Search Results 1-20 of 195

  • Girdling Treatment to Reduce Vigor and Increase Production of High-quality Yellow-skinned 'Koukou' Apples

    Matsumoto Kazuhiro , Sato Saki , Fujita Tomomichi , Hayashida Taishi

    … We compared the effect on tree growth, flower bud formation and fruit quality over a 4-year field trial using vigorous yellow-skinned 'Koukou' apple trees. … Compared with the girdling timing, the effect of girdling widths in August was less obvious, but even the 2 cm treatment in August was enough to reduce tree vigor and improve fruit quality. …

    The Horticulture Journal 90(1), 31-37, 2021

    J-STAGE 

  • Relationship between the tree vigor of dogwood (<i>Cornus florida</i>) street trees and street configuration in Tokyo  [in Japanese]

    YAMADA Daiki , UCHIDA Kei , TSUCHIYA Kazuaki , ICHIKAWA Kaoru , HARA Yuji , HENRY Brian P. , OKURO Toshiya

    … As a result of our analysis, in the area where the buildings were tall, the tree vigor tends to be poor and in the area where the planting type was planting zone rather than planting pot, the tree vigor was tend to be good, in whole Tokyo area. … Outside Tokyo 23 wards, there was a tendency for good tree vigor in the area where the road width was wide and the street trees were facing south. …

    Landscape Research Japan Online 13(0), 94-99, 2020

    J-STAGE 

  • Fruit Setting and Quality of 'Koyama New Summer' Covered with Cheesecloth during the Flowering Period  [in Japanese]

    Hamabe Naoya , Baba Akiko , Maeda Minori , Katsuoka Hiroyuki , Taneishi Motohiro , Hisamatsu Susumu , Noda Katsuji

    <p>'ヒュウガナツ' の枝変わり品種で単為結果性を有する '古山ニューサマー' について,開花期にネットを被覆して訪花昆虫の侵入を防止した条件下における無核果の着果量,着果特性,果実品質を 'ヒュウガナツ' と比較した.樹冠占有面積当たりの無核果の収穫果実数は '古山ニューサマー' で多く,単為結果による無核果のみで 'ヒュウガナツ' で目安とされる適正着果量程度の着果が得られること …

    Horticultural Research (Japan) 19(4), 331-337, 2020

    J-STAGE 

  • Relationship Between Shoot Growth and Fruit Production of 'Masui Dauphine' and 'Houraishi' Fig Trees at Various Plant Densities

    Hosomi Akihiro

    … <p>This study aimed to determine the optimal shoot vigor to produce large fruit and high yields of the fig (<i>Ficus carica</i> … Fruit production of the two cultivars was compared for seven years on shoots of various vigor induced by different plant densities: 20, 61, 400, 667, and 2000 trees per 1000 m<sup>2</sup>, and all shoots occupied equal-sized basal areas (0.5 m<sup>2</sup> …

    The Horticulture Journal 89(4), 375-383, 2020

    J-STAGE 

  • Inhibition of decay in Japanese pear trees caused by Fomitiporia torreyae by ringing  [in Japanese]

    吉田 明広 , 押田 正義 , 金子 洋平 , 鈴木 健

    千葉県農林総合研究センター研究報告 = Annual research bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture and Forestry Research Center (11), 23-29, 2019-03

  • New Persimmon Cultivar 'Reigyoku'  [in Japanese]

    佐藤 明彦 , 山田 昌彦 , 河野 淳 , 三谷 宣仁 , 伴 雄介 , 上野 俊人 , 白石 美樹夫 , 尾上 典之 , 岩波 宏 , 吉岡 美加乃

    1. '麗玉'は,農林水産省果樹試験場カキ・ブドウ支場(現 農研機構果樹茶業研究部門ブドウ・カキ研究拠点)において,1998年に'甘秋'にカキ安芸津19号を交雑して得た実生から選抜された早生の完全甘ガキである。2008年より開始されたカキ第7回系統適応性検定試験に供試し,全国28カ所の国公立試験研究機関において特性を検討した。その結果,新品種候補として適当であるとの結論を得て品種登録出願を行い,' …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO (3), 75-87,89, 2019-03

    IR  DOI  JASI 

  • New Persimmon Cultivar 'Taiga'  [in Japanese]

    佐藤 明彦 , 山田 昌彦 , 河野 淳 , 三谷 宣仁 , 伴 雄介 , 上野 俊人 , 白石 美樹夫 , 尾上 典之 , 岩波 宏 , 吉岡 美加乃

    1. '太雅'は,農林水産省果樹試験場カキ・ブドウ支場(現 農研機構果樹茶業研究部門ブドウ・カキ研究拠点)において,1998年に'甘秋'にカキ安芸津19号を交雑して得た実生から選抜された早生の完全甘ガキである。2008年より開始されたカキ第7回系統適応性検定試験に供試し,全国28カ所の国公立試験研究機関において特性を検討した。その結果,2015年に品種登録出願することが決定され,'太雅'の名称で公 …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO (3), 61-73, 2019-03

    IR  DOI  JASI 

  • New Citrus Cultivar 'Tsunokagayaki'  [in Japanese]

    野中 圭介 , 松本 亮司 , 吉岡 照高 , 國賀 武 , 山本 雅史 , 奥代 直巳 , 吉永 勝一 , 高原 利雄 , 山田 彬雄 , 三谷 宣仁 , 稗圃 直史 , 浅田 謙介 , 今井 篤 , 池宮 秀和 , 内原 茂 , 深町 浩 , 村田 広野

    1. '津之輝'は1984年に果樹試験場口之津支場において,KyOw No.14('清見'×'興津早生')に'アンコール'を交雑して育成された品種である。2001年よりカンキツ第9回果樹系統適応性・特性検定試験に系統名カンキツ口之津34号として供試した。その結果,2008年3月にみかん農林17号'津之輝'と命名,登録された。また,2009年3月19日付けで,種苗法に基づき第17970号として品種登 …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO (3), 33-45, 2019-03

    IR  DOI  JASI 

  • Survival and Its Factor of Containerized and Bare-root Sugi Cuttings Subjected to Different Watering Regimes after Summer Planting  [in Japanese]

    Ito Satoshi , Shimbo Yumi , Hirata Ryoko , Mizokuchi Takuro

    <p>乾燥条件下でのコンテナ苗の活着の優位性を検証するため,挿し木スギコンテナ苗(1年生および当年生)と当年生裸苗を8月に温室内のポットおよび屋外に植栽し,ポットには異なる潅水処理を施して,苗の樹勢低下過程を比較するとともに,1生育期終了時の苗の器官重量を比較した。毎日潅水区では全てのコンテナ苗が生残したが,裸苗は半数が枯死した。8日おき潅水区では,植栽から約3か月間で全ての裸苗が枯死 …

    Journal of the Japanese Forest Society 101(3), 122-127, 2019

    J-STAGE  JASI 

  • New Apple Cultivar 'Ruby Sweet'  [in Japanese]

    阿部 和幸 , 副島 淳一 , 岩波 宏 , 古藤田 信博 , 森谷 茂樹 , 高橋 佐栄 , 伊藤 祐司 , 別所 英男 , 岡田 和馬 , 加藤 秀憲 , 小森 貞男 , 土師 岳 , 石黒 亮

    1. 'ルビースイート'は,1993年に果樹試験場盛岡支場(現 農研機構果樹茶業研究部門リンゴ研究領域)において,果肉が赤く着色するリンゴ遺伝資源'JP114069'に'ふじ'を交雑して得た実生から選抜された,果肉が淡赤色に着色するリンゴ品種である。2015年3月26日に登録番号第24268号として種苗法に基づき品種登録された。2. 樹姿は開張性で,樹勢は中程度である。短果枝の着生は中~少で,'ピ …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO (2), 9-17, 2018-03

    IR  DOI  JASI 

  • New persimmon cultivar ' Taiho'  [in Japanese]

    佐藤 明彦 , 山田 昌彦 , 河野 淳 , 三谷 宣仁 , 山根 弘康 , 岩波 宏 , 上野 俊人 , 白石 美樹夫 , 伴 雄介 , 平川 信之 , 尾上 典之 , 吉岡 美加乃 , 中島 育子

    1. '太豊'は,果樹試験場安芸津支場(現 農研機構果樹茶業研究部門ブドウ・カキ研究拠点)において,1993年にカキ興津20号に'太秋'を交雑して得た実生から選抜された晩生の完全甘ガキである。2008年より開始されたカキ第7回系統適応性検定試験に供試し,全国26カ所の国公立試験研究機関において特性を検討した。その結果,2014年に選抜され,'太豊'の名称で公表された。2015年6月に種苗法に基づき …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO. Fruit Tree and Tea Science (2), 19-31, 2018-03

    IR  DOI  JASI 

  • Nurse Effect of the Residual Canopies on the Survival of Evergreen Broadleaved Tree Seedlings Planted in a Coastal Pine Wilt Disease Stand  [in Japanese]

    Yoneyama Shunsuke , Kamitani Tomohiko

    <p>海岸砂丘の植栽樹種として高木性常緑広葉樹が選択される機会が増えているが,植栽初期の活着不良が問題となっている。2014年3月に新潟海岸において,マツ枯れが進行し落葉高木が侵入しつつある林冠下に,クロマツ代替種としてシロダモとタブノキを試験植栽した。本研究は,これら植栽木480本の直上で夏期に測定した光量,地際周囲の地温と土壌水分が植栽後2生育期間での活着に及ぼす影響を明らかにした …

    Journal of the Japanese Forest Society 100(5), 186-190, 2018

    J-STAGE  JASI 

  • Growth of paper-pot-grown sugi cuttings and deterioration of pots during first growing season after outplanting.  [in Japanese]

    Furusato Kazuki , Itou Satoshi , Hirata Ryoko

    <p>主に蔬菜用で利用される生分解性ペーパーポット苗は、コンテナ苗と同様に培地と根系が一体化しており、植栽時の水ストレスを受けにくいとされる。また、育苗容器ごと植栽できるためコンテナ苗に比べて培地の崩落や根の折損が起きにくいと予想される。一方で、ペーパーポット苗の育苗容器には根巻き防止の機構がなく、容器ごとの植栽を行うため、植栽後の活着や成長、根系の発達形態について明らかにする必要があ …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 254, 2018

    J-STAGE 

  • Breeding a New Apple Cultivar, 'HFF63'/Kimito<sup>TM</sup>: Its Breeding Process and Characteristics  [in Japanese]

    Matsumoto Kazuhiro , Fujita Tomomichi , Sato Saki , Igarashi Megumi , Hatsuyama Yoshimichi , Hayashida Taishi , Shiozaki Yunosuke

    <p>省力化栽培可能な黄色い果皮で貯蔵性が良く,甘みの強い品種である'HFF63'を育成した.DNAマーカーを利用した遺伝子型解析の結果,本品種の両親はどちらが花粉親,種子親かは明らかにできないものの,'ふじ'および'東光'の組み合わせであると考えられた.育成地での収穫期は11月上~中旬で,樹姿は'ふじ'と似ており,同様の樹体管理が可能である.また,1-MCP処理を行わなくても貯蔵15 …

    Horticultural Research (Japan) 17(1), 115-122, 2018

    J-STAGE  JASI 

  • Kankitsu Kuchinotsu 39  [in Japanese]

    吉岡 照高

    1. カンキツ口之津39号は1974年に晩生のマンダリン'アンコール'に早生温州'興津早生'を交雑して育成され,個体番号はEnOW-2である。2001年よりカンキツ第9回系統適応性・特性検定試験にカンキツ口之津39号として供試された。その結果,普及性が低いと判断され,2009年をもって試験中止となった。2. 育成地の調査では,樹姿は直立性で樹勢は中程度で,刺の発生はほとんどない。葉の大きさは'興津 …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO (1), 37-45, 2017-03

    IR  DOI  JASI 

  • New Apple Cultivar 'Rose Pearl'  [in Japanese]

    阿部 和幸 , 副島 淳一 , 岩波 宏 , 古藤田 信博 , 森谷 茂樹 , 別所 英男 , 小森 貞男 , 伊藤 祐司 , 高橋 佐栄 , 岡田 和馬 , 加藤 秀憲 , 土師 岳 , 石黒 亮 , 増田 哲男 , 土屋 七郎

    1. 'ローズパール'は,果樹試験場盛岡支場(現 農研機構果樹茶業研究部門リンゴ研究領域)において,1990年に'ふじ'に'ピンクパール'を交雑して得た実生から選抜された,果肉が淡赤色に着色するリンゴ品種である。2015年3月26日に登録番号第24267号として種苗法に基づき品種登録された。2. 樹姿は開張性で,樹勢は中程度である。短果枝の着生は中~少で,'ピンクパール'と同程度,'紅玉'よりは少 …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO (1), 9-17, 2017-03

    IR  DOI  JASI 

  • Influence of root mass and leaf removal on water stress of sugi cuttings  [in Japanese]

    Furusato Kazuki , Itou Satoshi , Hirata Ryoko

    <p>苗木の活着率向上のため行われる処理として、摘葉と根切りがある。摘葉処理は、根切りによって制限された根量と葉量とのバランスを調節することで、植栽直後の水ストレスを緩和させると考えられ、水ストレスが発生しやすい夏季植栽時に有効であると予想される。しかし、夏季植栽時の摘葉の効果は十分に解明されておらず、特に根量と葉量のバランスに関する知見はほとんどない。そこで本研究では、根量の異なるス …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 244, 2017

    J-STAGE 

  • Influences of different pruning methods to growth of a zelkova tree(<i>Zelkova serrata</i> (Thunb.) Makino)  [in Japanese]

    HOSONO Tetsuo , IRIYAMA Jun

    以上のように,樹冠の縮小や樹高の切り下げ,剪定の量に着目して樹木成長への剪定の影響を調べた先行研究がみられるもの,切り詰め剪定や枝透かし剪定といった剪定の手法が樹木の成長に与える影響を定量的に明らかにした調査研究はほとんど例がない。また,先行研究の調査項目は,樹高や幹直径,樹形などに限られているものが多く,地上部や根系の成長について多角的な検討を加えているものはわずかである。そこで本研究では,切り …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 80(5), 469-472, 2017

    J-STAGE  JASI 

  • Vegetative Growth and Fruit Quality of 'Ruby Roman' Grapevines Grafted on Two Species of Rootstock and Their Tetraploids

    Gao-Takai Mei , Katayama-Ikegami Ayako , Nakano Shinichi , Matsuda Kenichi , Motosugi Hino

    <p>The growth and berry quality of 'Ruby Roman' (<i>Vitis labruscana</i>) grapevines grafted on two species of rootstock, 'Kober 5BB' ['5BB(2×)'] (<i>V. berlandieri</i> × …

    The Horticulture Journal 86(2), 171-182, 2017

    J-STAGE 

  • New Apple Cultivar 'Morinokagayaki'  [in Japanese]

    阿部 和幸 , 副島 淳一 , 別所 英男 , 古藤田 信博 , 岩波 宏 , 増田 哲男 , 小森 貞男 , 吉田 義雄 , 伊藤 祐司 , 土屋 七郎 , 高橋 佐栄 , 森谷 茂樹 , 羽生田 忠敬 , 加藤 秀憲 , 石黒 亮 , 樫村 芳記 , 眞田 哲朗

    1. 'もりのかがやき'は,農林水産省果樹試験場盛岡支場(現農研機構果樹研究所リンゴ研究拠点)において,1981年に'つがる'に'ガラ'を交雑して得た実生から選抜された,果皮が黄色く大果の良食味リンゴ品種である。2002年から「リンゴ盛岡63号」の系統名を付けてリンゴ第5回系統適応性検定試験に追加系統として供試し,13道県17カ所の公立試験研究機関,北海道農業研究センターと果樹研究所リンゴ研究拠点 …

    果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science (21), 11-29, 2016-03

    IR  DOI  JASI 

Page Top