Search Results 1-20 of 95

  • 1 / 5
  • Dynamic Control Method of Explicit Address Mapping Table in IPv6 Single-Stack Network

    Yasunobu Toyota , Osamu Nakamura

    IEICE Proceeding Series (62), 37-42, 2020

    DOI 

  • Research on ecosystem destruction and commoditization by dominant plat form products

    Kato Kazuhiko

    <p>The purpose of this paper is to clarify the prior research related to dominant platform products and to illustrate the mechanism that dominant platform products induce the commoditization at …

    The Annual Bulletin of Japan Academy of Business Administration 88(0), E2-1-E2-8, 2018

    J-STAGE 

  • A DDoS Attack Defense Method Using IP Address-hopping on Multihoming  [in Japanese]

    岩永 崇裕 , 木村 成伴

    インターネットセキュリティを脅かす強力で防御が難しい攻撃の1つにDDoS攻撃があげられる.このDDoS攻撃では,送信元のIPアドレスを偽装する"IPスプーフィング"を用いることで,攻撃の発生源を容易に特定することが妨げられるため,結果的に,攻撃を防ぐことが困難になる.この問題を解決するため,Khorらは,Overfortを提案している.この方式では,サーバはマルチホーミングしており,通常は,一方の …

    情報処理学会論文誌 58(9), 1432-1449, 2017-09-15

    IPSJ 

  • A Study of LISP router aggregation methods for Next Generation Internet  [in Japanese]

    小林 裕太 , 小川 猛志

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(256), 19-22, 2016-10-20

  • A Study of Network Effects in the Platform Products' Strategy:──How Platform Providers Take Dominant Positions in Multi-Homing Situations──  [in Japanese]

    Kato Kazuhiko

    <p>The purpose of this paper is to examine the role of the network effects in the platform products' strategy. The paper starts to discuss how effective platform product providers leverage netwo …

    The Annual Bulletin of Japan Academy of Business Administration 86(0), E2-1-E2-8, 2016

    J-STAGE 

  • Energy-Efficient Resource Allocation for Multi-Radio Access in Dynamic and Heterogeneous Wireless Networks

    YANG Fan , YANG Qinghai , KWAK Kyung Sup

    … In this paper, by jointly considering power allocation and network selection, we address the energy efficiency maximization problem in dynamic and heterogeneous wireless networks, where user equipments are typically equipped with multi-homing capability. …

    IEICE Transactions on Communications E99.B(6), 1386-1394, 2016

    J-STAGE 

  • Preliminary Investigation of Subflow Control Policies in Multipath TCP Considering UDP Flows  [in Japanese]

    KANAI Tomohiko , SHIMAMURA Masayoshi , IIDA Katsuyoshi

    スモールオフィス等で利用する多様なアプリケーションの品質向上のために複数回線の設置と複数回線を同時に利用できるMPTCPの利用が考えられる.しかし,MPTCPフローとUDPフローが競合した場合に互いにどのような影響を与えるかが明らかになっていない.本研究では10[Mb/s]の回線が2つある環境において,UDPフローと競合するMPTCPフローがどのように回線を使い分けることで,UDPフローとMPTC …

    IEICE technical report 114(477), 179-184, 2015-03-02

  • A Review of Intermediary Platform:Strategies of Platform Mediator  [in Japanese]

    Mizoshita Hiroshi

    プラットフォームビジネスでは、先発性やネットワーク効果などによって1つあるいは少数の製品やサービスが市場で高い支配力を持つ状況が起こりやすい。しかし、このような寡占化した市場にあっても、新たな製品やサービスを投入し、一定の存在として認められる企業が現れることも珍しくない。先行研究では、基盤型プラットフォームの事例を通して、後発企業がいかに自陣営のプラットフォームの支配力を高めたかが論じられた。本稿 …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2015s(0), 33-36, 2015

    J-STAGE 

  • A study of network effects by reviewing the previous works and case analyses in the platform strategy:The discussion in terms of the multi-homing, switching and dominant situation  [in Japanese]

    Kato Kazuhiko

    本稿は、プラットフォーム戦略においてネットワーク効果の果たす役割について考察する。はじめに、ネットワーク上のソフトウェアやサービスにおけるネットワーク効果に関する先行研究を整理し俯瞰する。その上で事例を取り上げ、ネットワーク効果がいかに自社製品へのスイッチングやドミナント化に関係しているのかを参照する。そこでは、プラットフォーム提供者の戦略上のインプリケーションとして、マルチフォーミング状況下の同 …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2015s(0), 145-148, 2015

    J-STAGE 

  • Application to telemedicine and proposed the Integrated Multi-VPN in the transport layer  [in Japanese]

    TASAKA Yuta , KOIDE Hiroshi , NOMA Tsukasa

    … 複数のLANに対して同時にVPN接続を行うことを容易にするトランスポート層におけるIntegrated Multi-VPNを提案する.既存技術であるIPSecVPNやSSL-VPN等では同時に複数のVPN接続が困難であったが,本手法ではトランスポート層において動的な経路設計を行う事で同時に複数のVPN接続を実現する.本手法は遠隔医療における複数の病院を連携する際に安全なネットワーク接続を実現するために応用することが可能である.また,仮想環境 …

    IEICE technical report. Information networks 114(139), 89-94, 2014-07-17

  • Modeling of M2M Area Network for Evaluation on Logical Topology : Relative Comparison of Single-hop and Multi-hop Networking  [in Japanese]

    Katoh Masafumi , Hatazoe Nami , Yun Wen , Fujita Hiroshi

    多様化するM2Mネットワークを効率的に設計する指針を得ることを目的に、M2Mエリアの論理トポロジーとしてシングルホップとマルチホップをとりあげ、これらの特徴を定量的に捉えるためのモデル化を行った。本モデルに基づきシングルホップとマルチホップの性能や所要電力を相対比較する。また、ノードの消費電力が場所毎に異なり保守の複雑化を招く課題に対し、ノードを反対方向の二つのGWヘ二重帰属する方式案を示す。

    IEICE technical report. SRW, Short range wireless communications 114(84), 77-82, 2014-06-16

  • Discussion about multi-homing of home networks  [in Japanese]

    FUJISAKI TOMOHIRO

    インターネットの普及・発展に伴い,一般家庭においても,さまざまなインターネットアクセス手段が利用可能となってきており,今後のホームネットワークは複数の回線によってインターネットに接続されるマルチホームIPv4/IPv6デュアルスタックネットワークになると考えられる.このような形態のネットワークを有効に活用するためには,従来の家庭向けインターネットサービス提供に使用されている木構造ネットワークをべー …

    IEICE technical report. Information and communication management 114(43), 119-123, 2014-05-22

  • Discussion about multi-homing of home networks  [in Japanese]

    Tomohiro Fujisaki

    インターネットの普及・発展に伴い,一般家庭においても,さまざまなインターネットアクセス手段が利用可能となってきており,今後のホームネットワークは複数の回線によってインターネットに接続されるマルチホーム IPv4/IPv6 デュアルスタックネットワークになると考えられる.このような形態のネットワークを有効に活用するためには,従来の家庭向けインターネットサービス提供に使用されている本構造ネットワークを …

    IPSJ SIG Technical Reports 2014-IOT-25(24), 1-5, 2014-05-15

  • Discussion about multi-homing of home networks  [in Japanese]

    Tomohiro Fujisaki

    インターネットの普及・発展に伴い,一般家庭においても,さまざまなインターネットアクセス手段が利用可能となってきており,今後のホームネットワークは複数の回線によってインターネットに接続されるマルチホーム IPv4/IPv6 デュアルスタックネットワークになると考えられる.このような形態のネットワークを有効に活用するためには,従来の家庭向けインターネットサービス提供に使用されている本構造ネットワークを …

    IPSJ SIG Notes 2014-CSEC-65(24), 1-5, 2014-05-15

  • Energy-Efficient Rate Allocation for Multi-Homing Services in Heterogeneous Wireless Access Networks

    OH Hyeontaek , LEE Joohyung , CHOI Seong Gon , CHOI Jun Kyun

    … Bandwidth aggregation (BAG) techniques have been researched for many years in an efforts to enhance throughput for multi-homed streaming service. … To improve the power efficiency in multi-homed streaming service, this paper proposes Power Minimized Rate Allocation Scheme (PMRAS) with optimal rate allocation at each interface while guaranteeing an allowable packet loss rate. …

    IEICE Transactions on Communications E97.B(11), 2316-2326, 2014

    J-STAGE 

  • ZNA: A Six-Layer Network Architecture for New Generation Networks —— Focusing on the Session Layer, the Network Layer, and Cross-Layer Cooperation ——

    TERAOKA Fumio , KANEMARU Sho , YONEMURA Kazuma , IDE Motoki , KAWAGUCHI Shinji , KANEKO Kunitake

    … The major features of ZNA are as follows: (1) introducing the session layer to provide the applications with sophisticated communication services, (2) employing inter-node cross-layer cooperation to adapt to the dynamically changing network conditions, (3) splitting the node identifier and the node locator for mobility, multi-homing, and heterogeneity of network layer protocols, (4) splitting the data plane and the control plane for high manageability, and (5) introducing a recursive layered model to support network virtualization. …

    IEICE Transactions on Communications E97.B(12), 2583-2595, 2014

    J-STAGE 

  • A Proposal and implementation of high-speed file transfer in ad-hoc communication  [in Japanese]

    TAKAHASHI Hiroto , NAKAMURA Yoshitaka , TAKAHASHI Osamu

    近年のモバイル端末の高性能化に伴い,モバイル端末が扱うファイルサイズはますます増大している.一方,近接したモバイル端末間でファイル転送を行う際の通信手段としてアドホック通信の利用が住目されており,転送ファイルサイズの増大に伴う改良が望まれている.本研究ではアドホック通信におけるファイル転送高速化の手段として,TCPマルチコネクションとマルチホーミング技術に着目した.これらの手法を適用し,モバイル端 …

    IEICE technical report 112(392), 43-48, 2013-01-24

  • An Implementation Design of a WLAN Handover Method Based on Cross-Layer Collaboration for TCP Communication

    TAENAKA Yuzo , TSUKAMOTO Kazuya , KASHIHARA Shigeru , YAMAGUCHI Suguru , OIE Yuji

    … In order to prevent the degradation of TCP performance while traversing two WLANs, we present an implementation design of an inter-domain TCP handover method based on cross-layer and multi-homing. … The proposed handover manager (HM) in the transport layer uses two TCP connections previously established via two WLANs (multi-homing) and switches the communication path between the two connections according to the handover trigger and the comparison of new/old APs. …

    IEICE Transactions on Communications E96.B(7), 1716-1726, 2013

    J-STAGE 

  • ECN Based Multi-path Mechanism for VoIP Transmission

    Kang Joonsuk , Okamura Koji , 姜 俊錫 , 岡村 耕二

    Multi-homing can be a good solution to avoid points of congestion in the network. … We therefore propose Real Time & Multi-path Transmission Protocol (RTMTP), a transport layer protocol in which multiple path real-time transport and effective congestion control are available. …

    九州大学大学院システム情報科学紀要 17(2), 41-48, 2012-09-26

    IR  DOI 

  • The Impact of Disjoint Multiple Paths on SCTP in the Connected MANET for Emergency Situations

    PARK Jeongseo , CHO Jinsoo , PARK Taekeun

    … Disjoint multiple paths allow multi-homing of SCTP to be fully utilized in MANETs, but it may cause inappropriate SACK handling. …

    IEICE Transactions on Communications 95(3), 1011-1014, 2012-03-01

    J-STAGE  References (8)

  • 1 / 5
Page Top