Search Results 1-5 of 5

  • Art Appreciation through Discussion with Visually Impaired People  [in Japanese]

    ANZAI Yuki , HIRANO Tomoki , YAMADA Sayuri , SHIOSE Takayuki

    本研究は,視覚障害者を対話のパートナーとした場合の美術鑑賞において,鑑賞の深まりのメカニズムについて明らかにした。実際に視覚障害者をサブナビゲイターとした対話型鑑賞の実践を行い,発話データの分析を行ったところ,視覚情報を共有出来ないがために,美術作品に関する精緻な言語化が動機付けられ,それに伴って精緻な観察が促されることが明らかになった。また,そうして説明された情報に対して,視 …

    The Journal for the Association of Art Education 39(0), 27-38, 2018

    J-STAGE 

  • Why do people with low self-esteem prefer only close others?: effects of self-esteem and quality of interaction on selecting interaction partners  [in Japanese]

    柳澤 邦昭 , 西村 太志 , 浦 光博

    The Japanese journal of experimental social psychology 50(1), 89-102, 2010-08

  • Why do people with low self-esteem prefer only close others?: Effects of self-esteem and quality of interaction on selecting interaction partners  [in Japanese]

    Yanagisawa Kuniaki , Nishimura Takashi , Ura Mitsuhiro

    本研究では,親しい他者,親しくない他者を選択する際の特性自尊心の影響について,および選択における社会的拒絶の調整効果について,杉浦(2003)の説得納得ゲームを用いて検討した。ゲームは90名の大学新入生を対象に実施した。ゲームの特徴を利用し,説得者が説得した人数を従属変数として,セッション1(S1)とセッション2(S2)の説得者を別々に分析した。その結果,S1の他者選択(すなわちゲーム開始直後)で …

    THE JAPANESE JOURNAL OF EXPERIMENTAL SOCIAL PSYCHOLOGY 50(1), 89-102, 2010

    J-STAGE 

  • Effect of Trait-Self-esteem on Smooth Social Interactions during Repeated <i>Settoku Nattoku Games</i>  [in Japanese]

    YANAGISAWA Kuniaki , NISHIMURA Takashi , URA Mitsuhiro

    <p>本研究の目的は,説得納得ゲーム(杉浦,2003)を用いて,低自尊心者と高自尊心者の他者との相互作用様相の違いを検討することである.ゲームは22名の大学新入生を対象に2回実施した.ゲームの特徴を利用し,説得納得ゲーム内で(1)説得者が相互作用相手として親しい/親しくない他者を選択する人数,(2)説得に要した交渉時間,(3)同一他者を繰り返し選ぶ割合に着目して検討した.その結果,高自 …

    STUDIES IN SIMULATION AND GAMING 20(2), 37-45, 2010

    J-STAGE  NDL Digital Collections 

  • The effect of self-esteem on selecting interaction partners using the "Settoku Nattoku Game"  [in Japanese]

    Yanagisawa Kuniaki , Nishimura Takashi

    本研究では,他者との相互作用場面における他者選択について自尊心の差異が及ぼす影響を杉浦(2003)の説得納得ゲームを用いて検討を行った。特に説得者の自尊心の差異でゲーム中に相互作用する納得者の選択様相が異なるかどうかに着目して検討した。105名の大学生がゲームに参加した。分析の結果,以下のことが示された。(1)説得者の自尊心の差異に関わらず,ゲーム開始直後のセッション(セッション1)より,後のセッ …

    THE JAPANESE JOURNAL OF EXPERIMENTAL SOCIAL PSYCHOLOGY 49(1), 93-103, 2009

    J-STAGE 

Page Top