Search Results 1-20 of 13883

  • Development of Evaluation Method for Global Education in High Schools:Career Development Support for Senior High School Students  [in Japanese]

    伊藤 ゆかり , Ito Yukari , イトウ ユカリ

    調査報告本研究は,文部科学省が推進するスーパーグローバルハイスクール事業のアソシエイト校として活動をしている私立高等学校のグローバル教育に着目し,その探究学習の教育効果と学生のキャリア形成への影響を測定する方法の開発を行った.スーパーグローバルハイスクール事業は,急速にグローバル化が加速する現状を踏まえて,社会課題に対する関心と深い教養,コミュニケーション能力,問題解決力等の国際的素養を身に付け, …

    大阪大学高等教育研究 (9), 1-11, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • [Reports] In consultation with a Certified Nurse Specialist review of literature on clarification and sharing of issues.  [in Japanese]

    糸川 紅子 , 赤木 郁子 , 打矢 和子 , 小川 雅子 , 川原 明子 , 新田 純子 , Beniko ITOKAWA , Ikuko AKAGI , Kazuko UCHIYA , Masako OGAWA , Akiko KAWAHARA , Junko NITTA

    … in existing materials and literature, and to consider practical suggestions and future issues.Method: A literature review was conducted using the keywords "Certified Nurse Specialist (CNS)," "consultation," "issues," and "share." Items related to the definition of consultation, similar roles, and efforts to clarify and share issues were extracted.Ethical considerations: Copyright compliance.Results: The definition of consultation was summarized as the process by which the consultant assisted the consultee in solving the problem. …

    日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学紀要 = Journal of Japanese Red Cross Akita College of Nursing and Japanese Red Cross Junior College of Akita (25), 21-27, 2021-03-31

    IR 

  • Effect of Drawing Education on the Perceptual Ability of the Right Brain  [in Japanese]

    伊豆 裕一 , イズ ユウイチ

    子供は1歳半ほどから絵を描き始め、4歳になる頃には輪郭と数本の線で表現された人の顔を描くようになるといわれる。このように目で見たものを描画する能力は人類に共通したものであるが、やがてこの能力には個人差が現れ、多くの場合それは才能によるものと考えられてきた。一方、近年課題解決手法として注目されるデザイン思考では、仮説推論を行うための手法の一つとしてスケッチが推奨されるなど、描画行為の包括的な創造活動 …

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 67-76, 2021-03-31

    IR 

  • Problem-solving Oriented Programming Education and Online Practice  [in Japanese]

    渡邊 紀文

    Musashino University Smart Intelligence Center 紀要 (2), 60-67, 2021-03-31

    IR 

  • Teaching Strategies Plan for Exploring Nature Using Scientific Perspectives and Thoughts: Learning to Examine the Climate in Japan  [in Japanese]

    杉田 泰一

    中学校理科第2学年の地球領域における,理科の見方・考え方を働かせた「解決する方法を立案し,その結果を分析して解釈する」学習過程を重視した探究的な学習活動として,「日本の気象」において行うことが適していると考えられる。本稿は,気象の学習の現状を踏まえながら,「日本の気象」を探究的な学習活動として扱う意義や留意点を検討し,具体的な指導計画を構想した。

    中等教育研究紀要 (67), 67-74, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Exploring career impediments for female Technical College graduates in technical professions  [in Japanese]

    谷口 亜紀子

    … The key to solving this problem is to provide a role model. …

    津山工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Tsuyama College (62), 25-29, 2021-03-30

    IR 

  • Solving the Schrödinger equation for Kosen students : Hydrogen atom  [in Japanese]

    佐々井 祐二

    Solving the Schrödinger equation in quantum mechanics is not easy. … In this research report, we would like to solve the Schrödinger equation concretely for the energy eigenvalue problem of the hydrogen atom. … To help Kosen students understand this problem, we explain general solutions from the calculation of concrete solutions. …

    津山工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Tsuyama College (62), 37-42, 2021-03-30

    IR 

  • "Problem Solving" and "Inquiry" in the Elementary and Middle School Science Course of Study after 1969  [in Japanese]

    白山 由希子 , 栢野 彰秀

    平成29年に告示された『中学校学習指導要領(平成29年告示) 解説理科編』には, 「探究の過程」が示されるとともに,小・中・高等学校でも同様の学習過程が重要であることが強調された。しかし, 小学校理科では「問題解決」という言葉が用いられ, 中学校理科では「探究」という言葉が用いられている。そこで本稿では, ①現在小学校では「問題解決」, 中学校では「探究」として用いられている言葉が, 昭和44年改 …

    学校教育実践研究 (4), 61-69, 2021-03-30

    IR  DOI 

  • Stories of Tomorrow : Practice in Elementary School and Its Reflection  [in Japanese]

    富田 晃彦 , 久保 文人 , 前田 昌志 , ロサ ドーラン

    ヨーロッパで試験的に実施されていた、火星への旅と移住というテーマの STEAM 教育・ICT 活用の小学校高学年向けの問題解決型の課題 Stories of Tomorrow を、和歌山大学教育学部附属小学校6年生、三重大学教育学部附属小学校3年生のそれぞれ1クラスで、総合的な学習の時間等を活用して試行した。この課題をそのまま実施するのではなく、日本の授業の中でどう活用するかというカリキュラム・デ …

    和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究 (5), 113-118, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • Unit development and evaluation to realize promotion of problem-solving ability in mathematics : "Focusing on the "data utilization" area  [in Japanese]

    柳原 和弘 , 石上 靖芳

    静岡大学教育実践総合センター紀要 (31), 239-247, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • Consideration of educational principles required in the era of rapid change in the future ―From collective learning of problem-solving communicative action―  [in Japanese]

    作田 澄泰 , 中山 芳一

    21 世紀の教員養成の課題に向け,変化の激しい時代を生き抜くため,質の高いコミュニケーション的行為の在り方を実践し,"真実の学び"を構築する必要がある。そのために本稿では,地域伝統文化継承への参加型教育学習の事例をもとに,課題解決を中心としたコミ ュニケーション的行為の教育原理を多面的な角度から考察し,未来社会に向けた学校教育及び,教員養成課程における「真正な学び」に関する教育原理を明らかとした。 …

    岡山大学教師教育開発センター紀要 (11), 15-29, 2021-03-22

    IR  DOI 

  • Proposal of Anger Management Empathy Map  [in Japanese]

    高橋 B.徹 , 佐藤 愛結

    本稿では、アンガーマネジメント共感マップを提案する。アンガーマネジメントはストレスコントロールにおいて重要なスキルである。 アンガーマネジメントとは怒るべき対象には怒り、その必要がない対象には怒らずに済ます方法である。 しかし、アンガーマネジメントを行う事は難しい。そこで、本研究では、問題解決のための手法である共感マップに基づいたアンガーマネジメント手法を提案する。実験により評価を行った結果、共感 …

    実践女子大学生活科学部紀要 = Bulletin of Jissen Women's University Faculty of Human Life Sciences (58), 41-48, 2021-03-19

    IR  DOI 

  • Proposal and Evaluation of PBL for Learning the Importance of Problem Finding to the Research Process  [in Japanese]

    高橋 B. 徹

    大学生は研究活動を通じて問題解決能力や批判的思考力を身につけることができる。研究活動には専門知識や研究プロセスのスキルが必要になる.しかし,研究初心者は研究プロセスを理解していないことが多い.特に研究プロセスにおける問題発見の重要さを理解していない.本稿では,研究プロセスと問題発見の重要さを理解させるためのPBL を提案する.これは,学習者の研究プロセスの進行を支援しながら進めることで,学習者が研 …

    実践女子大学生活科学部紀要 = Bulletin of Jissen Women's University Faculty of Human Life Sciences (58), 31-40, 2021-03-19

    IR  DOI 

  • A Development Process of University-Community Collaborations and a Methodology of Problem-solving : A Case Study of a Collaboration Project in Sumoto City, Hyogo Prelecture  [in Japanese]

    楼井 あかね , 白石 克孝 , 的場 信敬 , 石倉 研

    龍谷政策学論集 10(2), 147, 2021-03-10

    IR  DOI 

  • Characteristics of Forming Human Relationships and Social Development Abilities in Special Needs Class in Junior High School: Based on an Analysis of Narrative of Students in "Discussion Activities"  [in Japanese]

    井上 美由紀 , 若松 昭彦 , 若松 美沙

    本研究は、中学校特別支援学級生徒を対象として、人間関係形成・社会形成能力の特徴を「話合い活動」での生徒の発話分析を用いて検討した。その結果、第Ⅰ期は、教師の支援や評価を受けながら、「利己的発話とそれに対する反証型の発話」並びに「特定の生徒への利他的発話」から、「全員を意識した発話」並びに「新たな提案を行う共有型の発話」に移行するという特徴、第Ⅱ期は、「継続的な利他的発話」並びに「生徒同士の話合いに …

    広島大学大学院人間社会科学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要 (19), 25-37, 2021-03-01

    IR  DOI 

  • Development of "Yarikuri Lesson" to improve ability to learn. - Aiming for generalization of lesson method of no limited subject boundaries.  [in Japanese]

    中尾 尊洋

    本研究では,生徒が自ら試行錯誤して問題解決する場面を提供する「やりくり」授業の工夫における重要なポイントを検討した。数学科,美術科,技術科,英語科において,2度の「やりくり」授業の実践場面から成果を検討し,どのように教師が「やりくり」授業を工夫しているのかについて面接調査を実施した。その結果,成果の検討では,生徒が「やりくり」する力について,各教科における評価が向上していることが確認された。面接調 …

    鳥取大学附属中学校研究紀要 (52), 1-12, 2021-03-01

    IR 

  • Classes in the music field under the COVID-19 related crisis. : Effect of "ability to read music scores (logical understanding)" to sensitivity.  [in Japanese]

    横地 美奈

    … Keeping social distancing was also a problem to music classes. … Key words — COVID-19 infection controlling measures, problem solving, trial and error, score reading …

    鳥取大学附属中学校研究紀要 (52), 101-106, 2021-03-01

    IR 

  • Creating teaching materials to learn how to grow plants while having fun.  [in Japanese]

    中尾 尊洋

    中学校技術・家庭科技術分野における内容B生物育成の技術では,実践を通した問題解決能力の育成が目指されている。問題解決能力は試行錯誤しつつ,自らよりよい方法を判断する活動によって培われると考えられる。しかし,授業の実践場面では,手を加えた結果が返されるまでの時間が長期に及ぶため,生徒自身に試行錯誤させる活動が困難である。このため,事前に生物育成の技術に関する知識や手順を指導してから実践させることが多 …

    鳥取大学附属中学校研究紀要 (52), 121-126, 2021-03-01

    IR 

  • A Study on transition from micro level to macro level for regional problem solving gap in local government  [in Japanese]

    吉田 輝美

    総合人間科学 = General human science 7, 63-73, 2021-03

Page Top