Search Results 1-20 of 300

  • Effect of snow cover evolution on pore water pressure behaviour in embankments and cut slopes: Field observations

    Nishimura Satoshi , Sasahara Keisuke , Tatsuya Ishikawa

    … <p>Snow cover melting leads to a release of stored winter-time precipitation over a relatively short period of time and thus affects the stability of embankment and cut slopes. … Capturing the patterns of pore water pressure responses against the snow melt water infiltration and reflecting them into seepage flow analysis and mechanical stability analysis may lead to more precise assessment of the spring-time instability peculiar to snowy cold regions. …

    Japanese Geotechnical Society Special Publication 8(8), 288-293, 2020

    J-STAGE 

  • Effects of thinning on snow melt runoff and snow melt period in Kamabuchi Experimental Watershed  [in Japanese]

    Kubota Tayoko , Abe Toshio , Ogawa Yasuhiro , Murakami Wataru

    <p> 森林総研の釜淵森林理水試験地(山形県真室川町)は多雪地域にあり、1から4号沢まで4つの小流域で長期に流量を観測している。植生はスギ・ブナ・ナラを主とする針広混交林である。このうち2号沢と4号沢において2018年10月下旬に間伐(当初の計画で1伐3残列状間伐、間伐率25%)が実施された。一般に、間伐をすると樹冠遮断が減り積雪量が増すと推定される。そこでまず、間伐による積雪量の変化 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 580, 2020

    J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL STUDY ON RAIN-ON-SNOW EVENTS IN SNOWY-COLD REGION  [in Japanese]

    MORITA Ginji , KON Hideto , KYUKA Tomoko , SHIMIZU Yasuyuki , YOSHIKAWA Yasuhiro

    … 降雨と融雪が重なる現象はrain-on-snow eventと呼ばれ,近年,世界各地で大規模な融雪災害をもたらしている.北海道においても,冬期におけるROS記録は各地に存在し,今後の降雨・積雪特性の変化が融雪災害に与える影響が懸念される.そこで,本研究では厳冬期のROS災害の特性を把握することを目的に室内水路実験を実施した.結果,融雪期の最高気温を想定した場合は,降雨に伴う積雪層のせん断強度低下と重量増加 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 75(2), I_925-I_930, 2019

    J-STAGE 

  • VERIFICATION OF ANEAROBIC LAYER IMPROVEMENT IN BRACKISH LAKE BY CONTINUOUS OPERATION OF OXYGENATION DEVICE INCLUDING FREEZING SEASON  [in Japanese]

    SUGIHARA Koki , MASUKI Shingo , SUGAHARA Shogo , MURAYAMA Masaaki

    <p> 塩淡二層汽水湖の網走湖において,塩水層の貧酸素水塊の解消を目的として,現地に酸素溶解装置(WEP)を建設して酸素供給による水質変化について実水域で観測を行った.結氷下から融雪後まで装置を連続運転させた結果,結氷下では湖内の流動が抑制され、装置近傍に溶存酸素量(DO)の上昇と硫化水素の酸化による濁度上昇が確認された.結氷下での2ヶ月の装置運用でおよそ90000m<sup&g …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 75(7), III_299-III_307, 2019

    J-STAGE 

  • Change of alkalinity and inorganic ions with rock weathering in a small river  [in Japanese]

    Nakashima Saki , Takeda Kazushi , Nojiri Yukihiro

    <p>本研究では、河川水に含まれるアルカリ度と主な溶存無機成分を測定し、流域における岩石風化を評価した。調査対象は弘前市郊外にある平川支流の大和沢川である。上流域は主に山地で人為影響が少なく、下流域には生活起源の排水などの流入がある。積雪期の1月に開始し、融雪期を経て、現在も観測を継続している。その結果、大和沢川の溶存成分濃度の平均値は上流域と下流域で明瞭な差があり、多くの成分が流下に …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 66(0), 253, 2019

    J-STAGE 

  • Nonpoint pollution of surface waters with nitrogen ―Seasonal and Regional water quality change for Tori river and Chikuma river―  [in Japanese]

    酒井 美月 , 阿部 卓也

    … Total water flow rate changed due to snowfall, snow melt or increasing of summer rainfall has been confirmed that it effected the load of nitrogen in each river; …

    長野工業高等専門学校紀要 = Memoirs of Nagano National College of Technology (52), 1-4, 2018-06-30

    IR 

  • TOWARDS FUTURE PROJECTION ON DISSOLVED ORGANIC CARBON PROVIDED FROM THE KUSHIRO RIVER BASIN TO THE COAST OF THE OYASHIO  [in Japanese]

    笠間 基 , 駒井 克昭 , 丸谷 靖幸 , 佐藤 辰哉

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 62, Ⅰ_133-138, 2018

  • TOWARDS FUTURE PROJECTION ON DISSOLVED ORGANIC CARBON PROVIDED FROM THE KUSHIRO RIVER BASIN TO THE COAST OF THE OYASHIO  [in Japanese]

    KASAMA Hajime , KOMAI Katsuaki , MARUYA Yasuyuki , SATO Tatsuya

    森林,畑地,湿地,および牧草地,等,様々な土地利用がモザイク状に分布する釧路川流域を対象として,陸域起源の溶存有機炭素の総流出量を定量化し,将来予測するためのシンプルなモデルのプロトタイプを構築した.釧路湿原の上流の一部の小流域と河口を含む流域全体での溶存有機炭素濃度を現地調査し,膨大な炭素源を有すると考えられる釧路川流域からの平水時と融雪期を含むイベント時の面源からの流出負荷特性を明らかにした. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 74(4), I_133-I_138, 2018

    J-STAGE 

  • <b>A Comparison of Snow Accumulation and Melt Models</b><b> in Astore River Basin, Pakistan</b>  [in Japanese]

    Baig Sohaib , Sayama Takahiro , Takara Kaoru

    雪氷は寒冷地の河川流に重要な役割を果たす。夏に温度が上昇すると融雪が発生し、その現象は、さまざまな地理的および気候条件に依存する。積雪融雪を定量化するためには、大きく2つのアプローチがある。すなわちエネルギー収支と温度インデックス法の2つである。エネルギー収支法では、積雪や融雪をモデル化するために、放射、蒸気圧、風速、気温などを利用する。一方、温度インデックス法では、気温のみを変数とする。本研究で …

    Proceeding of Annual Conference 31(0), 150, 2018

    J-STAGE 

  • Relationship between Russian river discharge and snow melt date within the river drainage basin  [in Japanese]

    Hori Masahiro , Sugiura Konosuke , Aoki Teruo , Tanikawa Tomonori , Niwano Masashi

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2018(0), 71, 2018

    J-STAGE 

  • Runoff process of ion concentrations at two adjacent small and large forest catchments on a heavy snow region  [in Japanese]

    Takizawa Hideki , Tamanoi Azusa , Kosaka Izumi

    <p>本研究では、日本大学みなかみ演習林内の隣接した大小2流域(13.7ha,1.2ha)において、積雪融雪期を通して流出観測を行い,いくつかの溶存イオン濃度変化と流量について、2015年と2017年の流出特性を比較した。2015年と2017年は十分に積雪があったものの、融雪に関して多少の違いがみられ、2015年は融雪期が比較的長いのに対し、2017年は降雨を伴いながら相対的に高い流出 …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 367, 2018

    J-STAGE 

  • Maintenance Method for Slope Failure Disaster in Snow Melt Season  [in Japanese]

    高柳 剛 , 湯浅 友輝 , 欅 健典

    鉄道総研報告 = RTRI report : 鉄道総合技術論文誌 31(5), 11-16, 2017-05

  • 利根川上流における河川水中の¹³⁴Cs及び¹³⁷Csの放射能濃度 (特集 放射線と分析化学 : 事故後5年)  [in Japanese]

    長尾 誠也 , 金森 正樹 , 鈴木 究真 , 落合 伸也 , 井上 睦夫

    分析化学 66(4), 243-249, 2017-04

  • <sup>134</sup>Cs and <sup>137</sup>Cs Radioactivity in River Waters from the Upper Tone River  [in Japanese]

    NAGAO Seiya , KANAMORI Masaki , SUZUKI Kyuma , OCHIAI Shinya , INOUE Mutsuo

    2011年12月から2012年12月までの1年間,利根川上流域で河川水を採取し,河川水中の放射性セシウム(<sup>134</sup>Csと<sup>137</sup>Cs)濃度を測定した.その結果,4月から5月の雪解けと降雨により,平水時に比べて最大で10倍高い濃度を観測した.また,雪解けによる水位上昇時の降雨と台風4号(Guchol: T1204 …

    BUNSEKI KAGAKU 66(4), 243-249, 2017

    J-STAGE 

  • Which is retained for a long period, snow in forest or snow in open?  [in Japanese]

    Fujihara Yoichi , Nagai Takahiro , Nakano Mitsunori , Takase Keiji , Tanaka Kenji , Lundquist Jessica

    本研究では、林内とオープンスペースにおける積雪・融雪を比較した研究論文を探し、これらの研究結果を整理することで、林内の積雪とオープンスペースの積雪のどちらの方が遅くまで残るかを明らかにすることを試みた。収集したデータおよび観測データから、林内における消雪日(SDD<sub>f</sub>)と隣接するオープンエリアにおける消雪日(SDD<sub>o</sub …

    Proceeding of Annual Conference 30(0), 71, 2017

    J-STAGE 

  • Variation trend of stream runoff in the Japanese Alps catchment  [in Japanese]

    SUZUKI Keisuke

    <p>中部山岳地域は,世界でも有数の豪雪地として知られている。本地域にもたらされる降雪は降雨にもまして極めて重要な水資源である。また,大量の積雪から春先に流出する融雪水は,水資源として有効である。流域内に堆積する雪は天然の白いダムとなっている。地球規模の温暖化に伴って降雪量は減少するとの報告がなされているが,これらの研究は低標高地域での観測データに基づいている。高標高地域でも同じことが …

    Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences 47(2), 87-96, 2017

    J-STAGE 

  • Numerical analysis of seismic behaviour of soil under frozen surface conditions

    Siva Subramanian Srikrishnan , Ishikawa Tatsuya , Tokoro Tetsuya , Kusunoki Fumiya

    … An earthquake during the freezing period and thawing period may cause severe disasters i.e. slope failures induced by the combined effects of seismicity and snow melt water. …

    Japanese Geotechnical Society Special Publication 5(2), 135-140, 2017

    J-STAGE 

  • Effects of Bamboo Forest Expansion on Soil Physical Properties, Snow Accumulation, and Snow Melt  [in Japanese]

    FUJIHARA Yoichi , MOROZUMI Keisuke , TAKASE Keiji , MOMOSE Toshihiko , CHONO Shunsuke , ICHION Eiji

    竹林拡大が乾燥密度や透水性・保水性などの土壌物理性に及ぼす影響を検討し,土壌内部の雨水流出経路を調べるために色素トレーサーを用いた散水実験を行った.さらに,竹林拡大が積雪・融雪に及ぼす影響も検討した.その結果,竹林拡大区と落葉区の土壌の違いは主に表層で見られ,前者の方が根量は多く乾燥密度が小さい.また,根量が増加すると同一マトリックポテンシャル時における体積含水率が減少しており,保水性の低下が確認 …

    Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering 84(3), II_87-II_94, 2016

    J-STAGE 

  • SIGNIFICANT FACTOR OF FORMATION OF BIOFILM OVER ROBERTS BANK TIDAL FLAT  [in Japanese]

    NAKAYAMA Keisuke , KOMAI Katsuaki , ELNER Robert W. , KUWAE Tomohiro

    VancouverのRoberts Bankには広大な干潟が存在し,世界有数の渡り鳥(シギ・チドリ類)の飛来地となっている.Roberts Bank tidal flatにおける渡り鳥の飛来の大きな要因として餌資源となっているbiofilmの存在が指摘されているが,如何なる物理・塩分環境にて存在するか等,不明な点が多い.そこで本研究では,biofilmが形成される大きな要因であると考えられる塩分環 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 72(2), I_1063-I_1068, 2016

    J-STAGE 

  • Sugar and fructo-oligosaccharides contents in onion before snow cover and after snow melting.  [in Japanese]

    ASAI Masami , NISHIHATA Hidetsugu , MAEDA Tomoo

    積雪地帯の秋まきタマネギ栽培において,異なる栽培条件下での積雪前後の生育と糖およびフルクトオリゴ糖の蓄積について調査した.積雪前に比べ融雪後のタマネギの生育は進んでいた.積雪前と融雪後のタマネギ葉身・葉鞘に糖およびフルクトオリゴ糖が蓄積されていた.積雪前の葉身・葉鞘内の糖およびフルクトオリゴ糖含量は,播種・定植時期で異なったが,融雪後には播種・定植時期による影響は認められなかった.積雪前に比べ融雪 …

    Shokubutsu Kankyo Kogaku 28(4), 182-188, 2016

    J-STAGE  JASI 

Page Top