Search Results 1-20 of 2903

  • Developing Value Networks for Game 2048 with Reinforcement Learning

    Kiminori Matsuzaki

    … The game 2048 is a stochastic single-player game and several computer players have been developed in not only research work but also student projects. … In our previous work, we designed policy networks and applied supervised learning, which resulted in an average score of 215,802. … We then conduct a training for 240 hours with the best configuration. …

    情報処理学会論文誌 62(4), 2021-04-15

    IPSJ 

  • Can poor treatment of workers be legitimated when they have passion for work?: Reexamining findings of Kim et al. (2020)  [in Japanese]

    森永 康子 , 村上 理子 , 本勝 仁士 , 川田 遥子 , 木本 ゆき

    本論文は,2020年度に広島大学教育学部で開講された心理学実験において,第1著者の指導により第2著者から第5著者が実施した研究をもとに執筆したものである。また,本研究はJSPS科研費JP18K03007の助成を受けた。

    広島大学心理学研究 (20), 1-9, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • A Field Survey of the University of Tokyo: DO-IT Japan Project and Ultra Short-Term Employment of Persons with Developmental Disabilities  [in Japanese]

    田中 敦士 , 栃真賀 透 , 藤野 友紀

    東京大学先端科学技術研究センター人間発達工学分野の近藤武夫准教授の研究室を訪問し,聞き取り調査を行った.センターと共同で主催しているDO-IT Japan(ドゥーイットジャパン)の最新情報についてお聞きした.また,発達障害等の診断を受けていない大学生への就職支援においては,障害者雇用促進法上の障害者枠ではなく一般枠での競争となるため,事業所側にメリットがなく採用されるのは厳しい.そうした法定雇用率 …

    札幌学院大学総合研究所紀要 = Proceedings of the Research institute of Sapporo Gakuin University (8), 5-9, 2021-03-20

    IR 

  • Data collection and analysis for worker mental health monitoring  [in Japanese]

    前川 哲志 , 水本 旭洋 , 諏訪 博彦 , 島津 明人 , 安本 慶一

    行動変容と社会システム vol.07 (2021), 2021-03-06

    IPSJ 

  • Using a Variable Working Hour System in Compliance with Labor Standards Law in a Japanese Residency Program  [in Japanese]

    松田 出 , 華山 直二 , 佐藤 譲

    医学教育 = Medical education (Japan) 52(1), 31-35, 2021-02

  • ON THE ROLE OF COMMUNITY MANAGER BY HIGH-FLOORED SAND BED FARMING IN THE LOCAL COMMUNITY:A Case Study of Hinosato Farm in Munakata City, Fukuoka Prefecture  [in Japanese]

    SAKUMA Yasutomi , NABESHIMA Minako , UCHIDA Sawa , WATANABE Kouki

    … This paper analyzes business logs for a year in terms of the number of hours per type of work for members and a farm manager. …

    AIJ Journal of Technology and Design (65), 446-451, 2021-02

    J-STAGE  AIJ 

  • A Trial of Study and Training That Contributes to the Work Style Reform of Schools by Utilizing TOC  [in Japanese]

    和田 良彦 , 福永 光伸 , 岸良 裕司 , 梅崎 恭司 , 飛田 基

    本研究の目的は、課題となっている教員の多忙化を改善するため、企業で経営改善・業務改善に成果をあげているTOC(制約理論)に基づく研修を学校で行い、その有効性を確認し働き方改革を実現しようとするものである。本論文では、TOCに基づく研修内容と受講者(教職員)の反応の詳細を報告するとともに、勤務時間(残業時間)の縮減効果と同僚性の実現の観点から研修実施校における働き方改革についての成果と課題を明らかに …

    大阪教育大学紀要. 総合教育科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University. Educational science 69, 273-292, 2021-02

    IR  DOI 

  • Improved Hypertension by Investigating Circadian Rhythm of Blood Pressure

    Shimamura Tadao , Bando Hiroshi , Nagahiro Shinji , Nakanishi Miwako , Watanabe Osami

    … Consequently, his BP gradually became stable during 24 hours after 2 weeks. … Regarding d) he was engaged in research and development work as a senior researcher at a chemical company. …

    Edelweiss Journal of Biomedical Research and Review 3(1), 116, 2021-01-22

    IR 

  • Predicting the Number of People on a Floor at Office by Using Both Schedule Information and Past Data  [in Japanese]

    田口 浩 , 堀 淳二 , 蔦田 広幸 , 妻鹿 利宏 , 成井 智祐 , 村山 修一

    本論文では,オフィスビルの効率的な空調制御に必要となる,数時間先までのフロア在室人数を予測する手法を提案する.過去実績データのみに基づく従来の統計的な予測手法は,例外的な人数変動が起きるイベントなどがある場合に予測誤差が大きくなりやすい.そのため,本手法はフロア居住者のスケジュール情報も活用する.スケジュール情報に基づく予測と過去実績データに基づく予測を組み合わせて用い,どちらを信頼するかを当日の …

    情報処理学会論文誌 62(1), 214-224, 2021-01-15

    IPSJ 

  • Work-style Reform for Surgeons - Current Conditions at a Core Local Hospital -  [in Japanese]

    ITO Hiroshi

    <p>「働き方改革関連法案」が成立し,医師については2024年から施行される.地域の基幹病院の外科医の現状を調査し,働き方改革に繋がる方策を検討した.外科医1人当たりの平均時間外労働時間は年間650時間であったが,大学からの若手ローテーターは常勤医の約2.6倍の1,220時間であった.医師の労働時間は科や年齢などを考慮し評価する必要がある.「働き方改革」は労働時間の短縮,制限のみが強調 …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 41(2), 198-203, 2021

    J-STAGE 

  • Burnout in Japanese neurologists: comparison of male and female physicians  [in Japanese]

    Ph.D. Ph.D. (Psychology) Kubo Makoto , M.D. Ph.D. Koike Ryoko , M.D. Ph.D. Shimizu Yuko , M.D. Ph.D. Tsuboi Yoshio , M.D. Ph.D. Doyu Manabu , M.D. Ph.D. Misawa Sonoko , M.D. Ph.D. Miyachi Takafumi , M.D. Ph.D. Toda Tatsushi , M.D. Ph.D. Takeda Atsushi , Committee for Career Development Promotion Japanese Society of Neurology , M.D. Ph.D. Aiba Ikuko , M.D. Ph.D. Shimohata Takayoshi , M.D. Ph.D. Hattori Nobutaka , M.D. Ph.D. Yoshida Kazuto , M.D. Ph.D. Unno Yoshiko , M.D. Yokoyama Kazumasa , M.D. Ogawa Takashi , M.D. Ph.D. Kaseda Yumiko

    <p>医師のバーンアウトの現状と対策を検討するため日本神経学会の全学会員8,402名に対しアンケート調査を行い,15.0%にあたる1,261名から回答を得た.本論文では男性医師と女性医師の比較結果について報告する.勤務・生活状況では既婚者のみに有意な差が認められた.労働時間など勤務状況では男性のほうが厳しい条件で勤務していること,家事分担では女性の負担が重いことが確かめられた.日本版バ …

    Rinsho Shinkeigaku 61(4), 219-227, 2021

    J-STAGE 

  • IMPACTS OF WORK STYLES ON TRAVEL TIME CHOICES OF RAIL COMMUTERS: EVIDENCE FROM WORK STYLE REFORM IN THE TOKYO METROPOLITAN AREA  [in Japanese]

    YAMADA Toshiyuki , ABE Ryosuke , TANABE Katsumi

    <p>本研究は,近年の東京圏における働き方の変化を踏まえて,働き方が鉄道通勤の時刻選択に与える影響を実証的に分析する.まず,鉄道通勤者を対象に実施したアンケート調査の結果から,行政主体の時差通勤やテレワークを促す取り組みの期間前と期間中における通勤行動や多様な働き方制度の利用状況などを示す.次に,混雑路線の通勤者を対象とした出社時刻選択モデルの推定結果から,時差通勤利用の通勤者は,早出 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 76(5), I_1477-I_1484, 2021

    J-STAGE 

  • Developing Value Networks for Game 2048 with Reinforcement Learning

    Matsuzaki Kiminori

    … <p>The game 2048 is a stochastic single-player game and several computer players have been developed in not only research work but also student projects. … In our previous work, we designed policy networks and applied supervised learning, which resulted in an average score of 215,802. … We then conduct a training for 240 hours with the best configuration. …

    Journal of Information Processing 29(0), 336-346, 2021

    J-STAGE 

  • Application of MBD Process to Development of Developer Unit  [in Japanese]

    KATO Shigeki , SAKAGUCI Masatoshi , HIRONAKA Keita

    <p>モデルベース開発 (Model Based Development, MBD) の主な目的は開発業務の自動化による生産性の向上とシステムのメカニズム分析による新しいシステムのアイデア創出であると考える.物理式や高度なシミュレーションの連成によるモデル化には大きな工数を必要とするためにMBDを実施するときのネックとなっていた.実機の実験と汎用シミュレーションを組み合わせた簡易的なモ …

    NIHON GAZO GAKKAISHI (Journal of the Imaging Society of Japan) 60(2), 157-161, 2021

    J-STAGE 

  • Labor reforms for physicians in Japan

    TANEDA Kenichiro

    <p>2018年 6 月に働き方改革関連法が成立した.これは労働基準法など 8 つの法律を改正するもので,2020年 4 月 1 日からは全職種に適用されているが,医師など少数の職種においては現在の長時間労働を考慮して猶予されている.厚生労働省の医師の働き方に関わる検討会においては,医師の長時間労働の背景には,医療機関における業務・組織のマネジメントの課題の他に,地域の医療提供体制にお …

    Journal of the National Institute of Public Health 70(1), 54-60, 2021

    J-STAGE 

  • Downbeat nystagmus and other characteristic ENG findings in a patient with bipolar disorder receiving lithium carbonate  [in Japanese]

    Yokota Jun-Ichi , Inoshita Ayako , Sato Masamori , Yamaguchi Yoko

    … A-43-year-old woman with bipolar disorder who was receiving combined therapy with lithium carbonate (400 mg/day) and lamotrigine (100 mg/day) visited us with a history of having recently experienced, on two occasions, sudden wobbling with a fainting sensation, nausea, and vomiting on her way to work. … A few hours after she vomited, the symptoms gradually disappeared on both occasions. …

    Equilibrium Research 80(1), 10-23, 2021

    J-STAGE 

  • How Does the Availability of a Telework System Affect Teleworkers?  [in Japanese]

    Chino Shohei

    <p>本稿の目的は、テレワークが従業員にどのような影響を及ぼしているのかについて、パネルデータを用いて、テレワーカーの変化をもとに検証することである。特に、テレワーク制度の適用者であるか否かに着目して、テレワークを実施した人の幸福度、生活満足度、週当たりの労働時間に関して分析を行った。</p><p>その結果、テレワークが制度適用されていない人、つまり職場外に仕事 …

    Journal of Innovation Management 18(0), 265-279, 2021

    J-STAGE 

  • Problems Faced by Female Surgeons: A Questionnaire for Medical Students and Junior Residents  [in Japanese]

    Hondo Nao , Miyagawa Yusuke , Kitazawa Masato , Kataoka Masahiro , Tokumaru Shigeo , Muranaka Futoshi , Masuda Yuichi , Kobayashi Akira , Soejima Yuji

    <p><b>目的:</b>外科を目指す女性は比較的少なく,外科医の数は減少傾向である.学生および研修医の意識調査を通じて,女性外科医を取り巻く問題点について検討した.<b>方法:</b>医学科3~5年生および初期研修医418名(女性136名)にアンケート調査を行った.<b>結果:</b>将来の志望科として外科は2番 …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 54(3), 157-165, 2021

    J-STAGE 

  • Educational practice which makes geographical point of view and way of thinking in high school geography function:-A case study of the student GIS practice type class-  [in Japanese]

    Kaneta Koki

    <p>1 本研究の課題意識</p><p> 現代のように地域間の交流の盛んな時代においては,社会的事象を位置や空間的な広がりなどを考慮して地図上で捉えることは重要である。「地理的な見方・考え方」は,「位置や分布」「場所」「人間と自然環境との相互依存関係」「空間的相互依存作用」「地域」という5つの視点で構成され,授業のねらいに即して的確に活用し,自在に働かせるように …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2021s(0), 35, 2021

    J-STAGE 

Page Top