検索結果 1270件中 1-20 を表示

  • 生物多様性の保全科学 : システム化保全計画の概念と手法の概要

    久保田 康裕 , 楠本 聞太郎 , 藤沼 潤一 , 塩野 貴之

    日本生態学会誌 = Japanese journal of ecology 67(3), 267-286, 2017-11

  • Automated Planning with Multivariate Shape Descriptors for Fibular Transfer in Mandibular Reconstruction

    Nakao Megumi , Aso Shimpei , Imai Yuichiro , Ueda Nobuhiro , Hatanaka Toshihide , Shiba Mao , Kirita Tadaaki , Matsuda Tetsuya

    … Objective: This paper introduces methods to automate preoperative planning of fibular segmentation and placement for mandibular reconstruction with fibular flaps. … Methods: Preoperative virtual planning for this type of surgery has been performed by manual adjustment of many parameters, or based upon a single feature of the reconstruction. …

    IEEE Transactions on Biomedical Engineering 64(8), 1772-1785, 2017-08

    機関リポジトリ DOI

  • 重度限局性歯周炎患者にサポーティブペリオドンタルセラピーを行なっている一症例

    TSUCHIKURA AKINA , KAWAGUCHI CHIHARU , MATSUMURA YU , YASUDA TADASHI , KANAYAMA KEIICHI , KITAGO MITSUNOBU , KIMURA YOKO , TAKEUCHI HIROKO , MUKAI KEISUKE , MIZUNO MAO , SHIBUTANI TOSHIAKI

    … Clinical procedure and outcome: Periodontal treatment was initiated with mechanical therapy, including systematic scaling and planning of all accessible root surfaces and the introduction of meticulous oral hygiene. …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 44(1), 117-123, 2017-06

    機関リポジトリ 医中誌Web

  • 災害時のLCPを考慮した建物の給排水設備計画・設計手法に関する研究(その1)計画・設計フローの提案と集合住宅への適用の検討

    亘理 咲綺 , 大塚 雅之 , 松尾 隆史 , 山海 敏弘

    学術・技術報告会論文集 = Collection of papers of the conference 6, 83-86, 2017-03-14

  • 急性胆嚢炎に対するPTGBD後の腹腔鏡下胆嚢摘出術の治療成績

    吉田 祐 , 小練 研司 , 呉林 秀崇 , 加藤 成 , 森川 充洋 , 村上 真 , 廣野 靖夫 , 前田 浩幸 , 片山 寛次 , 五井 孝憲

    当科で経験した急性胆嚢炎症例のうち,抗菌薬投与や経皮径肝胆嚢ドレナージ(以下,PTGBD)を先行し待機的に腹腔鏡下胆嚢摘出術(以下,LC)を施行した130例を対象に,PTGBDの有無や施行時期による周術期成績を後ろ向きに検討した.内訳は軽症78例,中等症52例,PTGBD施行77例,非施行53例.中等症例では,初診時の白血球,CRPがPTGBD施行群で有意に高かったが,出血量,開腹移行率は有意に低 …

    日本臨床外科学会雑誌 78(6), 1179-1185, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • 既存校舎を活用した学校・社会教育施設の複合・拠点化による公共施設再編手法に関する研究

    山岸 輝樹 , 広田 直行 , 畑 真由香 , 湯山 紀子

    … 2) The examination procedure were organized and shown. …

    日本建築学会計画系論文集 82(742), 3061-3071, 2017

    J-STAGE

  • ホイヤスヴェルダ市(ドイツ)の集合住宅の撤去政策の都市計画的プロセスの考察

    服部 圭郎

    … This action has been supported by federal government of Germany with its affluent subsidy program called Stadtumbau Ost enacted in 2002.<br> This paper tries to clarify how the dismantling procedure was executed, especially the selection process of the dismantling buildings, and the idea behind it from an urban planning context. … The research provided the selection of demolition building procedure in diagram as its result. …

    日本建築学会計画系論文集 82(742), 3139-3145, 2017

    J-STAGE

  • ラウンドアバウトにおけるクリティカルギャップ推定手法に関する考察

    後藤 梓 , 中村 英樹

    ラウンドアバウトにおけるクリティカルギャップは,流入交通容量の推定に必要であるほか,ドライバーの流入判断を安全面から評価する際にも用いることができると期待され,実観測データに基づいてこれを適切に推定することは極めて重要である.そこで本論文では,諸外国における代表的なクリティカルギャップ推定手法をレビューすると共に,これらを日本のラウンドアバウトに適用し,比較を行った.これにより,手法による推定結果 …

    土木学会論文集D3(土木計画学) 73(5), I_1243-I_1250, 2017

    J-STAGE

  • 津波浸水域の脱出に着目した津波避難に関する研究

    佐藤 史弥 , 南 正昭 , 谷本 真佑

    東日本大震災の被災地では,復興に伴う土地利用,交通インフラ,津波避難路等の新たな整備に伴い,津波からの避難環境が震災前に比べて大きく変化している.津波からの避難の場合,最寄りの1次避難場所へ直接避難する経路が,必ずしも津波浸水域を早く脱出できるとは限らない.最寄りの1次避難場所に直接避難するより,最短経路で浸水域外に避難する方が,来襲する津波からいち早く逃れるこができると考えられる.そこで本研究で …

    土木学会論文集D3(土木計画学) 73(5), I_241-I_251, 2017

    J-STAGE

  • トポロジー最適化による荒加工工程の工作物形状決定手法の提案

    高橋 辰伍 , 板野 健太郎 , 中本 圭一

    … Thus, the workpiece shape and stiffness vary greatly according to cutting procedure during a rough machining operation. … However, it is difficult to automatically determine the process planning in commercial CAM system because of a large number of combinations. … Therefore, the process planning has been designed by skillful experts to achieve complex parts machining. …

    日本機械学会論文集 83(856), 17-00249-17-00249, 2017

    J-STAGE

  • 右側肝円索を伴う急性有石性胆嚢炎の1例

    関根 隆一 , 加藤 貴史 , 田中 淳一 , 小山 英之 , 横溝 和晃 , 水上 博喜

    症例は39歳,男性.2日前より心窩部痛が出現し,症状が増悪したため来院.血液検査で炎症所見を認め,腹部CT検査で急性有石性胆嚢炎と診断し,緊急腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した.通常通り4ポートで手術を開始したが,右側肝円索を伴い視野展開が不良で,肝円索を超音波凝固切開装置で切除することが有効であった.また,胆嚢が通常よりも左側に位置しており,Calot三角部の剥離操作が困難であり,胆嚢底部からの胆嚢床 …

    日本臨床外科学会雑誌 78(5), 1073-1076, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • 機械操作者のプランニング技能の定量化に関する研究

    亀﨑 允啓 , 佐藤 淳平 , 三矢 隆史 , 岩田 浩康 , 菅野 重樹

    … <p>In order to maneuver a human-operated work machine efficiently and safely, the operator is required to have not only operational skill to control the machine as intended, but also planning skill to determine operational strategy such as safe operation and efficient procedure. … However, there are few studies on quantifying planning skill. …

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2017(0), 1P2-A03, 2017

    J-STAGE

  • 人口減少都市における縮退型都市計画の導入プロセスに関する研究

    矢吹 剣一 , 黒瀬 武史 , 西村 幸夫

    … in Michigan and other Rust Belt cities.<br> In the urban shrinkage, it is difficult to achieve consensus on the shrinking city policy between the government and local residents, because there are some detriments such as relocation, cutting of infrastructures and public services.<br> The Purpose of this study is to clarify the methodology for consensus building in the planning process of master plan and zoning code in U.S. shrinking cities.<br> The city of Flint, MI is the one of the shrinking cities in the United …

    日本建築学会計画系論文集 82(740), 2609-2617, 2017

    J-STAGE

  • 郊外住宅団地の家族類型予想から見た居住用エネルギー消費予測と課題研究

    中村 美和子 , 中村 勉 , 糸長 浩司

    … The issue was analyzed the following procedure.<br> At first, Population Projection for 2050 in Suburban residential district were studied in order to analyze trend of depopulation and what type of family has inhabited in Tsuchiura city.<br> Secondly, the estimation of number of Household of Amakawa residential district in 2050 was analyzed in order to predict the number of vacant lot in the area and make the future Issue clear in the same kinds of suburban area. …

    日本建築学会計画系論文集 82(740), 2673-2681, 2017

    J-STAGE

  • 保育施設による公園活用とパークマネジメントの可能性と課題についての一考察

    三輪 律江 , 木下 勇 , 中西 正彦

    2015年3月第12回国家戦略特区諮問会議で都市公園法における保育所の設置が解禁された。横浜市では、2015年に、先進的に保育施設による公園活用とマネジメントの在り方についての研究会を立ち上げ、保育施設と公園との両者有益な関係性、保育施設による公園活用とパークマネジメントの可能性について試行を重ねてきた。本稿はその検討のプロセスについて報告するとともに、今後新たなパークマネジメントの担い手となりう …

    都市計画論文集 52(3), 747-753, 2017

    J-STAGE

  • 事業説明会における応答が聞き手の評価に与える言語的影響の分析

    寺部 慎太郎

    近年,社会基盤整備事業のパブリック・インボルブメント・プロセスにおいて,様々なコミュニケーション手法が導入されている.そのうちの一つである事業説明会では,市民との関係構築や情報伝達に苦心することが多い.例えば,その質疑応答の場にて曖昧な返答をしてしまうことで,市民の不安や不満を煽ってしまい,その後の事業の進捗に悪影響を及ぼすことがあり得る.そこで本研究は,「回りくどさ」を応答姿勢の特徴の一つと位置 …

    都市計画論文集 52(3), 788-794, 2017

    J-STAGE

  • 地区計画制度の成立経緯に関する研究

    大澤 昭彦 , 桑田 仁 , 加藤 仁美 , 室田 昌子 , 中西 正彦

    1980年に創設された地区計画制度は、地区レベルの良好な市街地環境の保全・形成を目的とした計画手法として普及してきた。本研究は、地区計画制度創設の成立経緯に着目し、研究者等による調査研究に始まり、建設省都市局・都市計画中央審議会、住宅局・建築審議会での検討を経て、法改正による制度化へ至る過程とその特徴を分析した。制度の枠組み・構成、策定主体・手続については概ね当初の提案をもとに実現したものの、対象 …

    都市計画論文集 52(3), 624-631, 2017

    J-STAGE

  • オレゴン州ポートランド市の土地利用審査制度における住民参加プロセスに関わる住民組織の役割と活動実態

    鶴田 佳子 , 坂本 淳 , 海道 清信 , 西芝 雅美

    … This study revealed that: (1) many NAs play key roles as the officially recognized organizations in the land use review procedure; …

    都市計画論文集 52(3), 544-551, 2017

    J-STAGE

  • グリュナウ団地における団地棟の撤去計画と撤去事業との整合性に関する調査

    服部 圭郎

    ドイツのライプツィヒある大規模なグリュナウ団地は、1990年のドイツ再統一を機に人口は減少し始め、2002年に制定された連邦政府の「東の都市改造」プログラムに基づき、第一期(2002年)、第二期(2007年)の撤去事業を計画し、遂行した。しかし、それらの計画と、その撤去事業とは必ずしも整合性がとれていない。本調査ではグリュナウ団地における計画と撤去の実態を明らかにし、撤去された建物のすべての目録を …

    都市計画論文集 52(3), 536-543, 2017

    J-STAGE

ページトップへ