Search Results 1-20 of 73

  • 1 / 4
  • Effects of a leaflet created to facilitate communication between veterinarians and pet owners  [in Japanese]

    野村 良梨子 , 甲田 菜穂子

    ヒトと動物の関係学会誌 = Japanese journal of human animal relations (57), 83-91, 2020-12

  • A case of early recovery from feline ceruminous cystomatosis after treatment with terbinafine-florfenicol-betamethasone acetate otic gel  [in Japanese]

    Igarashi Rina , Baba Yuta , Hirabayashi Masakazu , Iyori Keita , Osumi Takafumi

    <p>ブリティッシュ・ショートヘアー,4歳4ヶ月齢,未去勢雄が両外耳道および耳介周囲に多発性の黒〜灰色,ドーム状の隆起性病変を呈した。病理組織学的検査によって,Feline ceruminous cystomatosisと診断された。自宅での点耳治療が困難であったため,病院での耳洗浄および1%フロルフェニコール,1%テルビナフィン,0.1%ベタメタゾン酢酸エステル配合の点耳ゲル剤による …

    The Japanese Journal of Veterinary Dermatology 25(3), 153-156, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Influence of Owners' Attachment to Their Pets on the Feeding Tendency, Body Condition Score (BCS), Morbidity Status, and Preventive Behaviors for Their Pets  [in Japanese]

    YANO Atsushi , KATSUGE Tomoko , OHSHIMA Nana

    <p>人は,犬猫等のペットに愛着を抱く.ペットは愛情を注がれ,家庭の中で人同様に生活するようになったが,このことで生活習慣が乱れ,過肥,疾病の発生につながっているとも感じられる.そこで,飼い主のペットへの愛着がペットの健康に及ぼす影響を,飼い主への質問紙調査で検討した.その結果,ペットへの愛着として執着性愛着と気分安定性愛着が抽出され,執着性愛着はペットへの不適切な給餌傾向や混合ワクチ …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 71(7), 361-367, 2018

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web 

  • Pet-Robot Interaction at Home ―An Observation of Behavioral Changes of Indoor Dogs in Response to Caring Behavior by Humanoid Robots  [in Japanese]

    鈴木 もとこ , 清 雄一 , 田原 康之 , 大須賀 昭彦 , Motoko Suzuki , Yuichi Sei , Yasuyuki Tahara , Akihiko Ohsuga

    今後ロボットが家庭に普及するために,人間とペットとロボットの3者が良い関係を築くことが大切である.我々は人とのインタラクションを目的に作られたロボットがペットと家庭で共生するために,ロボットにペットが好む行動をさせ,ペットがロボットをより好むようにすることを目標とする.本研究では,犬の世話行動をするロボットに注目した.世話行動をするケアロボットと世話行動をしないノンケアロボットの2台を用意し,ロボ …

    情報処理学会論文誌 58(11), 1799-1807, 2017-11-15

    IPSJ  IR 

  • Hypochondriac Tendencies and Stress in Owners of a Sick Pet  [in Japanese]

    石原 俊一 , 小沼 守

    … [Purpose] This study examined the relationship between hypochondriac tendencies, psychological stress, and owner comfort from a dog in owners of a sick pet. …

    人間科学研究 = Bulletin of Human Science (38), 109-120, 2017-03-01

    IR 

  • Shiteki kaferon sono 2  [in Japanese]

    伊藤 眞

    … Seven Cafe created a new customer base with little impact on sales of cafe chain, cans and PET bottles of beverages.Overviewing 3rd wave coffee (Blue Bottle Coffee), based on denial of deep roasted coffee in the major cafe chain, going to the farm, finding good quality coffee beans and roasting such beans that match the bean and attracting cup by cup, and the unique cafes that maximizes the charm of coffee beans, whose owner were fascinated by coffee and seeking all the aspect and process, and blooming (Café Bach) in …

    三田商学研究 59(6), 15-39, 2017-02

    IR 

  • Association of dog ownership with health-related QOL in young and middle-aged adult:Comparison between main dog carer and non pet owner  [in Japanese]

    Hayakawa Yohko , Arao Takashi

    <p> 犬の主たる飼育者とペットの非飼育者を対象に,犬の飼育と健康関連 QOL の3 側面(身体的,精神的,社会/役割的)の健康状態との関係を明らかにすることを目的とした.成人を対象としてインターネットにより,健康関連 quality of life (QOL)(MOS 36-Item Short-Form Health Survey : SF36)と生活習慣(運動習慣,食習慣,飲酒, …

    International Journal of Human Culture Studies 2017(27), 47-56, 2017

    J-STAGE 

  • Epidemiology Studies of Insured Dog and Cats in Japan  [in Japanese]

    INOUE Mai

    疫学とは,動物の集団を対象にして疾患のリスクや影響度を評価し,集団全体の健康維持を目的とする学問である。臨床現場で意識することは少ないかもしれないが,実際には日々の診療に大きく役立っている学問である。疫学研究の手法は大きく3つのステップに分けられる。まずは現状把握としての「記述疫学」である。どういう病気がどの程度発生しているかを認識することで対策の優先順位をつけたり,発生傾向に差があるかもしれない …

    Journal of Veterinary Epidemiology 21(1), 8-15, 2017

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web 

  • Prevalence of intestinal parasites in dogs and cats in Saitama Prefecture, Japan: 2008–2016  [in Japanese]

    YAMAMOTO Norishige , KON Marina , ISA Takuya , NEGISHI Tsutomu , MORI Yoshinori , MAENO Naohiro , KOYAMA Masaya , MORISHIMA Yasuyuki

    <p>2008年1月から2016年11月の期間中,埼玉県動物指導センターに収容されたイヌとネコから直腸便を採取し,腸管寄生虫類の検索を行った。イヌは1,290頭中296頭(23.0%)が寄生虫類陽性で,検出種とその陽性率はイヌ鞭虫(15.0%),イヌ鉤虫(6.4%),イヌ回虫(2.1%),イヌ小回虫(0.2%),マンソン裂頭条虫(2.0%),瓜実条虫(0.2%),日本海裂頭条虫(0.1 …

    Japanese Journal of Medical Technology 66(5), 493-499, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A New FBMI Tape Measure for Obesity Counterplanning in Cats  [in Japanese]

    Aou Yukie , Hanada Michiko

    近年、日本の飼い猫のうち、約1/3が肥満だと言われており、そのリスクが深刻であるにも関わらず増加する傾向にある。そこで著者は、飼い主への意識調査およびFelineBodyMassIndex(以下FBMI<sup>TM</sup>と略す)表の胴回り(1)と脚(膝から飛節まで)の長さ(2)に当てはめる肥満度測定を行った。その結果、飼い主はふくよかな猫ほどかわいいと思う傾向があり …

    Veterinary Nursing 21(2), 7-12, 2016

    J-STAGE 

  • How Akita should generate brand power of Akita-Inu  [in Japanese]

    NAGOSHI Kenro

    筆者はアジア地域研究連携機構研究紀要の第1号に「秋田犬の国際化戦略」と題して秋田犬が世界的に人気を集めていることを紹介したが、その後秋田犬は「高貴な犬」として各国で人気がさらに高まっている。海外の人気が国内にブーメラン効果で還流する動きもあり、秋田県大館市は福原市長の下、秋田犬利用プロジェクト「ハチ公の駅」を設置し、観光の目玉にする構想を進めている。国際教養大でも4月、秋田犬ブランドの活用法をめぐ …

    Journal of the Institute for Asian Studies and Regional Collaboration Akita International University 3(0), 13-21, 2016

    J-STAGE 

  • Spread of Dermatophytic Granuloma to the Oral Cavity in a Short-haired Cat  [in Japanese]

    Hamazaki Sayaka , Namba Shinichi , Namba Hiroyuki

    <p>アビシニアン系短毛種猫が頭部,体幹部を中心とした脱毛を主訴に来院し,<i>Microsprum canis</i>(<i>M. canis</i>)による皮膚糸状菌症と診断された。フルコナゾールの投薬開始70日以降,投薬が中断され,22ヵ月後に左側下顎口唇部に <i>M. canis</i>による真菌性肉芽腫 …

    The Japanese Journal of Veterinary Dermatology 22(3), 193-196, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Longitudinal Study of Mental Illness among Bereaved Pet Owners  [in Japanese]

    KIMURA Yuya , KANAI Kazutaka , ITOH Naoyuki , CHIKAZAWA Seishiro , HORI Yasutomo , HOSHI Fumio , KAWABATA Hidenobu , MAEZAWA Masaji

    <p>ペット喪失に伴う深刻な心身の症状が2カ月を超えて持続する場合には,医師による対応が必要である可能性が高いと考えられる。東京および愛知の動物火葬施設で利用者に対して精神健康調査票(GHQ28)による追跡調査を実施したところ,死別直後で22/37名(59.5%),2カ月後で17/30名(56.7%),4カ月後で11/27名(40.7%)の遺族がリスク群と判定された。また,心身の症状に …

    Journal of Veterinary Epidemiology 20(1), 59-65, 2016

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web 

  • Four Cases of Melanoma in Rabbits  [in Japanese]

    YASUDA Yuko , YOSHIMOTO Norifumi , MORI Naoko , YOSHIMOTO Rumiko

    ウサギの黒色腫の4例について検討した。発生部位は,2例は耳介,1例は上眼瞼,1例は鼻梁に認められ,いずれも外科摘出を行った。病理組織検査により1例は皮膚黒色腫,3例は悪性黒色腫と診断された。皮膚黒色腫と診断された1例は第955病日経過するが,再発・転移はなく,経過観察中である。悪性黒色腫と診断された症例のうち1例は腫瘍切除から第1521病日に食欲不振等により死亡した。1例は下顎リンパ節とみられる部 …

    Journal of Animal Clinical Medicine 23(3), 107-110, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Difference in Nature of what Owners would Want to Do for a Lost Pet if They Could See Them again between Owner Experience of Dogs and of Cats  [in Japanese]

    増田 宏司 , 田所 理紗 , 土田 あさみ [他] , 内山 秀彦 , Masuda Koji , Lisa Tadokoro , Asami Tsuchida , Hidehiko Uchiyama

    ペット(犬,猫)を亡くした経験を持つ20代前後の飼育経験者に対して自由記述式でアンケートを集め,「もう一度,亡くしたペットに会えるなら,何をしてあげたいか?」について質問した。回答として得られたものをテキストデータ化し,テキストマイニングを行い,文字数,単語数を比較した。また分析により抽出された名詞を基準に,回答をカテゴリーデータ(1/0)に変換後,数量化III類解析を施した。アンケート実施により …

    東京農業大学農学集報 60(3), 151-155, 2015-12

    IR  JASI 

  • ITANEKO : Network-controlled cat-toy to transmit clawed pain  [in Japanese]

    安齊 クレア , 的場 やすし , 椎尾 一郎

    エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集 (2015), 372-377, 2015-09-18

    IPSJ 

  • Factors supporting the elderly with pet grief: focusing on continuing bonds with lost pet  [in Japanese]

    二階堂 千絵 , 安藤 孝敏

    近年我が国では少子高齢化に伴い、ペットは家族の一員として重要な存在となっている。そのような中、ペットとの死別とそれに伴う悲嘆についても注目されるようになった。本稿では、ペットと死別した高齢者への2 つのインタビュー調査から、ペットとの死別による悲嘆の適応を支える要因を抽出することを試みた。研究1 では飼い主の適応の支えとなる要因を抽出し、質的に検討した。その結果、4 名の調査協力者は皆、家族や友人 …

    技術マネジメント研究 (14), 13-22, 2015-03-31

    IR 

  • Pet Owner's Awareness and Misunderstanding of Medical Terms Used in Veterinary Practice  [in Japanese]

    KIMURA Yuya , KANAI Kazutaka , CHIKAZAWA Seishiro , HORI Yasutomo , HOSHI Fumio , ITOH Naoyuki

    動物病院利用者における医療用語の普及の程度については,これまで明らかにされていない。本報告は,3軒の動物病院で利用者に質問紙への協力を求めたものである。参加者には25項目の用語について聞いたことがあるか,聞いたことがあるならばさらに正しく理解をしていたのかを訊ね,回答は理解度と誤解度として頻度および95%信頼区間で示した。男性22名,女性78名,その他の性自認2名(無回答8名)の計110名の協力が …

    Journal of Animal Clinical Medicine 24(1), 35-38, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The global trade in crayfish as pets

    Faulkes Zen

    … The sale of crayfish in the pet trade has increased in recent decades, and a substantial fraction of the world's entire range of crayfish species is available in the pet trade. … The market for pet crayfish creates two major concerns: the potential for over exploitation of natural populations of crayfish to supply the pet trade, and the negative consequences resulting from the release of non-indigenous crayfish into natural habitats. …

    Crustacean Research 44(0), 75-92, 2015

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top