検索結果 66件中 1-20 を表示

  • 1 / 4
  • Compression and Relaxation Properties of Municipal Solid Waste Refuse-Derived Fuel Fluff

    Sprenger Charley , Tabil Lope G. , Soleimani Majid

    … <p>The compression and relaxation characteristics of municipal solid waste (MSW) refuse-derived-fuel (RDF) fluff were investigated with respect to biodegradable fraction, grind size, moisture content, applied load, and pelleting temperature. … The experimental data for these trials was collected and multiple compression and relaxation models were fitted to the applied pressure, compact density or volume data. …

    KONA Powder and Particle Journal, 2018

    J-STAGE

  • 静的圧縮減容化工法による減容化事例と安定化の提案

    森下 達雄 , 鳴海 直信 , 池田 通陽 , 小林 眞 , 仲山 要

     静的圧縮減容化工法は、廃棄物を静的に圧縮して減容化することを目的として開発された工法である。同工法は、廃棄物中にφ700~1500mmの貫入体(締固め機能付きの特殊なスクリューオーガー)を正回転で掘削・圧入して、土砂を横方向(孔壁)に圧縮してゆきます。さらに貫入体を逆回転させることにより縦方向(掘削孔内)にも締固めることが可能です。また、締固めることにより地盤強度が増加し、跡地 …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 27(0), 405, 2016

    J-STAGE

  • Measurement of the Potential Heat and Ash Content of the Residue from Mechanical Biological Treatment in Thailand

    Ochiai Satoru , Ishigaki Tomonori , Wangyao Komsilp , Yamada Masato

    … Mechanical biological treatment (MBT) is known as one of the most attractive method of waste treatment, which is to reduce the waste volume and avoid the landfill. … LHV of all separated fraction were lower than the criteria (>17 MJ/kg) of Refuse derived fuel (RDF) for using cement industries. …

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 26(0), 555, 2015

    J-STAGE

  • FITを考慮した清掃工場の統合と林産バイオマスの活用

    菅原 秀雄 , 鎌田 直樹 , 戸田 佑允 [他] , 加藤 政一 , 合原 一幸

    … The relay transportation (RT) facility of refuse is located at the abolished IP, and the refuse of the area is carried to new IP. … Forest biomass of 56,500 tons per year, which is about 45% of available forest biomass volume in the model prefecture, will surely be able to dispose at new IPs. …

    電気学会論文誌. B 135(4), 213-223, 2015

    J-STAGE

  • G041035 炭化工程を導入したRDF作製プロセスの熱的評価([G041-03]機械材料・材料加工部門,一般セッション(3))

    佐藤 友昭 , 矢ヶ崎 隆義 , 桑折 仁

    Refuse-derived fuel (RDF) produced by organic matter waste is expected. … The volume and weight of carbonized RDF of containing plastic were reduced by 1/3 and 1/4, respectively. … The reduced volume and weight ensure stability and easier transportation. …

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2013, "G041035-1"-"G041035-3", 2013-09-08

  • 大都市域の清掃工場の最適な全体計画

    菅原 秀雄 , 新井 健太 , 鎌田 直樹 [他] , 加藤 政一

    … Burnable municipal refuse is disposed sanitarily by high temperature incineration at IPs. … Regarding total integration and scaling up, the operation in wider area is favorable from the view point of refuse volume and collection. … In the planning stage, both cost of IPs and refuse collection which is important for the refuse disposal should be totally taken into account.<br>The optimal total plan of IPs can be solved at two stages. …

    電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. B, A publication of Power and Energy Society 132(9), 793-803, 2012-09-01

    J-STAGE 参考文献26件

  • 石こうを用いた木材ペレット堆積層内の燃え拡がりの観察手法に関する研究

    八島 正明

    RDF(ごみ固形化燃料)や木材ペレットの堆積層内の燃え拡がり(くん焼)においては, 炭化あるいは燃焼によって堆積層の色が次第に変化する。本研究では, 堆積層内の燃え拡がり(くん焼)における燃焼帯の構造を明らかにする目的で, 石こうで固めた木材ペレット層の断面を観察し, 温度分布と層内の変色・炭化の様子を調べた。RDFや木材は昇温に対して寸法よりも色の変化が敏感であるため, 石こう固化による方法では …

    日本火災学会論文集 62(1), 1-11, 2012

    J-STAGE

  • 人口減少に対応したごみ焼却施設のマネジメントに関する意向分析

    盛岡 通 , 尾﨑 平 , 山本 司

    人口減とごみ量の減少が予想される全国のごみ焼却施設に質問紙を送り,施設の維持管理,長寿命化やコスト縮減の様子を調べた。廃棄物の発生・処理量を削減する目標は達成されているが,発電量やリサイクル量の目標設定やその達成管理は十分に組み入れられていないことが明らかになった。また,災害時や事故時の廃棄物等の受け入れで相互に協力はなされているが,現段階においては,施設の処理能力を広域的かつ効率的に活用するシス …

    環境情報科学論文集 ceis25(0), 13-18, 2011

    J-STAGE

  • 宮崎県で製造されるごみ溶融スラグ細骨材を用いたコンクリートの基礎的性質に関する研究

    尾上 幸造 , 関戸 知雄 , 中澤 隆雄 , 中村 公生

    本研究では、宮崎県中央部10市町村で発生する一般廃棄物および産業廃棄物のうち、可燃ごみを焼却処理して得られる溶融スラグをコンクリート用細骨材として適用するための基礎的検討を行った。室内試験の結果、スラグ置換率25%までであれば、溶融スラグ細骨材を用いたコンクリートのフレッシュ性状、力学特性および耐久性は普通コンクリートと同等以上となること、また、スラグ置換率を大幅に高める場合にはフライアッシュの併 …

    セメント・コンクリート論文集 65(1), 268-275, 2011

    J-STAGE

  • Production of Hydrogen by Gasification of Refuse Plastic Fuel and Low Level Coal

    Lee Jae-Hoon , Park Jong-Jin , Jang Jeong-Hwa , Shin Seung-Bok , Lee Joon-Ho , Spah Dal-Chand , Park Jin-Won

    … Gasification process is one of the several technologies for converting wastes into energy resources and reducing the volume of solid wastes to be landfills.Gasification involves a partial combustion of solid waste (Refuse Plastic Fuel and Coal) to generate a combustion fuel gas mixture consisting of H<SUB>2</SUB>, CH<SUB>4</SUB> … and CO gas by using Refuse Plastic Fuel and Coal. …

    廃棄物学会研究発表会講演論文集 19(0), 318-318, 2008

    J-STAGE

  • Improving the Breaking Properties and Oil Absorption of Breadcrumbs by Microbial Transglutaminase

    YAMAZAKI Katsutoshi , NARUTO Yasushi , NAKAMURA Hideyuki , TAKAHASHI Koji

    … The specific volume of the bread and such sensory attributes as softness, moistness, and form stability increased with added MTG except for the highest addition, corresponding to the development of an ε-(γ-Glu)Lys (G-L) bond indicative of an increased G-L content and polymerized proteinaceous components. … The combined use of a low-level addition of MTG and such texture modifiers as wheat gluten, soybean-curd refuse, and alginic acid resulted in a further effective decrease in the absorbed oil content. …

    Food science and technology research 13(1), 28-34, 2007-02-01

    J-STAGE 参考文献23件

  • 食品加工廃棄物の有効利用に関する研究(1)

    馬場 二夫 , 中平 真由巳 , 松井 正枝 , 坂本 直久 , 船越 康夫

    … As a way of utilizing bean-curd refuse (okara) from processed soybean foods, use in fire-extinguishing agent was investigated. … In the case of a frying-oil fire, the flames could be extinguished within a few seconds by throwing into the pan a handful of okara impregnated with an appropriate volume of water. …

    生活衛生 51(2), 92-100, 2007

    J-STAGE

  • <I>Saccharomyces cerevisiae</I>による食品ゴミからのエタノール発酵に関する基礎的検討

    プラニートラッタナナン スタシニー , 木内 崇文 , 馬 克東 , 脇坂 港 , 森村 茂 , 木田 健次 , 白井 義人

    地球温暖化対策と枯渇性化石資源代替の観点から, バイオマス由来の自動車用燃料製造に, 近年世界的関心が急騰している.ガソリン代替としてのエタノールにせよ, 軽油代替のバイオディーゼルにせよ, バイオマス由来の自動車用燃料製造において, 持続可能性の見地が重要となる.すなわち, エタノール製造におけるトウモロコシやサトウキビ, またバイオディーゼルにおける油ヤシなど原料作物と食糧との競合, あるいは …

    日本食品工学会誌 8(4), 257-265, 2007

    J-STAGE

  • ストーカ式廃棄物焼却炉における灰溶融処理の効率化 : 灰溶融一体型ストーカ炉の有効性

    宮越 靖宏 , 立福 輝生 , 西野 雅明 [他] , 横山 隆 , 門脇 敏

    … Vitrification process environmentally contribute to volume reduction and detoxification of residues such as bottom ash and fly ash from municipal solid waste (MSW) incineration, and recycle them as resources which can help to mitigate shortage of landfill capacity. …

    日本機械学會論文集. B編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. B 72(722), 2359-2366, 2006-10-25

    参考文献19件

  • ストーカ式廃棄物焼却炉における灰溶融処理の効率化(灰溶融一体型ストーカ炉の有効性):灰溶融一体型スト-カ炉の有効性

    宮越 靖宏 , 立福 輝生 , 西野 雅明 , 横山 隆 , 門脇 敏

    … Vitrification process environmentally contribute to volume reduction and detoxification of residues such as bottom ash and fly ash from municipal solid waste (MSW) incineration, and recycle them as resources which can help to mitigate shortage of landfill capacity. …

    日本機械学会論文集 B編 72(722), 2359-2366, 2006

    J-STAGE

  • 下水汚泥を対象とした熱噴流乾燥機の乾燥性能

    林 直人 , 島田 荘平

    … Authors have been developing a thermal jet dryer for the purpose of weight and volume reduction and recycling of organic sludge dehydrated cake. … The experimental results for the sewage sludge were compared with those of bean curd refuse and waste water sludge from a dye works. …

    資源と素材 : 資源・素材学会誌 : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan 120(10), 584-591, 2004-11-25

    J-STAGE 参考文献13件

  • バイオマスリサイクル燃料ディーゼル機関の特性に関する研究 : 動物・植物油脂/軽油の混合燃料(大気環境保全技術(3),大気・水保全技術)

    森野 孝之 , 森棟 隆昭

    … We experimentally evaluate a performance and exhaust emissions of a single-cylinder, four stroke direct injection diesel engine operating on diesel fuel containing 40% volume waste food-oil (Blend 4P), Blend 4P containing 30% waste soybean oil and 30% waste animal fat (Blend 4P-S30, 4P-M30), waste polystyrene pyrolysis oil containing 50% waste soybean oil and animal fat (Blend PS and Blend PS-M), and waste polystyrene pyrolysis heavy oil containing 50% waste soybean oil (Blend PS-H). …

    環境工学総合シンポジウム講演論文集 2004(14), 296-299, 2004-07-11

  • 燃料式灰溶融設備及びスラグ改質装置運転実績報告(灰処理・有効利用,廃棄物処理技術)

    米田 章寛 , 田中 秀尚 , 高田 芳宏 , 上野 良介 , 佐藤 宏紀 , 谷山 教幸

    … Ash melting technology is increasing attention as the method of volume reduction, detoxification and recycling of incineration ash from municipal refuse. …

    環境工学総合シンポジウム講演論文集 2004(14), 247-249, 2004-07-11

  • 富士吉田市環境美化センタープラズマ式灰溶融炉90日間連続操業運転およびスラグの有効利用について(灰処理・有効利用,廃棄物処理技術)

    米田 章寛 , 藤原 正康 , 加藤 光晴 , 佐藤 宏紀

    … Plasma type ash melting process is increasing attention as the method of volume reduction, detoxification and recycling of incineration ash from municipal refuse. …

    環境工学総合シンポジウム講演論文集 2004(14), 244-246, 2004-07-11

  • 熱重量分析を用いた一般廃棄物の熱分解挙動のモデル化

    姫野 修司 , 弥富 洋介 , 小松 俊哉 [他] , 藤田 昌一

    一般廃棄物処理において, ガス化溶融処理技術の普及が進んでいるが, エネルギーのさらなる有効利用や最適な運転条件の検討のためには, 廃棄物組成と熱分解挙動との関係の把握が必要である。本研究では, 一般廃棄物を代表的な化学物質に置き換え, 熱分解挙動のモデル化を検討した。まず, 組成調査から, セルロース, キシラン, リグニン, ポリエチレン, ポリプロピレン, ポリスチレン, 二酸化ケイ素を一般 …

    廃棄物学会論文誌 15(2), 105-113, 2004-03-31

    J-STAGE 参考文献18件 被引用文献1件

  • 1 / 4

ページトップへ