Search Results 1-20 of 1152

  • A Pilot Study on Useful Knowledge to Improve Listening Skill : What is Expected to Teachers in Teaching English Pronunciation?

    富永 裕子

    … The objective of this research is to detect useful knowledge of phonetics forlistening skill from the viewpoint of English teaching in Japan. …

    東洋学園大学教職課程年報 = Bulletin of Teacher Training Course of Toyo Gakuen University (2), 63-74, 2020-03-20

    IR  DOI 

  • A preliminary study of the temporal features of Japanese speech sounds  [in Japanese]

    松井 理直

    本研究では,C/D モデルの観点から日本語音声の時間特性について概観する.結論として,基底状態におけるモーラの重要性および基底状態に対するある固有の子音が持つ等時間性の性質について述べる.

    トークス = Theoretical and applied linguistics at Kobe Shoin : 神戸松蔭女子学院大学研究紀要言語科学研究所篇 (23), 49-56, 2020-03-05

    IR  DOI 

  • Research Achievements in Use and Comprehension of Local Dialect in Japan on Children/Person with Autism Spectrum Disorders.  [in Japanese]

    松本 敏治 , 菊地 一文 , 橋本 洋輔

    方言主流社会における発達障害に関わる療育・教育関係者の間で語られていた「自閉症は方言を話さない」とする風聞をきっかけにして、ASD の方言使用・理解の研究が進められている。これまで特別支援教育関係者を対象にした質問調査は、ASD の方言不使用という印象が全国で共通するものであること、および方言語彙使用が少ないことを示した。また、ASD の方言理解及びことばの使い分けについての実験的研究の結果は、方 …

    特別支援教育実践センター研究紀要 (18), 1-10, 2020-03-01

    IR  DOI 

  • An Interactive Approach to Effective Listening Strategies

    阿部 ジョスリン

    At Hakodate University, students are required to take a variety of Englishlanguage classes from first year in the International Department of the Faculty ofCommerce. There are English writing, reading …

    函館大学論究 = Blletin of Hakodate University 51(2), 147-170, 2020-03

    IR  DOI 

  • IPA cards  [in Japanese]

    川原 繁人 , 平田 佐智子 , 桃生 朋子

    … Learning IPA symbols and the relevant concepts (place of articulation, manner of articulation and voicing contrasts) is a crucial component of introductory phonetics education. … However, for some undergraduate students, remembering different places of articulation, for example, can present a learning challenge, potentially making phonetics a "boring" subject to study. …

    慶應義塾大学言語文化研究所紀要 (51), 37-45, 2020-03

    IR 

  • A Circular Approach to English and Japanese Phonetics : Multi-Dimensions in the Helixes

    松井 順子

    明海大学外国語学部論集 = Meikai journal, Faculty of Languages and Cultures 32, 41-63, 2020

  • How IPA Can Contribute to Teaching Pronunciation Skills of Teachers without Learning Phonetics  [in Japanese]

    山本 玲子 , 里井 久輝 , 眞﨑 克彦

    LET関西支部研究集録 = LET Kansai Chapter collected papers (18), 1-18, 2020

  • English Phonetics and Teacher Training: Designing a Phonetics Course for Japanese Preservice Teachers  [in Japanese]

    Sugimoto Junko , Uchida Yoko

    <p>本稿は英語教員を志望する大学生に必要とされる音声学授業(教職音声学)の試案を示すことを目的としている。発音モデルには一般米語を用い,聞き取りモデルとして多様なアクセントに触れる機会を設けることとする。授業には,「宣言的知識(音声学的知識)」「手続き的知識(音声指導に関する知識)」「発音および聞き取り力の訓練」の三つの要素を含める。また,英語発音のすべての項目を網羅的に扱うのではな …

    Journal of the Phonetic Society of Japan 24(0), 22-35, 2020

    J-STAGE 

  • Improvements to Phonetic Education That Would Aid in Teaching Japanese Pitch Accent: Suggestions from a Questionnaire Survey of Japanese Language Teachers  [in Japanese]

    Kanamura Kumi

    <p>本稿では,日本語教員によるアクセント指導上の困難点を詳細に捉え,そこから今後の音声学教育の改善案を提案する。日本語学習者のアクセントはコミュニケーション上重要であり,社会背景の変化によりさらにニーズが高まっている。今回実施したアンケート調査から,日本語教員向け音声学教育では,自分の声の高さを自分で判断する能力の強化や,モデル発音と実際の発音の違いについての理解などに重点をおくべき …

    Journal of the Phonetic Society of Japan 24(0), 36-48, 2020

    J-STAGE 

  • How physical models of the human vocal tract contribute to the field of speech communication

    Arai Takayuki

    <p>Several types of physical models of the human vocal tract have been developed previously by our group. Even though they were originally designed for education purposes in acoustics and speech …

    Acoustical Science and Technology 41(1), 90-93, 2020

    J-STAGE 

  • Dr. Pansini's Contribution to the Verbotonal Theory: A Search for the Optimality

    Roberge Claude , Terao Izumi

    Phonetics and Phonology …

    Sophia linguistica : working papers in linguistics (68), 1-9, 2019-12-31

    IR 

  • The Function of "Awauta" in Ancient Woshite Documents  [in Japanese]

    内藤 裕子 , Yuko Naito

    第十二代景行天皇の時代にまとめられた五七の長歌で書かれたヲシテ文献である「ホツマツタヱ」と「ミカサフミ」の第一章に、アワウタが出てくる。アワウタは五七・四行の四十八文字でできた歌で、「アカハナマ」で始まり、それを並べると四十八音図ができる。カミヨ六代の時代に、国が乱れて言葉も通じにくくなった。七代目を継いだイサナギとイサナミは、タミの言葉を整えてクニを立て直すために、上の二十四声をイサナギが、下の …

    研究論集 = Journal of inquiry and research (110), 193-202, 2019-09

    IR  DOI 

  • Japanese Phonetic Notation Using Chinese Characters for Chinese Speakers  [in Japanese]

    野田 尚史 , 島津 浩美 , Hisashi NODA , Hiromi SHIMAZU

    国立国語研究所 研究系 日本語教育研究領域中国語漢字による日本語音声表記というのは,中国語の表記方法における文字と音声の関係に従って日本語の音声を中国語漢字の簡体字または繁体字で表記するものである。たとえば[コーカ](効果)は「扣喔咖」と表記する。日本語の音声を中国語漢字で表記することは一部の旅行者向け日本語会話集に見られるが,長音や促音が表記されないなど,問題が多い。そこで,中国語漢字の表記に従 …

    国立国語研究所論集 (17), 75-100, 2019-07

    IR  DOI 

  • Sound Symbolism in Global Brand Naming : The Sound of Words as a Source of Affectivity  [in Japanese]

    五所 万実

    感性工学 = Journal of Japan Society of Kansei Engineering 17(2), 74-77, 2019-06

  • Japanese EFL Students' Topic Preference in an Introductory Phonetics Course and Their Acquisition of Knowledge

    小川 喜正 , Yoshimasa Ogawa

    … This is an action research study involving 58 English majors enrolled in the phonetics course that I taught myself at a Japanese university. … The major purposes of the study were to determine (a) the phonetics and phonology issues that the participants preferred to study and (b) the correlations between the topic categories and the degrees to which they acquired the knowledge and skills. …

    学苑 (942), 12-25, 2019-04

    IR 

  • My Life as an X-ray Microbeamer

    吐師 道子

    人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 19(1), 23-27, 2019-03

  • AI and linguistics  [in Japanese]

    名倉 秀人

    … These consist of phonetics, grammar, corpus linguistics and so on.As long as AI(artificial intelligence)uses texts as a medium between machines and us, linguistic knowledge is indispensable to AI development. …

    東洋大学大学院紀要 = Bulletin of the Graduate School, Toyo University (55), 157-168, 2019-03

    IR 

  • What should be taught in English Phonetics Classes? : From the Perspective of English─ Teacher Training  [in Japanese]

    眞田 敬介

    日本の英語教育に対しては,「話す力」の養成がますます求められている。そのため,それの前提となる英語の発音の仕方や指導法を学ぶ必要性が,学習指導要領や「英語教員養成・教員研修コア・カリキュラム」でも言及されている。しかし,注意すべき発音の方法や指導法への具体的な言及はほとんどなく,英語の音声を扱う授業に委ねられている。そこで本稿は,英語教員養成にかかわる科目の一つとしての英語音声学で何を最低限教える …

    札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities (105), 33-52, 2019-02-25

    IR 

Page Top