Search Results 1-20 of 367

  • The Process of Introducing School Counselors in Japan and Subsequent Challenges and Prospects  [in Japanese]

    石川 悦子

    … In 2018, the position named Certified Public Psychologist was officially authorized as a first national qualification in the field of psychology. … Taking advantage of this opportunity, I would like to provide an overview of the process of introducing school counselors (SCs) in Japan and examine the challenges and prospects on SCs' activities. …

    人間文化研究科年報 (35), 93-106, 2020-03-31

    IR 

  • Current Status and Issues of Developmental Assessment in Infant and Toddler Health Examinations : With a Focus on Health Examinations at 18 Months and 3 Years of Age  [in Japanese]

    中園 博文

    本稿では,法定健診である1.6健診,3.0健診の現状と課題について,問診票,行動観察,個別課題等の子どもの発達アセスメントについて概観し,今後の乳幼児健診の在り方について検討する。乳幼児健診は,発達スクリーニングを行う場であり,法定健診では,保健師を中心にして小児科医,歯科医,歯科衛生士,保育士,心理士などの多くの職種が連携と協働を行いながら業務にあたっている。しかしながら,乳児期,幼児期前半には …

    鹿児島純心女子大学大学院人間科学研究科紀要 (15), 53-62, 2020-03

    IR  Ichushi Web 

  • USEFULNESS OF PSYCHOLOGICAL TESTING FOR HOME-VISIT-SUPPORT PROVIDERS : CASE STUDY ON REASSESSING A CHILD WITH DEVELOPMENTAL DISORDER  [in Japanese]

    仲 沙織

    近年,不登校の問題が長期化・深刻化しており,臨床心理職を含めた多職種専門家による訪問型の支援に期待が高まっている。本稿は,不登校状態にある発達障害児への訪問支援の中で,再アセスメントのために心理検査(WISC― Ⅳ)を実施し,他職種,他機関と連携,協働し,包括的な支援を目指したプロセスを踏まえ,訪問支援における臨床心理職の役割について,特に,心理検査によるアセスメントに注目して検討することを目的し …

    鹿児島純心女子大学大学院人間科学研究科紀要 (15), 43-52, 2020-03

    IR  Ichushi Web 

  • Education Effects of Clinical Psychology Training in a Graduate School for Candidates of Clinical Psychologist and Certified Psychologist : Focus on Community-Based Support Training  [in Japanese]

    宇都宮 真輝 , 津川 秀夫 , 藤原 直子 , 藤吉 晴美

    臨床心理学 = Japanese journal of clinical psychology 20(1), 93-102, 2020-01

    Ichushi Web 

  • International Comparison of School Psychology::Research Trend of School Psychology in the World  [in Japanese]

    IIDA JUNKO

    <p> 本稿では,世界の学校心理学の研究動向を明らかにするため,最近3年間に国際学校心理学会の学会誌に掲載された文献のレビューを行った。そして,抽出された64編の論文について,調査対象国の地域と研究方法,研究テーマのそれぞれの傾向を明らかにした。結果から以下のような傾向が見られた:(1)学校心理学の研究がこれまで研究が少なかった国や地域に広がりつつある,(2)"文化"に焦点を当てた研究 …

    The Annual Report of Educational Psychology in Japan 59(0), 128-143, 2020

    J-STAGE 

  • Results of a Social and Emotional Learning Program for Preventing Bullying in Junior High School in Relation to Students' Level of Social Ability::Teacher-Led Intervention  [in Japanese]

    Kimura Toshihisa , Koizumi Reizo

    <p> 本研究では,いじめ抑止に関する中村・越川(2014)の改善をめざして,社会性と情動の学習における問題解決スキルの習得を目標に2時間の心理教育プログラム(①いじめ対応策の検討,②対応策実行のためのロールプレイング)の授業を実施した。心理臨床の専門家ではなく通常の授業と同様に教師が実施した。中学2年生151名が本研究に参加し,実施時期をずらすウェイティング・リスト法を用いて,前期実 …

    The Japanese Journal of Educational Psychology 68(2), 185-201, 2020

    J-STAGE 

  • An Examination of the Difficulties of a Novice Naikan Therapist: Developing a Therapist Education Program  [in Japanese]

    TAKAHASHI Miho , LI Xiaoru

    <p> 内観面接者の資格制度の確立を受け、内観面接者が学ぶべき教育プログラムを検討する必要がある。本研究では、面接経験10年以内の中堅面接者5名を対象に半構造化面接を行い、若手内観面接者としてどのような困難を体験しそれに対処してきたかを尋ね、分析を行った。その結果、「面接者になる」「内観の構造」「面接者としてのあり方」「面接者自身の体験」「心理職としての体験」「内観者への対応」の6つの …

    Journal of the Japan Naikan Association 26(1), 33-45, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Training of Cognitive Behavioral Therapists and Outpatient Cognitive-Behavioral Therapies by Certified Public Psychologists and Other Mental Health Professionals in Japan  [in Japanese]

    Shimizu Eiji

    <p>日本認知・行動療法学会は、公認心理師、医師、看護師、精神保健福祉士などを対象にした認知行動療法師およびスーパーバイザーの資格認定をトレーニング・ガイドラインに基づいて行う。現在、日本の公的医療保険では医師および医師と看護師のみのため十分な普及に至っていない。うつ・不安に対する段階的ケア・モデルを取り入れ、公認心理師等の多職種による認知行動療法の提供が重要である。日本不安症学会は、 …

    Japanese Journal of Behavioral and Cognitive Therapies 46(2), 59-66, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Team Intervention and Cognitive Behavioral Therapy for Patients with Chronic Physical Disorders  [in Japanese]

    Ichikura Kanako , Suzuki Shin-ichi

    <p>身体疾患患者は、それぞれの疾患に特有な問題を抱えている。たとえば、がん患者は診断や余命の告知が衝撃や絶望をもたらす。心疾患や糖尿病患者はセルフケアや長期療養に伴う苦痛が大きい。これらの心理社会的問題や苦痛の改善に、認知行動療法(Cognitive behavioral therapy: CBT)が有用であることが先行研究で明らかにされてきた。がんのCBTは、認知療法、行動活性化療 …

    Japanese Journal of Behavioral and Cognitive Therapies 46(2), 79-88, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Cognitive Behavioral Therapy Training in Certified Public Psychologists  [in Japanese]

    Tanno Yoshihiko

    <p>国家資格である公認心理師制度が成立し、公認心理師の養成が始まった。公認心理師の養成や国家試験において、認知行動療法やエビデンスベイスト・アプローチが重視されている。日本の公認心理師に認知行動療法を普及させるための課題と方法を議論した。うつ病に対する認知行動療法のメタ分析によると、心理師が実施した認知行動療法は、待機リストや他の心理療法より有意に効果が高かった。日本で行われたうつ病 …

    Japanese Journal of Behavioral and Cognitive Therapies 46(2), 49-57, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Activity of the Teacher Having a Clinical Psychologist Qualification (5):-A Case Study:Dealing with Children with Learning or Communication Difficulties-  [in Japanese]

    KAWAI Atsushi , OKUBO Toshiaki , ISHIDA Chiaki

    本研究は,2019年の日本心理臨床学会第38回大会における自主シンポジウムを基に,臨床心理士の資格をもつ教師の活動の可能性を明らかにすることを目的とした。シリーズ5回目となる本年度は「困難事例への対応」をテーマに,困難事例をリフレクション(省察)することを通して議論をした。その結果,教師が臨床心理学を学ぶことによって,子どもの行動の背景にある心理を想像し,それを言語化しながら,関係性の中で指導では …

    TAISEI GAKUIN UNIVERSITY BULLETIN 22(0), 23-31, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Autism Spectrum Disorder's Severity Prediction System Using Utterance Features  [in Japanese]

    Sakishita Masahito , Ogawa Chihiro , Tsuchiya Kenji J. , Iwabuchi Toshiki , Kishimoto Taishiro , Kano Yoshinobu

    … We show relations between utterance features and ASD severity scores, which were manually given by a clinical psychologist. …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 35(3), B-J45_1-11, 2020

    J-STAGE 

  • Experience of Reflecting Process in Graduate School for Clinical Psychologist

    ITAKURA Norimasa , MITANI Seiya , KATO Megumi

    This study investigated the difference of experiences between reflecting process (RP) and conventional case conference. The subjects were 20 graduate students who were novice counsellors. All of the s …

    Asian Journal of Human Services 18(0), 92-99, 2020

    J-STAGE 

  • Negative Capability from the viewpoint of the Person-Centered Approach : What is happening in non-directive therapists  [in Japanese]

    山根 倫也 , 越川 陽介

    本論文では、"Negative Capability"について、Person-Centered Approachの観点から検討を行った。非指示的なアプローチであるPCAにおいて、セラピストには"曖昧さを保ち続けられること"が必要であると考えられる。この"曖昧さを保ち続けられること"について、近年、精神医療や心理療法の分野で"Negative Capability"という概念が注目されている。本論文 …

    Psychologist : bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, Kansai University = サイコロジスト : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 (10), 51-58, 2020

    IR 

  • A Consideration on the Necessary Capabilities in the Modern Age that Requires Diversity : Possibility of Negative Capability to Adapt to Ambiguous Situations  [in Japanese]

    越川 陽介 , 山根 倫也

    現代は利便性や効率の追求が高い優先度を持つ社会から、多様性が必要とされ、曖昧さを抱える社会へと変化してきている。我々はこのパラダイムシフトに適応していくために必要となる態度や能力としてnegative capability(ネガティブケイパビリティ)に注目する。Negative capabilityは詩人のKeats, J.によって提唱された概念であり、芸術、心理臨床、宗教、教育など様々な領域でそ …

    Psychologist : bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, Kansai University = サイコロジスト : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 (10), 39-49, 2020

    IR 

  • Paternity leave for Japanese male employees  [in Japanese]

    西田 裕子 , 寺嶋 繁典

    本邦における男性の育児休業取得率は2018年度の調査ではいまだ6.16%であり、厚生労働省が向上を目指しているものの、欧米諸国と比較すると極めて低い。本稿では、男性の育児休業取得率の低さの背景に存在する制度的な課題と共に、文化的・心理的課題を明確にし、男性の育児休業取得の促進に寄与する取り組みについて検討を行った。文化・心理的背景には、性役割分業意識や、集団意識、母性原理、自己主張の仕方などがあり …

    Psychologist : bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, Kansai University = サイコロジスト : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 (10), 27-37, 2020

    IR 

  • Community Clinical Psychological Support of an Evening High School(10)  [in Japanese]

    阿部 美香 , 小田原 康貴 , 高戸 優衣 , 守屋 彩加 , 中田 行重

    ある定時制高校への大学院生による地域臨床的な支援活動は今年で10年目となった。今年度も「改訂版支援モデル(循環型)」に基づいて、校内巡回、教室内支援、グループワークの実施、先生方との情報共有、広報活動を行った。今年度は支援員の人数が例年と比較して少なかったことから、相談室の開室を後期のみに限定し、前期は校内巡回や広報活動における支援の浸透化を図った。また、情報共有シート(気になるメモ)や話し合いを …

    Psychologist : bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, Kansai University = サイコロジスト : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 (10), 17-26, 2020

    IR 

  • Re-experiencing : An Interview with Akira Ikemi  [in Japanese]

    小田原 康貴 , 島田 諒也 , 池見 陽

    最近、池見が執筆する心理療法論に散見される「追体験」という語についての理解を深めることが本論の目的であった。まず、追体験について池見がすでに論じていることをまとめ、次に国内の心理学文献を中心に池見以外の研究者による追体験の記述を調べた。さらに池見へのインタビューを行い、そのインタビューで語られた内容について考察した。考察では、追体験のもつ特徴と聴き手の追体験が話し手にもたらすものといった2点につい …

    Psychologist : bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, Kansai University = サイコロジスト : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 (10), 9-16, 2020

    IR 

  • Research on work engagement of clinical psychologists  [in Japanese]

    代田 沙緒里 , 香川 香

    本研究は、これまで着目されてこなかった臨床心理士のワーク・エンゲイジメントの特徴と、個人の資源である自己効力感及びコーピング特性、家族の有無、仕事の資源である同業者からのサポートと職場満足感との関連について検討することを目的とした。137名の臨床心理士有資格者に質問紙調査を行った結果、ワーク・エンゲイジメントは一般勤労者や他の対人援助職者と比較して高い傾向が示された。また、ワーク・エンゲイジメント …

    Psychologist : bulletin of the Graduate School of Professional Clinical Psychology, Kansai University = サイコロジスト : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 (10), 1-7, 2020

    IR 

  • A Ground Design of the Training Courses of Licensed Psychologists in Universities and Graduate Schools  [in Japanese]

    山崎 勝之 , Katsuyuki YAMASAKI

    … So, unless each university or graduate school plans effective and fascinating training courses for students, they will be naturally selected to disappear. …

    鳴門教育大学研究紀要 鳴門教育大学 編 35, 39-52, 2020

    IR  DOI 

Page Top