Search Results 1-20 of 705

  • Fish Assemblages and Diversities in the Artificial Sandy Beach and Tidal Mud Flat in the Inner Tokyo Bay, Central Japan  [in Japanese]

    丸山 啓太 , 河野 博 , 竹山 佳奈 , 中瀬 浩太 , Keita Maruyama , Hiroshi Kohno , Kana Takeyama , Kota Nakase

    東京湾内湾に造成された海浜と干潟が魚類にどのような場を提供しているのか明らかにすることを目的として、月に一度の小型地曳網による調査を5年間行った。調査地点は東京都大田区の「大森ふるさとの浜辺公園」で、同公園は海浜(1.2 ha)と干潟(1.0 ha)、それらの間に浅場(4.6 ha)の海域を有する公園である。周辺は水深約5 mの運河域であるが、運河域との境界に海底から高さ約4 mの砂留潜堤が造成さ …

    東京海洋大学研究報告 = Journal of the Tokyo University of Marine Science and Technology (17), 1-17, 2021-03-01

    IR 

  • Nature observation at tidal flats for citizens: cultivating kid's five senses  [in Japanese]

    Koga Tsunenori

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 71(1), 29, 2021

    J-STAGE 

  • Importance of two river mouths in the southern Izu Peninsula of Japan as habitats for endangered macrobenthic species.

    Yuhara Takeshi , Yokooka Hiroyuki , Kanaya Gen , Tanaka Masaatsu , Unagami Tomoo , Yokoyama Kosaku , Taru Masanori

    … An inventory of the macrobenthic invertebrate fauna of the temperate tidal flats on southern Izu Peninsula, Pacific coast of Japan is presented. … A total of 74 macrobenthic taxa, including 24 endangered species were recorded in these areas of diverse intertidal habitats including bare tidal flats, salt marshes and semi-mangrove Hibiscus hamabo. …

    Aquatic Animals AA2021(0), AA2021-5, 2021

    J-STAGE 

  • Field Observation and Statistical Analyses of the Fugacity of Carbon Dioxide in Shallow Coastal Waters  [in Japanese]

    田多 一史 , 所 立樹 , 渡辺 謙太 , 茂木 博匡 , 桑江 朝比呂

    港湾空港技術研究所報告・資料 = Report and technical note of the Port and Airport Research Institute, 3-65, 2020-06

  • STUDY ON SPATIAL STRUCTURES OF <i>OKURA-SYO</i> OWNED BY THE YANAGAWA DOMAIN IN THE EDO PERIOD  [in Japanese]

    SAGAMI Chikao

    … The domain faced the Sea of Ariake, which has the largest tidal flats in Japan. …

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ) (771), 1079-1088, 2020-05

    J-STAGE  AIJ 

  • Changes in the use of shellfish based on a survey of the Kasumi campus and the Hiroshima Bay coastal area  [in Japanese]

    石丸 恵利子

    … It is probable that during the late and final Jomon period, oysters, Japanese littleneck clams, and other types of clams were collected from the tidal flats. …

    広島大学埋蔵文化財調査研究紀要 (11), 1-23, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • Habitat Shifts of Larval and Juvenile Konoshiro Gizzard Shad, Konosirus punctatus, in Relation to the Functional Development in Tokyo Bay, Central Japan

    デイビッド E. アンマリサン , 今井 仁 , 河野 博 , David Erick Angmalisang , Hitoshi Imai , Hiroshi Kohno

    東京湾外湾の沖合5地点(稚魚ネット:1996年4月~1997年3月)と砕波帯3地点(地曳網:1998年4月~1999年3月)および内湾の干潟域3地点(地曳網:2006年6月~2008年8月)で採集したコノシロの仔稚魚について、その出現状況を明らかにした。さらに129個体(体長3.6~25.1mm)を透明骨格標本にし、遊泳・摂餌機能に関する形質の発達を観察した。外湾の沖合では1,114個体(体長3. …

    東京海洋大学研究報告 = Journal of the Tokyo University of Marine Science and Technology (16), 39-52, 2020-02-28

    IR 

  • Impact of 2016Kumamoto earthquake on topographic change of muddy tidal flats, Yatsushiro Sea, Kyushu, Japan  [in Japanese]

    秋元 和實 , 日本ミクニヤ株式会社 , 株式会社東陽テクニカ

    社会地質学会誌 = Geo-pollution science, medical geology and urban geology 16(1・2), 12-23, 2020

  • DEVELOPMENT OF A HABITAT PREDICTION METHOD FOR RUDITAPES PHILIPPINARUM BASED ON IMAGE ANALYSIS USING DEEP LEARNING  [in Japanese]

    大中 臨 , 赤松 良久 , 間普 真吾 , 乾 隆帝 , 花岡 拓身

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 65, Ⅰ_1279-1284, 2020

  • A process of sexual maturation of <I>Simplisetia erythraeensis</I> (Annelida, Nereididae)

    Ueno Ryoko , Yamamoto Tomoko

    日本沿岸に普遍に分布する多毛類コケゴカイ <I>Simplisetia erythraeensis</I>(環形動物門:ゴカイ科)について,鹿児島湾の思川河口に生息する個体群を対象に,性成熟のプロセスとその季節変化を調査した。組織切片では,卵母細胞と精母細胞が別々の個体で見られ,卵母細胞が体腔で観察されたため,本種は雌雄異体であり,雌は卵巣を持たず体腔内で卵形成を行うことが …

    Aquaculture Science 68(1), 65-73, 2020

    J-STAGE  JASI 

  • ESTIMATION METHOD FOR ECOSYSTEM SERVICES OF FOOD PROVISION IN TIDAL FLATS AND SEAGRASS BEDS  [in Japanese]

    OKADA Tomonari , MITO Yugo , AKIYAMA Yoshihiro , MASUDA Takafumi , MURAOKA Daisuke , YAMAKITA Takehisa , KUWAE Tomohiro

    <p> 造成した干潟・アマモ場における食料供給の環境価値の評価のため,水産資源の現存量から漁獲量を推定する方法を考案した.造成した干潟では,水産資源の現存量はあるものの,漁獲量はないことが多い.また,アマモ場の重要な機能である稚仔魚の育成機能は,漁獲量と結びつけて評価されていない.そこで,水産資源の現存量推定モデルを逆向きに算定することで漁獲量を推定した.手法の妥当性を,統計値等が得ら …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_973-I_978, 2020

    J-STAGE 

  • TOPOGRAPHIC CHANGES CAUSED BY THE 1964 ALASKA TSUNAMI IN DISCOVERY BAY, STATE OF WASHINGTON, USA  [in Japanese]

    Watanabe Ryo , SUPPASRI Anawat , IMAMURA Fumihiko , YAMASHITA Kei , PAKOKSUNG Kwanchai , GARRISON-LANEY Carrie

    <p> 米国西海岸は津波リスクの非常に高い地域であり,津波堆積物調査が盛んに行われている.その内太平洋沿岸で発見された津波堆積物はそのほとんどがカスケディア沈み込み帯を波源とする津波によるものである一方,セイリッシュ海に面するディスカバリー湾ではそれ以外の波源と思われる津波堆積物が見つかっている.これらの津波堆積物の研究を進めることでカスケディア沈み込み帯以外を波源とする津波によるリス …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_433-I_438, 2020

    J-STAGE 

  • APPLICATION OF OPTICAL FIBER-BASED GROUND ELEVATION MEASUREMENT AND TURBIDITY ESTIMATION METHODS TO THE SHIRAKAWA RIVER MOUTH TIDELAND  [in Japanese]

    YAMANO Takashi , KURODA Naoto , TSUJIMOTO Gozo , HOKAMURA Takaomi , SAKAI Daiki

    <p> 現地における海底地盤の地形変化は,台風時の高波浪など外力の影響を大きく受けるが,そのような状況下での地盤高計測は困難であり,従来は高波浪が治まった後に計測を実施することが多い.しかしながら,高波浪時にこそ地形変化は発生している.一方,干潟を対象とした地盤高計測は,高精度な測量機器やUAVを使用した計測は多数行われているが,これらも同様に悪天候時には計測ができない.そこで,光ファ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1351-I_1356, 2020

    J-STAGE 

  • BASIC STUDY ON THE OBSERVATION OF BENTHIC DIATOMS IN TIDAL FLATS USING MULTI-BAND IMAGING RADIOMETER  [in Japanese]

    NIKI Masato , TAN Hiroyuki , TANAKA Akihiko , KATO Shigeru

    <p> 干潟の持つ浄化機能は,藻類や底生珪藻による栄養の固定といった物質循環の過程により成り立っているがその効果を正確に評価することには,面的な拡がりをどう克服するかが課題である.本研究は,将来的なドローンを活用した面的観測手法の確立を目指し,市販のイメージセンサとニュートラルデンシティフィルタおよびバンドパスフィルタを組み合わせた多波長イメージ分光放射計を活用した底生珪藻観測の基礎的 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1357-I_1362, 2020

    J-STAGE 

  • CARBON STRAGE EFFECT OF URBAN COASTAL AREAS FOCUSED ON THE RESIDUAL ORGANIC CARBON AND THE INORGANIC CARBON IN SEDIMENTS  [in Japanese]

    ENDO Toru , HAYAMITSU Koki , KITANO Yutaro , NAKASHITA Shinya

    <p> 本研究は,港湾海域を含む大阪湾の海岸域をモデルケースとして,堆積物中の形態別炭素含有量を測定し,環境特性の異なる海域の炭素貯留効果を把握するとともに底質性状との関係を明らかにした.まず,100日間の生分解性試験により生分解性有機炭素と残存性有機炭素を分画した結果,干潟では堆積有機炭素のうち70~90%が残存性であるのに対し,磯浜と砂浜はほとんど有機炭素が存在していなかった.また …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1021-I_1026, 2020

    J-STAGE 

  • DECOMPOSITION PROPERTIES OF ANIONIC SURFACTANT CONTAINED IN SHIELD EXCAVATED SOIL  [in Japanese]

    OONISHI Koki , NOGUCHI Takatoshi , ONODERA Katsuyuki , MIZOKAWA Shinichirou , MITO Yugo

    <p> 泥土圧シールド工法から発生する建設発生土(以下,シールド発生土)を干潟造成へ有効活用するには,シールド発生土が生物に対して安全であることが前提条件となる.しかしながら,シールド発生土に添加されている気泡剤の主成分である陰イオン界面活性剤は,生態毒性を有することが報告されている.シールド発生土を有効活用するには,養生期間を設け,陰イオン界面活性剤濃度を管理の目安値以下まで分解させ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1033-I_1038, 2020

    J-STAGE 

  • RELATIONSHIPS BETWEEN ANIMAL DISTRIBUTIONS AND COASTAL SEASCAPES  [in Japanese]

    AKIYAMA Yoshihiro B. , NAITO Ryoji , YOSHIMURA Kanami , OKADA Tomonari

    <p> 沿岸域の海生生物の衰退に対する対策として,生息場間のネットワークを考慮して生息場を再生するため,東京湾の干潟に生息する海生生物と干潟の周囲のシースケープとの関係を調べた.主に軟体動物が寄与する大型底生動物のSimpson多様度指数は,干潟からの距離が10km以下の範囲におけるシースケープのSimpson多様度指数と有意に正相関した.一方,3魚種の出現記録の有無は,干潟の周囲の生 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1045-I_1050, 2020

    J-STAGE 

  • ASSESSING ECOTOXICITY OF EXCAVATED SOIL FROM SHIELD TUNNELING USING BIOASSAY  [in Japanese]

    MITO Yugo , OONISHI Koki , NOGUCHI Takatoshi , ONODERA Katsuyuki , MIZOKAWA Shinichirou

    <p> 泥土圧シールドトンネル工法から発生する建設発生土(以下,シールド発生土)の有効活用の一つとして,干潟や浅場造成等への利用が挙げられる.しかしながら,シールド発生土には,気泡剤等の添加剤が添加されており,有効活用に向けて生物に対する安全性の評価が必要である.そこで,本研究では,近年,多くの国で採用されている全排水毒性試験の考え方を応用して,生物応答を利用したシールド発生土の安全性 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1039-I_1044, 2020

    J-STAGE 

  • INVESTIGATION OF A REGIONAL SEDIEMNT TRANSPORT INCLUDING RIVER AND COASTAL REGION AND AN ACTUAL CONDITION OF SILTATION・EROSION  [in Japanese]

    UZAKI Ken-ichi , KAWASHIMA Masahiro , MIYATA Tomoyuki

    <p> 干潟は,内湾の水質や生態系の維持に重要な役割を果たしていると指摘され,既存干潟の保全や人工干潟の造成が行われているが,その土砂動態については未解明な点が多い.その原因は,①広域的視点の欠落,②河川からの土砂供給量の精確な算定手法の欠落にある.本研究では,高精度かつ広域的な深浅測量による深浅図,著者らが開発している河川からの土砂供給量算定モデル:gRSM,沿岸域の広域土砂動態・地 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_792-I_797, 2020

    J-STAGE 

  • RELATIONSHIP BETWEEN GROUND AND BURROW (<i>SCOPIMERA GLOBOSA</i>) IN TIDAL FLAT  [in Japanese]

    NAKAMURA Tomoaki , HASEGAWA Kazuyuki , SUMI Hirokazu , ODA Akira , OCHIAI Minoru

    <p> 日本の沿岸域では津波や高潮などの被害を防ぐ防災対策や漂砂による海岸の浸食などの問題を抱えており土木工事の必要性は増している.一方で,干潟環境への影響を考慮し土木工事を実施するには環境影響評価を適切に行う必要がある.干潟域において環境影響評価を適切に行うには,干潟域内に生息する生物と生息環境との相互作用を可能な限り的確に把握することが望まれる.そこで,本研究では,日本における干潟 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_858-I_863, 2020

    J-STAGE 

Page Top