Search Results 1-20 of 7907

  • Correlations among resilience against violent behavior toward the self and others, rumination, and anger in high school students  [in Japanese]

    ISHIDA Michiko

    <p><b>目的</b> 本研究は,高校生の自他への暴力行動の予防的介入に関する知見を得ることをねらいとして,自他への暴力行動に対するレジリエンスと反すうおよび怒りとの関連について検討することを目的とした。</p><p><b>方法</b> 高校生1年生~3年生327人に対して無記名自記式質問紙調査を実施した。有効回 …

    Nihon Koshu Eisei Zasshi(JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH) 67(1), 33-41, 2020

    J-STAGE 

  • Experience of the Nursing Students Who Took Charge of End-of-life Cancer Patients in Clinical Practice of Gerontological Nursing  [in Japanese]

    Imai Yoshie , Onishi Chiemi , Bando Takae

    <p>本研究は,終末期がん患者を受け持った看護学生の体験を明らかにすることを目的とした.高齢者看護学実習にて終末期がん患者を受け持った看護学生3年生15名に面接調査を実施した.終末期がん患者を受け持った学生の体験は【苦しんでいる患者がいるのに何もできず情けない】【終末期と怖気づかずに非力ながらも自分から関わっていく】【日常生活のなかで生死を目の当たりにする】【患者が生きている今日1日を …

    Palliative Care Research 15(1), 1-8, 2020

    J-STAGE 

  • Preclinical assessment methodology using a dental simulator during dental students' first and third years

    Aliaga Ignacio , Pedrera-Canal Maria , Vera Vicente , Rico Martín Sergio , Garcia Barbero Enrique , Leal-Hernández Olga , Moran Jose M.

    … A total of 82 students who completed the first year of dentistry were followed for 2 years. … Manual skill improvement was detected in all the students. … The present study demonstrates that both methodologies can detect manual skill improvement in dental students. …

    Journal of Oral Science 62(1), 119-121, 2020

    J-STAGE 

  • A consideration of University student's Smartphone Addiction Scale  [in Japanese]

    KAZAMA Mari , KATO Kohji , ITAYAMA Minoru , KAWAUCHI Kenzo , FUJITANI Satoru

    <p>本研究の目的は,スマートフォンの使い方を大学生が自ら評価できるスマートフォン行動嗜癖自己評価尺度を開発することである.首都圏の大学に在籍し,スマートフォンを使用している大学生を対象に,研究者で作成したスマートフォン行動嗜癖自己評価尺度の調査を実施した.探索的因子分析と共分散構造分析,使用時間等との相関を求めた.その結果,有効回答数は587.男子学生243名,女子学生344名であっ …

    Japan Journal of Educational Technology, 2020

    J-STAGE 

  • Designing Scaffolding to Learn Nursing in Emergency Department  [in Japanese]

    Masuyama Junji , Tsuzuku Shigeki , Toda Masashi , Hiraoka Naoshi , Suzuki Katsuaki

    … <p>This study reviewed the use of simulation-based learning (SBL) to teach nursing in 2016 in a nursing course for certification in emergency care. … Nursing notes following SBL in 2016 were assessed with a rubric used in practical training, and the average score was low (68%). … In 2016, a heavy extraneous load (cognitive load theory) was imposed, but, the course design in 2017 decreased the extraneous load, allowing students to take on the germane load. …

    Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education 37(1), 32-43, 2020

    J-STAGE 

  • Practical training of pharmacokinetics with an web-based simulation application  [in Japanese]

    Hara Ichie , Suzuki Hiroaki , Kusakari Shinya , Matsuoka Masaaki

    <p>薬理学におけるコンピューターを用いたシミュレーション演習は,動物や生身の人体を用いずに行える学生実習方法であるというだけでなく,実際の臨床においても書物で得た知識を活用するための効率的な手段の一つである.東京医科大学薬理学分野では,薬物の個別治療に欠かせない薬物動態学の概念を視覚的に理解させる目的で,血中濃度シミュレーション実習を行っている.導入当時は学内コンピューターを用いて実 …

    Folia Pharmacologica Japonica 155(1), 51-55, 2020

    J-STAGE 

  • Dietary Habits of First-year Nursing College Students Living at Home/Alone  [in Japanese]

    關戸 啓子 , 原田 清美 , Keiko Sekido , Kiyomi Harada

    京都府立医科大学医学部看護学科看護系大学1年生の食生活の実態と居住形態による違いを明らかにすることを目的に調査を行った。対象は看護系大学1年生で協力に同意の得られた154人であった。住居形態と食生活の実態に関する質問(食生活の状況と「食生活指針」に示された11項目の実施度合い)で構成された質問紙調査を無記名で2016年と2018年に実施した。「実家暮らし」群は114人(74.0%)で、「一人暮らし …

    京都府立医科大学看護学科紀要 = Bulletin of School of Nursing Kyoto Prefectural University of Medicine (29), 47-52, 2019-12-25

    IR 

  • Awareness of Eating Habits of First-year Nursing College Students  [in Japanese]

    關戸 啓子 , 原田 清美 , Keiko Sekido , Kiyomi Harada

    京都府立医科大学医学部看護学科看護系大学1年生の食習慣と食への認識の実態、食習慣と食への認識および認識間の関連を明らかにすることを目的に調査を行った。対象は看護系大学1年生で協力に同意の得られた82人であった。食習慣(「食生活指針」に示された行動の実施度合い)11項目と食への認識6項目で構成された質問紙調査を無記名で2017年に実施した。その結果、食習慣においては「食事を楽しんでいる」「ごはんなど …

    京都府立医科大学看護学科紀要 = Bulletin of School of Nursing Kyoto Prefectural University of Medicine (29), 41-45, 2019-12-25

    IR 

  • Literature review on male nursing students' current status and educational involvement in maternal nursing practice  [in Japanese]

    坂本 保子 , 藤邉 祐子 , 髙橋 雪子

    男子看護学生の母性看護学実習における現状と教育的な関わりへの示唆を文献より明らかにすることを目的とした。検索は,医学中央雑誌web, 及びCiNiiを用い「母性看護」「男子学生」「母性看護実習」をキーワードに国内文献の37編から目的に合致した7編の内容分析をした。結果,【男子学生の母性看護学実習の現状】【母性看護学実習に対する男子学生自身の思い】【母性看護学実習における男子学生への教育的関わり】の …

    八戸学院大学紀要 (59), 13-19, 2019-12-20

    IR 

  • Communication skills and Social anxiety of nursing students about Basic Nursing Practice  [in Japanese]

    小沢 久美子 , 久保 宣子 , 下川原 久子 , 日當 ひとみ , 古舘 美喜子 , 佐々木 真湖 , 切明 美保子 , 川野 恵智子 , 蛭田 由美

    本研究は,基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ(以下基礎Ⅰ・Ⅱ)における看護学生のコミュニケーションスキルと対人不安との関連,および実習におけるコミュニケーションスキルの学びを明らかにすることを目的に,質問紙調査と自由記載による調査を行った。その結果,ENDCOREsは,基礎Ⅰ・Ⅱともに「他受容」の得点が高く,「表現力」「自己主張」の得点が低い傾向にあった。ENDCOREsはWSSの「消極性」「緊張」「過敏」「自 …

    八戸学院大学紀要 (59), 1-12, 2019-12-20

    IR 

  • A Study on the Lesson Content for the College Course "Practical Training of Nursing" (1) Findings in Analytical Examination of Students' Post-Activity Reflections on their Volunteer Activities in Local Elementary Schools  [in Japanese]

    山本 淳子

    大阪キリスト教短期大学紀要 = Bulletin of Osaka Christian College and Seminary (60), 47-62, 2019-12-10

    IR  DOI 

  • A training program to improve the skills for nursing students to develop Individualized Education Plans (IEP) for children with disabilities  [in Japanese]

    遠藤 愛 , 太田 研

    発達障害支援システム学研究 = Japanese journal on the study of support system for developmental disabilities 18(2), 183-190, 2019-12

  • Literature review of support for stress in nursing students during clinical training  [in Japanese]

    藤澤 美穂 , 氏家 真梨子 , 畠山 秀樹 , 髙橋 智幸 , 遠藤 太 , 松浦 誠

    岩手医科大学教養教育研究年報 (54), 35-45, 2019-12

    IR 

  • Effects of Basic Nursing Skills Self-Study Workshops on a Self-Efficacy for Nursing Students during Clinical Training  [in Japanese]

    中西 恵理 , 林 有学 , 須藤 聖子 , 小林 智子

    基礎看護学領域において、学生がより主体的に自己学修にとりくむことや、臨地実習に対する自己効力感を高めることを目的として実施している「基礎看護技術自己学修会」への参加が、学生の臨地実習自己効力感にどのような影響を与えているのか検証した。結果から、基礎看護技術自己学修会に参加した学生の臨地実習自己効力感は、参加していない学生の臨地実習自己効力感より高い傾向にあることが示唆された。基礎看護技術自己学修会 …

    畿央大学紀要 = Bulletin of Kio University 16(2), 51-57, 2019-12

    IR 

  • Practice report of "Basic course of the neonatal cardio-pulmonary resuscitation" for nursing students  [in Japanese]

    鷲尾 弘枝 , 小角 卓也

    畿央大学看護学生を対象とした新生児蘇生法一次コース講習会を開催してきたインストラクターとしての実践活動を振り返り、今後の示唆を得たいと考えた。看護医療学科教員2名で、主に看護医療学科2年生に無料で開催し、現在まで計6回開催で、36名が修了認定試験に合格している。毎回、少人数制で時間制限なく、新生児蘇生法のシミュレーションを繰り返した結果、受講学生は「救急蘇生の難しさ」「迅速な判断の必要性」「正確な …

    畿央大学紀要 = Bulletin of Kio University 16(2), 43-50, 2019-12

    IR 

  • Development of Writing Learning Material for International Nursing Students : Task Execution by Searching Electronic Health Records for Information  [in Japanese]

    加藤 林太郎 , 山元 一晃 , 浅川 翔子

    早稲田日本語教育学 = Waseda studies in Japanese language education (27), 31-35, 2019-12

    IR 

  • Study on the Teaching Method and Effect of the Health Information Literacy for Junior High School Students  [in Japanese]

    原 郁水 , 古田 真司

    養護実践学研究 = The Japanese journal of practice in school nursing and health education : 日本養護実践学会・学会誌 2(2), 39-49, 2019-11

  • Relationship Between the Classroom Temperature and Percentage of Students Visiting the Health Room in Junior High School  [in Japanese]

    石淵 春菜 , 遠藤 まどか , 山﨑 友子 , 林 典子

    養護実践学研究 = The Japanese journal of practice in school nursing and health education : 日本養護実践学会・学会誌 2(2), 23-28, 2019-11

  • Relations between clinical training and emotional intelligence in nursing students  [in Japanese]

    棒谷 環 , 大河内 浩人

    ヒューマン・ケア研究 20(1), 15-24, 2019-11

  • A literature review on the support for students with mental illness in Japanese high school and the role of school nurses  [in Japanese]

    齋藤 果歩 , 増本 由紀子 , 中瀬 克己

    インターナショナルnursing care research 18(4), 69-79, 2019-11

Page Top