Search Results 1-20 of 100

  • 1 / 5
  • Accuracy of shoreline position by the simple shoreline survey  [in Japanese]

    平川 雅壱 , 佐々木 幹夫 , 加藤 雅也

    東北地域災害科学研究 = Tohoku journal of natural disaster science 56, 117-122, 2020-03

  • Shoreline position by depth sounding and by simple shoreline survey  [in Japanese]

    玉澤 佑大 , 佐々木 幹夫 , 加藤 雅也

    東北地域災害科学研究 = Tohoku journal of natural disaster science 56, 111-116, 2020-03

  • Automatic Shoreline Position and Intertidal Foreshore Slope Detection from X-Band Radar Images using Modified Temporal Waterline Method with Corrected Wave Run-up

    武若 聡 , Dipankar Kumar , Satoshi TAKEWAKA

    … Automatic and accurate shoreline position and intertidal foreshore slope detection are challenging and significantly important for coastal dynamics. …

    Journal of Marine Science and Engineering 7(2), 45, 2019-02

    IR 

  • THERMAL FLUID DIFFUSION AND ADVECTION PHENOMENA IN POROUS MEDIA BY BEACH OF IBUSUKI COAST  [in Japanese]

    NAGAYAMA Akio , MORIMOTO Yuki , MIYAKE Takatomo

    <p> 鹿児島県指宿市の指宿港海岸は地下温泉水が砂浜汀線付近に湧出し天然砂蒸し温泉として多くの観光客が集まる.近年この海岸一帯を対象に海岸整備事業が進められており地下温泉水の湧出現象についての詳細な現地観測が継続されている.本研究は多層流解析ソルバに多孔質中における流れ場と温度場を再現可能な項を追加した解析ソルバ(interTempPorousWaveFoam)を開発し,指宿港海岸の砂 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_31-I_36, 2019

    J-STAGE 

  • ASSESSING THE APPLICABILITY AND ERROR FACTORS OF THE SHORELINE MONITORING SYSTEM BASED ON SATELLITE SAR IMAGES  [in Japanese]

    WATANABE Kunihiro , KATO Fuminori , SANO Takio

    <p> 国内の代表的な18海岸を対象に衛星SAR画像からの海岸線自動抽出を試行し,海岸線モニタリングにおける適用性を検証した.同じ海岸であっても画像によって抽出の成功率と精度は大きく異なり,観測時のオフナディア角が40度を超えると抽出が難しいこと,前浜を構成する砂礫の中央粒径が大きいほど抽出の成功率と精度が高くなることが確認された.富士海岸においては,実際の汀線から20mの範囲で陸寄り …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_1285-I_1290, 2019

    J-STAGE 

  • AIRBORNE LIDAR BATHYMETRY ON RUMOI COAST IN HOKKAIDO  [in Japanese]

    IKI Shinji , FUJIYAMA Tatsuo , KADOWAKI Kiwamu , YOKOTA Tomoaki , WATANABE Tomoharu , KURONUMA Tokumitsu , TSUKAMOTO Yoshio

    <p> 北海道留萌海岸に沿って走る国道232号では,悪天候時に発生する強い西風で越波被害が生じている.この対策として,被災箇所で汀線・深浅測量が行われているが,当地は沖合約300mに浅い岩盤帯が分布し,砕波帯内にはバーが発達するなど「測量がしづらい」場所であった.そこで,航空機搭載のグリーンレーザ(以後,ALB)で,海から陸を効果的に測量する技術を試行した.取得した最大水深は約10mで …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 75(2), I_115-I_120, 2019

    J-STAGE 

  • ANALYSIS WITH XBEACH MODEL TO UNDERSTAND CHARACTERISTICS OF SHORT WAVE AND INFRAGRAVITY WAVE ON A SANDBAR BEACH  [in Japanese]

    UMEDA Shinya , YAMAMOTO Hiroyuki , YUHI Masatoshi , MASE Hajime

    沿岸砂州の周期的沖向き移動に対応した汀線変動が見られる石川県北部加越海岸を対象に,砂州位置の変化と波の伝播・遡上特性との関係を解明するため,XBeachモデルにより波浪と長周期波の数値解析を行った.その結果,長周期波高が風波波高を上回る汀線付近において,砂州は長周期波を低減できることがわかった.砂州は波高1~2 m以上の侵食性の波の遡上を抑制し,波高0.6 m程度の堆積性の波の遡上を促進した.砂州 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_775-I_780, 2018

    J-STAGE 

  • BEACH MORPHOLOGICAL RESPONSE DUE TO LAND SUBSIDENCE AND RISING PROCESSES AFTER THE 2011 TOHOKU EARTHQUAKE  [in Japanese]

    TINH Nguyen Xuan , TANAKA Hitoshi , LARSON Magnus

    2011年東日本大震災の際に東北地方沿岸域において最大で1m程度の地盤沈下が生じた.その後,地盤高さの回復が徐々に生じている.海底面から見れば地盤沈下は海面上昇が生じたことと等価であることから,Bruun則の検証データになると期待される.そこで,本論文においては,震災直前から2016年12月に至る期間の汀線位置変化に対して線形応答理論を適用し,地盤沈下およびその後の回復過程についていくつかの外力条 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_859-I_864, 2018

    J-STAGE 

  • SHORELINE CHANGE MODEL WITH SEASONALLY VARYING DEPTH OF CLOSURE -APPLICATION TO NHA TRANG BEACH-  [in Japanese]

    THANH Tran Minh , TANAKA Hitoshi , VIET Nguyen Trung , TINH Nguyen Xuan

    近年,ベトナム・ニャチャン海岸においては海岸侵食が顕在化している.このため,著者らは現地に設置したビデオカメラによるモニタリング結果により,その侵食機構に関する研究を進めてきた.本論文においてはこの連続的なモニタリング画像により,特に砂浜北端部の汀線変動に見られる特徴を明らかにした後に,この特徴的な地形変化を数値シミュレーションにより再現することを試みた.その結果,通常は単一の値を用いる移動限界水 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_841-I_846, 2018

    J-STAGE 

  • RELATION AMONG SHORELINE CHANGE, RIVER MOUTH LOCATION, AND ALONGSHORE SEDIMENT TRANSPORT AT THE SANRIHAMA BEACH, FUKUI, JAPAN  [in Japanese]

    UENO Takuya , TAYASU Masashige , YUHI Masatoshi , UMEDA Shinya

    小規模河川の河口変動と周辺海岸での汀線変化,作用外力の関係には,未解明な点が多く残されている.本研究では,福井県三里浜海岸とその中央に流出する高須川河口を対象に,週1回の高頻度現地測量を長期間に渡って実施し,波浪観測データとの比較を通じて,河口位置,汀線変化,沿岸漂砂の特徴と相互関係を把握することを試みた.河口季節変動の特徴として,夏季から秋季に閉塞しやすく,冬季には大きな偏流が発達して沿岸位置が …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_973-I_978, 2018

    J-STAGE 

  • STUDY ON SHORELINE VARIABILITIES OF SOUTHERN KASHIMANADA COAST ANALYZED FROM FREQUENTLY OBSERVED SAR DATA  [in Japanese]

    TAKEWAKA Satoshi , MATSUMOTO Akimasa , EBIHARA Yuuki

    合成開口レーダ(Synthetic Aperture Radar)衛星はマイクロ波レーダを搭載した衛星であり,雲天時,夜間にも観測可能である.そのため光学(可視)衛星に比べ同一地点のシーンを高頻度に取得できる.年に複数回取得されたシーンより汀線位置を読み取り,漂砂系内の季節的な汀線変動を追跡した.高頻度に観測されたデータの解析結果を示し,その優位性を検討する.具体的には地球観測衛星ALOS (PA …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_985-I_990, 2018

    IR  J-STAGE 

  • Estimation of Shoreline Positions by Combining X-band Radar and SAR Observations  [in Japanese]

    KUMAR Dipankar , TAKEWAKA Satoshi

    …  Shoreline positions of Kashima Coast facing the Pacific Ocean, which is approximately 16 km long with Hasaki Fishery Port at the south end and Kashima Port at the north end, have been observed with four land-based X-band radars and Synthetic Aperture Radar (SAR) satellite. … X-band radars observe shoreline positions continuously in time but do not cover the whole coast. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_979-I_984, 2018

    IR  J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL STUDY ON SAND MOVEMENT CHARACTERISTICS DUE TO TSUNAMI BY SIMULTANEOUS MEASUREMENTS OF BED LEVEL CHANGE AND SEDIMENT TRANSPORT  [in Japanese]

    HIRAMA Fumiyasu , HATAKEYAMA Jun-ichi , KATO Shigeru , OKABE Takumi

    津波による砂移動・地形変化の検討において,数値計算は有効な手段となっているが,その数値計算結果の精度に関しては,未だ多くの課題が残されており,水理実験による砂移動現象の把握が必要不可欠である.本研究では,全面移動床水路において,津波による地形変化の計測と着色砂を用いた詳細な砂移動追跡を同時に実施し,津波が陸域に遡上する際の砂移動特性の把握を試みた.その結果,地形変化傾向は既往の実験と同様の傾向とな …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_331-I_336, 2018

    J-STAGE 

  • STUDY ON EROSION MECHANISM OF BA LANG BEACH, CENTRAL VIETNAM  [in Japanese]

    TANAKA Hitoshi , BINH Nguyen Thai , TINH Nguyen Xuan , MITOBE Yuta , VIET Nguyen Trung

    ニャチャン海岸はベトナム・カインホア省に位置するビーチリゾートであり,国際的にも高い人気を博している.しかし,同地域がほぼ飽和状態にあり今後のさらなる開発が望みにくいことから,その北に位置するバラン海岸に開発の期待が寄せられている.しかし,バラン海岸の北側では沿岸の道路建設後,砂浜が消失した.このため,養浜の可能性を検討する前段階として,砂浜消失の機構を検討することが求められている.そこで,Lan …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 74(2), I_689-I_694, 2018

    J-STAGE 

  • Study on Seasonal Changes Characteristics of Shoreline Position on Kotohiki-hama  [in Japanese]

    松本 遼 , 柿木 哲哉

    神戸市立工業高等専門学校研究紀要 (55), 17-21, 2017-03

  • An empirical study on the relationship between the trend of shoreline position change and the scale of sea area structures on the Akita Southern Coast  [in Japanese]

    鍵主 佳飛 , 松冨 英夫

    東北地域災害科学研究 = Tohoku journal of natural disaster science 53, 47-52, 2017-03

  • STUDY ON SHORELINE VARIABILITIES OBSERVED AT THE SOUTHERN END OF KASHIMANADA COAST  [in Japanese]

    TAKEWAKA Satoshi , WEN Tianyue

    鹿島灘南部(鹿島港-波崎漁港,延長約17 km)の南端部の約4 kmの範囲の汀線変動をXバンドレーダにより6年間(2009年12月-2015年11月)にわたり観測した.Xバンドレーダの観測結果より平均画像を作成し,汀線位置をおおよそ2日間隔で読み取った.対象域の南端には波崎漁港があり防波堤が沖合約1kmまで延びている.また,侵食対策として複数のヘッドランド,突堤が設置されている.ヘッドランドと突堤 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_679-I_684, 2017

    IR  J-STAGE 

  • MIDDLE- AND LONG-TERM VARIATIONS OF SHORELINE CHANGE AT CHIRIHAMA BEACH, ISHIKAWA PREFECTURE, JAPAN  [in Japanese]

    UMEDA Shinya , FUKUI Takahiro , YUHI Masatoshi

    細砂の遠浅な海岸に多段砂州が発達する石川県千里浜海岸周辺の汀線の半年~20年程度の変動特性を解明するため,年2回23年間の汀線測量データを用いてEOF解析を行い,様々な時空間スケールの特徴的な変動成分の抽出を試みた.その結果,EOF上位2モードにより汀線の長期変化傾向と季節的変化を主に表す対照的な変動成分が捉えられた.周波数フィルタリングした上位4モードから得られた約5年周期の変動パターンは,砂州 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_769-I_774, 2017

    J-STAGE 

  • ASYMMETRIC SHORELINE CHANGE AROUND THE CUA DAI RIVER MOUTH IN CENTRAL VIETNAM  [in Japanese]

    DUY Dinh Van , TANAKA Hitoshi , MITOBE Yuta , VIET Nguyen Trung

    ベトナム中部ツーボン川河口左岸に位置するクアダイ海岸では近年侵食が著しい.一方,河口右岸には侵食が見られない.この様な非対称な侵食状況を把握するために,Google Earth画像,および現地調査結果より地形変化の特徴を明らかにした.さらに,より長期での近年の左右岸での汀線変動の相違を定量的に知るために,Landsat画像から海岸線位置を抽出し,左岸で後退,右岸で前進傾向を確認した.また,even …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_1579-I_1584, 2017

    J-STAGE 

  • RECOVERY OF LITTORAL SYSTEM ON SENDAI COAST AFTER THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE TSUNAMI  [in Japanese]

    HOANG Vo Cong , TANAKA Hitoshi , MITOBE Yuta

    2011年3月11日の東日本大震災により仙台海岸の海浜・河口において大きな地形変化が生じた.その後,早急な地形回復が見られた箇所もある.しかし,沿岸漂砂移動の連続性を考慮すれば,局所的な地形の回復は周辺の漂砂環境に対してsinkとして作用するため,これまで定量的に評価されてきた広域的な漂砂量分布・土砂収支などが変容していると推測される.そこで,名取川河口から仙台港に至る仙台海岸北部を対象として,津 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_769-I_774, 2016

    J-STAGE 

  • 1 / 5
Page Top