Search Results 1-6 of 6

  • Electroencephalographic Change of Non-affected Side of Hemimegalencephaly and Developmental Progress after Hemispherotomy  [in Japanese]

    Takahashi Koji , Takahashi Akio , Otsuki Taisuke , Sasaki Masayuki , Nakagawa Eiji , Takeshita Eri , Motohashi Yuko , Ishiyama Akihiko , Saito Takashi , Komaki Hirofumi , Sugai Kenji , Kita Yosuke

    <p>片側巨脳症は、出生後早期から早期乳児てんかん性脳症などの難治性てんかんを認め、最重度の精神運動発達遅滞を呈することが多い発達予後不良の疾患である。薬物療法が無効のため生後早期に大脳半球離断術が行われることが多い。術後の経過中に、てんかん発作が消失しても非罹患側に脳波異常の出現を認めることがある。半球離断術によりてんかん発作が消失した症例を対象に、非罹患側の経時的脳波変化と発達月齢 …

    Journal of the Japan Epilepsy Society 34(3), 619-627, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Training Processes in Two Children with Delayed Language : Applications of Comprehensive Intervention Programs Based on Sign-Significate Relations Model  [in Japanese]

    SATAKE Tsuneo

    国リハ式〈S-S法〉言語発達遅滞検査を中心とする評価方法と, 包括的訓練プログラムによる訓練アプローチ (総称して〈S-S法〉) を適用した2症例について述べた.1症例は症状分類A群 (音声記号未習得) から移行群 (音声記号受信可, 発信不可) へ, 他の1症例はB群 (音声発信困難) からC群 (生活年齢に比し遅れ) へと変化していた. (1) 音声記号末習得から言語記号の獲得への評価・訓練プ …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 39(2), 236-244, 1998-04-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (22) Cited by (2)

  • Changes of Clinical Features of a Infant who Ended in Specific Expressive language Disorder

    Kawasaki Chisato , Siromaru Misato

    … A left-handed boy with developmental expressive language disorder was observed from the age of 4 months old to 9 years old. … The chief complaint was motor delay and mild hypotonia at first. … His clinical features gradually changed from those of motor delay to severe mental retardation with hyperactivity, and then to specific expressive language disorder. …

    Acta medica Nagasakiensia 39(1-3), 164-167, 1994-10-25

    IR  Ichushi Web 

  • Language Development in Children at Risk for Severe Expressive Language Delay.  [in Japanese]

    Iizuka Naomi , Satake Tsuneo , Itoh Junko , Tohkawa Takeshi

    3歳前後の初診時に音声記号の受信 (理解) 面は正常範囲で有意語が数語以下であった3症例を, 国リハ式〈S-S法〉言語発達遅滞検査の症状分類B群 (音声発信困難) のリスク児として把握し, 3年間の経過を報告した.<BR>3症例とも初診時にコミュニケーション手段として身振りを使用しており, その後, 音声模倣により単音節の発信を, 次に文字などを補助にしながら主として音声模倣により異音 …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 35(3), 240-254, 1994

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Subtype of Severe Expressive Language Delay: Analysis of Speechless Children Using Acquisition Model of Expressive Language.:Analysis of Speechless Children Using Acquisition Model of Expressive Language  [in Japanese]

    Satake Tsuneo , Iizuka Naomi , Itoh Junko , Tohkawa Takeshi

    音声記号の受信 (理解) 面に比し発信 (表現) 面に極端な遅れがみられ, 国リハ式〈S-S法〉言語発達遅滞検査で症状分類B群 (音声発信困難) と分類された, 自閉症を伴う精神発達遅滞児4症例の発信行動の習得経過を, 発信行動の習得過程を分析するため作成した発信行動習得モデルを用いて分析した.<BR>その結果, B群のサブタイプa (文字・身振り記号・音声模倣による訓練が有効) の中 …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 34(4), 354-373, 1993

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case report of developmental receptive aphasia.  [in Japanese]

    JONO Akiko , KUSUMOTO Kisako , KUBOTA Isao

    5年間経過観察した発達性失語症の1症例(男児)を報告した.初診時3歳7ヵ月,主訴は言語の遅れで,運動,知能,聴力に問題がないと判断された.しかし口頭指示には従えず,発語は「いや」のみで発声も少なかった.対人関係にも多少問題がみられた.その後運動および行動面では発達がみられたが,言語面では全く進歩がなかった.発達性失語症の感覚型と診断が下されたのは,諸検査が行えるようになった6歳7ヵ月時であった.本 …

    THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS 9(3), 98-105, 1992

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top