Search Results 1-20 of 710

  • Investigation of Wave Force Acting on Floating Type Tsunami Evacuation Shelter using Load Cell  [in Japanese]

    蒔苗 純 , 齋藤 憲寿 , 渡辺 一也

    東北地域災害科学研究 = Tohoku journal of natural disaster science 56, 101-106, 2020-03

  • Tsunami risk assessment using spatial modes extracted from results of numerical analysis  [in Japanese]

    TOZATO Kenta , KOTANI Takuma , HATANO Ryo , TAKASE Shinsuke , MORIGUCHI Shuji , TERADA Kenjiro , OTAKE Yu

    <p>本研究では,モード分解の技術を適用した数値シミュレーションベースの津波リスク評価の新たな枠組みについて提案する.提案手法では,まず,不確実性を考慮したいくつかのシナリオで数値シミュレーションを行う.これらの数値シミュレーションから得られる結果に対し固有直交分解(POD)を適用することで,空間モードを抽出し,これらの空間モードの線形結合としてリスク指標の空間分布を示す代理モデルを構 …

    Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science 2020(0), 20200003-20200003, 2020

    J-STAGE 

  • Impact Force of Large Driftwood on Reinforced Concrete Structures

    Madurapperuma Manoj , Kawanabe Tomoaki , Niwa Kazukuni

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science 24, 6p, 2019-05

  • Collision Force of Tsunami Drifting Objects Against a Structure  [in Japanese]

    野島 和也 , 高瀬 慎介 , 桜庭 雅明

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science 24, 4p, 2019-05

  • A Large Scale Tsunami Simulation Including a Lot of Floating Debris Using Lattice Boltzmann Method  [in Japanese]

    河原 淳 , 渡辺 勢也 , 青木 尊之 , 橋本 博公

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science 24, 4p, 2019-05

  • RELATIONSHIP BETWEEN BUILDING DISTRIBUTION AND TSUNAMI OVERTURNING MOMENT  [in Japanese]

    奥村 与志弘 , 坂東 直樹 , 四方 寿 , 米山 望 , 清野 純史

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_871-876, 2019

  • WAVE FORCE CHARACTERISTICS ACTING ON CORNER AND HEAD SECTIONS OF BREAKWATER DUE TO TSUNAMI OVERFLOWS  [in Japanese]

    古市 尚基 , 大村 智宏 , 門 安曇 , 遠藤 次郎 , 加藤 広之 , 佐藤 勝弘 , 佐伯 公康 , 不動 雅之

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_829-834, 2019

  • EXPERIMENTAL STUDY ON CHARACTERISTICS OF PRESSURES AND FORCES ACTING ON BREAKWATERS DUE TO TSUNAMI  [in Japanese]

    大村 智宏 , 宍戸 雄太 , 古市 尚基 , 小林 学

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_823-828, 2019

  • A STUDY ON MEMBER DESIGN METHOD AGAINST IMPULSIVE WAVE PRESSURE BY SOLITARY WAVE  [in Japanese]

    安藤 圭 , 鈴木 高二朗 , 森 信人

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_811-816, 2019

  • EXPERIMENTAL STUDY ON COLLISION FORCE OF TSUNAMI DRIFTAGE ACTING ON SEAWALL  [in Japanese]

    織田 幸伸 , 本田 隆英 , 小俣 哲平

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_457-462, 2019

  • NUMERICAL MODELING OF TSUNAMI INUNDATION OVER A COASTAL CITY USING SUB-GRID SCALE DRAG FORCE MODEL  [in Japanese]

    福井 信気 , 森 信人 , GODA Katsuichiro

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 75(2), I_391-396, 2019

  • COLLISION FORCE OF TSUNAMI DRIFTING OBJECTS AGAINST STRUCTURES  [in Japanese]

    野島 和也 , 櫻庭 雅明 , 高瀬 慎介

    こうえいフォーラム = Nippon Koei technical forum : 日本工営技術情報 (27), 9-14, 2019

  • Impact of tsunami water-borne large driftwood on reinforced concrete seawalls  [in Japanese]

    KAWANABE Tomoaki , MADURAPPERUMA Manoj , HORIGUCHI Tomohiro , NIWA Kazukuni

    … <p>Reinforced concrete seawalls have been constructed in tsunami inundation zones particularly close to nuclear power plants to prevent flooding inside the plant in case of a tsunami event. … Damage to the RC walls due to driftwood impact is not well understood because uncertainty in the size and amount of driftwood during a tsunami event. …

    The Proceedings of The Computational Mechanics Conference 2019.32(0), 176, 2019

    J-STAGE 

  • Evaluation of Analytical Condition of Moving Particle Semi-Implicit Method to Estimate the Tsunami Force Acting on Bridge Girders  [in Japanese]

    KIKUCHI Toshiki , SUGANAMI Shingo , MARUYAMA Yoshihisa , SHOJI Gaku

    <p>本研究では, 流体解析手法の一つである粒子法のうちMPS法を用いて, 既往研究における津波水理実験の数値解析を行い, 結果の再現性の検討を行うことを目的とした.複数の水理実験を対象とした数値解析を行い, それぞれの計算結果と実験結果の波高, 流速, 水平力, 鉛直力を比較し, 解析条件と結果の再現性の関係に関する検討を行った.本研究の解析結果によると, 橋梁模型の大きさを目安とし …

    Journal of Japan Association for Earthquake Engineering 19(6), 6_152-6_166, 2019

    J-STAGE 

  • STUDY ON REDUCTION OF UPLIFT PRESSURE BY AIRBAG  [in Japanese]

    OMATA Teppei , ITO Kazunori , HASHIMOTO Atsushi

    <p> 桟橋など床版を有する臨海構造物には,構造上の高さ制約等から,津波や波浪による揚圧力を回避できない場合がある.また,水面が床版に衝突する際に十分な空気層を介し,水が直接衝突しない場合には,衝撃揚圧力は低減されることが確認されている.そこで,エアバックを床版下面に設置する対策を提案し,その揚圧力低減効果について,小型および実機模型を使用した水理模型実験と,エアバック素材の物性をパラ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_895-I_900, 2019

    J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL STUDY ON CHARACTERISTICS OF PRESSURES AND FORCES ACTING ON BREAKWATERS DUE TO TSUNAMI  [in Japanese]

    OHMURA Yoshihiro , SHISHIDO Yuta , FURUICHI Naoki , KOBAYASHI Manabu

    <p> 防波堤に作用する津波波力に関する設計法は十分に確立されたものとは言い難く,更なる技術的知見の蓄積と検討が必要と考える.特に実務面では非越流時・越流時それぞれの津波波力算定式が異なり,非越流から越流に遷移する際に波力に不連続が生じることが課題として挙げられる.本研究では不連続性の解消を目的として矩形堤・パラペット堤を対象に,押し波初動の津波作用下における波圧・波力特性について解明 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_823-I_828, 2019

    J-STAGE 

  • WAVE FORCE CHARACTERICTICS ACTING ON CORNER AND HEAD SECTIONS OF BREAKWATER DUE TO TSUNAMI OVERFLOWS  [in Japanese]

    FURUICHI Naoki , OHMURA Yoshihiro , KADO Azumi , ENDO Jiro , KATOU Hiroyuki , SATO Katsuhiro , SAEKI Kimiyasu , FUDO Masayuki

    <p> 津波越流時の作用波力について静水圧型の算定手法が提案されているが,防波堤の隅角部や堤頭部での検討例は少ない.本研究は,水理模型実験と数値計算に基づき,これらの部位での静水圧分布に対する補正係数や関連した水位分布の特徴,および数値計算による水位の再現性を検討した.定常流を作用させた実験からは補正係数が隅角部前面で1.0〜1.1,背面で0.9〜1.0となり,堤頭部前面では1を下回っ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_829-I_834, 2019

    J-STAGE 

  • A STUDY ON MEMBER DESIGN METHOD AGAINST IMPULSIVE WAVE PRESSURE BY SOLITARY WAVE  [in Japanese]

    ANDO Kei , SUZUKI Kojiro , MORI Nobuhito

    <p> 津波による被災の一形態として部材破壊が挙げられるが,作用時間の短い衝撃的な波圧に対する設計時の考え方は検討されていない.本研究では,実験やシミュレーションで得られた波圧から,衝撃荷重による応答を簡易に評価する手法を検討した.まず,既往の衝撃設計の方法論から,耐衝撃波圧の設計フローを提案した.次に,規則波実験の結果から,その設計フローの妥当性を検討した.最後に,孤立波実験の結果に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_811-I_816, 2019

    J-STAGE 

  • APPLICABILITY OF FAILURE MODES AND A YEILD SURFACE BEARING CAPACITY FOR A BREAKWATER SUBJECTED TO TSUNAMI  [in Japanese]

    KUWABARA Naonori , MAEDA Kenichi , MATSUDA Tatsuya

    <p> 防波堤の耐津波に対する粘り強さを定量的に把握し,防波堤の倒壊に至るまでの破壊メカニズムを考慮した粘り強い構造の設計の確立を目標としている.そのために,筆者らは津波作用時には鉛直力,水平力,モーメントの3つの荷重が複合に作用した防波堤が,荷重の組み合わせに応じてその破壊モードが異なるものの,防波堤直下地盤の支持力の降伏曲面に着目することで統一的な評価が可能性であることを,FEM解 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_847-I_852, 2019

    J-STAGE 

  • RELATIONSHIP BETWEEN BUILDING DISTRIBUTION AND TSUNAMI OVERTURNING MOMENT  [in Japanese]

    OKUMURA Yoshihiro , BANDO Naoki , SHIKATA Tamotsu , YONEYAMA Nozomu , KIYONO Junji

    <p> 2011年東北地方太平洋沖地震津波では,建物に作用する津波水平力による転倒モーメントが周辺建物によって増大していたことを示唆する結果が示されている.しかし,どのような周辺建物配置や地形の際に,モーメントが増大するのかについては十分に明らかにされていない.本研究では,一般的な条件下において,周辺建物の配置,周辺建物の大きさ,地形の勾配に注目し,周辺建物と対象建物にかかる転倒モーメ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_871-I_876, 2019

    J-STAGE 

Page Top