Search Results 1-20 of 1363

  • Let's discover meanings of touch from our fingertip and start to think about nursing and humanity! : a new educational program using bubble wrap  [in Japanese]

    守山 正樹 , 鈴木 清史

    看護師にとって手の働きは重要であり、触れる技術としてのタッチは看護の基本技術と位置付けられる。しかし看護の初学者に対し、技術としてのタッチの教育を急ぐ前に、タッチの基礎となる「手で対象に触れ感じ考えることの意味」をどのように教育したらよいだろうか。国内外の文献を検索したが、適切な先行研究が見当たらなかった。そこで看護大学の初年次教育用に新プログラムを開発した。 開発に当たっては、筆者が1990 年 …

    日本赤十字九州国際看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing = 日本赤十字九州国際看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing (18), 1-12, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • Basics and Problems of Disability Services ── Thinking about Fukuchiyama City Library ──  [in Japanese]

    近藤 友子

    In the 1970s, public libraries in Japan were promoted to services for people with disabilities. Services for the visually impaired have been started. The purpose of this paper is to reconsider the bas …

    広島女学院大学人間生活学部紀要 (7), 23-26, 2020-03-16

    IR 

  • A Study of Programming Educational Tool for Children with Visual Impairment  [in Japanese]

    小林 真 , 滝沢 穂高 , 大矢 晃久

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(478), 57-62, 2020-03-13

  • A basic study on the incidence of Micro-error in a visual attention-controlled environment  [in Japanese]

    安藤 泰生 , 山口 武彦 , 坂本 麻衣子 , Giovannetti Tania

    電気学会研究会資料. PI = The papers of Technical Meeting on "Perception Information", IEE Japan, 2020(33-46・48), 31-34, 2020-03-04

  • Survey of orientation and mobility training in a special needs school for student with visual impairments.  [in Japanese]

    氏間 和仁 , 上城 あずさ

    本研究は、全国の視覚特別支援学校における歩行指導について、これまで注目されてこなかった、弱視と重複障害の児童生徒の指導の内容を調査することを目的とした。全校の視覚特別支援学校から得られた有効回答数は532名分であった。単一障害のうち、歩行指導を受けている盲者は132人、弱視者は118人であった。盲者は弱視者に比べ歩行指導を受けている者が有意に多かった。鉄道ホーム・列車乗降の指導を受けている者は、転 …

    特別支援教育実践センター研究紀要 (18), 19-28, 2020-03-01

    IR  DOI 

  • Survey of orientation and mobility training in a special needs school for student with visual impairments  [in Japanese]

    氏間 和仁 , 上城 あずさ

    広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要 (18), 19-28, 2020-03

  • Visual Impairment Caused by Systemic Disease and Coping with Visual Aids  [in Japanese]

    橋本 佐緒里 , 荻嶋 優 , 黒田 有里 , 田中 宏樹 , 井上 順治 , 堀 貞夫 , 井上 賢治

    あたらしい眼科 37(3), 327-331, 2020-03

  • Incidence and causes of visual impairment in Japan  [in Japanese]

    森實 祐基

    眼科 62(3), 265-272, 2020-03

  • Persistent visual impairment in a case due to corneal ulcer following orthokeratology  [in Japanese]

    太田 博之 , 小菅 正太郎 , 和田 悦洋 , 塚越 美奈 , 恩田 秀寿

    臨床眼科 74(3), 291-295, 2020-03

  • Effect of gait environment on veering index in gait assessment  [in Japanese]

    門脇 弘樹 , 氏間 和仁 , 牟田口 辰己

    本研究では、屋内環境および屋外環境による歩行環境の違いが歩行評価におけるベアリングの指標にもたらす影響について検討することを目的とした。晴眼大学生8名(男性2名と女性6名,21.63±0.48歳)を実験参加者とし、10m の歩行距離で歩行評価を行った。歩行課題は、体育館条件およびグラウンド条件で実施し、それぞれの歩行評価のパフォーマンスを比較した。その結果、ベアリングの3つの指標の内、ベアリングの …

    広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要 (18), 29-36, 2020-03

    IR  DOI 

  • An Initiative to Improve the Active Learning Environment of Students with Visual Impairment: Proposal for Parallel Learning of an Overview of Meridians and Acupuncture Points Utilizing Keyword Searches in "Kokushi-Kun"  [in Japanese]

    周防 佐知江 , 鮎澤 聡

    国家試験対策の一環として,これまで我々が行ってきた視覚障害学生のアクティブラーニング支援の継続にあたり,今年度用に更新した国家試験問題学習ツール(「こくしくん」)の提供と学習状況調査を実施した。調査結果の検討をもとに,経絡経穴概論のキーワード検索活用による過去問学習についての検証を行ったところ,複数の教科にわたって関連する問題を抽出できることが確認された。キーワード検索を用いた学習は,学生が能動的 …

    筑波技術大学テクノレポート 27(2), 6-11, 2020-03

    IR 

  • A Study on Learning Methods for Understanding Visual Impairment  [in Japanese]

    中澤 幸子 , 日隈 美代子

    スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Sport and human beings : Journal of Shizuoka Sangyo University 4(1), 149-157, 2020-02-01

    IR 

  • A Case of Anterior Cranial Fossa Dural Arteriovenous Fistula with Transient Ocular Movement Disorder after Embolization

    Tanaka Yuko , Yoshiyama Tomomi , Nishiyama Akira , Umesaki Arisa , Nakajou Takato , Matsumoto Hiroaki , Terada Tomoaki

    … Although his visual acuity and field were normal, vertical diplopia developed after embolization and disappeared 1 month later. … Neuro-ophthalmological examination confirmed right superior oblique muscle impairment. …

    Journal of Neuroendovascular Therapy, 2020

    J-STAGE 

  • Autonomic dysfunction in Parkinson's disease with special reference to sweating  [in Japanese]

    Yamamoto Toshimasa

    <p>Parkinson病(PD)の発汗障害について解説する.1. 起立性低血圧を伴うPD患者の定量的軸索反射性発汗試験と心電図R-R間隔変動のスペクトル解析,MIBG心筋シンチグラフィとの比較検討では,PDの自律神経障害は,心臓交感神経や心血管系に比べ発汗系が最も軽微である.2. PDのオフ時はオン時に比較し発汗量が多かったとする報告がある.3. PD3例の発汗発作にゾニサミド25~ …

    The Autonomic Nervous System 57(1), 15-19, 2020

    J-STAGE 

  • A Case of Visual Impairment That Was Not Consistent with The Pathology of Traumatic Optic Neuropathy  [in Japanese]

    Tomita Masahiko , Matsumoto Tadashi , Watanabe Kento , Shiba Tomoaki , Hori Yuichi , Ishikawa Hitoshi

    <p> 心因性視覚障害の診断に立体視検査が有用であった症例を経験したので報告する.</p><p> 症例は21歳,男性,右眼の眉毛部を鉄の棒で負傷し,当院受診した.初診時の右眼の視力は光覚なし,左眼視力は(1.2).相対的瞳孔求心路障害(relative afferent pupillary defect:RAPD)は右眼陽性と判断された.ゴールドマン動的量的視野 …

    Neuro-Ophthalmology Japan 37(1), 58-63, 2020

    J-STAGE 

  • The clinical characteristics of orbital complications of sinusitis and paranasal cyst  [in Japanese]

    Kawabata Masaki , Miyashita Keiichi , Kurono Yuichi

    2007年1月から2017年9月までの間に当科を受診した急性副鼻腔炎あるいは囊胞を原因とする鼻性眼窩内合併症20例の臨床的特徴について原因疾患別に比較検討を行った。急性副鼻腔炎例では,視力障害出現から48時間以上経過したものは視力予後が不良であった。囊胞例の多くは術後性の後部篩骨洞囊胞であった。視力障害出現から48時間経過しても視力は比較的保たれている症例が多かった。一方で,急速に視力障害が進行す …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 29(3), 267-272, 2020

    J-STAGE 

  • Research Report Improving Accessibility for People with Visual Impairment:Experiment with "Automated Audio Description" of Broadcast Programs  [in Japanese]

    Yamada Kiyoshi , Ochi Shinji

    NHK放送文化研究所はNHK放送技術研究所などと連携して、視覚障害者向けに番組の補足情報を自動で音声化し提供する「自動解説音声」のサービス実現に向けた調査研究を行ってきた。視覚障害者に情報を届ける解説放送は、字幕放送に比べて普及率が大幅に下回っている。さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を契機に、障害者向けのサービスへの関心も高まっている。視覚障害者が放送サービスを円滑に利用す …

    The NHK Monthly Report on Broadcast Research 70(2), 42-49, 2020

    J-STAGE 

  • The cognitive function of the mice with an exonic deletion of RELN is impaired in touchscreen-based visual discrimination task  [in Japanese]

    Dong Geyao , Nagai Taku , Liao Jingzhu , Mori Daisuke , Wulaer Bolati , Nabeshima Toshitaka , Ozaki Norio , Yamada Kiyofumi

    … <p>Touchscreen-based cognitive tasks have been developed for rodents to provide a better translational approach across species for further understanding of the cognitive impairment observed in various neuropsychiatric disorders. … In the present study, we aimed to explore the performance of RELN-deletion (include exons 52 to 58) mice, using a touchscreen-based visual discrimination (VD) task. …

    Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society 93(0), 1-SS-33, 2020

    J-STAGE 

  • Circuit mechanisms of spatial perception and visuomotor integration  [in Japanese]

    Takeuchi Ryosuke F. , Osakada Fumitaka

    <p>動物は感覚器官を通して得た周囲の環境情報を統合し,状況に応じて適切な行動を選択する.特に,私たちヒトを含む哺乳類において視覚は生存に重要であり,多くの行動判断を視覚系から得られる情報に依存している.視覚系が処理する情報量は膨大であるが,我々の脳は並列・階層的な処理によりこの情報を瞬時に処理する.その結果として,我々はいとも簡単に周囲の状況を把握し,次に取るべき行動を絶え間なく選択 …

    Folia Pharmacologica Japonica 155(2), 99-106, 2020

    J-STAGE 

Page Top