Search Results 1-9 of 9

  • The short and long term effect of blocking-coping in cyber-victimization  [in Japanese]

    藤 桂 , 遠藤 寛子

    インターネットの普及に伴い,ネットいじめという新しい形態のいじめも増えつつある。このネットいじめは,学校の中で生じる従来型のいじめと同じく,ネガティブ感情を引き起こすだけでなく,長期に渡る心理的問題をもたらすことが示されてきている。これを踏まえ本研究では,Wegner(1994)が示した思考抑制の逆説的効果に関する議論に基づき,ネットいじめ被害時において遮断的対処を取ることが,むしろ思考の反すうを …

    メディア・情報・コミュニケーション研究 (1), 43-57, 2016-03

    IR 

  • Double Invisibility and Environmental Social Exclusion of Multiple Chemical Sensibility (MCS) Sufferers  [in Japanese]

    寺田 良一

    明治大学心理社会学研究 (12), 61-77, 2016

    IR 

  • The Social Impact Model of Dam Projects in Postwar Japan: Applying the Theory of the Social Structure of Victimization  [in Japanese]

    HAMAMOTO Atsushi

    <p>本稿では,戦後日本のダム事業にともなう予定地住民および地域社会への負の影響について,経験的事実に基づくモデル化の試みをおこなった。その際,飯島伸子による被害構造論をベースに,局面区分を取り入れて整理した。それらはすなわち,①予定地の局面,②生活再建の局面,③水源地域活性化の局面,④事業見直しの局面,⑤事業中止の局面,という5局面である。これに3つの時代区分を重ねあわせ,ダム事業の …

    Journal of Environmental Sociology 21(0), 5-21, 2015

    J-STAGE  NDL Digital Collections 

  • The Actuality of Disaster Studies: Focusing on the Vulnerability and Resilience Paradigm  [in Japanese]

    URANO Masaki

    <p>本稿では,人文社会科学の立場から災害研究に関してこれまでどのような問題関心のもとに研究がなされ視野が広げられてきたかをレビューし,現在の段階でどのような研究の視点を重視しようとしているかを紹介しようとする。ここでは,中心的な概念として副題にもあるとおり,「災害の脆弱性」概念をとりあげ,その歴史的な蓄積過程や変動過程に注目するとともに,社会構造や政治経済的な支配構造などとの影響関係 …

    Journal of Environmental Sociology 16(0), 6-18, 2010

    J-STAGE  NDL Digital Collections 

  • Truth uncompromisingly told: narrative subversion in Billy Budd, Sailor

    Yoneyama Masafumi

    本論文は、ハーマン・メルヴィルの中篇小説『船乗りビリー・バッド』(1924)の語りの技巧を分析したものである。これまで批評家たちは登場人物の1人、ヴィア艦長に関する作者の立場について「受容派」と「皮肉派」に分裂し、解釈をめぐって論争を繰り広げてきた。本論文は「皮肉派」の立場をとり、ヴィアに対する作者の隠れた皮肉を、複雑な語りのテクニックの中に読み取ろうとするものである。第1章では、語り手がヴィアの …

    Journal of the Faculty of International Studies,Utsunomiya University (23), 111-121, 2007-03

    IR 

  • Fear of crime and perceived risk (Symposium: Rising Fear of Crime and Re-building Safe Society in Japan: Moral Panic or Evidence-Based Crime Control):The causes and structures  [in Japanese]

    Shimada Takahito , Suzuki Mamoru , Harada Yutaka

    本研究では,東京都大田区南部の104町丁目に住む3,120名を対象にした社会調査データに構造方程式モデリングを適用して,犯罪不安と被害リスク知覚の認知構造とその形成要因を検討した.調査では12罪種を提示し,犯罪に対する情動的な反応である犯罪不安と,主観的な発生確率の見積りである被害リスク知覚とを区別して測定した.まず,確認的因子分析により,犯罪不安・リスク知覚はともに財産犯と身体犯の2因子構造を有 …

    Japanese Journal of Sociological Criminology 29(0), 51-64, 2004

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Reevalution of the Public Enterprise and Mental Damage of the Involuntarily Resettled Locals: A Cace of Tokuyama Dam Project, Gifu Prefecture  [in Japanese]

    HAMAMOTO Atsushi

    <p>近年,公共事業について社会的必要性が疑問視され,計画の見直しが相次いでいる。しかし,一定程度すでに進捗している事業の中止は容易でない。とりわけ,事業の予定対象地域住民は,事業によって生活が規定されてきた部分が少なくないために,事業推進側に位置するケースが増加している。こうした構図は,一見したところ,事業対象住民の犠牲者としての側面を捨象する一方,問題構造が複雑化するために事業の見 …

    Journal of Environmental Sociology 7(0), 174-189, 2001

    J-STAGE  NDL Digital Collections 

  • Foreign Labores and a Theory of Security (<Symposium>"Sefety" of Japan's Society and Criminological Study):Proposing a recognition of the focus of theories of crime prevention  [in Japanese]

    Kiyonaga Kenji

    … They are by now, clearly an essential part of the Japanese economic structure. … (3) To prevent victimization of persons who should not fall prey to crimes. … (4) To establish "measures to insure the relation or recovery from such victimization" …

    Japanese Journal of Sociological Criminology 16(0), 36-55, 1991

    J-STAGE 

  • Transfiguration in the Treatment of the Elderly People from the Past to the Present Time:(Victimization, Killing, and Desertion of Elderly Persons ; Retirement and Welfare of the Elderly)

    SUDAN Keizo

    … Using the materials obtained from this book as a foundation (references at the end), an overall treatise on the handling of the elderly was written using the custom of cannibalism which probably originated from victimization of the elderly as well as the custom of abandoning of the elderly with final supplement by my own opinion. … Discovery of a basal structure of cultural and social life persisting through a long time span may be a contribution to the study of human ecology. …

    Japanese Journal of Health and Human Ecology 53(3), 102-122, 1987

    J-STAGE 

Page Top