Search Results 1-20 of 39839

  • Design, Implementation and Assessment of a Support System to Find Bad Fingering Habits for Piano Teachers  [in Japanese]

    松井 遼太 , 長谷川 麻美 , 竹川 佳成 , 平田 圭二 , 柳沢 豊

    本稿では,ピアノ演奏時の悪癖アノテーション機能を持つ,ピアノ教師向け悪癖発見支援システムの構築について述べる. ピアノ演奏者にとって正しい指使いを身につけることは,高度な演奏技術を修得するうえで必須となる. 指使いは身体や運動に依存するため,個人の体格や弾き方に影響されやすい.そのため,演奏者が誤った指使いを身につけた場合,指使いは悪癖として定着しやすく,定着後に修正することが難しい.したがってピ …

    情報処理学会論文誌 61(4), 789-797, 2020-04-15

    IPSJ 

  • Effects of "Curriculum Theory" Practice Corresponding to "Core Curriculum in Teacher Training Programs" (1): Verification of Trial in the Nutrition Teacher Training Program.  [in Japanese]

    新井 英志

    本稿は、栄養教諭養成課程において、教職課程コアカリキュラム対応型授業である「教育課程論」を2018年度に試行的に実践した効果について、3つの研究課題を設定して検証した結果を報告する。研究対象は、2018年度に「教育課程論」を履修したT大学栄養学科・教職課程の1年次生26名である。研究方法は、「最終授業後のアンケート」(質問紙調査で5件法と記述を併用、質問項目40項目)を実施し、当該学生の自己評価結 …

    天使大学紀要 = Bulletin of Tenshi College 20(2), 1-14, 2020-04-13

    IR 

  • A Study on Qualities and Abilities Teachers Must Teach Children-Think about School and Teacher's Skills of 21st Century Type-  [in Japanese]

    矢野 正

    世界中においてAI(人工知能)やICT(情報通信技術)の技術が大きく進展し,社会変革としてのSociety 5.0が叫ばれ始め,最近の教員養成や働き方に関する動向というものも,たいへん目まぐるしい状況の変化がある。2019(平成31)年3月までに,全国一斉に教職課程の再課程認定が行われ,多くの大学の教職員が対応に追われることとなった。再課程認定が行われたのは,教育職員免許法及び同施行規則が改正され …

    人間教育 = Online Journal of Humanistic Education 3(4), 75-83, 2020-04

    IR 

  • Ideal Image of Japanese Language Teachers for Taiwanese Students Majoring in Japanese Language : Relationship to Reasons for Language Study  [in Japanese]

    山田 美保

    小出記念日本語教育研究会論文集 = Papers of the Japanese Language Teaching Association in honor of Professor Fumiko Koide (28), 5-20, 2020-03-31

  • A Case Study of Verbal Interaction used by Elementary Physical Education Student Teachers : A Consideration of Student Teacher Practice Classes  [in Japanese]

    江藤 真生子

    神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要 13(2), 39-48, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • <Articles>Positioning of Ethnic Language and Culture Education in the School Education System in the Multilingual Country Bhutan: The Teachers' Views  [in Japanese]

    佐藤 美奈子

    … In this study, three types of survey were conducted: (1) a questionnaire survey of 115 active teachers, (2) an interview with a teacher and his family who were transferred to a minority ethnic district, and (3) discussion with four university students who aimed to become teachers. …

    アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African area studies 19(2), 113-152, 2020-03-31

    IR 

  • Self-Inflation: Examining the Accuracy of Teacher Self-Assessment

    Swanson Mark , Davis Rian

    Teacher self-assessment can be implemented both as a tool to assess teaching efficacy and to encourage teacher selfreflection. … This paper investigates the accuracy of teacher self-assessment and discusses the implications for teachers and educational institutions. …

    山口県立大学学術情報 (13), 55-59, 2020-03-31

    IR 

  • Teachers' Questions to Promote Intercultural Understanding: A Case Study of Students' Reflections on English Apologies

    武田 礼子

    … This article deals with a case study, which focuses on students' intercultural understanding which was revealed in their reflective writing in response to a teacher's questions. … The results indicated that students' writing varied, ranging from ethnocentric to ethnorelative stages, depending on the types of questions the teacher asked. …

    国際基督教大学学報. I-A 教育研究 = Educational Studies (62), 49-61, 2020-03-31

    IR 

  • A Study on Verification of Teacher Training Core Curriculum;Focusing on the\nSubject of "Understanding for Children with Special Support Needs"  [in Japanese]

    丹野 傑史

    長野大学紀要 = BULLETIN OF NAGANO UNIVERSITY 41(3), 27-36, 2020-03-31

    IR 

  • The successful approach of using a "Strategical Trial Lesson" in the Science Teaching Methods : A former high school teacher who is now a professor of education demonstrates teaching methods to his students by affording them the opportunity to observe and assist as he instructs a group of high school students. Afterward, he urges his students to reflect on those teaching methods.  [in Japanese]

    長谷川 省一

    It has been shown that practical experience can greatly accelerate a student's learning as compared to lectures alone. In learning Science Teaching Methods, students gain valuable application experie …

    愛知工業大学研究報告 = Bulletin of Aichi Institute of Technology (54), 33-42, 2020-03-31

    IR 

  • A Study on the Timing of Occupation Selection by Students Aiming for Kindergarten Teacher and Childminder  [in Japanese]

    寺尾 謙 , 山鹿 貴史

    八洲学園大学紀要 = The bulletin of Yashima Gakuen University (16), 53-59, 2020-03-31

    IR 

  • A Fundamental Investigation and Trial of Remote Teaching Using Web Conference Systems  [in Japanese]

    清水 将 , 熊谷 真倫 , SHIMIZU Sho , KUMAGAI Marin

    現在は、少子化の影響や地方の人口減少により、学校の統廃合が各地で進められており、学校数が減少傾向にある。岩手県の小学校でも全体の20.6%が過小規模校に該当し、全国平均を大きく上回っている。小規模校には様々なメリットがあるが、デメリットとして、学級間の相互啓発がされにくい、多様な考えに触れる機会が少ない等がある。それを改善する方法としては、遠隔授業が有効である。本研究の目的は、ビデオ通話が可能な無 …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 257-264, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • Clarifying the Competence that Teachers Want Children to Acquire in Net Games Using Close Team Work  [in Japanese]

    村上 貴史 , 清水 将 , MURAKAMI Takashi , SHIMIZU Sho

    この研究は、小学校高学年のボール運動領域のネット型連携タイプにおいて児童に身に付けさせたい力について検討を行った。研究1では、小学校高学年のボール運動領域のネット型連携タイプにおいて児童に身に付けさせたい力を明確化するために必要な項目収集し、その分類に用いた4つのカテゴリーを手がかりに33項目からなるその暫定尺度を作成した。研究2では、因子分析を用いて因子構造を探索したところ、「Set up」「C …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 249-256, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • Development of Tag-game Teaching Materials Designed to Raise Perceived Physical Competence through a Connection with Goal-type Games  [in Japanese]

    菊池 はるひ , 清水 将 , KIKUCHI Haruhi , SHIMIZU Sho

    体育の学習は,生涯の健康や豊かなスポーツライフの実現を目指されて行われる.本研究では,子ども達が今後も運動やスポーツを選択していく要因の1つとして「運動有能感」を取り上げる.先行研究より, 運動有能感は学習内容の明確さと関わりがあると考え,そこに課題が見られる「鬼遊び」の教材を開発, 実践した.その結果,ゴール型への接続を意識してどの段階の攻守の動きを身に付けさせたいかのねらいに基づき,動きを焦点 …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 237-248, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • A Proposal for Psycho-educational Programs for Seeking and Accepting Help  [in Japanese]

    山本 奬 , 佐藤 和生 , 有谷 保 , 板井 直之 , 川原 恵理子 , 三浦 健 , 若松 優子 , YAMAMOTO Susumu , SATO Kazuo , ARIYA Tamotsu , ITAI Naoyuki , KAWAHARA Eriko , MIURA Ken , WAKAMATSU Yuko

    本研究の目的は,自殺予防教育の一環として,ソーシャルスキルトレーニングの考え方を参考に「援助要請の仕方・受け止め方」の心理教育プログラムを作成し,小学校3年生から中学校2年生までの児童生徒に実施し,その成果を検証することであった。作成したプログラムについて,援助要請の仕方・その受け止め方共に,当初の自信による適用の禁忌はないことが確認された。援助要請の仕方・その受け止め方の自信の向上については,い …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 223-236, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • The Relationship between "Capacity to Strive for Student Development" and "Instructions that Combine Subjects" at the Special Support School for Intellectual Disabilities : An Exploration of How to Make Lessons  [in Japanese]

    田淵 健 , 佐々木 全 , 東 信之 , 名古屋 恒彦 , 最上 一郎 , TABUCHI Ken , SASAKI Zen , AZUMA Nobuyuki , NAGOYA Tsunehiko , MOGAMI Ichiro

    「各教科等を合わせた指導」は,知的障害教育における代表的な指導の形態として,子どもの主体性を重視し,実際の生活に即した実践を促進している。一方で,その授業の目標や評価の曖昧さ,各教科との関連の不明瞭さ等の指摘がなされてきた。平成29年の学習指導要領改訂に伴い「育成を目指す資質・能力」を明確にした授業づくりが求められ,「各教科等を合わせた指導」においても「育成を目指す資質・能力」を明確にした実践が求 …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 213-222, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • Creating Lessons Based on the Course of Study's ''Cross-curricular Instruction"  [in Japanese]

    田淵 健 , 佐々木 全 , 東 信之 , 名古屋 恒彦 , 最上 一郎 , TABUCHI Ken , SASAKI Zen , AZUMA Nobuyuki , NAGOYA Tsunehiko , MOGAMI Ichiro

    学習指導要領改訂に伴い「各教科等を合わせた指導」を計画・実施する場合に,いかに各教科等を踏まえるか,議論が求められている。岩手県においては,1950年代以降,「各教科等を合わせた指導」に相当する実践が展開され,2018年度現在で岩手県内の特別支援学校全16校において知的障害に対応した教育課程が備えられており,「各教科等を合わせた指導」の実践研究は大きな教育課題と言える。そこで,本稿では,課題解決に …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 205-211, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • The Design of Teaching Practice for Psycho-educational Services at Graduate Schools of Education  [in Japanese]

    山本 奬 , 大谷 哲弘 , 伊藤 綱俊 , 村上 貴史 , YAMAMOTO Susumu , OTANI Tetsuhiro , ITO Tsunatoshi , MURAKAMI Takashi

    本稿は,岩手大学大学院教育学研究科教職実践専攻における子ども支援力開発実習に関する計画と実践について,設置後4年間の修正や調整を踏まえて,「専門実習の手引き」に沿って報告するものである。それは学卒院生については,1年前期から2年後期までの各期に取り組まれる「教育活動を捉える観点に触れる」,「教育活動を捉える観点の理解」,「教育活動を捉える試み」,「教育活動実践の試み」の順で構成されるものであった。 …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 191-204, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • The Purpose of a Japanese Language Arts Teaching Unit Enlightened by the Concept of Inclusion : Theory Incorporating a Perspective from Vygotsky's Special Needs Education  [in Japanese]

    藤井 知弘 , FUJII Tomohiro

    国語教育において,今まで弱かった特別な支援の必要とする学習者を含んだ学習のあり方を「包摂」の概念から考えることが,実践現場において喫緊の課題となっている。「包摂」の概念は,今日的にはインクルーシブ教育として認知されているが,そうした学習者を含みこんでの学習のあり方は既にヴィゴツキーの理論において提言されている。特別な支援を要する学習者は,その学習者なりのZPD を持ち,それはインクルーシブ教育の中 …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 181-189, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • Consideration of Teaching "the Concept of Hypothesis Testing" using Simulation : Intuitive Teaching by Experiments using Excel  [in Japanese]

    中村 好則 , NAKAMURA Yoshinori

    平成30年に告示された高校の新学習指導要領では,統計教育の充実が図られ,数学Ⅰに「仮説検定の考え方」が新規に加わった。中村(2019)は,表計算ソフト(Excel)を活用した「仮説検定の考え方」の指導の可能性を検討した結果,Excel を活用することで,(1)繰り返し実験を行うことができ「不確実な事象の起こりやすさ」を体験的に理解できること,(2)計算時間を多くとらなくとも既習事項(相対度数や標準 …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (4), 167-180, 2020-03-31

    IR  DOI 

Page Top