Search Results 1-20 of 281

  • History of Great Earthquakes Deduced from Geomorphic and Geologic Evidence  [in Japanese]

    穴倉 正展

    法政地理 (52), 1-22, 2020-03

  • A report on the 2019 Tsunami Deposit Workshop  [in Japanese]

    南舘 健太 , 山田 昌樹

    堆積学研究 = Journal of the Sedimentological Society of Japan 78(2), 107-110, 2020

  • Geological record of prehistoric tsunamis in Mugi town, facing the Nankai Trough, western Japan

    藤野 滋弘 , Yumi Shimada , Shigehiro FUJINO , Yuki Sawai , Koichiro Tanigawa , Dan Matsumoto , Arata Momohara , Megumi Saito-Kato , Masaki Yamada , Eri Hirayama , Takahiro Suzuki , Catherine Chagué

    … Stratigraphic and paleontological investigations in Mugi Town, on the Pacific coast of Shikoku Island, revealed evidence of as many as five tsunami inundations from events along the Nankai Trough between 5581 and 3640 cal yr BP. … For example, assemblages below event deposit E6 were dominated by a freshwater species (Ulnaria acus), whereas assemblages above it were predominantly brackish-marine (Diploneis smithii, Fallacia forcipata, and Fallacia tenera). …

    Progress in Earth and Planetary Science (6), 33, 2019-04

    IR 

  • NUMERICAL EXPERIMENT FOR FAULT PARAMETER ESTIMATES BY THE CHANGING POINT OF TSUNAMI SAND DEPOSIT DISTRIBUTION  [in Japanese]

    山本 阿子 , 高橋 智幸 , 原田 賢治

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_361-366, 2019

  • Tsunami deposits from the 1640 Hokkaido Komagatake eruption, north Japan: constraints on inundation heights and numerical simulation of volcanic debris avalanche-derived tsunami  [in Japanese]

    Nakanishi Ryo , Okamura Satoshi

    <p>北海道太平洋沿岸西部は,17世紀の地震・津波の規模や波源を明らかにする上で重要な地域である.そこで歴史記録に残っている1640年の駒ヶ岳噴火にともなう山体崩壊津波の規模を推定するために,内浦湾から胆振海岸西部にかけて17世紀のイベント堆積物の分布を明らかにした.イベント堆積物の粒度・鉱物組成は海浜周辺の砂とよく類似しており,内陸に向け薄層化・細粒化・軽量化を示す.本砂層は,内浦湾 …

    The Journal of the Geological Society of Japan 125(12), 835-851, 2019

    J-STAGE 

  • Re-examination of the ages of paleo-tsunami deposits in Onuma, Miyagi Prefecture, northeast Japan  [in Japanese]

    Ishimura Daisuke

    … Re-examination of paleo-tsunami deposit ages was conducted to contribute establishment of paleo-tsunami scenarios and risk assessment along the Pacific coast of Tohoku region. … These new dates consistent to stratigraphy and tephras enabled us to establish an age model and to estimate ages of paleo-tsunami deposits. …

    Active Fault Research 2019(51), 53-59, 2019

    J-STAGE 

  • Shear strength characteristics of compacted soils generated from Tsunami deposit  [in Japanese]

    KOTAKE Nozomu , YAMANAKA Minoru , TADA Yuta , TAKETANI Kota

    <p>本研究は,東北地方太平洋沖地震の大津波で発生した津波堆積物分別土について,土工材料としての適用性評価を目的とし,木くずの混入が津波堆積物分別土のせん断強度特性に及ぼす影響を評価した.現地採取土及び木くず含有率を変化させた試料を用いた締固め試験から,木くず含有率の増加によって最大乾燥密度が低下し,最適含水比が増加する傾向がみられた.また,締固めた試料に対する圧密定圧一面せん断試験か …

    Japanese Geotechnical Journal 14(4), 295-305, 2019

    J-STAGE 

  • Feature extraction of whole chemistry of tsunami deposit discriminated by logistic regression  [in Japanese]

    Satoh Kenta , Tsuchiya Noriyoshi

    <p>津波浸水域のより正確な把握のためには泥質津波堆積物を特定する必要があり,本発表は,泥質津波堆積物の化学組成(主要成分+微量成分)を用いて,機械学習的な手法による判別について検討を行った.東日本大震災による津波堆積物および東北日本に広く分布する鮮新世の内湾性海洋堆積物から採取した非津波堆積物の全岩化学組成データをもとに,ロジスティック回帰による分析を行った.また,特徴量抽出を行うた …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 66(0), 102, 2019

    J-STAGE 

  • Estimation of Generation and Contamination of Tsunami Deposit from Sea Sediment by using Tsunami Simulator with Suspended Load Transport Model  [in Japanese]

    Nakamura Kosuke , Endo Kazuto

    <p>津波解析モデルと浮遊砂移動モデルを用い、津波災害が予想される都市を対象に、津波堆積物の発生および汚染状況を予測した。都市化率等を反映したManningの粗度係数を用いる場合より、底質の粒径から求めたManningの粗度係数を用いる場合の方が、津波堆積物の発生量は小さくなった。津波堆積物の粒径分布は、小さい側の粒径が卓越すると予想された。このことから、津波堆積物の汚染は粒径の小さな …

    Proceedings of the Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management 30(0), 123, 2019

    J-STAGE 

  • INFLUENCE OF THE TSUNAMI INUNDATION WATER DENSITY AND WAVE PERIOD ON THE TSUNAMI LOAD ON RC BUILDING  [in Japanese]

    MATSUTOMI Hideo , MIKAMI Akira , CHIBA Yuta

    <p> 津波荷重評価の高度化を目指して,土砂水と清水を用いた水理実験に基づき,氾濫水密度と波周期のRC造建築物に作用する津波荷重(水平力と鉛直力)への影響を検討している.土砂水と清水による実験および実験結果の比較・検討法が限定的であるが,氾濫水密度と波周期がRC造建築物に作用する津波荷重へ影響することを実証し,建築物前面浸水深や前面浸水深係数(前面浸水深/入射氾濫水深)が同じ場合,(1 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_397-I_402, 2019

    J-STAGE 

  • NUMERICAL EXPERIMENT FOR FAULT PARAMETER ESTIMATES BY THE CHANGING POINT OF TSUNAMI SAND DEPOSIT DISTRIBUTION  [in Japanese]

    YAMAMOTO Ako , TAKAHASHI Tomoyuki , HARADA Kenji

    <p> 巨大津波は,波だけでなく大量の土砂を伴い被害の拡大や復旧の大幅な遅れをもたらす.一方これらの土砂は津波堆積物として,既往津波の知見を多く含むことから,数値計算における津波波源推定への活用が期待されている.しかし,海域の土砂移動と比べ,陸域の土砂移動の検証が不十分のため,定量的な評価や波源推定には至っていない.本研究では,津波堆積物分布と断層パラメータとの関係性を検討するため,模 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_361-I_366, 2019

    J-STAGE 

  • HYDRAULIC EXPERIMENTS ON TOPOGRAPHY CHANGE DUE TO LARGE-SCALE TSUNAMI EDDY USING TWO MIXED GRAIN SIZE SAND  [in Japanese]

    ARIMITSU Tsuyoshi , KAWASAKI Koji

    <p> 本研究では,津波来襲時の砂移動・地形変化に及ぼす底質の粒度組成の影響を把握することを目的として,狭窄部背後に形成される大規模津波渦による地形変化に関する移動床実験を実施した.実験には2種類の粒径の砂を用いて,それぞれの混合比を変えたケースで計測を行った.</p><p> 実験結果より,侵食域・堆積域の空間分布に関しては粒度組成による差異は小さいものの,それ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 75(2), I_343-I_348, 2019

    J-STAGE 

  • CENTRIFUGAL MODEL EXPERIMENT TO STUDY SEISMIC BEHAVIOR OF WALL STRUCTURE EMBEDDED INTO BEDROCK  [in Japanese]

    WANI Masaaki , SATO Yoshihito , HIGUCHI Shunichi , SATO Kiyoshi , HISASUE Kenichi , TSUNEKAWA Kazuhisa , IMAEDA Yasuhiro

    <p> 浜岡原子力発電所では,東北地方太平洋沖地震(2011.3.11)の津波被災を受け,発電所敷地の海側に津波防護施設「防波壁」が設置された.防波壁は,敷地の海側にある砂丘堤防と発電所施設との間に位置し,岩盤および比較的密な砂地盤中に構築された地中壁を基礎とする構造的な特徴を有する.今回,遠心載荷装置を用いた地盤-構造物連成系の模型振動実験および有限要素法による再現解析を実施し,防波 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)) 75(2), 206-221, 2019

    J-STAGE 

  • Current progress and future perspectives of the research on tsunami deposits using flume experiments  [in Japanese]

    Yamaguchi Naofumi

    <p>この総説では,これまで行われてきた水路実験を用いた津波堆積物の研究の現状と今後の可能性を,フィールドでの津波堆積物研究において課題とされている点と照らし合わせながらまとめた.水路実験は,水理条件や堆積物,地形の条件などを設定して調べることができることから,低頻度で直接観測が難しい津波堆積物形成の理解に有効であると考えられている.これまでの水路実験による研究では,津波堆積物の空間分 …

    The Journal of the Geological Society of Japan 125(2), 121-136, 2019

    J-STAGE 

  • Paleo-tsunami deposit research on the Sanriku Coast since the 2011 Tohoku-oki earthquake  [in Japanese]

    Ishimura Daisuke

    <p>2011年東北地方太平洋沖地震以前は,三陸海岸の長期間にわたる津波履歴は十分に理解されていなかった.2011年以降,従来は古津波堆積物調査に適した地域ではないと考えられてきた三陸海岸において,2011年津波の記録や徹底した掘削調査により,古津波堆積物の数や分布が明らかにされてきた.特に歴史記録にある1611年慶長三陸津波や869年貞観津波によると考えられるイベント堆積物は三陸海岸 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(2), 175-186, 2019

    J-STAGE 

  • On tsunami sediment transport modeling and uncertainties  [in Japanese]

    Sugawara Daisuke

    <p>津波土砂移動数値解析は,津波による侵食・堆積現象を理解するための強力なツールであり,今後,古津波の規模や波源推定などに適用が進むと期待される.古津波の土砂移動数値解析では,現世の津波の事例にも増して,入力データ(初期条件)による不確実性に注意する必要がある.不確実性は,解析結果と津波堆積物データとの比較を困難にする.津波土砂移動解析の初期条件は,地形,植生,堆積物,海面高の4つに …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(2), 187-194, 2019

    J-STAGE 

  • Tsunami source estimation for the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake using thickness distribution of tsunami deposits in a wide area  [in Japanese]

    久松 明史 , 菅原 大助 , 後藤 和久 , 今村 文彦

    本研究では,津波堆積物の層厚分布に基づいて津波波源モデルを推定する手法を構築した。津波波源モデルとして,すべり欠損速度分布と過去の地震履歴に基づいて円錐型断層モデルを用い,津波堆積物の調査測線に沿った堆積量と断層すべり量の関係を定式化し,堆積量の実測 値を再現する断層すべり量を推定した。新しい手法の適用性を評価するために,東北地方の3地域で2011年東北沖地震(Mw9.0)によって形成された津波堆 …

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 37(4), 419-432, 2019

    J-STAGE 

  • A report on the 2018 Tsunami Deposit Workshop  [in Japanese]

    Ogata Yusuke , Yamada Masaki

    Journal of the Sedimentological Society of Japan 77(2), 103-107, 2019

    J-STAGE 

  • Validation of Sediment Transport Model Using Hydraulic Experiment Data to Assess the Influence of Grain Size and Reflection Wave on Tsunami Deposit

    山本 阿子 , 高橋 智幸 , 原田 賢治 , 櫻庭 雅明 , 野島 和也

    社会安全学研究 = Safety science review (9), 3-19, 2018

  • Estimation of shorelines around the 13th and 17th centuries at Kiritappu marsh, eastern Hokkaido, along the southern Kuril trench  [in Japanese]

    伊尾木 圭衣 , 澤井 祐紀 , 行谷 佑一 , 谷川 晃一朗 , 松本 弾 , 嶋田 侑眞

    活断層・古地震研究報告 (18), 37-42, 2018

Page Top