1304-4Q2J1304, 2019

    J-STAGE 

  • Applicability of Neural Network in Rock Classification of Mountain Tunnel

    Hasegawa Nobusuke , Hasegawa Shingo , Kitaoka Takafumi , Ohtsu Hiroyasu

    … <p>In construction projects of mountain tunnels, with a purpose of improving accuracies of rock classifications in preliminary survey, we have studied applicability of Artificial Neural Network (ANN). … Leveraging the characteristics, accuracy of rock classification improved by using geophysical datasets (seismic velocity and resistivity) at a tunnel face and surrounding. …

    MATERIALS TRANSACTIONS 60(5), 758-764, 2019

    J-STAGE 

Page Top